タグ別アーカイブ: Beryl Davis

The Young George Shearing(3)

July 12.2018

George Shearing was voted Britain’s best jazz pianist seven consecutive years in the poll conducted by the magazine Melody Maker.

現在ではGeorge Shearing(ジョージ・シアリング)が渡米前に行った録音は語られることが少ないようです。

又、今回記載した第二次世界大戦終結を挟んだ期間の演奏は、George Shearingだけでなくイギリスのジャズマンにとっても貴重な録音だったと思われます。

当時のイギリスにおけるジャズシーンについては知らない事ばかりですが、このサイトが役に立ちました。➡️ こちら

3142816

Photo above of Beryl Davis by Gettyimages

1943年10月
戦時中もロンドンに残ったStephane GrappellyとBeryl Davisとの演奏です。
Here is Stephane Grappelly And His Quartet play “Star eyes”.
Stephane Grappelli (vln) George Shearing (p) unknown el-g, b, Dave Fullerton (d,vcl) Beryl Davis (vcl) (ギター・ベースは不明) London, October 6, 1943
Star eyes

1943年12月
ピアノソロ演奏(例会でピアノソロの名演としてご紹介したい演奏です)
Here is George Shearing(solo) plays “Guilty”.
London, December 21, 1943
Guilty

1944年2月
トランペット奏者Kenny Baker (ケニー・ベイカー)とのセッション(Kenny Bakerについては➡こちらを参照して下さい)
Here is George Shearing Sextet play ”Five flat flurry”.
Kenny Baker (tp) Harry Hayes (as) Aubrey Franks (ts) George Shearing (p) Tommy Bromley (b) Carlo Krahmer (d) London, February 14, 1944
Five flat flurry

1946年10月
エリントンサウンドを醸し出すようなHarry Hayes(詳細については➡こちらを参照して下さい)
Here is Harry Hayes and His Band with George Shearing play “Blue charm”.
Leo Wright (tp) Harry Hayes (as) Tommy Whittle (ts) Bill Lewington (bar) George Shearing (p) Alan Ferguson (g) Bert Howard (b) Billy Wiltshire (d) London, October 7, 1946
Blue charm

1946年12月
渡米後のシアリングでは聴けない演奏です。本録音後(翌年)、米国ジャズシーン(52st)にデビューしました。
Here is Harry Hayes and His Band with George Shearing play “Rockin’ in rhythm”.
Leo Wright (tp) Harry Hayes (as) Tommy Whittle (ts) Bill Lewington (bar) George Shearing (p) Alan Ferguson (g) Bert Howard (b) Johnny Wise (d) London, December 13, 1946
Rockin’ in rhythm

 

The Young George Shearing(2)

July 09.2018

During World War II, the young pianist teamed with Stephane Grappelli who spent the war years in London.

George Shearing(ジョージ・シアリング)が渡米前に行った録音(1940年〜43年)について、Tom Lord “The JAZZ Discography”に記載された録音データから確認してまいります。

sid-phillips-uk-jazz-musician-and-composer-1907-to-1973-A04TJT

Photo above of Sid Phillips by Alamy

1940年

・Sid Phillips(シド・フィリップス=クラリネット奏者でバンドリーダー)との演奏
Here is Sid Phillips Trio play “Amoresque”.
Sid Phillips (cl) George Shearing (p) Barry Wicks (d) London, May 6, 1940
Amoresque

・ Arthur Young(アーサー・ヤング)率いるThe Hatchett Swingtetteに参加し Stephane Grappelliと共演しています 。
Here is Arthur Young and the Hatchett Swingtette play “The sheik of Araby”.
Arthur Young (p,novachord,dir) Bill Shakespeare (tp) Dennis Moonan (cl,ts) Stephane Grappelli (vln) George Shearing(p) Chappie d’Amato, Jack Llewellyn (g) George Senior (b) Tony Spurgin (d) London, July 8, 1940
The sheik of Araby

尚、Arthur Youngが演奏しているNovachord についてWikipediaを引用しました。

「Novachord(ノヴァコード) 」はハモンド社が1937年発表、1939年~1941年に製造したおそらく世界最初の減算合成型ポリフォニック・シンセサイザー製品である。」

1941年

302303

Photo above of Harry Parry by YouTube

・Harry Parry(ハリー・パリー=ウェールズ出身のクラリネット奏者)楽団に参加
Here is Harry Parry ando Radio Rhythm Club Sextet play  “Softly, as in a morning sunrise”.
Harry Parry (cl) Roy Marsh (vib) George Shearing (p) Joe Deniz (g) Tommy Bromley (b) Ben Edwards (d) London, January 28, 1941
Softly, as in a morning sunrise

・1941年2月以降はStephane Grappelli との共演を重ねながら「ソロ演奏」も録音しています。
Here is Stephane Grappelli with George Shearing play  “I never knew”.
Reg Conroy (vib) George Shearing (p,arr) Sid Jacobson (g) Harry Chapman (harp) Stephane Grappelli, Stan Andrews, Eugene Pini (vln) unknown (cello) George Gibbs (b) Jock Jacobson (d) Dennis Moonan (alto-vln) London, February 28, 1941
I never knew

・ Harry Parry のコンボ録音に参加
Here is  Harry Parry with George Shearing play “Dim blues”.
Harry Parry (cl) Roy Marsh (vib) George Shearing (p) Frank Deniz (g) Sam Molyneaux (b) Ben Edwards (d) London, May 3, 1941
Dim blues

1942年

Here is George Shearing plays “ Rosetta”.
George Shearing(solo) London, April 28, 1942
Rosetta

Here is George Shearing plays “Coquette”.
George Shearing(solo) London, April 28, 1942
Coquette

Here is George Shearing plays  “Time on my hands”.
George Shearing(solo) London, December 12, 1942
Time on my hands

1943年

Here is Stephane Grappelly And His Quintet play “Star dust”.
Stephane Grappelli (vln) George Shearing (p) Dave Fullerton (d) unknown bar, g and b (バリトンサックス・ギター・ベースは不明)
London, January 28, 1943
Star Dust

Here is Stephane Grappelly And His Quintet with Beryl Davis(vo) play “Heavenly music “.
Stephane Grappelli (vln) George Shearing (p) unknown el-g, b, Dave Fullerton (d,vcl) Beryl Davis (vcl) (ギター・ベースは不明)
London, October 6, 1943
Heavenly music

Stephane Grappellyとの共演についてはFB友長谷川光氏のブログを参考にしました。

1939年Django ReinhardtとStephane Grappelli はBeryl Davis(ボーカル)を伴い英国ツアーを行なっていました。しかし第二次世界大戦勃発によりDjango Reinhardtはパリに帰りましたがStephane Grappelli とBeryl Davisはロンドンに残りました。

詳細はこちら

Beryl Davis については下記を参照しました。

➡こちら