タグ別アーカイブ: Barney Wilen

大阪ジャズ同好会第39回例会持ち寄り(2019年10月13日)「ヨーロッパのジャズ」②

October 15,2019

「ヨーロッパのジャズ」の後半は初参加の方とベテラン2人が紹介した演奏をお楽しみ下さい。

・T氏(名古屋市から参加いただきました)

「MOMENT ,Made in france Healing Jazz 」

音源を提供できませんので、T氏が事前に郵送されたCDの案内を添付します。

・T村氏

1.Here is John Lewis & Sacha Distel play “Dear Old Stockholm”.

John Lewis (p) Sacha Distel (g) Barney Wilen (ts) Pierre Michelot (b) Connie Kay (ds) Paris, Dec. 4 & 7 1956

2.Here is Georges Arvanitas Trio play “Airegin”.
Georges Arvanitas (p) Gene Taylor (b) Louis Hayes (ds) Paris, March 4, 1959

3.Here is Barney Wilen play “Stablemates”.
Barney Wilen(ts),Kenny Dorham (tp),Duke Jordan(p),Paul Rovère(b),Daniel Humair(ds) Paris, April 24 & 25, 1959

バルネ・ウィラン(Barney Wilen)については、ブログ作成者が参考にしているサイトを添付させて頂きました。

こちら ▶️

・寺本世話人

1.Here is Harry Arnold and His Swedish Radio Studio Orchestra play “Jersey Bounce”.

Sixten Eriksson, Weine Renliden, Bengt-Arne Wallin, Benny Bailey(tp), Ake Persson, Georg Vernon, Andreas Skjold(tb), Gordon Olsson(btb) ,Arne Domnerus, Rolf Lindell(as) Carl-Henrik Norin, Bjarne Nerem(ts), Lennart Jansson (bs) ,Bengt Hallberg(p), Bengt Hogberg(g) ,Georg Riedel(b)Egil Johansen(ds) October 3,1956

 

2.Ove LindとBengt Hallbergが共演した「Moment Like This(1957)」をご紹介されました。音源が手元にございませんので、代替としてテレビ放送(1963年)の一場面を添付します。

Here is Ove Lind and Lars Ehrstrand “Swingtime”.

ブログ作成者からスウェーデン・ジャズの名演「Whiskey Sour」を添付させて頂きます。
Here is Bengt Hallberg And His Swedish All Stars play “Whiskey sour”.
Ake Persson (tb) Arne Domnerus (as,cl-1) Lars Gullin (bar) Bengt Hallberg (p) Simon Brehm (b) William Schiopffe (d) Stockholm, November 9, 1953

Rita Reys, Johnny Griffin and the Pim Jacobs Trio   Photo by Allaboutaazz

 3. Rita ReysとJohnny Griffinが共演した「Everything Happens To Me(Aug. 1979)」をご紹介されました。本ブログでは2人の顔合わせによるメドレー(5曲)を添付しました。

Here is Rita Reys and Pim Jacobs Trio ft. Johhny Griffin play ”That Old Feeling~Mr. Wonderful~Poor Butterfly~The Touch Of Your Lips~Fly Me To The Moon”.(1979年ドイツテレビ局制作)

Rita Reys (vo) Johnny Griffin(ts) Pim Jacobs(p) Rudd Jacobs(b) Peter Ypma(ds)

Photo by JazzInoge

4.ノルウェーのBodil Niska(ボディル・ニスカ)を紹介されました。

Bodil Niska(1954年生まれ)はベン・ウェブスター直系のベテラン女流テナー奏者です。

Here is Bodil Niska plays “Danny Boy”.
Bodil Niska(ts) Egil Kapstad(p) Bjorn Alterhaug (b) Pelle Hulten(ds) 
Oslo September,2000

寺本氏が当日コメントされた別アルバム2006年の「NIGHT TIME(2006年)」から1曲添付します。

Here is Bodil Niska plays “Over the rainbow”. 
Bodil Niska (ts) Claes Crona (p) Staffan William-Olsson (g) Jorgen Smeby (b) Petur Ostlund (ds) Oslo, October 2006

ブログ作成者から初録音(1960年)を追加添付します。

Here is Bodil Niska and Einar Iversen(p) play “Ballad for Stan”.Norway, 1960

  

大阪ジャズ同好会第39回(2019年10月13日) 「新譜紹介(前半)」「ヨーロッパのジャズ(前半)

October 14,2019

大型台風が過ぎ去った翌日でしたが、今回の例会には13人が参加されました。例会概要は「新譜紹介(前半)」と「ヨーロッパのジャズ(前半)」からご紹介致します。

新譜紹介(古川 正孝氏)

『This I Dig of You』Jimmy Cobb(ジミー・コブ)最新リーダー作

本CDについては下記サイトをご覧下さい。

こちら ▶️

本CDに収録された作品はブログに添付出来ませんので、代替として2017年9月のライブ映像を添付しました。

Here is” Jimmy Cobb Trio at Jazz Forum”.
海野雅威(p), Paolo Benedettini(b),Jimmy Cobb(ds) Tarrytown, Sept. 2017

