タグ別アーカイブ: Barry Galbraith

大阪ジャズ同好会第40回例会持ち寄り(2019年12月8日)「今年聴いた私の中でのベスト・ジャズ・アルバム」

December 11,2019

持ち寄り「今年聴いた私の中でのベスト・ジャズ・アルバム」

・T村氏(的確なコメントにも注目願います)

1.Here is Richie Kamuca Quartet play “Just Friends”.
Richie Kamuca(ts),Carl Perkins(p),Leroy Vinnegar(b),Stan Levey(ds)
Hollywood CA, June, 1957

「繰り返し再発されたモード・レーベルの目玉で、リッチー・カミューカの処女作にして代表作」

2.Here is Gerry Wiggins Trio play “The Lady Is A Tramp”.
Gerry Wiggins(p),Major Holley(b) Oliver Jackson(ds)Feb.1977

「隠れた名手ジェリー・ウィギンスの晩年の代表作」

3.Here is Nice All Stars play “I Never Knew I Could Love Anybody”.
Wallece Davenport(tp), Vic Dickenson(tb), Buddy Tate(ts) ,Claude Hopkins(p), Arvell Shaw(b), Cozy Cole(ds)July.1974

「ニース・ジャズ・フェスティバルに出演した中間派のオールスターズ」

・Y瀬氏(レジュメのコメントを編集せず転載しました)

秘かに愛聴していたクラリネット奏者が逝きました。Sol Yaged(ソル・エイジド)と言い、 1966年の映画「ベニーグッドマン物語」で音楽監修も務めた根っからのグッドマン信奉者で、主にNYのナイトクラブで活躍した人です。1993年に初めて渡米した際に買ったシェイバー ス名義CDの「WE DIG COLE」、が出会いでした。その後、アメリカの通販サイト「DISCOGS」 でSolのLP音源を見つけ、今年になって何枚かを入手。そんな中での訃報でした。アメリ カは広いな、知られざる名手も多いのだろうなというのが実感です。ちなみに、彼の晩年のバンドで歌っていたという日本人女性からは、彼の名を「サル・イヤーゴ」と呼んでいたと教えられたこともありますが…。

Y瀬氏手作りのCD

1.Here is Charlie Shavers with Sol Yaged play “I Love Paris”.
Charlie Shavers (tp), Urbie Green (tb), Sol Yaged (cl), Sam Taylor (ts), Buddy Weed (p), Barry Galbraith (g),Bob Haggart (b), Cozy Cole (ds), Larry Clinton (arr)

2.Here is Sol Yaged plays “It Might As Well Be Swing”.
Sol Yaged (cl) Harry Sheppard (vib) Kenny Kersey (p) Mort Herbert (b) Mickey Sheen (d) New York, 1956

・H氏
Takky meets Dorothy『Jazz at 周』をご紹介されました。

CD販売サイト(下記に添付)からお借りしました。

Jimin Park(世界中で活躍中のジャズピアニスト)とのセッションを滝川雅弘氏(大阪在住のクラリネット奏者)が制作されました。(2019年5月24日録音)
本CDの販売サイトを添付させて頂きます。

こちら ▶️

当日ご紹介された「Boogie Woogie Stomp」はNew Suntory 5 (大阪梅田) での映像を添付します。(2019年5月26日)

1.Here is Jimin plays “Boogie Woogie Stomp”.

同じ日の演奏です。

2.Here is Jimin plays “Misty”.

New Suntory 5 (大阪梅田)のHPもご覧下さい。

こちら ▶️

Photo by Discogs

・K氏

Joshua Redman & Brooklyn Rider 「Sun on Sand」

本CDについては下記サイトを参照願います。

こちら ▶️

1.Here is Joshua Redman & Brooklyn with Scott Colley & Satoshi Takeishi play “Through Mist.”

Hely 「Borderland」

Photo by Hely’s HP

スイスのチューリッヒを拠点として活動しているピアノとドラムのデュオグループによる新作をご紹介されました。Helyの詳細については下記サイトを参照願います。

こちら ▶️

2.Here is HELY plays “BORDERLAND”.
Lucca Fries(p),Jonas Ruther(ds)

Toots Thielemans as guitarist(3)

August 25. 2017

Photo by YouTube Clip

In 1951 Toots Thielemans  immigrated to the United States.

He worked with Charlie Parker, Dick Hyman and many other musicians.

From 1953 to 1959 he played with George Shearing.

Photo above in the 1950s, from left, Bobbejan Schoepen, George Shearing, Toots Thielemans and singer Joe Williams

When  George Shearing signed with Capitol, they recorded together on most of Shearing’s Capitol sessions.

Also Thielemans was making a name for himself as a leader.

In 1957, he signed with Riverside label.

Photo above of Orrin Keepnews by courtesy of Alchetron

Orrin Keepnews produced an ingenious pairing by Thielemans and  baritone saxophonist Pepper Adams.

Thielemans and Adams had swing and a driving playing style in common.

