タグ別アーカイブ: Bob Cranshaw

神戸ジャズサロン2月例会(2019年)「オルガンの名演・好演・お気に入りの盤」②

February 26.2019

神戸ジャズサロン2月例会のテーマは「オルガンの名演・好演・お気に入りの盤」でした。今回も4人がご紹介された演奏家をお楽しみ下さい。

先日お亡くなりになった児山 紀芳さんの思い出話もございました。

Photo of Mike LeDonne above courtesy of MikeLeDonne.com

・Ch氏

Mike LeDonne

Here is Frode Kjekstad Quartet play “The Lone Ranger”.

Frode Kjekstad (g),Eric Alexander (ts),Mike LeDonne (org),Joe Farnsworth (ds)

Tedesco Studio, USA January 9, 2014

The Lone Ranger (再生時には音量調整をお願いします)

上記CDに関しては下記のサイトを参照して下さい。

こちら ▶️

Photo by BlueNote Records

・SW氏

Jimmy Smith

今月(2月3日)、お亡くなりになった児山 紀芳さんが解説を書かれている「The Cats」から3曲 ”Basin Street blues”,”St. Louis blues”,”Blues in the night”をご紹介されました。

全曲お聴き下さい。

Here is Jimmy Smith plays ”The Cats(Full Album)”.

Ernie Royal, Bernie Glow, Snooky Young, Jimmy Maxwell, Marky Markowitz, Thad Jones (tp) Jimmy Cleveland, Urbie Green, Billy Byers (tb) Tony Studd (b-tb) Ray Alonge, Earl Chapin, Jimmy Buffington, Bill Correa (fhr) Don Butterfield (tu) Jimmy Smith (org) Kenny Burrell (g) George Duvivier (b) Grady Tate (d) Phil Kraus (perc) Lalo Schifrin (arr,dir) New York,, April 29, 1964

Shirley Scott & Stanley Turrentine at MIST Harlem by courtesy of ZEALnyc

・KT氏

Shirley Scott

Here is Shirley Scott & Stanley Turrentine play ”Five Spot After Dark”.

Stanley Turrentine (ts) Shirley Scott (org) Bob Cranshaw (b) Otis “Candy” Finch (ds)

N.J., March 31, 1964

Jose Roberto Bertrami (AZYMUTHのキーボード担当)

Here is Jose Roberto Bertrami and Otavio Bonfa play “Novo Leblon”.

Jose Roberto Bertrami (org) Otavio Bonfa (g)

Rio de Janeiro, 1984 (Milestone M9141)

Shirley Scottの映像を追加します。

Here is Shirley Scott Trio (with Harold Vick on tenor) play “Don’t Look Back”.(1976)

Here is Joe Williams / Count Basie play “Ain’t Misbehavin’”.

Count Basie (org) Freddie Green (g) George Duvivier (b) Jimmy Crawford (d) Joe Williams (vcl) New York, October 13, 1958

1分40秒経過してからのFreddie Green(フレディ・グリーン)のギターもお聴き下さい。

Here is Fats Waller plays Ain’t misbehavin’

Fats Waller (vo,organ) , Dave Wilkins (tp) George Chisholm (tb) Alfie Kahn (cl,ts) Ian Shepherd (ts,vln) Alan Ferguson (g) Len Harrison (b) Edmundo Ros (d) London, August 21, 1938

余談ですが、ジャズオルガンについて面白い「系譜」を添付します。

出典元「Jazz Organ History」  by Geoff Alexander(1988)

神戸ジャズサロン10月例会概要「ビブラフォンの名演・好演・お気に入り」①

October 30,2018

先日、神戸ジャズサロン(神戸ジャズ愛好会と会員は同じ)に参加しました。

例会の案内をご覧下さい。

樹々の紅葉も目立ち初めて秋の彩りが目を楽しませます。

1. 今回のテーマ ビブラフォンの名演・好演・お気に入りの盤などご紹介下さい。
2.その他新譜や未知の音源、愛聴盤などもお持ち下さい。
・日時  10月28日(日)    13時半~16時半
・会場  高砂ビル5階 音楽サロン
・会費 5百円

特集の「ビブラフォンの名演・好演・お気に入りの盤」には9人の会員がお気に入りの録音盤を持ち寄りました。今回は5人がご紹介された演奏家をお楽しみ下さい。

C氏
Eddie Costa

Here is Mike Cuozzo Quintet play “There Will Never Be Another You”.
Mike Cuozzo (ts), Eddie Costa (vib), Ronnie Ball (p), Vinnie Burke (b), Kenny Clarke (ds) November 22, 1955

Here is Mike Cuozzo Quintet play “What Is this Thing Called Love”.
Members of the recording are the same as above.