『This I Dig of You』には9月19日に死去したHarold Mabern(ハロルド・メイバーン)が参加しています。生前のハロルド・メイバーンさんの映像を追加添付しました。テレビ局(ベルギー)のカメラがハロルド・メイバーンの演奏を後ろから撮影しています。

Here is Wes Montgomery Quintet play ”Jingles”.
Wes Montgomery(g),Harold Mabern(p), Arthur Harper(b),Jimmy Lovelace(b)
(Belgium 1965)

1968年にフランスで設立されたブラック&ブルー・レコード社の作品が「ブラック&ブルー・リアル・ジャズ・クラシック」として昨年から発売されています。今回ご紹介されたジョー・ジョーンズの作品は1974年にフランスで録音したスタジオ盤に同年パリで行ったライヴ音源を1曲加えたCDです。

「Jo Jones/Caravan」

パリで撮影されたライブ映像を添付します。(ドラムソロは動く映像の方が良いと判断しました)

Here is Jo Jones play ”Caravan”.

『ヨーロッパのジャズ』(前半)

・Y瀬氏

(当日配布されたレジュメを転載します)

【世界を吹きまくった男】
トゥーツ・シールマンス(1922,04.28~2016,08.22)94歳で死去は、バロン(男爵) の称号を持つベルギー貴族。ドイツ占領中にジャズへの関心を深め、1950年のグッドマン欧州ツアーにギタリストで同行。52年にアメリカに移住し、チャーリー・パーカー、ジョージ・シアリングらと組み、ハーモニカで人気に。ブラジル音楽にも傾倒し、山本剛(p)トリオとの「IN TOKYO」ライブ盤も残す。フレンチ・テイストの濃い「CHEZ TOOTS」(1998年)から2曲と、WIKIPEDIAでは無視された形の彼の晩年を支えたヨーロピアン・クアルテット(カレル・ボエリー(p)、ヴァンデ・クライン(b)、ハンス・ウースターホウト(ds))とのライブ盤(2010年)で,その輝きをお聴きください。2006年にこのクアルテットでビルボード・ライブ大阪に来演した際、今の私と同じ84歳だった彼から上機嫌でサインをもらったのも、懐かしい思い出です。
1.「パリの空の下セーヌは流れる」
2.「ネ・マ・キテ パ 」(Don’t Lesve Me)
3. 「枯葉」

Here is Tots Thielemans plays ”La vie en rose”.(CHEZ TOOTSから)

「WIKIPEDIAでは無視された」ヨーロピアン・クアルテットと同じメンバーでのコンサート映像を添付します。

Here is ”Toots Thielemans – Live At The Hague Jazz Festival (2010)”.

Toots Thielemans(harmonica),Karel Boehlee(p),Heyn van de Geyn(b) Hans van Oosterhout(ds)

・K氏

Here is Tubby Hayes Quartet play “You For Me”.
Tubby Hayes(ts) Horace Parlan(p) George Duvivier(b) Dave Bailey(ds)
NYC Octover 3,1961

Here is Michel Petrucciani plays ”Pasolini”.
Michel Petrucciani(p) , Furio Di Castri(b), Aldo Romano(ds) (1982)

Barney Wilen 「French Ballads」から 「My Way」をご紹介されましたが、日本での映像を添付します。

Here is Barney Wilen Quartet play “Besame Mucho”.

Barney Wilen(ts),Jacky Terrasson(p),Gilles Naturel(b),Peter Gritz(ds)
April 13,1990  豊中市立ローズ文化ホール

Jay Cameron in Paris

September 11,2018

前回「ジャズ喫茶ノート」の記録(1977年6月18日)からジャズ喫茶オアシス土曜会の特集を振り返りました。

今回添付した「ジャズ喫茶ノート」は1977年1月6日の記録です。

最近ご紹介した「バリトンサックスの名手」では名前が挙がらなかったジェイ・キャメロン(Jay Cameron)のリーダー作品を記録していました。実際はラーシュ・グリン(Lars Gullin)をリクエストして、B面のジェイ・キャメロン(Jay Cameron)を聴いていたと記憶しております。

Jay Cameron ( 1928年9月14日〜2001年3月20日)は1947年頃までアイク・ カーペンター(Ike Carpenter)楽団に所属した後、渡欧し下記録音等に参加しています。

1956年に帰米するまでヨーロッパでの録音は「トム・ロード・ディスコグラフィ」では確認出来ませんでした。

今回は初録音から自己名義のJay Cameron’s International Sax Bandまでを久し振りに聴きました。

ビル・コールマン(Bill Coleman)楽団で「アルトサックス奏者」として録音デビューしましたがソロはないようです。
Here is Bill Coleman And His Orchestra play ”I’m comin’, Virginia”.
Bill Coleman (tp), Bill Tamper (tb, arr), Jay Cameron (as), William Boucaya (bars), Art Simmons (p), Jean-Pierre Sasson (g), Guy DeFatto (b), Gerard “Dave” Pochonet (ds) Paris, November 9, 1951

