タグ別アーカイブ: Billy Butterfield

神戸ジャズ愛好会2020年9月例会概要

September 28,2020

1.『ジャズスタンダード名曲集(第5回)~ハロルド・アーレン』

・K氏
Here is Ann Burton sings ”Come Rain or Come Shine”.
Ann Burton(vo) 宮沢昭(fl) 小川俊彦(p) 稲葉国光(b) 小津昌彦(ds) Tokyo, April 28, 1974

Here is Tal Farlow Quartet play “As Long As I Live”.
Tal Farlow(g) Frank Wess(as, f1, ts) Wendell Marshall (b) Osie Johnson(ds) New York, December 15 & 16, 1959

Here is Lorez Alexandria sings “Over The Rainbow”.
Lorez Alexandria(vo) Wynton Kelly(p) AI Mckibbon(b) Jimmy Cobb(ds) Los Angeles, 1964

・Y瀬氏「二つのペーパームーン」

ハロルド・アーレンという作曲家に特別な興味を持ったこともない身ですが、彼の「It’s Only a Paper Moon」は、ナット・キング・コールの歌唱で好きな曲の一つでした。ナットの中でも飛び切りの名盤とされる「After Midnight」(1956年8月録音)での歌唱と1963年に2度目の来日を果たし、赤坂のニュー・ラテン・クォーターで原信夫率いるシャープス& フラッツと共演した際のライブ盤を聴き比べてお楽しみください。アルバム付属の解説のお陰で、曲の初演(1953年ブロードウェー)当時の曲名は「If you believe in me」だったという豆知識も得ました。

Here is Nat King Cole sings “It’s Only a Paper Moon”.
Nat King Cole (vcl,p) acc by Harry “Sweets” Edison (tp) John Collins (g) Charlie Harris (b) Lee Young (d) LA, August 15, 1956 (映像を添付します)

Here is Nat King Cole sings “It’s Only a Paper Moon”.
Nat King Cole (vcl,p) acc by Reunald Jones (tp) John Collins (g) Charlie Harris (b) Leon Petties (d) Nabuo Hara Sharps & Flats big band + strings, Nabuo Hara (dir)
Live “New Latin Quarter”, Tokyo, Japan, February 22, 1963

・F川氏「Blues In The Night競演


Here is Dineh Shore sings ”Blues In The Night”.

Here is Julie London sings ”Blues In The Night”.

Here is Janet Seide sings ”Blues In The Night”.

・寺本世話人

Here is Benny Goodman and His Sextet featuring Count Basie play “As Long As I Live”.
Benny Goodman(cl),Cootie Williams(tp),George Auld(ts),Count Basie(p),Charlie Christian(g),Artie Bernstein(b),Harry Jaeger(ds) New York, 7 Nov 1940

Here is Oscar Peterson Trio play “That Old Black Magic”.
Oscar Peterson(p),Herb Ellis(g),Ray Brown(b),Norman Granz(MC) “Nichigeki Theatre”, Toyko, November 4, 7 & 8, 1953

Here is Frank Sinatra sings “I’ve Got The World On A String”.
白黒映像を添付します。

Here is Judy Garland sings “The Man That Got Away”.
Judy Garland(vo)(映画の場面から添付します)

・平野

Photo above of Harold Arlen by Wikipedia

Here is Harold Arlen sings (with Leo Reisman Orchestra) “Stormy Weather”.
NYC February 28, 1933

Here is Lena Horne sings “Stormy Weather”. 
Hollywood, CA, January, 1943

Here is Lee Wiley sings “Between The Devil and The Deep Blue Sea”.
Lee Wiley (vo) Billy Butterfield (tp), Hank D’Amico (cl,as), Al Cohn (ts,arr), Barry Galbraith (g),New York, July 24, 1957

Here is Jo Stanford (with Paul Weston & His Orchestra) sings “Any Place I Hang My Hat Is Home”.1958
Swingin’ Down Broadway(Columbia Records)
Jo + Broadway (Corinthian Records)

