タグ別アーカイブ: Art Pepper

神戸ジャズ愛好会7月例会(2019年7月28日)特集「白人ジャズメン・ジャズウィメンの名手は誰?』②

2019年7月30日

特集「白人ジャズメン・ジャズウィメンの名手は誰?』②

T川氏(古くからのODJC会員)

「Sunset Cafe Stompers」

当日は「Carry Me Back To Old Virginy」をご紹介されました。お恥ずかしい話ですが「Sunset Cafe Stompers」というグループ名を初めて知った次第です。(汗)

当日ご紹介されたCDについては こちら ▶️ をご覧下さい。

今回は小生が馴染みのある曲を添付致します。

Here is Sunset Cafe Stompers play “Apex Blues”.

グループの詳細については下記HPをご覧下さい。

こちら ▶️

「Lu Watters Yerba Buena Jazz Band」

このバンドのレコードは持っています。

Here is Lu Watters Yerba Buena Jazz Band play “Riverside Blues”.

1曲追加させて下さい。

Here is Lu Watters Yerba Buena Jazz Band play ”Sunset Cafe Stomp”.
Lu Watters, Bob Scobey(tp) Turk Murphy(tb) Ellis Horne(cl) Wally Rose(p) Clancy Hayes, Russ Bennett(bj) Squire Girsback(tu) Bill Dart(d)
San Francisco, CA, March 29, 1942

「Monty Sunshine」
モンティ・サンシャインはイギリスのトラッド・ジャズシーンで活躍したクリス・バーバーのバンドでクラリネットを担当していました。

当日は「Love Like A Violin」ご紹介されましたが、1990年の映像を添付致します。

Here is Monty Sunshine Band play “Old Rugged Cross”.

「Sharkry’s Kings Of Dixieland」

このバンド名も当日初めて聞きました。奥が深いです!

Here is Sharkry’s Kings Of Dixieland play “Auf Weidersehn Sweetheart”.

T川さんが“Auf Weidersehn Sweetheart”は「ラジオ神戸で放送していた電リクのエンディング曲」であるとコメントされました。小生は電リクは聞いたことがありませんが、例会に参加されていた多くの会員は「ああ、あの曲や!」と思われたでしょう。電話リクエスト(ラジオ神戸)については下記のサイトを参照願います。

こちら ▶️

Here is Les Baxter play “Auf Weidersehn Sweetheart”.

・寺本氏(神戸ジャズ愛好会世話人)

「Lee Wiley」

Here is Lee Wiley sings “Let’s Do It”.
Lee Wiley(vo) Bunny Berigan(tp) Joe Bushkin(p) Sid Weiss(b) George Wettling(ds)
New York,April 10,1940

「Buddy DeFranco」

直前に出演していたオスカー・ピーターソンによる司会もお聴き下さい。

Here is Introduction for Buddy DeFranco by Oscar Peterson.

Here is Buddy DeFranco Quartet play ”Street Of Dreems”.
Buddy DeFranco(cl) Kenny Drew(p) Eugene Wright(b) Art Blakey(ds)
At The Blue Note,Chicago May 1,1953

「Art Pepper」(ラジオ放送「Stars Of Jazz」から)

43年前「Calliope盤」として発売された事もありました。

Here is Art Pepper Quartet play ”Everything Happens To Me”.
Art Pepper(as) Larry Bunker(p) Don Payne(b) Chuck Flores(ds)
LA,March 31,1957

「Stars Of Jazz」については下記英語サイトに詳しく記載されています。

こちら ▶️

ブログ作成者から1曲追加させて下さい。

Lee WileyとBunny Beriganが共演した録音日「1940年4月10日」をディスコグラフィーで確認してびっくり!

この日、Bunny BeriganはTommy Dorsey楽団のトランペット席でスター歌手Frank Sinatraの伴奏も行っていました。
又、The Pied Pipersも控えておりJo Staffordも一緒にいた訳ですね。

Here is Tommy Dorsey And His Orchestra with Frank Sinatra play ”I Haven´t the Time to Be a Millionaire”.

