タグ別アーカイブ: Billie Holiday

大阪ジャズ同好会第38回例会(2019年8月11日) 特集「また暴挙ご容赦様々なSUMMERTIME 60分」

August 15,2019

また暴挙ご容赦様々な「SUMMERTIME 」60分 解説 吉瀬拓雄氏

(当日配布されたレジュメを転載します)
昨年2月の「オール・オブ・ミー」に続いてまた1曲集中特集の最挙。60年余り前の学生時代、 松竹座裏の「ジャズ・ミー」で「この曲ナニ?」と尋ねた「サマータイム」です。 ご存じの通りガーシュインが1935年に作曲した「ポーギーとベス」冒頭の子守歌。現在までに2600バージョンが出ているそうですが、実は「これがその時に聴いた演奏」と言い切れる音には、いまだ出会えないでいます。「夏近し」の季節に免じてご容赦の上、 折にふれて集めた音源から、様々なアレンジや個性をお楽しみ頂ければ幸いです。

◆子守唄には似つかわしくないトランペットの3連発から

Henry “Red” Allen

Henry “Red” Allen (tp) Earl Warren (cl,as) Coleman Hawkins (ts) Marty Napoleon (p) Chubby Jackson (b) George Wettling (ds) New York, August 7, 1958

Charlie Shavers

Charlie Shavers (tp) with large studio orchestra, Sy Oliver (arr,cond)
New York, June, 1955 (Bethlehem BCP27)

Miles Davis

◆ペットのルイとエラがデュエットしビリーとサラも歌います

Ella Fitzgerald & Louis Armstrong

ブログ作成者から追加させて下さい。
Here is Ella Fitzgerald sings ”Summertime”. (1968)

Billie Holiday

Billie Holiday (vcl) ,Bunny Berigan (tp), Artie Shaw (cl) ,Joe Bushkin (p) ,Dick McDonough (g) ,Pete Peterson (b) ,Cozy Cole (ds)  New York, July 10, 1936

Sarah Vaughan

◆続いては男声の大御所ピングとシナトラに混声のプラターズ

Bing Crosby

Frank Sinatra

The Platters   (1990年殿堂入りした男4人女1人混声グループ)

◆ゴスペル、男女のロックやR&Bシンガーの登場です

・Mahalia Jackson

ブログ作成者から追加させて下さい。
Here is Mahalia Jackson sings ”Summertime”. (1960)

・Janis Joplin

Paul McCartney

Aaron Neville

Photo by Discogs

◆大震災前に「津軽弁ジャズ」で東北を巡演していたこの入をぜひ

・伊藤君子

当日紹介された「津軽弁ジャズ」の音源は提供出来ません。代替として伊藤君子さんのコメントと『A Touch Of Love(1994年)』から添付させて頂きます。

「津軽弁ジャズ ジャズだべ!ジャズださ!」(PRコメント)

Here is Kimiko Itoh sings “Summertime”.

伊藤君子(vo),Michael Brecker(ts), 日野皓正(Cor,Flh) ,Eddie Gómez(b),Steve Gadd(ds), 佐藤允彦(p) 松木恒秀(g) 1985年11月12日録音

(レジュメ末尾のコメント)
女性歌手では他にカーメン・マクレエ、ジュリー・ロンドン、メリー・フォード、ヘ レン・メリル、キリ・テ・カナワ、ナラ・レオン、チャカ・カーン、アニタ・ベイカー 、オリビア・ニュートンジョン、沖山秀子、矢代亜紀ら。男性でキャブ・キャロウェー、
SAM&DAVE、ゴールデン・ゲイトトリオ、アル・マルティノペリー・コモ、アンデ ・ウイリアムス、サム・クック、レイ・チャールス、ジョージ・ベンソン、ジョニー・ ハートマン。ウイリー・ネルソン、パリー・マニロウ、ガエターノ・ヴェローソらも。

神戸ジャズ愛好会5月例会(2019年)④特集「ジャズスタンダード名曲集~ジョージ・ガーシュウィン(2)」

May 29,2019

特集「ジャズスタンダード名曲集~ジョージ・ガーシュウィン」の2回目ですが、お二人が同じCDアルバム「The Essential George Gershwin」(上記写真)から選曲されました。

N氏(神戸市在住)

1.「前奏曲第2番」by ジョージ・ガーシュウィン(自演)

Here is George Gershwin play ”Prelude 2”.

