タグ別アーカイブ: Art Tatum

大阪ジャズ同好会第33回例会概要(4) 持ち寄り『40年代のジャズ』②

October 12,2018

Y瀬氏「私的体験に基づく1940年代の音楽 」(当日配付されたレジメの内容を、Y瀬氏了解により一部編集しました)
ジャズ史的には「スイングとバップが同居した特異な時代」である1940年代だったの でしょうが、敵性音楽のレッテルを貼られて厳しく規制されたこともあるその時代(昭和15〜24年)を、ガキから少年期に実体験した者にとっては、全く違った景色でありまし た。

1.「金比羅船々・木曽節」和田肇(p)(1942年)
祖母が夕餉の支度を始める頃にラジオから流れる和田肇のピアノ。世界で一番うまい人だろうと思っていました。淡谷のり子と結婚。後の奥さんとの子が日活スターの和田浩二。後年、ヴィブラフォンの鍋島直昶氏から「あれはジャズだったよ」と教えられて驚きました。

例会当日ご紹介された「金比羅船々・木曽節」については音源が提供出来ません。代替として「日本俗曲集(和田肇編曲)」から添付します。

Here is Hajime Wada(和田肇) plays “かっぽれ・奴さん”.

旧大阪歌舞伎座 by Wikipedia

2.「夜のタンゴ」(ポーラ・ネグリ)(1937年制作=日本公開1941年)
中学2年の頃、旧・歌舞伎座近くの映画館の艶然たる美女の看板に書かれた題名 「したらアカンで!」といつも祖母に戒められる言葉を含む「ゴンタの夜」。
タンゴという単語をそれまで知らず、左頭で読んで「どんな映画?」と聞いて大笑いされました。友邦ドイツと中立国アルゼンチンの音楽タンゴは戦中も規制を免れ、外の風を運び続けました。

Here is Pola Negli(ポーラ・ネグリ) sings “Tango Notturno 夜のタンゴ”

3.「熱風」(カルア・カマアイナス)(1942年)
バッキー白方、灰田晴彦らハワイからの帰国組に朝吹英一(vib)ら慶応ボーイを加えて1937年ごろ結成。華族の子弟が多く、カオを効かせた部分も含めてハワイアンを「南方音楽」と言い逃れ、戦中も「南海楽友」と名を変えてしぶとく生き延びたそうです。

例会当日ご紹介された「熱風」については音源が提供出来ません。
代替としてワイラナ・グラス・シャック・ボーイズ(カルア・カマアイナスの変名バンド)が『セントルイス・ブルース(St.Louis Blues)』を録音した音源を見つけました。
添付のHPで聴くことが可能です。

➡️  こちら

4.「ラッパと娘」(笠置シヅ子)(1941年)
敗戦2年目の1947年に大ヒットした「東京ブギウギ」と同様、作曲・服部良一とのコ ンビ作。歌って跳ねて踊る笠置はことのほか当局から目の敵にされたようです。(注)3と4については戦後に得た知識であって、当時に演奏をラジオで聴いた記憶はありません。

Here is Kasagi Shizuko(笠置シヅ子) sings “Rappa To Musume (ラッパと娘)”.

平野
(1)1940年代に起こったニューオリンズ・ジャズの再評価運動は重要です。
「早稲田大学ニューオリンズジャズクラブ」のブログが参考になりました。(2011年11月03日掲載)
➡️  こちら

▶️ こちら


Here is Bunk Johnson’s Original Superior Band play ”Down by the Riverside”.
Bunk Johnson (tp), Jim Robinson (tb), George Lewis (cl), Walter Decou (p),
Lawrence Marrero (bj), Austin Young (b), Ernest Rogers (d)
New Orleans, June 11, 1942

Down by the riverside

(2)1942年の8月から1945年1月までの「吹き込みスト」期間中の貴重な録音です。
Here is The Esquire All-American Band play “Spotlight Band Thema~Esquire Blues”.
Metropolitan Opera House, New York, January 18, 1944
Roy Eldridge (tp), Jack Teagarden (tb), Barney Bigard (cl),Coleman Hawkins (ts),
Art Tatum (p), Al Casey (g),Oscar Pettiford (b), Sidney Catlett (ds)

 

『例会概要作成後記』
例会概要作成中に「カルア・カマアイナス」についての参考資料を見つけました。
・昭和戦中期の軽音楽に関する一考察
― カルア・カマアイナスについて ―(古川隆久氏著)
➡️こちら

Art Tatum was selected “The All American Band” by Esquire Magazine(2)

December 01. 2017

Photo by YouTube

Yesterday I read an interesting article about “The All American Band.”