Tommy Dorsey And His Orchestra: (vcl) Frank Sinatra, Connie Haines, Pied Pipers
Bunny Berigan, John Dillard, Ray Linn, Jimmy Blake (tp) Les Jenkins, George Arus, Lowell Martin (tb) Johnny Mince (cl,as) Fred Stulce (as,arr) Hymie Schertzer (as) Paul Mason, Don Lodice (ts) Joe Bushkin (p) Clark Yocum (g) Sid Weiss (b) Buddy Rich (d) Frank Sinatra, Connie Haines, Pied Pipers (vcl) Sy Oliver, Axel Stordahl, Dean Kincaide (arr) Tommy Dorsey (tb,ldr)
New York, April 10, 1940

Eddie Safranski And The Poll Cats

January 05,2019

本年も宜しくお願い申し上げます。

最近入手した下記レコードについての駄文にお付き合い下さい。

本レコードは最初に販売された時には「new orleans jazz」という不思議なタイトルが付けられていました。私が所有しているレコードでは「new orleans jazz」が印刷されていません。

写真はDiscogs(ネット)からお借りしました。

再発売時には「new orleans jazz」というタイトルが外されたと想像します。

何故「new orleans jazz」?

「印刷ミス」と思われますが、気になる所です。

レコード裏面

写真はDiscogs(ネット)からお借りしました。

因みに本レコード発売前の録音「Wilbur De Paris(EP511)」には演奏内容から当然「new orleans jazz」が印刷されています。

Nesuhi Ertegun(ネスヒ・アーティガン)が製作しています。

末尾に粋な写真を添付しました。(瀬谷徹氏に感謝)

以下、瀬谷徹氏提供のSP音源から全4曲をお楽しみ下さい。

Here is The Poll Cats play ”Sa-Frantic”.

Ray Wetzel(tp) Eddie Bert(tb) Art Pepper(as) Bob Cooper(ts) Pete Rugolo(p,arr) Eddie Safranski(b,dir) Shelly Manne(d)
New York, December 20, 1947

Here is The Poll Cats play ”Turmoil”.

Members of the recording are the same as above.

Here is The Poll Cats play ”Jumpin’ For Jane”.

Members of the recording are the same as above.

Here is The Poll Cats play ”Bass Mood”.

Members of the recording are the same as above.

尚、本4曲はArt pepper「Complete 1947 – 1951 Small Group Studio」に収録されています。

Photo above of Nesuhi Ertegun with Kid Ory & Marili Morden(Nesuhi ’s wife) by Seya’s Facebook

50年代の白人ビッグバンド(ジャズ喫茶オアシス土曜会回顧)②

September 08,2018

ジャズ喫茶オアシス土曜会特集「50年代の白人ビッグバンド」では計12のビッグバンドが紹介されました。
現在ではCD並びにネットで簡単に聴ける音源が多いですが、当時では貴重なコレクションを聞かせて頂いた石川明弘氏には感謝しております。
余談ですが、小生が記録していた「ジャズ喫茶ノート」の記載に多くの誤りがありブログに添付するのを躊躇しました。しかし、その当時毎日記録していた「ジャズ喫茶ノート」の一部を披露するのも悪くないと判断し掲載致しました。

1977年6月18日「50年代の白人ビッグバンド」 解説 石川明弘氏(2)

fullsizeoutput_1192

8.Johnny Richards
「Wide Range」から”Cimarron”, ”Stockholm sweetnin’ ”
Burt Collins, Doug Mettome, Jerry Kail, Paul Cohen (tp) Jim Dahl, Jimmy Cleveland, Frank Rehak (tb) Al Antonucci (fhr) Jay McAllister (tu) Gene Quill (as) Frank Socolow (ts) Bill Slapin (bar,pic) Shelly Gold (bassax) Hank Jones (p) Chet Amsterdam (b) Maurice Marks (d) Willie Rodriguez (tymp) Johnny Richards (arr,cond) NYC, July 11, 1957

Here is Johnny Richards Orchestra play ”Cimarron”.

Here is Johnny Richards Orchestra play ”Stockholm sweetnin’ ”.
Stockholm sweetnin’

9,Manny Albam
「Down Beat Jazz Concert」から”Blues over easy”

Manny Albam And His Jazz Greats
Bernie Glow(tp), Nick Travis(tp), Ernie Royal(tp), Frank Rehak(tb), Jim Dahl(tb), Tommy Mitchell(baritone tb), Gene Quill(as), Jerome Richardson(fl,ts), Al Cohn(ts), Pepper Adams(bars), Dick Katz(p), Milt Hinton(b), Osie Johnson(ds),
Guest soloists:Hal McKusick(bass cl), Georgie Auld(ts), Paul Horn(as), Steve Allen(p),Manny Albam(arr) NYC, Town Hall May 16, 1958