Here is Gershwin plays ”I Got Rhythm ”.(1931)

2.「Summertime」by Billie Holiday

Here is Billie Holiday And Her Orchestra sings ”Summertime”.
Billie Holiday (vcl) acc by Bunny Berigan (tp) Artie Shaw (cl) Joe Bushkin (p) Dick McDonough (g) Pete Peterson (b) Cozy Cole (ds)
New York, July 10, 1936

3.「Someone to Watch Over Me」by Frank Sinatra

Nさんが高校生の時に観た映画でFrank Sinatraが唄っていたシーンのお話をされました。
Here is Frank Sinatra sings ”Someone to Watch Over Me”.

Here is Frank Sinatra sings ”Someone to Watch Over Me”.

2.M氏(神戸ジャズサロン主宰者)

1.「A Foggy Day」 by Rosemary Croony

Here is Rosemary Croony sings ”Foggy Day”.

2. 「Liza」 by Benny Goodman Band

”Liza”含めメドレー演奏の映像がありました。

Here is The Benny Goodman Trio play “Gershwin Medley”.
“The Man I Love〜Embraceable you〜Lady Be Good〜Somebody Loves Me〜Liza”
Benny Goodman(cl),Mel Powell(p),Roy Burnes(ds)
March 23, 1957 New York

3. 「S’Wonderful」 by Dinah Shore and Buddy Clark

Here is Dinah Shore and Buddy Clark sings ”S’Wonderful”.

4. 「Soon」by Dorothy Kirsten

Here is Dorothy Kirsten sings ”Soon”.

【追悼】Doris Day
5. 「But Not For Me」

Here is Doris Day sings ”But Not For Me”.

映画「Lullaby of Broadway」のシーンを添付します。

Here is Doris Day ”Somebody Loves Me (Lullaby of Broadway)”.

 

1959:Jazz’s Vintage Year

May 12,2019

大阪ジャズ同好会次回例会の持ち寄りテーマは『1960年代のジャズ』

以下、寺本世話人の案内を記載します。
「この例会ではあまり取り上げる機会がなかった1960年代のジャズで お気に入りのものがあればご紹介ください。当時最新のモダンジャズでも結構ですし、古くからのジャズメンの当時の演奏でも結構です。」

個人的な感想ですが「1960年代のジャズ」を語るためには「1959年に発表された傑作アルバム」は重要であると思っています。

1959年に録音された作品については、小生がインターネットで聴取しているジャズ番組で特集されていました。

「1959:Jazz’s Vintage Year」2009年3月放送

番組はストリーミング放送(1時間)で下記のサイトから聴くことが可能です。

こちら ▶️

以下、放送された名曲だけをYouTube音源で添付致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

余談ですが、1959年には3人のジャズの巨人が亡くなっている事も追記いたします。

3月15日 シドニーべシェ (パリで永眠)

5月14日 レスター・ヤング

7月17日 ビリー・ホリディ

大阪ジャズ同好会第36回例会(2019年4月14日) 概要②特集『春をテーマにしたジャズ』

April,16,2019

ジャズでも春の曲を取り上げている演奏が多くあります。春のシーズンにピッタリなスプリング・ジャズを紹介したいと思います。(解説 久保田和文氏)

当日配布されたレジュメの順にYouTube音源でお楽しみ下さい。

1.Here is Billie Holiday sings ”Some Other Spring”.

2.Here is Clifford Brown Quartet play “It Might As Well Be Spring”.

3.Here is Doris Day sings “April In Paris”.

4.Here is Pim Jacobs Trio play “Spring will a little late this year”.

5.Here is Chris Connor sings “Spring Is Here”.

6.Here is Gerry Mulligan Quartet play “Spring is Sprung”.

7.Here is Julie London sings “I’ll Remember April”.

8.Here is Blossom Dearie sings “They Say It’s Spring”.

9.Here is Ella Fitzgerald sings “Spring Can Really Hang You Up The Most”.

10.Here is Pat Metheny Quartet play “April Joy”.

特集担当 久保田氏談
今回の選曲に際し、Jazz Club OverSeas(大阪堺筋本町駅)」の寺井珠重さんのブログを参考にしました。
INTERLUDE by 寺井珠重(2014年1月24日)
「ビリー・ホリディを彩る二人のアイリーン(1):Irene Kitchings」

下記に添付させて頂きました。

Jazz Club OverSeasのHPも是非ご覧下さい。

こちら▶️

Gordon Jenkins on Decca Records

September 14,2018

Photo of Gordon Jenkins

 

最近ネットラジオで「Dick Haymes: Sinatra’s Shadow」という放送を聴きました。この番組ではゴードン・ジェンキンス(Gordon Jenkins)についても語られていました。

