タグ別アーカイブ: Bill Harris

第28回 神戸ジャズサロン(20200223)②

February 26,2020

『ジャズの醍醐味「アドリブ」又は「編曲と技量の競い合い(アンサンブル)」』の2回目をご紹介します。

・T川氏

Brian ‘Bee’ Minter’s Gothic Jazz Band:The “Carrot” Sessions
T川さんの解説によると、オーストラリア出身のバンジョー奏者 Jeff GilbertとBrian “Bee” Minter(英国トランペット奏者)が共同で1959年結成したジャズバンドです。
当時からロンドン在住のニューオーリンズジャズファンに人気があり、1964年 Jeff Gilberが帰国後もBrian “Bee” Minterがバンドを引き継ぎ録音も多く残しています。当日ご紹介された録音(1970〜1976年)は私家盤として発売されロンドンから通信販売で購入されたそうです。

Here is Brian ‘Bee’ Minter’s Gothic Jazz Band play ”Ti-Pi-Tin”.
London November 13,1970

Here is Brian ‘Bee’ Minter’s Gothic Jazz Band play “Rebecca”.
London November 13,1970

Here is Brian ‘Bee’ Minter’s Gothic Jazz Band play “Rambling Rose”.
London November 13,1970

当日ご持参されたGothic Jazz BandのCD(T川氏自作)です。

 

・F川氏

Peter Beets Trio:Our Love Is Here To Stay

本録音の詳細については下記サイトをご覧下さい。

こちら ▶️

Here is Peter Beets Trio play “’S Wonderful”.

 

Ken Peplowski Quartet:Petite Fleur

本録音の詳細については下記サイトをご覧下さい。

こちら ▶️

ご紹介された「So in Love」は提供出来ませんので、代替として別アルバムから1曲添付します。

Here is Ken Peplowski plays “Body and Soul”.

Ken Peplowski の公式HPを是非ご覧下さい。

こちら ▶️ 

Charlie Parker Big Band:Night and Day

Here is Charlie Parker Big Band play “What Is This Thing Called Love?”.
Jimmy Maxwell, Carl Poole, Al Porcino, Bernie Privin (tp) Bill Harris, Lou McGarity, Bart Varsalona (tb) Charlie Parker, Harry Terrill, Murray Williams (as) Flip Phillips, Hank Ross (ts) Danny Bank (bar) Oscar Peterson (p) Freddie Green (g) Ray Brown (b) Don Lamond (d) Joe Lippman (arr,cond)
New York, March 25, 1952

 

・M渡氏(神戸ジャズサロン主宰者)

1月13日開催された震災メモリアル「K.G. OB&OG JAZZ ALL DAY LONG」で2人のトロンボーン共演(向井滋春と五島健史)を聴き、J.J. Johnsonを3曲ご紹介されたました。

震災メモリアル「K.G. OB&OG JAZZ ALL DAY LONG」については下記サイトをご覧下さい。

こちら ▶️ 

五島健史さんについては下記サイトをご覧下さい。

こちら ▶️   

Here is J.J Johnson and Kai Winding play ”This Could Be The Start Of Something Big”.

J.J. Johnson, Kai Winding (tb) Bill Evans (p) Paul Chambers (b) Roy Haynes (d)
New York, October 3, 1960

Here is J.J Johnson and Kai Winding play ”Going, Going, Gong!”.

J.J. Johnson, Kai Winding (tb) Bill Evans (p) Tommy Williams (b) Art Taylor (d)
New York, November 4, 1960

Here is J.J.Johnson plays “Tune Up”.
Nat Adderley (cnt) J.J. Johnson (tb) Tommy Flanagan (p) Wilbur Little (b) Albert “Tootie” Heath (d)
New York, February 19, 1958

 

お気に入りの演奏家(Hank D’AmicoとMike LeDonne) をご紹介されました。

Hank’s Holiday: Hank D’Amico Quartet:
Hank D’Amico (cl) Bill Triglia (p) Milt Hinton (b) Charlie Smith (d)
New York, October 5-8, 1954

Here is Hank D’Amico Quartet play “Bernie’s Tune”.

Here is Hank D’Amico Quartet play ”The Nearness of You”.

Mike LeDonne
1980年代後半、ミルト・ジャクソンのグループに抜擢されハード・バップ系の新星ピアニストとして注目され、現在ではオルガン奏者としても活躍しています。

Here is Mike LeDonne plays ”Lined with a Groove”.