Then Thielemans recorded most superb 1950s albums—Time Out for Toots, on Decca.

Unfortunately I could not hear his guitar on this recordings.

Photo above of Barry Galbraith by courtesy of Jazz Guitar Lessons.com

Photo above of Bucky Pizzarelli by courtesy of WNPR.

Probably it seems that guitar solos in this album are Barry Galbraith  and Johnny Pizzarelli.

In 1959 he recorded with Ray Bryant Trio on Signature label.

R-4680882-1420991758-2870.jpeg

 

1951年、Toots Thielemans は米国に移住しすぐにCharlie Parkerや Dick Hyman等と共演しています。

1953年から1959年までGeorge Shearingのグループに参加しました。

George Shearingが MGM社からCapitol社に移籍契約してからはShearingバンドのギター奏者として多くのレコーディングを残しています。

又同時期にThielemansはリーダーアルバムもレコーディングしています。

1957年ThielemansはOrrin Keepnews率いるRiverside社と契約を締結しました。

Orrin KeepnewsはThielemansとバリトンサックス奏者Pepper Adamsを組み合わせるという独創的なアイデアで「Man Bites Harmonica!」を制作しました。

ThielemansとAdamsの演奏スタイルには共通したところがあったようです。

その後、1950年代の代表作である「Time Out for Toots」をDecca社にレコーディングしています。

残念ながらこのアルバムにおいて、私の耳ではThielemansと共演者のギターを識別することが出来ませんでした。(Thielemansはハーモニカソロに専念しているのでしょうか)
このアルバムのギターソロはBarry GalbraithとJohnny”Bucky” Pizzarelli が担当しているのではないかと思われます。(ディスコグラフィーを参照しました)

1959年、Ray Bryant TrioをバックにSignature社に「The Soul Of Toots」をレコーディングしています。

Here is George Shearing Quintet play “Jordu”.
George Shearing (p), Emil Richards (vib), Toots Thielemans (g), Al McKibbon (b), Percy Brice (ds)Armando Peraza (congas)   Los Angeles, March 27,1958

Here is Toots Thielemans  Quintet play “Soul Station”.
Toots Thielemans(g.harmonica), Pepper Adams(bs),Kenny Drew(p), Wilbur Ware(b),Art Taylor (ds) : December 30, 1957 and January 7, 1958

Here is Toots Thielemans  Quintet play “Imagination”.
Members of the recording are the same as above.

Here is Toots Thielemans plays “Time For Toots”. ( Full Album )
January 22, 1958 & January 24, 1958

Here is Toots Thielemans with Ray Bryant Trio play “You Are My Sunshine”.
Toots Thielemans (hca,g),Ray Bryant (p),Tommy Bryant (b),Oliver Jackson (ds) October ~November, 1959

Here is Toots Thielemans with Ray Bryant Trio play  “Lonesome Road”.
Members of the recording are the same as above.

Bobby Jaspar(4)

August 11. 2017

Bobby Jaspar had belonged to the J. J. Johnson Quintet for 15 months.

Two days after recording the “Dial J.J. 5”, they had the performance at “Cafe Bohemia in NY”.

Their performance was released as “Jay Jay Johnson 5 Live at Cafe Bohemia 1957”.

Also Bobby Jaspar was a very good Jazz composer as well, giving top creations to the musicians of the time.

“In a Little Provincial Town” of his composition was included in this live performance.

Photo above of Claes Dahlgren by courtesy of Averages Radio

When J.J. Johnson lost his cabaret card – the New York musician’s indispensable passport to employment, J.J. Johnson Quintet had the European tour.

The tour was planed by Claes Dahlgren who was the Swedish jazz journalist.

Interestingly Claes Dahlgren was involved in the recording of ”Overseas”.

Because he was deeply connected with the Metronome label in Sweden at that time.

Please refer to here for “the European tour” and “Overseas”. Go here and here.

After 15 months with Johnson, Jaspar has a brief stint with Miles Davis in between Sonny Rollins and John Coltrane.

Also  Bobby Jaspar had recorded on Savoy label and Prestige labe in March 1957.

Bobby JasparはJ. J. Johnsonのグループに15ヶ月間所属していました。
グループは「Dial J.J.5」を録音した2日後にNYのライブハウスCafe Bohemia で演奏していました。この時の演奏は「Jay Jay Johnson 5 Live at Cafe Bohemia 1957」として発売されています。
又、Bobby Jasparは作曲家としても非凡な才能を持っており、その当時のジャズミュージシャンに優れた楽曲を提供していました。
彼が作曲した「In a Little Provincial Town」はライブ盤に収録されています。
その後、J.J. Johnson が「Cabaret card(NYで演奏するために必要な許可証) 」を剥奪された時、J.J. Johnson クインテットはヨーロッパ巡業を行いました。
この巡業はスウェーデンのジャズジャーナリストであったClaes Dahlgrenが企画したものでした。
興味深いことにClaes Dahlgrenが「Overseas(Tommy Flanaganの名盤)」の レコーディングに関わっていたことです。
その理由として、当時Claes DahlgrenがスウェーデンのMetronome社と深く関わっていたからだと言われています。
「ヨーロッパ巡業」と「Overseas(Tommy Flanaganの名盤)」については、今週投稿の契機となったJazz Club Over SeasのBlog(INTERLUDE)をご覧ください。
こちら ここをクリックして下さい。
Miles DavisはJ. J. Johnsonグループを脱退したBobby JasparをSonny RollinsとJohn Coltraneとの間のテナー奏者と参加させました。
1957年3月以降、Bobby JasparはSavoy社並びにPrestige社にレコーデイングしています。