上記ラジオ放送は  こちら 

Gordon Jenkinsはキャピタル時代のフランク・シナトラとの共演盤が有名ですが、デッカ時代にも有名歌手と多くの名曲を録音しています。

今回、デッカレコード専属時代のGordon Jenkinsが関わった録音からブログを作成しました。

最後に添付したThe Weavers(ピート・シーガーが参加)については門外漢でありますので余計なコメントは記載しておりません。

尚、Gordon Jenkinsについては1年前の拙ブログ(4回連載)も併せてご覧頂ければ嬉しいです。

1. https://wp.me/p6X2wH-3DJ

2. https://wp.me/p6X2wH-3Ex

3. https://wp.me/p6X2wH-3EM

4. https://wp.me/p6X2wH-3Fv

Photo above of Woody Herman by Wikipedia

Isham Jonesは歌手としてWoody Hermanを採用しました。
Here is Isham Jones Orchestra and Woody Herman sing “There is no greater love”.
Clarence Willard, Chelsea Qualey (tp) Wendell deLory, Russ Jenner (tb) Joe Bishop (tu,arr) Tommy Macey, Don Watt (cl,as) Woody Herman (cl,as,bar,vcl) Vic Hauprich, Saxie Mansfield (ts) Howard Smith (p,arr) George Wartner (g) Eddie Stone (vln,vcl,arr) Vince Allotta (vln) Nick Hupfer (vln,arr) Walt Yoder (b) Walter Lageson (d), Gordon Jenkins (arr) Isham Jones (dir) New York, February 3, 1936

 

下記の曲は大ヒットしました。シナトラの好敵手です。
Here is Dick Haymes (with Gordon Jenkins Orchestra) sings “Little White Lies”.
New York 1948

Peggy Leeのデッカ盤ではなくElla Fitzgerald による“Black coffee”です。
Here is Ella Fitzgerald sings (with Gordon Jenkins Orchestra) “Black coffee”.
Ella Fitzgerald (vcl) with Gordon Jenkins Orchestra, Gordon Jenkins (cond) New York, April 28, 1949

 

コロンビア盤のRay Ellis(楽団)の編曲と比べて下さい。
Here is Billie Holiday (with Gordon Jenkins And His Orchestra) sings “You’re my thrill”.
Bobby Hackett (tp) Milt Yaner (cl,as) John Fulton (fl,cl,ts) Bernie Leighton (p) Tony Mottola (g) Jack Lesberg (b) Bunny Shawker (d) + five strings Billie Holiday (vcl) Gordon Jenkins (cond) New York, October 19, 1949

 

ディスコグラフィーを読んで二人の組み合わせを初めて知りました。
Here is Hoagy Carmichael (with Gordon Jenkins And His Orchestra And Chorus) sings “Sacramento.
Hoagy Carmichael (vcl) acc by orchestra and chorus, Gordon Jenkins (dir)
Los Angeles, March 1, 1951

 

当時の看板スターはサッチモです。
Here is Louis Armstrong (with with studio orchestra and Gordon Jenkins(cond) )sings “Jeannine, I Dream Of Lilac Time”.
U.S. Royal Showcase: (Tv Show): NBC tv studio, New York City, June 8, 1952

 

この歌手を出さないと叱られます。
Here is Peggy Lee (with Gordon Jenkins (cond) sings “Sans souci”.
Los Angeles, July 31, 1952

 

下記文章は「Songwriters Hall of Fame」から引用しました。 HPは こちら

In 1938, he moved to California, where he worked for Paramount Pictures. In 1939 he became music director for NBC’s Hollywood based west coast division. From 1944 to 1948, he worked on Dick Haymes’ radio show. In 1945, he became a staff conductor for Decca Records. Jenkins soon became Decca’s musical director, and was responsible for bringing The Weavers (a group that included Pete Seeger among its members) to Decca.

Here is The Weavers (with Gordon Jenkins Orchestra) sing “Goodnight, Irene”.

阪急百貨店SPレコードコンサート(6月25日)

June 26.2018

昨日は阪急百貨店で開催されていたSPレコードコンサートの最終日に行ってきました。

解説 西口 正博氏(京都HOT STEP代表)

会場にはM氏(神戸ジャズサロン主宰者)とF川氏(大阪ジャズ同好会で新譜紹介担当)が来られていました。F川氏からは「竹針カッター」についても教えて頂きました。

当日ご紹介された7曲を記載しました。又、ミルドレッド・ベイリーとビリー・ホリデイの歌唱をお楽しみ下さい。

(1)

Photo by Discogs

Benny Goodman & his Orchestra
“Let’s Dance”

(2)

Photo by YouTube

(2)Artie Shaw & his Orchestra
”Star Dust”

(3)