In 1943 Arnold Gingrich, who was co-founder of Esquire magazine, entrusted witht Robert Goffin to come up with a poll of the greatest jazz musicians in the country.

Robert Goffin was a distinguished Belgian music scholar.

Photo above of Robert Goffin, Benny Carter, Louis Armstrong, and Leonard Feather (L to R) in 1942 by Wikipedia

In those days Robert Goffin and Leonard Feather taught a course on jazz with Goffin at the New School in New York.

Leonard Feather assisted Goffin with the poll.

They selected “three team” as The All American Esquire Jazz Band.

The concert was planned as a benefit for the Navy League, with war bonds sold for seats.

So the audience had to buy a war bond to attend.

The Navy League is a nonprofit civilian, educational and advocacy organization that supports America’s sea services: the Navy, Marine Corps, Coast Guard and US – flag Merchant Marine. Go here

The O.W.I. (Office of War Information) arranged to have the concert recorded.

Esquire Magazine turned the concert into a benefit for the war effort.

I referred to The All-American Esquire Jazz Band(EDITOR’S NOTES) by Alex Belth (SEP 23, 2016)

昨日「The All American Band」に関して興味深い記事を読みました。

1943年、Esquire誌の共同設立者(編集者)であったArnold Gingrichはベルギー人の評論家で有名な作家であったRobert Goffinにジャズミュージシャンの人気投票の実施を依頼しました。

その当時、Robert Goffinと共にニューヨークのNew Schoolでジャズ講座を担当していたLeonard Featherもこの仕事に協力しました。

二人は「The All American Esquire Jazz Band」として 「3組のバンド」を選びました。

又、このコンサートは「Navy League」を援助することを目的として開催され、ホールの座席入場券の売り上げは戦事債券となったそうです。

コンサートを観た一般客は結果的に戦争債券を購入することになったわけです。

「Navy League」とは海軍、海兵隊、沿岸警備隊、米国の旗艦商船などアメリカの海上保安警備をサポートする非営利の民間組織です。こちらをクリックして下さい。

コンサートの模様はO.W.I.(Office of War Information)が録音した全米に放送されています。

上記はThe All-American Esquire Jazz Band(EDITOR’S NOTES) by Alex Belth (SEP 23, 2016)を引用致しました。

Photo by Discogs

Here is Coleman Hawkins with Art Tatum play “My Ideal”.

Here is Art Tatum plays “Tea For Two”.
Bigard→ Eldridge→Tatum→Norvo(vib)

Here is Billie Holiday (with Art Tatum) sings “I’ll Get By”.

Here is Billie Holiday (with Art Tatum) sings “Billie’s Blues”.

Photo above of Billie Holiday and Art Tatum(Metropolitan Opera House. Esquire Jazz Concert. January, 18th 1944) by courtesy Pinterest

Art Tatum was selected “The All American Band” by Esquire Magazine

November 30.2017

Art Tatum had recorded a lot of playing in solo performances and his trio performances.

Today I heard a valuable record that Art Tatum participated in the all star jam session.

Esquire Magazine selected ”The All American Band” in 1944.

Photo above of Esquire’s jazz concert at the Metropolitan Opera House by courtesy of NEW YORK DAILY NEWS

The band was made up of Armstrong and Roy Eldridge, trumpets; Barney Bigard, clarinet; Sidney Catlett, drums; Al Casey, guitar; Coleman Hawkins, sax; Oscar Pettiford, bass; Art Tatum, piano; Red Norvo, xylophone; Lionel Hampton, vibraharp, and  Jack Teagarden, trombone.

They were gathered at the the Metropolitan Opera House in January 18.

The concert was broadcast on NBC Blue network and around the world on Armed Forces Radio.

Photo above of the Metropolitan Opera House(it was located on Broadway in 39th street) by NEW YORK DAILY NEWS

Art Tatumはピアノソロ演奏や自己のトリオ演奏を多く録音しています。

今日久し振りにArt Tatumがオールスタージャムセッションに参加した貴重なレコードを聞きました。(エレックレコード日本盤)

Esquire Magazineは1944年にThe All American Bandを選びました。

1月18日、錚々たるメンバーがメトロポリタンオペラハウスに集められました。

このコンサートの模様はNBC系列並びに米軍駐留地に同時中継されました。

 

Here is The Esquire All-American Band play ”Spotlight Band Thema〜Esquire Blues”.
Tatum→Teagarden→Bigard→Hawkins→ Eldridge→Casey→Teagarden→ Bigard→Hawkins→Tatum→Eldridge

Here is The Esquire All-American Band play “I Got Rhythm”.
Norvo→Tatum→Armstrong→Hawkins→Bigard→Teagarden→Eldridge→Norvo

 

Here is Art Tatum Trio plays “Sweet Lorraine.”