「Part1とPart2」を併せて添付しました。

Here is Manny Albam And His Jazz Greats play “Blues over easy Part1”.
Blues over Easy part1

Here is Manny Albam And His Jazz Greats play “Blues over easy Part2”.
Blues over easy part2

10.Buddy Bregman
「Swinging Standards」から “My buddy”, “All of you”
Conte Candoli, Ray Triscari, Stu Williamson, Al Porcino (tp) Lloyd Ulyate, Joe Howard, Frank Rosolino, George Roberts (tb) Bob Cooper, Bill Holman, Richie Kamuca (ts) Russ Freeman (p) Jim Hall (g) Monty Budwig (b) Mel Lewis (d)
Los Angeles, 1959

Here is Buddy Bregman Orchestra play “My buddy”.
My buddy

Here is Buddy Bregman Orchestra play “All of you”.
_All of you

当日ご紹介されなかった演奏を1曲
Here is Buddy Bregman and His Orchestra play “Kicks Swing”.

11.Marty paich
「Jazz West Coast」(Valiant Records) ‎から”What Am I Here For” ,”Cotton Tail”.
Marty Paich Big Band
Art Pepper(as), Bill Perkins(ts), Conte Candoli(tp), Mel Lewis(ds), Russ Freeman(p), Victor Feldman(vib)

上記音源が手元にありませんので、別の曲を添付しました。

Here is Marty Paich Big Band play “Violets for Your Furs”.

Jack Sheldon, Al Porcino, Conte Candoli (tp) Bob Enevoldsen (v-tb) George Roberts (b-tb) Vince DeRosa (fhr) Art Pepper (as) Bill Perkins (ts) Bill Hood (bar) Victor Feldman (vib) Russ Freeman (p) Joe Mondragon (b) Mel Lewis (d)
Los Angeles, July 2, 1959

Here is Marty Paich Big Band play “Mornin’”.
Members of the recording are the same as above.
Mornin’

12.Russ Garcia
「Modearn Jazz Gallrey」から”Music city” , “Fish tail” , “Palo alto”

Russ Garcia And His Orchestra:
Buddy Childers, Don Fagerquist, Maynard Ferguson, Ray Linn (tp) Milt Bernhart, Lloyd Elliott, Tommy Pederson, Frank Rosolino (tb) Art Pepper, Bud Shank (as) Ted Nash (ts) Chuck Gentry (bar) Gerald Wiggins (p) Howard Roberts (g) Max Bennett (b) Alvin Stoller (d) Russ Garcia (cond,arr) Hollywood, CA, November 2, 1956

Here is Russ Garcia And His Orchestra play ”Music city”
_Music city

Here is Russ Garcia And His Orchestra play “Fish tail “.
Members of the recording are the same as above.
_Fish tail

Here is Russ Garcia And His Orchestra play “Palo alto”.
Maynard Ferguson, Don Fagerquist, Buddy Childers, Wes Hensel, Cappy Lewis (tp) Murray McEachern, Harry Betts, Lloyd Ulyate, James Henderson, Frank Howard (tb) Herb Geller (as) Bill Ulyate (bar) Red Norvo (vib-2) John T. Williams (p) Howard Roberts (g) Max Bennett (b) or Curtis Counce (b) Alvin Stoller (d) Jack Costanzo (bgo-1) Russ Garcia (cond,arr)
Hollywood, CA, July 5 & 23, 1956
Palo alto


Photo above of Manny Albam and Thad Jones(1967) by courtesy of University of Rochester

fullsizeoutput_1186

「主役より脇役がめだつモダンジャズ」大阪ジャズ同好会(2017年8月例会)

July 29. 2018

大阪ジャズ同好会のメンバーである竹村功氏がFacebookを開始されました。

今回は竹村氏が特集を担当された「主役より脇役がめだつモダンジャズ」をブログに再現しました。

尚、本特集は過去にご紹介しておりますが(1917年8月7日投稿)、小生が選んだ映像等を追加してブログを再作成致しました。

全7曲の演奏と竹村氏による「聞き所」を記載しました。

Here is Jutta Hipp With Zoot Sims play “Too Close For Comfort”.
Jerry Lloyd (tp) Zoot Sims (ts) Jutta Hipp (p) Ahmed Abdul-Malik (b) Ed Thigpen (ds)
Rudy Van Gelder Studio, Hackensack, NJ, July 28, 1956
「Zoot Simsが思う存分にブローしています」

Photo by YouTube

ブログ作成者のお気に入りを1曲添付させて頂きました。

Here is Jutta Hipp with Zoot Sims Play“Violets for Your Furs”.