ミルドレッド・ベイリーと小編成のコンボ演奏をご紹介されました。

Here is Mildred Bailey And Her Swing Band play “ I’d rather listen to your eyes ”.
Mildred Bailey (vcl) acc by Chris Griffin (tp) Chu Berry (ts) Teddy Wilson (p) Red Norvo (xyl-1) Dick McDonough (g) Artie Bernstein (b) Eddie Dougherty (d)
New York, September 20, 1935

(4)

Photo by Wikipedia

Glenn Miller Orchestra
“Moonlight Serenade”

(5)

Photo by eBay

Anita O’Day with Gene Krupa And His Orchestra
“Side by side”

SPレコードコンサートの最後にビリー・ホリデイを3曲ご紹介されました。

(6)

Here is Billie Holiday sings “Loveless Love”.
Billie Holiday(vo),Bill Coleman(tp),Benny Carter(cl & as)
Georgie Auld(ts),Benny Morton(tb),Sonny White(p),
Ulysesses Livingstone(g),Wilson Myers(b); Yank Porter(ds)
15th, October 1940 Okeh 6064 (28875-1)

(7)

Here is Billie Holiday sings “Lover Come Back to Me”.
Billie Holiday(vo),Eddie Heywood(p),John Simmons(b),Sidney Catlett (ds9
Commodore 559B (A4755-2) 8, April 1944

(8)

Here is Billie Holiday sings “All of Me”.
Shad Collins(tp) Leslie Johnakins, Eddie Barefield(as) Lester Young(ts) Eddie Heywood(p) John Collins(g) Ted Strurgis(b) Kenny Clarke(d)
New York, March 21, 1941 Okeh 6214 (29990-1)

京都HOT STEPのFacebookから写真をお借りしました

Phil Bodner

February 5.2018

Photo by courtesy of West Texas Jazz Society

Phil Bodner was one of the busiest reed men in the 1940s-’70s.

He played clarinet, saxophone, oboe, English horn, and flute.

前回、Metropolitan Jazz Quartetをご紹介しました。

今回はMetropolitan Jazz QuartetのリーダーであるPhil Bodnerについて少し調べてみました。

Phil Bodnerは1941年にハリウッドでAbe Lymanの伴奏者として録音デビューし、1955年にBenny Goodmanオーケストラの録音に参加しています。

その後、Coleman Hawkinsのビクター(ブルーバード)録音で主要な伴奏者として名前を連ねています。

Billie Holiday「Lady In Satin」並びにMiles Davis「Porgy and Bess」等の歴史的な録音にも名前を残しています。

又、上記の他にもディスコグラフィーで確認しましたが、多くの有名な録音に彼の名前を見つけることが出来ました。

Phil Bodner はスタジオミュージシャンとして有名ですが、自己名義のCDも制作しています。

このCDでは自ら歌っているライブ演奏も収録されています。

今回は、サイドメンとして参加した2枚のレコードと共にお聞き下さい。

Here is Abe Lyman sings “Johnson special” (acc Phil Bodner).
Warren Smith (tb) Phil Bodner (cl,as) Bill Kimmel (cl,ts) Sam Caplan , Jim Welton, Harold Keinz, Paul Sparr (vln)
Hollywood, CA, June 25, 1941
061317  Bluebird 11241

Howard McGhee Orchestra “Life Is Just A Bowl Of Cherries”.
Howard McGhee, trumpet; Danny Bank, Phil Bonder, Sid Brown, Leon Cohen, Herbie Mann, sax; Donn Trenner, piano; Al Caiola, guitar; Arnold Fishkin, bass; Osie Johnson, Don Lamond, drums; Frank Hunter, arranger, director.
NYC, February 14 & 15, 1956 Bethlehem BCP-61

Here is Howard McGhee Orchestra play “My Song”.

Here is Howard McGhee Orchestra play “The Thrill Is Gone”.

 

Mundell Lowe ,Guitar Moods (Riverside RLP 12-208)
Mundell Lowe, guitar:Phil Bodner, oboe, English horn, Trigger Alpert, bass; Ed Shaughnessy, drums. Hackensack, NJ, March 2, 1956 (Riverside RLP 12-208)
Here is Mundell Lowe Quartet play “I Dream Too Much”.

Here is Mundell Lowe Quartet play “Ill Wind”.

Here is Mundell Lowe Quartet play “Goodbye”.

Phil Bodner ;Once More With Feeling
Phil Bodner(vo,cl),Dick Hyman(p),Ron Traxler(d),Milton Hinton(b)
(Rec 1970s)
Here is Phil Bodner plays “Them There Eyes”.

Here is Phil Bodner sings and plays “Old Man Time”.
add Joe Wilder(tp)