Photo above of Roy Eldridge,Art Tatum, Oscar Pettiford and Billie Holiday by courtesy of songbook1.wordpress.com

 

Where was this picture taken?

November 29.2017

Photo by courtesy of my old friend

The day before yesterday, one photo has arrived from my old friend.

He told me that he wanted me to check “Where was it shot” and “Who the source of the image is”.

Unfortunately there was no information other than “Art Tatum at Jazz City, Hollywood”.

If you have information on the details of the photo, please contact me.

So please listen to the performance of Art Tatum from the Jazz at the Hollywood Bowl.

This recording became his last performance, and three months later on November 5 he died.

In addition, this recording date (August 15) was Oscar Peterson’s birthday.

Photo above of Art Tatum with Oscar Peterson by courtesy of Pinerest

一昨日、広島在住の先輩から1枚の写真(複製)が届きました。
先輩は残されたArt Tatumの写真では最高の1枚と思っているそうです。
そして「どこで撮影されたか」「写真の出処は誰か」を調べて欲しいとの手紙が添えられていました。
グーグル検索等で調べましたが「Art Tatum at Jazz City, Hollywood」以外の情報がありませんでした。
「どこで撮影されたか」「写真の出所は誰か」について詳しい情報をお持ちの方はご連絡お願い申し上げます。
そんな訳で「Jazz at the Hollywood Bowl」からArt Tatumの演奏をお聞き下さい。
残念ながらこのステージが最後の演奏になり、3ヵ月後の11月5日にお亡くなりになりました。又、この録音日(8月15日)はOscar Petersonの誕生日でもありました。

Here is Introduction To Art Tatum by Noman Granz.
Concert at Hollywood Bowl August 15.1956

 

Here is Art Tatum plays “Someone To Watch Over Me”.

 

Here is Art Tatum plays “Begin The Beguine”.

 

Here is Art Tatum plays “Willow Weep For Me”.

 

Here is Art Tatum plays “Humoresque”.

Gordon Jenkins’ works(2) When a Woman Loves a Man

November 08.2017

Photo above of Gordon Jenkins

“When a Woman Loves a Man” was composed in 1934 by Gordon Jenkins, Bernard Hanighen with lyrics by Johnny Mercer.

It is different from “When a Man Loves a Woman.”

「When a Woman Loves a Man」はGordon Jenkins, Bernard Hanighenによる共同の作曲となっています。(1934年作)

作詞は有名なJohnny Mercerでした。「When a Man Loves a Woman」とよく似た題名です。


Here is Gordon Jenkins and his Orchestra plays “When A Woman Loves A Man”.

Here is Billie Holiday sings “When a woman Loves a man”.

Here is Ella Fitzgerald sings “When a Woman Loves a Man”.

Here is Kay Starr sings “When a woman loves a man”.

Here is Peggy Lee sings “When A Woman Loves A Man”.

Here is Julia Lee and Kansas City’s First Lady Of The Blues sings “When A Woman Loves A Man”.

Here is Art Tatum plays “When A Woman Loves A Man”.

Photo by Discogs

Here is Tony Bennett sings “When A Woman Loves A Man”.

Photo above of Bobby Hackett

Here is Bobby Hackett plays “When A Woman Loves A Man”.

Here is George Shearing plays “When A Woman Loves A Man”.

Photo above of Joe Albany by courtesy of AllabutJazz

Here is Joe Albany plays “When A Woman Loves A Man”.

Ralph Sharon(1)

September 25.2017

Photo by courtesy of The New York Times

Yesterday, I went to the jazz regular meeting in Kobe,where I introduced “Tony Sings for Two “by Tony Bennett.

Because I love Ralph Sharon’s piano accompaniment.

So this week I would like to confirm his footprints until Ralph Sharon becomes a pianist of Tony Bennett.

Ralph Simon Sharon was born September 17,1923 in London and died March 31, 2015 in Boulder in Colorado.

Illustration by courtesy of London Cinema Museum

His mother was American, and she used to be a professional pianist.

She used to play piano for the films in theatres in New York.

Then she got married with Englishman, and emigrated in London.

Naturally,he began to study piano with her.

But he did not enjoy playing the piano and he wouldn’t practise until he was around thirteen.

Photo by courtesy of The Newyoker

Photo by courtesy of 100piano.com

In those days he started hearing jazz records such as Fats Waller and Art Tatum.

He said;”That all changed when I began listening to American jazz records”.

So he started going to some London jazz clubs and hanging out with professional musicians.

Then he started playing with little local bands, just around the Bethnal Green area.