2.映像コーナー
Anita O’Day and her Trio at the North Sea Jazz Festival 1982.
”Wave〜You’d Be So Nice To Come Home To〜In A Mellow Tone〜A Nightingale Sang In Berkeley Square〜They Can’t Take That Away From Me〜Honeysuckle Rose〜Wave”
Hague, Netherlands, 18 July 1982

大阪ジャズ同好会第41回例会持ち寄り(2020年2月9日)『ジャム・セッションの名演』①

February 12,2020

『ジャム・セッションの名演』前半4人のお気に入りをご紹介します。

・竹村氏(短いコメントも転載しております)

1.Midnight At Minton’s

Here is Don Byas and Joe Guy and Thelonious Monk play “I Can’t Give You Anything But Love”.
Midnight At Minton’s:
Joe Guy (tp) ,Don Byas (ts) ,Thelonious Monk (p) unknown (b) Kenny Clarke (ds)
Live “Minton’s”, New York, 1941
ビバップ誕生の聖地、ミントンズ・クラブでの貴重な実況録音

2.Charlie Christian in Minneapolis

Here is Charlie Christian plays “ I got rhythm”.
Jerry Jerome (ts),Frankie Hines (p), Charlie Christian (g), Oscar Pettiford (b),
Live “Harlem Breakfast Club”, Minneapolis, MN, September 24, 1939
ミネアポリスのハーレム・ブレックファースト・クラブでの、アフターアワーズ・ジャムセッション。

3.Jazz from a Swinging Era

Here is Buck Clayton and his All Stars play “Into The Blues Bag”.
Buck Clayton, Roy Eldridge (tp), Vic Dickenson (tb), Earl Warren (as) ,Bud Freeman (ts), Sir Charles Thompson (p), Bill Pemberton (b), Oliver Jackson (ds)
Paris, March 12, 1967
バック・クレイトン・ジャムセッションの最後のオールスターズでのパリ公演。

・K氏

Buck Clayton Jam Session

Here is Buck Clayton All Stars play “All The Cats Join In”.
Buck Clayton, Ruby Braff, Billy Butterfield(tp), J.C.Higginbotham(tb),
Tyree Glenn(tb, vib), Coleman Hawkins, Julian Dash(ts), Kenny Kersay(p) ,Steve Jordan(g) ,Walter Page(b), Bobby Donaldson(ds) NYC March 5,1956
ソロの順番
Hawkins(ts)-Glenn(vib)-Braff(tp)-Higginbotham(tb)-Glenn(vib)-Braff(tp)- Higginbotham (tb)-Butterfield(tp) -Glenn(tb) -Clayton(tp)-Dash(ts)-Kersy(p)

当日、本録音は約2分短いバージョンもあると解説されました。以下添付します

・H氏

The Historic Mocambo Session ’54

Here is Shotaro Moriyasu plays ”I Want To Be Happy”.
守安祥太郎(p),宮沢昭(ts),鈴木寿夫(b),清水 潤(ds)
July 27-28,1954

植田紗加栄(著)
「そして、風が走りぬけて行った―天才ジャズピアニスト・守安祥太郎の生涯」をご紹介されました。

ブログ作成者もモカンボセッションをリストアップしておりました。1曲追加させて下さい。
Here is Shotaro Moriyasu plays ”Strike Up The Band”.
守安祥太郎(p),宮沢昭(ts),鈴木寿夫(b),清水 潤(ds)
July 27-28,1954

・Y瀬氏

Lionel Hampton And His Just Jazz All Stars
2月の放出例会の持ち寄り、ジャムセッションとは無縁と思いこみ、「聴きに徹しようか」と思っていたのですが、実はジャズの目覚めは18歳を迎える昭和28年(1953年)の正月、一族の子らが集う席へ遠縁の大学生が持ち込んだSP2枚の表と裏の計4面にわたる「スターダスト」でした。すっかり魅了され、繰り返し聴いて長年の愛聴曲となったのですが、ハンプトンのイントロで始まり、ウイリー・スミス(as)、チャーリー・シェイバース(tp)、バーニー・ケッセル(g)ら初めて名を知る名手が音を紡ぎ、やがて圧倒的なハンプトンのソロに。これこそ、まさにジャムセッションだったのですね。