Mike LeDonne のFacebookが面白いです。

こちら ▶️

昨年5月、ニューヨークの有名ジャズクラブでEric Alexanderと共演した演奏がYouTubeでアップされていました。

Here is Mike LeDonne’s Groover Quartet @Smoke Jazz Club
Mike LeDonne (org),Eric Alexander(ts),Paul Bollenback(g),Jason Tiemann(ds)
Smoke Jazz Club, NYC, May 28, 2019

・K氏
アート・ブレーキーのベルギー公演映像(1958年)をご紹介されました。
概要では全7曲が収録されたYouTubeを添付します。

Here is Art Blakey & the Jazz Messangers – Live in Belgium 1958

Ralph Burns Among the JATP’s

August 04,2018

Photo above of Norman Granz by courtesy of Penn State News

In those days Norman Granz had appreciated the talent as Ralph Barn’s arranger.

So he produced ”Ralph Burns Among the JATP’s” .

The soloists include Jazz at the Philharmonic regulars Oscar Peterson, Ray Brown, Roy Eldridge Flip Phillips and Bill Harris and others.

According to Norman Granz “Ralph tried to capture the personality of the JATPs with his pen and baton.

ノーマン・グランツはラルフ・バーンズの才能を高く評価していました。それ故ノーマン・グランツはJ.A.T.P.のメンバーとラルフ・バーンズを組み合わせた録音を企画しました。

このアルバムではJ.A.T.P.のメンバーをフィーチャーした編曲が聞き所です。

今回はピーターソン、ジミー・ハミルトン、ルイ・ベルソンをフィーチャーした編曲をお楽しみください下さい。

 

”Ralph Burns Among the JATP’s” .
Roy Eldridge (tp-1) Al DeRisi, Bernie Glow, Lou Oles, Al Porcino (tp) Bill Harris (tb) Jimmy Hamilton (cl) Hal McKusick, Sam Marowitz (as) Al Cohn, Flip Phillips (ts) Danny Bank (bar) Oscar Peterson (p) Ray Brown (b) Louie Bellson (d) Ralph Burns (arr,cond)
New York, February 4, 1955

Ella Fitzgerald,Oscar Peterson,Roy Eldridge and Max Roach(1952)
Photoby courtesy of Pinterest

Perpetual Motion

Photo above of Jimmy Hamilton by Google Site

Pimlico

Photo above of Louis Bellson by courtesy of DRUMMERWORLD

Taxco

 

本ブログ作成中に 「けったいな(大阪弁でご勘弁を)」企画を発見しました。

伝説のジャズ・イベント『ジャズ・アット・ザ・フィルハーモニック 2018』

主催はユニバーサル ミュージック合同会社 (UNIVERSAL MUSIC LLC)

ノーマン・グランツさんも墓場で泣くような企画だと思います。

詳細は同社のHPをご覧下さい。 こちら▶️ をクリックして下さい。

 

The “trombonist’s trombonist” Urbie Green(2)

June 22.2017

fullsizeoutput_95f

MI0001400837

Photo above of Woody Herman by Wikipedia

When Urbie Green was 24 years old,he joined Woody Herman’s Thundering Herd.

In those days Woody Herman was contracted with MGM label.

In 1951 Herman’s band recorded four pop tunes for MGM, “Lonesome Gal.” “Searching,” “Jet” and “Ninety-Nine Guys.”

R-9119833-1475115194-5377.jpeg

Photo by Discogs

So he earned wide acclaim because his ballad style provided a contrast to Herman’s previous First Herd trombone star, Bill Harris.

During this period Carl Fontana was also joined in trombone section.

The leader Woody appointed either of them as a solo performer according to the atmosphere of the song.

Naturally Urbie Green had a good performance at ballad tunes.

After leaving Woody’s band he was voted the “New Star” trombonist in the International Critics Poll from Down Beat magazine in 1954.

carlfontana02

Photo above of Carl Fontana by courtesy of Carlfontana.com

R-9119908-1475118024-7298.jpeg

Photo by Discogs

Urbie Greenは24歳の時Woody Herman’s Thundering Herdに加入しました。
その当時Woody HermanはMGMレコードと録音契約を締結していました。
1951年1月HermanバンドはMGMに以下4曲のレコーディングを行いました。
「Lonesome Gal」「 Searching」「Jet」「Ninety-Nine Guys」
Woody Herman First Herdに在籍していたトロンボーン奏者Bill Harrisとは全く正反対のバラード演奏が好評を博し、Urbie Greenの人気は高まりました。
尚、トロンボーン部門には名手Carl Fontanaも彼の隣に座っていました。
リーダーのWoody Hermanは演奏する曲の雰囲気に合わせ、二人のどちらかにソロ演奏の指示をしました。
当然Urbie Greenはバラード曲を得意とし、Carl Fontanaは前任のBill Harrisに負けない攻撃的な演奏をしました。
Hermanバンドを脱退した後、1954年にはDown Beat誌の国際批評家による投票で新人賞に選ばれました。

Here is Urbie Green plays “Autumn Leaves”.
Urbie Green(tb),Zoot Sims(ts), Russ Tompkins(p),
Ray Brown(b), Jake Hanna(ds) (1982)

Here is Urbie Green plays “Dream”.