Here is Joe Morello with Art Pepper play “Straight Life.
Art Pepper (as), Gerald Wiggins (p) ,Ben Tucker (b) ,Joe Morello (ds)
United Western Recorders, Los Angeles, CA, January 3, 1957
「絶頂期のArt Pepperによる艶やかな音色 」

Laurie Pepper(アート・ペッパーの未亡人)が管理するHPからの映像を追加しました。

詳細はこちらをご覧ください。➡️こちら

Here is Sarah Vaughan sings “Misty”.
Sarah Vaughan – vocals,Kirk Stuart – piano, vocals on “Misty”,Charles Williams – double bass,George Hughes – drums,Quincy Jones – producer  July 18,1963
「Piano奏者Kirk Stuartの歌唱力をお聞き下さい」

Kirk Stuartの映像を追加しました。

Here is Kirk Stuart sings ”But Not For Me”.

Here is Ella Fitzgerald and Duke Ellington play “It Don’t Mean A Thing If It Ain’t Got That Swing”.July 1966
「Ray Nance(tp)のボーカルが素敵です」

エリントン楽団をバックにRay Nanceが歌っている映像を追加しました。
Here is Ray Nance sings ”It don’t mean a thing”.

Here is Coleman Hawkins Quartet at the Village Gate play ” Josuha Fit the Battle of Jericho”.
Coleman Hawkins (ts), Tommy Flanagan (p), Major Holley (b), Eddie Locke (ds) August 1962
「Major Holleyがアルコソロで大活躍しています」

メジャー・ホーリーの映像を追加しました。
Here is Major Holley Play ”Bass Solo”.

Here is Sonny Rollins and Coleman Hawkins Quintet play “All The Things You Are”.
Coleman Hawkins, Sonny Rollins (ts), Paul Bley (p), Bob Cranshaw (b) ,Roy McCurdy (ds) NYC,July 15, 1963
「後輩の前で頑張っているホーキンスに大拍手」

御大が最高のリズム陣をバックに名曲を演奏した映像を追加します。
Here is Coleman Hawkins Quintet play ”Lover Man”.
Coleman Hawkins(ts) Johnny Guaneri(p) Milt Hinton(b)Barry Galbrath(g)Cozy Cole(ds)

Here is Miles Davis Quintet play “Oleo”.
Miles Davis (tp) ,John Coltrane (ts) ,Wynton Kelly (p) ,Paul Chambers (b), Jimmy Cobb (ds) Paris, France, March 21, 1960
「マイルスから独立したかったコルトレーンが御大を無視するかのような演奏に注目」

今年発売された「The Final Tour:The Bootleg Series,Vol.6」から1曲追加しました。

Here is Miles Davis Quintet play ”So What”.

大阪ジャズ同好会10月例会(後半特集)『Stan Kenton楽団』

October 24,2017

Photo by courtesy of yestercenturypop.com

大阪ジャズ同好会の特集後半は『Stan Kenton楽団』をご紹介しました。
以下概略と選曲を掲載します。
Stan Kenton楽団は1941年に創設されました。それまでのスイング楽団から脱却し「Progressive Jazz」と呼ばれた進歩的なジャズを発表しました。
Pete RugoloやBill Holeman等の重厚な編曲とウエストコーストの腕達者を数多く起用し、贅沢な作品をキャピトルレコードに数多く録音しました。
images
又、Anita O’Day, June Christy, Chris Connerなど優秀な専属歌手を擁しました。(Ann RichardsはStan Kentonの妻でした) 今回はボーカルとの演奏は選曲しておりません。
(1)Eager Beaver(3:10)
1943年10月19日録音 作曲・編曲はStan Kenton

(2)Artistry In Rhythm(3:23)
1944年1月19日録音  アーティストリーシリーズは大ヒットしました。

(3)Art Pepper(2:11)
1950年5月18日録音
50人編成のオーケストラをバックにソロ演奏しています。

(4) Invnetion For Guitar and Trumpet(2:55)
1952年9月15日録音  作曲・編曲 Bill Holeman
Sal Salvador(g), Maynard Ferguson(tp)

(5)Autumn In New York(2:34)