サラ・ヴォーンと渡欧していたロイ・ヘインズの貴重な録音に参加しています。(バルネ・ウィランの初録音としても有名盤)

Here is Roy Haynes Modern Group play “Laffin’ and cryin’ “.
Barney Wilen (ts) Jay Cameron (bars) Henri Renaud (p) Jimmy Gourley (g) Joe Benjamin (b) Roy Haynes (ds) Paris, October 26, 1954
Laffin’ and cryin’

Here is Roy Haynes Modern Group play “Minor encamp [Jordu]”.
Members of the recording are the same as above.
Minor encamp [Jordu]

Swingレコード(仏)がJay Cameron’s International Sax Bandの名義で録音しています。

その後「東宝レコード」がVogueシリーズとして発売した本盤を購入しました。尚、大阪での例会ではA面からラーシュ・グリン(Lars Gullin)の演奏を選曲しています。

Here is Jay Cameron’s International Sax Band play ”Blue note”.
Bobby Jaspar, Barney Wilen, Jean-Louis Chautemps (ts) Jay Cameron (bars) Henri Renaud (p) Benoit Quersin (b) Andre Baptiste “Mac Kac” Reilles (ds)
Paris, France, January 10, 1955
_Blue note

Here is Jay Cameron’s International Sax Band play ”Give me the simple life”.
Members of the recording are the same as above.
Give me the simple life

Here is Jay Cameron’s International Sax Band play ”Static test”.
Members of the recording are the same as above.
Static Test

1963年のテレビ放送からの映像ですが、同年以降は演奏記録が残されていません。

Here is Paul Winter Sextet fea.Jay Cameron on TV’s Jazz Casual
Paul Winter (as), Richard Whitsell (tp), Jay Cameron (bars), Warren Bernhardt (p), Arthur Harper, Jr. (b), Ben Riley (ds). March 1, 1963

Kenny Clarke recordings in Paris

April 6.2018

fullsizeoutput_daf

Bud Powell, Clark Terry, Barney Wilen, Pierre Michelot,Kenny Clarke Photo by courtesy of Paris Jazz Corner(1959)

Kenny Clarke resettled in Paris in 1956.He had three recordings until the end of the year.

Today I would like to post about  three albums,”Reunion A Paris” ,”Kenny Clarke’s Sextet Plays Andre Hodeir”,”Afternoon In Paris”.

1956年、ケニー・クラークはパリに活動拠点を移し年末までに3枚のアルバム録音に参加しています。

今日は「Reunion A Paris」「Kenny Clarke’s Sextet Plays Andre Hodeir」「Afternoon In Paris」から数曲をブログに添付しました。

最初に「Reunion A Paris by Martial Solal」ですが参加メンバーが面白い組み合わせです。Benoit Quersinはベルギー、Jimmy Deuchar はイギリス出身です。又、ヨーロッパでの録音が少ないアレン・イーガー(Allen Eager)の演奏も貴重です。

「Kenny Clarke Sextet Plays Andre Hodeir」はアンドレ・オデール(Andre Hodeir)の編曲が凝ってます。アメリカの編曲者では味わえないようなサウンドが新鮮です。

最後に「Afternoon In Paris」の録音ですが、ルイス、ヒース、クラークの3人が久し振りに再会しました。残念なことですが3人揃っての録音はこの日が最後になりました。

Here is Martial Solal International All Stars play “Kenny special”.
Jimmy Deuchar (tp) Billy Byers (tb) Allen Eager (ts) Martial Solal (p) Benoit Quersin (b) Kenny Clarke (d) Paris, September 24, 1956

Here is Martial Solal International All Stars play “Love me or leave me”.Members of the recording are the same as above.

Here is Kenny Clarke Sextet Plays “Round about midnight”.
Roger Guerin (tp) Nat Peck, Billy Byers (tb)  Martial Solal (p), Pierre Michelot (b) Kenny Clarke (d) Andre Hodeir (arr)Paris, France, October 26,1956
こんな「Round About Midnight」初めて聞きました。編曲に携わっている友人の意見を聞きたいです。

Here is Kenny Clarke Sextet Plays “Blue Serge”.
Billy Byers (tb)Roger Guerin (tp) Armand Migiani (bar) Martial Solal (p) Jean Warland (b) Kenny Clarke (d) Andre Hodeir (arr) Paris, France, November 30, 1956

Here is Kenny Clarke’s Sextet Plays “Swing spring”.
Members of the recording are the same as above.

Here is John Lewis and Sacha Distel Quintet play “Bags’ groove”.
Barney Wilen (ts) John Lewis (p) Sacha Distel (g) Percy Heath (b) Kenny Clarke (d)
Paris, France, December 4, 1956

Here is John Lewis and Sacha Distel Quintet play “Willow, weep for me”.
Members of the recording are the same as above.

kennyclarke01

Photo by courtesy of Mario Rodriguez