Here is Lionel Hamton All Stars play “Star Dust”.
Lionel Hampton And His Just Jazz All Stars:
Charlie Shavers (tp) Willie Smith (as) Corky Corcoran (ts) Lionel Hampton (vib) Tommy Todd (p) Barney Kessel (g) Slam Stewart (b) Lee Young (d)
CA Civic Auditorium,Pasadena, August 4, 1947

Y瀬氏はSPレコード2枚(表裏4面)を神戸ジャズサロン(2018年2月例会)にご持参されていました。当日撮影した写真を添付します。

神戸ジャズ愛好会(2018年5月) 例会概要「Legends of Jazz Drumming」

May 28.2018

昨日参加した神戸ジャズ愛好会の概要を2回に分けて投稿させて頂きます。

(1)特集「私が好きなジャズのヒーロー」

(2)映像コーナー

(3)持ち寄りコーナー

本日は(2)と(3)について映像も添付して概要をご紹介致します。

(2)映像コーナー「Legends of Jazz Drumming」(例会世話人の寺本氏が上記写真のDVDより7人をご紹介)

Here is Louis Jordan & His Tympany Five play “Jumpin’ At The Jubilee”.

下記の映像は昨日ご紹介された映像と同一です。

 

Here is WOODY HERMAN and Stan Getz-Shorty Rodgers and Don Lamond play “Caldonia and Northwest Passage”.

昨日紹介された「Northwest Passage」に前半の「Caldonia」もお楽しみ下さい。

 

Here is Max Roach plays “Solo performance”.

昨日の映像とは別ですが約10分のドラムソロ演奏の映像です。

 

Here is Shelly Manne Quintet play “Speak Low”.
Shelly Manne (ds), Conte Candoli (tp), Richie Kamuca (ts), Russ Freeman (p), Monty Budwig (b)
Jazz Scene USA(1962年)からの映像です。

Here is Shelly Manne Quintet play ”Fantan”.
Members of the recording are the same as above.

 

Here is Sonny Payne’s Drum solo performance(1962)

昨日ご紹介された映像と違います(ソロ中心の映像です)
冒頭にベイシー親分がピアノで「存分にやれよ」と指示しているようです。

 
下記の映像は昨日ご紹介された映像と同一です。
Here is Ray Bauduc with The Bobcats play “Who’s Sorry Now”.

Eddie Miller(ts),Billy Butterfield(tp),Warren Smith(tb),Jess Stacy(p),Matty” Matlock(cl),Ray Bauduc(ds),Bob Haggart(b),Nappy Lamare(g)

 

Here is Bob Haggart & Ray Bauduc play “Big Noise From Winnetka”.

二人の息がぴったりです。

 

Here is John Kirby’s little band with Big Sid Catlett play “Can’t Find a Word to Say”.

Charlie Shavers(tp),Buster Bailey(cl),Russell Procope(as),Billy Kyle(p),John Kirby(b),Big Sid Catlett(ds)

(3)持ち寄りコーナー

F川さん(大阪ジャズ同好会にも西明石から毎回参加されています)
「副題:私が紹介したミュージシャンのその後」

 

1.花岡詠二(神戸ジャズストリートに出演したクラリネット奏者としてご紹介)

花岡詠二インターナショナル・オールスターズ /名歌でスイング!! から1曲ご紹介されました。花岡詠二さんは先日開催された「Breda Jazz Festival 2018」に出演されています。
詳細は花岡さんのFacebookをご覧下さい。こちらをクリック

 

2.川口千里(天才女性ドラマーとして1月の例会でご紹介されました)
3月15日に Virtuosoレーベルよりリリースされた矢堀孝一の新作品trailer
Here is Koichi Yabori(矢堀孝一) and Kento Yokota(横田健斗) and Senri Kawaguchi(川口千里)   Live at Virtuoso

川口千里さんのHPをご覧下さい。こちらをクリック