Here is Bobby Jaspar plays “In A Little Provincial Town”.
Bobby Jaspar(fl),Eddie Costa(p), Barry Galbraith(p), Milt Hinton(b),Osie Johnson(ds) New York, 1956

Here is J.J.Johnson Quintet in Sweden play “Thou Swell”.
J.J.Johnson (tb,trombonium),Bobby Jaspar (ts,fl),Tommy Flanagan (p),Wilbur Little (b), Elvin Jones (ds)  Stockholm, June 14,1957

Here is J.J.Johnson Quintet in Sweden play “A Night In Tunisia”.
Members of the recording are the same as above.

Here is The J.J. Johnson Quintet ‎play Live At Cafe’ Bohemia ( Full Album )

J.J. Johnson(tb) ,Tommy Flanagan(p), Wilbur Little(b),Elvin Jones(ds),Bobby Jaspar(ts,fl)  February 27, 1957 – Café Bohemia, New York
1 Introduction By J.J.Johnson – Bernie’s Tune
2 In A Little Provincial Town
3 I Should Care
4 Angel Eyes
5 Old Devil Moon
6 My Old Flame
7 Dailie Double – Solar

 

Bobby Jaspar(1)

August 8. 2017

Last Saturday I went to ”Jazz Club Overseas”.

Please refer to the website about  “Jazz Club Overseas”. Go here

Koichi Nakai(中井幸一) and Atsuhiko Nakatsukasa(中務敦彦) with Hisayuki Terai(寺井尚之) Trio had performance.

They played “Dial J. J. 5” by J. J. Johnson in that night.

The following songs were played.(Thanks to Terai.)

〈1st〉

1.Barbados (Charlie Parker)

2.Paul’s Pal (Sonny Rollins)

3.Coffee Pot (J.J.Johnson)

4.Angel Eyes (Matt Dennis)

5.It’s Only a Paper Moon (Harold Arlen)

〈2nd〉

1.Almost Like Being in Love (Frederick Loewe)

2.Our Love Is Here To Stay (George Gershwin)

3.Bit Of Heaven (J.J.Johnson)

4.Georgia On My Mind (Hoagy Carmichael))

5.Dailie Double (J.J.Johnson)

〈3rd〉

1.Hello, Young Lovers (Harold Arlen)

2.I Should Care (Axel Stordahl)

3.Undecided (Charlie Shavers)

4.Nearness of You (Hoagy Carmichael)

5.Old Devil Moon (Burton Lane)

Encore: Walkin'(Richard Carpenter)

I heard carefully the performance of Nakatsukasa(中務).

Because I think that the existence of Bobby Jaspar is interesting in the recordings of Dial J.J.5.

So I would like to post about Bobby Jaspar this week.

先週の土曜日、先月にも訪問した「Jazz Club Overseas」に行きました。
「Jazz Club Overseas」についてはこちらをクリックして下さい
私の学生時代から知り合いである中井幸一さん(tb)と中務敦彦さん(ts)とお店のオーナー寺井尚之さんのトリオが出演していました。(中井さんについては前回の訪問時のブログをご覧下さい。こちらをクリックして下さい)
当日はJ.J.Johnsonの「Dial J. J. 5」に収録されている名曲を中心に演奏されました。
3ステージ全ての演奏曲目をお店のFacebookから記載させて頂きました。
その夜、私は中務敦彦(ts)さんの演奏を注意深く聞きました。
何故なら以前から「Dial J.J.5」の録音においてはテナーのBobby Jasparの存在が異色で面白い組み合わせだと思っていたからです。
そこで今週はBobby Jasparについて調べてみようと思います。

Here is J.J. Johnson Quintet play “Barbados”.

J.J. Johnson (tb),Bobby Jaspar (ts), Tommy Flanagan (p), Wilbur Little (b), Elvin Jones (ds) January 29 & 31 and May 14, 1957

Here is J.J. Johnson Quintet play “Old Devil Moon”.

Members of the recording are the same as above.

Here is Bobby Jaspar(cl) with Tommy Flanagan play “Clarinescapade”.

Bobby Jaspar(cl),Tommy Flanagan(p),Barry Galbraith(g),Nabil Totah(b), Elvin Jones(ds) New York, 1956

Koichi Nakai(中井幸一) and Atsuhiko Nakatsukasa(中務敦彦) by courtesy of http://jazzclub-overseas.com/