(6)You And The Night And The Music(2:38)
1953年7月8日録音

主役より脇役がめだつモダンジャズ

August 7. 2017

昨日参加した大阪ジャズ同好会の特集が面白かったです。

「主役より脇役がめだつモダンジャズ」担当 竹村氏

今回はリーダーより共演者の活躍によって名盤と評価された作品の特集でした。

個人的には過去に聞いたことのある録音でしたが、竹村氏の解説により自宅でもう一度聞きたくなりました。

全7曲の演奏と聞き所を復習を兼ねて記載いたしました。

Here is Jutta Hipp With Zoot Sims play “Too Close For Comfort”.
Jerry Lloyd (trumpet) Zoot Sims (tenor sax) Jutta Hipp (piano) Ahmed Abdul-Malik (bass) Ed Thigpen (drums)
Rudy Van Gelder Studio, Hackensack, NJ, July 28, 1956
「Zoot Simsが思う存分にブローしています」

Here is Joe Morello with Art Pepper play “Straight Life.
Art Pepper (as), Gerald Wiggins (p) ,Ben Tucker (b) ,Joe Morello (ds)
United Western Recorders, Los Angeles, CA, January 3, 1957
「絶頂期のArt Pepperによる艶やかな音色 」

Here is Sarah Vaughan sings “Misty”.
Sarah Vaughan – vocals,Kirk Stuart – piano, vocals on “Misty”,Charles Williams – double bass,George Hughes – drums,Quincy Jones – producer  July 18,1963
「Piano奏者Kirk Stuartの歌唱力をお聞き下さい」

Here is Ella Fitzgerald and Duke Ellington play “It Don’t Mean A Thing If It Ain’t Got That Swing”.July 1966

「Ray Nance(tp)のボーカルが素敵です」

Here is Coleman Hawkins Quartet at the Village Gate play ” Josuha Fit the Battle of Jericho”.
Coleman Hawkins (ts), Tommy Flanagan (p), Major Holley (b), Eddie Locke (ds) August 1962
「Major Holleyがアルコソロで大活躍しています」

Here is Sonny Rollins and Coleman Hawkins Quintet play “All The Things You Are”.
Coleman Hawkins, Sonny Rollins (ts), Paul Bley (p), Bob Cranshaw (b) ,Roy McCurdy (ds) NYC,July 15, 1963
「後輩の前で頑張っているホーキンスに大拍手」

Here is Miles Davis Quintet play “Oleo”.
Miles Davis (tp) ,John Coltrane (ts) ,Wynton Kelly (p) ,Paul Chambers (b), Jimmy Cobb (ds) Paris, France, March 21, 1960
「マイルスから独立したかったコルトレーンが御大を無視するかのような演奏に注目」

Jimmy Heath(3)

October 26, 2016
Jimmy Heath and friends at a session at New York's WOR Studios in 1953. Left to right: Miles Davis, Kenny Drew, Art Blakey, Jimmy Heath. Temple University Press / Jimmy Heath collection

Jimmy Heath and friends at a session at New York’s WOR Studios in 1953. Left to right: Miles Davis, Kenny Drew, Art Blakey, Jimmy Heath.
Temple University Press 

Jimmy Heath’s reputation as a jazz player has been partly overshadowed by his gifts as a composer and arranger.

In 1953 he began recording with Miles Davis, Clifford Brown and Kenny Dorham.

He made a now-legendary Blue Note Records date with Miles Davis and J.J. Johnson.

1006743981

As an event worthy of special recording,they recorded Jimmy Heath’s compostition “C.T.A”.

In 1954, he was arrested and convicted for drug possession.

So he spent 4 1/2 years in prison,and he was released in 1959.

Unfortunately he could not play an active part in modern jazz history.

While in prison he composed many famous pieces.

alberttottieheathjazz678

Photo of Tootie Heath from DrummerWorld

He got them out to Chet Baker by passing them to his brother Tootie Heath.

Chet and Art Pepper made an album [Playboys] that included mostly his songs.

Here is Miles Davis sextet play “C.T.A.”.
Miles Davis (tp), J.J. Johnson (tb ) Jimmy Heath (ts) Gil Coggins (p) Percy Heath (b) Art Blakey (ds)


Here is Chet Baker & Art Pepper play “C.T.A”.
Chet Baker (tp),Art Pepper (as),Phil Urso (ts),Carl Perkins (p),Curtis Counce (b),Larance Marable (ds)