Photo above of Emil Richards by courtesy of AllMusic

K氏
Emil Richards,Gary Burton

Here is Paul Horn Quintet play ”Something Blue”.
Paul Horn (ts, fl),Emil Richards(vib),Jimmy Bond(b),Paul Moer(p), Billy Higgins(ds)
Los Angeles, March, 1960

Here is Gary Burton and Ralph Towner play “Innocente”.
Gary Burton(marimba) ,Ralph Towner(g) Montréal, Quebec, July, 3 1989

Photo by Wikipedia

S氏
Lionel Hampton
ピアノ演奏も併せてご紹介されましたのでピアノを弾いている映像を添付しました。

Here is Lionel Hampton plays ”Hamp’s Boogie Woogie” (1990).
Montreal Jazz Festival, July 7, 1990.

Photo by courtesy of IMDV

下記はブログ作成者のお気に入りです。 テレビ番組の司会はパティ・ペイジ(Patti Page)です。
Here is Lionel Hampton plays ”Flying Home (1957)”.

F川氏
George Shearing,Dany Doriz,Peter Appleyard

Here is George Shearing Quintet play ”September In The Rain”.
Marjorie Hyams (vib) George Shearing (p) Chuck Wayne (g) John Levy (b) Denzil Best (ds) New York, February 17, 1949

Here is George Shearing Quintet play ”Pick Yourself up”.
New York, July 5, 1950
Members of the recording are the same as above.

例会ではAir Mail Special を紹介されましたが、音源の関係で下記を添付しました。

Here is Scott Hamiton and Dany Doriz Quartet play “Jumpin’ At The Woodside”.
Scott Hamilton (ts), Philippe Duchemin (p), Dany Doriz(vib), Patricia Lebugle(b), Didier Dorise(ds) November 29,2012

Photo above of Emilie-Claire Barlow by courtesy of The Star Toronto Star

Here is Peter Appleyard with Emilie-Claire Barlow(vo) play “After You’re Gone”.
Peter Appleyard (vib), John Sherwood (p) ,Carol Welsman ,(p,) Reg Schwager (g) Neil Swainson (b) Terry Clarke (ds) Emilie-Claire Barlow (vcl)
Toronto, Canada 2012

2013年7月Peter Appleyard(ピーター・アップルヤード)が亡くなった時の追悼映像を添付します。

Here is Peter Appleyard plays ”Tangerine”.

Photo above of Bobby Hutcherson by courtesy of NewMusicBox(New Music USA)

I氏
Bobby Hutcherson,Gary Burton

Here is Bobby Hutcherson Quartet play ”When You Are Near”.
Bobby Hutcherson (vib,marimba,d-1), Herbie Hancock (p), Bob Cranshaw (b), Joe Chambers (ds) N.J., February 8, 1966

例会ではFallling Graceを紹介されましたが、作成者お気に入りの下記を添付しました。

Here is Chick Corea and Gary Burton play “Crystal Silence”.
Zurich Octover.28, 1979

「主役より脇役がめだつモダンジャズ」大阪ジャズ同好会(2017年8月例会)

July 29. 2018

大阪ジャズ同好会のメンバーである竹村功氏がFacebookを開始されました。

今回は竹村氏が特集を担当された「主役より脇役がめだつモダンジャズ」をブログに再現しました。

尚、本特集は過去にご紹介しておりますが(1917年8月7日投稿)、小生が選んだ映像等を追加してブログを再作成致しました。

全7曲の演奏と竹村氏による「聞き所」を記載しました。

Here is Jutta Hipp With Zoot Sims play “Too Close For Comfort”.
Jerry Lloyd (tp) Zoot Sims (ts) Jutta Hipp (p) Ahmed Abdul-Malik (b) Ed Thigpen (ds)
Rudy Van Gelder Studio, Hackensack, NJ, July 28, 1956
「Zoot Simsが思う存分にブローしています」

Photo by YouTube

ブログ作成者のお気に入りを1曲添付させて頂きました。

Here is Jutta Hipp with Zoot Sims Play“Violets for Your Furs”.

Here is Joe Morello with Art Pepper play “Straight Life.
Art Pepper (as), Gerald Wiggins (p) ,Ben Tucker (b) ,Joe Morello (ds)
United Western Recorders, Los Angeles, CA, January 3, 1957
「絶頂期のArt Pepperによる艶やかな音色 」

Laurie Pepper(アート・ペッパーの未亡人)が管理するHPからの映像を追加しました。

詳細はこちらをご覧ください。➡️こちら

Here is Sarah Vaughan sings “Misty”.
Sarah Vaughan – vocals,Kirk Stuart – piano, vocals on “Misty”,Charles Williams – double bass,George Hughes – drums,Quincy Jones – producer  July 18,1963
「Piano奏者Kirk Stuartの歌唱力をお聞き下さい」

Kirk Stuartの映像を追加しました。

Here is Kirk Stuart sings ”But Not For Me”.