昨日神戸ジャズ愛好会に参加しました。

今回の持寄テーマは『ジャズスタンダード名曲集(第2回)~リチャード・ロジャース&ロレンツ・ハート』でした。

私は愛聴盤である「Tony Sings for Two」by Tony Bennett.を紹介させて頂きました。

昔からRalph Sharonのピアノ伴奏が大好きで、先輩会員の方からええの持ってくるねとお褒めの言葉を頂戴したことも嬉しかったです。

そこで今週はRalph SharonがTony Bennettの伴奏者になるまでの足跡を確認したいと思います。

Ralph Simon Sharonは1923年9月17日にロンドンで生まれ、2015年3月31日にコロラド州ボルダーで亡くなりました。

母親はアメリカ人でした。母は結婚前にはニューヨークの映画館でサイレント映画の伴奏演奏をしていたそうです。

その後イギリス人と結婚しロンドンに移住しRalph Sharonが誕生しました。

当然のごとくRalphは母の教えでピアノを勉強し始めました。

しかしピアノを弾くのが嫌で13歳くらいまでは真面目に練習しなかったそうです。

一方で自宅にあったFats WallerやArt Tatumなどのジャズレコードを聞き始めました。

後日この時の感動を次のように語っています。「アメリカのジャズメンのレコードを聞き始めたときから全てが劇的に変わりました」

その後ロンドンのジャズクラブに足繁く通うようになりプロ演奏家とも出会いました。

そしてロンドンのBethnal Green地区でローカルバンドを結成し演奏活動を開始しました。

Here is  Tony Bennett with Ralph Sharon play “I Didn’t Know What Time It Was”.

Here is  Tony Bennett with Ralph Sharon play “Bewitched, bothered and bewildered”.

Here is  Tony Bennett with Ralph Sharon play “My Funny Valentine”.

 

 

 

The initial story of Oscar Peterson(3)

May 31.2017

Photo above of Peterson with Russ Dufort(ds) and Armand Samson(g) by courtesy of
Concordia University

Photo above of Art Tatum by courtesy of 100piano.com

In his early days Peterson was influenced by Teddy Wilson, James P. Johnson and Art Tatum.

In particular, there is an interesting story about receiving his shock by Art Tatum’s recordings.

When his father played him Art Tatum’s “Tiger Rag”,he locked himself in his room and did not touch the piano for more than a week.

He talks about his situation at that time.

”I figured it was hopeless to practice. My mother and friends of mine persuaded me

to get back to it, but I’ve had the greatest respect for Art from then on.”

Photo above of James P. Johnson by courtesy of NPR

Photo above of Teddy Wilson by OKMusic

He was in his late teens and already an experienced professional musician.

Since 1942 he had been playing regularly with the Johnny Holmes Orchestra.

Photo above of Oscar Peterson and Johnny Holmes by courtesy vehiculepress.com

Then he left the orchestra in 1947 and began a residency at the Alberta Lounge, a club near Windsor Station.

He soon developed a reputation as a technically brilliant and melodically inventive jazz pianist for two years.

So he won a radio talent contest on Canada’s national network, the CBC in 1949.

As a result he became a regular performer on Canadian radio.

Oscar Peterson had a regular gig at Montreal’s Alberta Lounge.

デビュー前にOscar Peterson に影響を与えたピアニストとしては Teddy Wilson,とJames P. Johnson そしてArt Tatumが挙げられます。
彼が初めてArt Tatumの演奏を聞いた時、強い衝撃を受けたという興味深い話があります。
父親がArt Tatumの「Tiger Rag」のレコードを彼に聞かせた時のことです。
彼は自分の部屋に鍵を掛けて閉じこもり1週間以上ピアノを弾かなかった。

その時の状況について話しています。

「いくら練習なんかしても無駄だと思いました。母と友人達は私が部屋から出るように説得しました。その時以降、Art Tarumに対してはずっと尊敬の念を持ち続けています。」

そのようなことがあっても10代後半には、経験豊富なプロのミュージシャンに育っていました。
1942年以降はJohnny Holmes Orchestraに加入し定期的に演奏していました。
1947年に楽団を退団し、ウィンザー駅の近くにあったAlberta Loungeで本格的なジャズ演奏を始めました。
2年間のクラブ演奏で彼はジャズピアニストとしての礎を築きましたいた。
1949年にカナダ全土でネットワークしているCBCラジオによるピアノコンテストで受賞し、ジャズ番組のレギュラーの地位を獲得するような演奏家になりました。

Here is Art Tatum plays “Tiger Rag”.

Here is Oscar peterson plays “Cakewalk (Noreen’s Nocturne)”.

Here is Oscar Peterson Trio play “Tenderly”.
Oscar Peterson (p), Herb Ellis (g), Ray Brown (b) in Brussels, Belgium 1957