Here is Ella Fitzgerald and Duke Ellington play “It Don’t Mean A Thing If It Ain’t Got That Swing”.July 1966
「Ray Nance(tp)のボーカルが素敵です」

エリントン楽団をバックにRay Nanceが歌っている映像を追加しました。
Here is Ray Nance sings ”It don’t mean a thing”.

Here is Coleman Hawkins Quartet at the Village Gate play ” Josuha Fit the Battle of Jericho”.
Coleman Hawkins (ts), Tommy Flanagan (p), Major Holley (b), Eddie Locke (ds) August 1962
「Major Holleyがアルコソロで大活躍しています」

メジャー・ホーリーの映像を追加しました。
Here is Major Holley Play ”Bass Solo”.

Here is Sonny Rollins and Coleman Hawkins Quintet play “All The Things You Are”.
Coleman Hawkins, Sonny Rollins (ts), Paul Bley (p), Bob Cranshaw (b) ,Roy McCurdy (ds) NYC,July 15, 1963
「後輩の前で頑張っているホーキンスに大拍手」

御大が最高のリズム陣をバックに名曲を演奏した映像を追加します。
Here is Coleman Hawkins Quintet play ”Lover Man”.
Coleman Hawkins(ts) Johnny Guaneri(p) Milt Hinton(b)Barry Galbrath(g)Cozy Cole(ds)

Here is Miles Davis Quintet play “Oleo”.
Miles Davis (tp) ,John Coltrane (ts) ,Wynton Kelly (p) ,Paul Chambers (b), Jimmy Cobb (ds) Paris, France, March 21, 1960
「マイルスから独立したかったコルトレーンが御大を無視するかのような演奏に注目」

今年発売された「The Final Tour:The Bootleg Series,Vol.6」から1曲追加しました。

Here is Miles Davis Quintet play ”So What”.

主役より脇役がめだつモダンジャズ

August 7. 2017

昨日参加した大阪ジャズ同好会の特集が面白かったです。

「主役より脇役がめだつモダンジャズ」担当 竹村氏

今回はリーダーより共演者の活躍によって名盤と評価された作品の特集でした。

個人的には過去に聞いたことのある録音でしたが、竹村氏の解説により自宅でもう一度聞きたくなりました。

全7曲の演奏と聞き所を復習を兼ねて記載いたしました。

Here is Jutta Hipp With Zoot Sims play “Too Close For Comfort”.
Jerry Lloyd (trumpet) Zoot Sims (tenor sax) Jutta Hipp (piano) Ahmed Abdul-Malik (bass) Ed Thigpen (drums)
Rudy Van Gelder Studio, Hackensack, NJ, July 28, 1956
「Zoot Simsが思う存分にブローしています」

Here is Joe Morello with Art Pepper play “Straight Life.
Art Pepper (as), Gerald Wiggins (p) ,Ben Tucker (b) ,Joe Morello (ds)
United Western Recorders, Los Angeles, CA, January 3, 1957
「絶頂期のArt Pepperによる艶やかな音色 」

Here is Sarah Vaughan sings “Misty”.
Sarah Vaughan – vocals,Kirk Stuart – piano, vocals on “Misty”,Charles Williams – double bass,George Hughes – drums,Quincy Jones – producer  July 18,1963
「Piano奏者Kirk Stuartの歌唱力をお聞き下さい」

Here is Ella Fitzgerald and Duke Ellington play “It Don’t Mean A Thing If It Ain’t Got That Swing”.July 1966

「Ray Nance(tp)のボーカルが素敵です」

Here is Coleman Hawkins Quartet at the Village Gate play ” Josuha Fit the Battle of Jericho”.
Coleman Hawkins (ts), Tommy Flanagan (p), Major Holley (b), Eddie Locke (ds) August 1962
「Major Holleyがアルコソロで大活躍しています」

Here is Sonny Rollins and Coleman Hawkins Quintet play “All The Things You Are”.
Coleman Hawkins, Sonny Rollins (ts), Paul Bley (p), Bob Cranshaw (b) ,Roy McCurdy (ds) NYC,July 15, 1963
「後輩の前で頑張っているホーキンスに大拍手」

Here is Miles Davis Quintet play “Oleo”.
Miles Davis (tp) ,John Coltrane (ts) ,Wynton Kelly (p) ,Paul Chambers (b), Jimmy Cobb (ds) Paris, France, March 21, 1960
「マイルスから独立したかったコルトレーンが御大を無視するかのような演奏に注目」