タグ別アーカイブ: Buck Clayton

大阪ジャズ同好会第33回例会概要(3)持ち寄り『40年代のジャズ』①

October 11,2018

「40年代は30年代から続くスイングジャズと新しいムーブメントであるビバップとが同居していたジャズにとって特異な時代でした。素晴らしい演奏が多く残された時代でもあります。この時代への思いを残された演奏(もしくは歌)と共に語ってください。」(大阪ジャズ同好会世話人寺本氏のコメント)

竹村功 氏

1.「Stompin’ At The Savoy」(Jue.15 1944)
Teddy Wilson(p) Emmett Berry(tp) Benny Morton(tb) Edmond Hall(cl)Slam Stewart(b) Big Sid Catlett(ds)
メンバーも最高、スウィング時代を代表する名曲名演です。

 

2.「Street Beat」(Sep.4 1945)
Charlie Parker(as) Buck Clayton(tp) Dexter Gordon(ts)Sir Charles Thompson(p) Danny Baker(g) Jimmy Butts(5) J.C. Heard(ds)
アポロ音源、スウィング派とビ・バップ派との交流、好調なバード、デクスターがビ、バ ップの躍動を表しています。

 

Photo above of Charlie Rouse and Tadd Dameron and Fats Navarro

3.「Barry’s Bop」(Dec.5 1947)
Fats Navaro(tp) Charlie Rouse(ts) Tadd Dameron(p) Nelson Boyd(b)Art Blakey(ds)
典型的なビ・バップ演奏です。

 

Photo of Jackie Cain and Charlie Ventura in 1948,Boots Mussulli, Conte Candoli, Jackie Cain, Charlie Ventura, Roy Kral, Courtesy of Jeff Austin

4.「I’m Forever Blowing Bubbles」(May.9 1949)
Charlie Ventura(ts) Conte Candoli(tp) Benny Green(tb) Boots Mussulli (as)Roy Kral(p) Kenny O’Brien(b) Ed Shaughnessy (ds) Jackie Cain(vo)
スウィング・ジャズと違い、難解とされていたビバップを「Bop For the People」を大衆に広めたヴェンチュラ・グループの果たした功績を見直したいものです。

 

Photo by courtesy of Bob Willough by Wikipedia

5.「Crazy Chords」(Jun.21 1949)
Stan Getz(ts) AI Haig(p) Gene Ramey(b) Stan Levey(ds)
クールなゲッツは、50年代初頭、若きみなぎるホットなゲッツも最高です。

 

H氏

Burgandy Street Blues」(1944) (George Lewis 1943-45] (AM VC-7007)
George Lewis(cl) Lawrence Marrero(bi) Alcid(Slow Drag) Pavageau(b)

H氏からニューオーリンズジャズリバイバルの中心人物であったビル・ラッセル(Bill Russell)についての説明を頂きました。
「Burgundy Street Blues」をバックにビル・ラッセルの姿を撮らえているYouTube映像をお楽しみください下さい。

51ruYARSGKL._SS500

又、ジョージルイス(George Lewis)が「ザ・ジャズレコード誌」(1946年1月号)に寄稿した”Play number nine” を 菊池 ハルカさんがブログに掲載されています。
➡️ こちら

 

寺本氏

1948年に実施されたレコーディングストの間に行われた放送録音(ライブ録音含む)には 貴重な録音が多くあります。今日はその中から3つのセッションを聞いてください。
1. 「Four Brothers」(3:40) (Hollywood, Palladium Ballroom, March 7, 1948)
Woody Herman’s 2nd Herd(Solo:Sims, Chaloff, Cohn, Gets, Herman, Sims, Chaloff,Cohn, Gets, Herman(as), Chaloff)

2. 「Lover Man」(2:06) (Chicago, Illinois, Pershing Ballroom)
(possibly Aug. or Fall, 1948) Charlie Parker with Dizzy Gillespie Big Band

3. 「How High The Moon ~ Malaguena」(5:22) (Royal Roost, NYC) (Sep.25, 1948)
Anita O’Day(vo) with County Basie & His Orchestra」

*上記3曲は音源が提供できません。代替として下記に代表的な演奏を添付致します。

Here is Woody Herman and his Orchestra play “Four Brothers”.
Stan Fishelson, Bernie Glow, Marky Markowitz, Ernie Royal, Shorty Rogers(tp) Earl Swope(tb) Ollie Wilson(tb?) Bob Swift(b-tb) Woody Herman(cl,as,ldr) Sam Marowitz(as) Herbie Steward(as,ts) Stan Getz, Zoot Sims(ts) Serge Chaloff(bs) Fred Otis(p) Gene Sargent(g) Walt Yoder(b) Don Lamond(d) Jimmy Giuffre(arr) Hollywood, December 27, 1947

 

Here is Charlie Parker plays “Lover Man”.
Howard McGhee(tp) Charlie Parker(as) Jimmy Bunn(p) Bob Kesterson(b) Roy Porter(d) C.P. MacGregor Studios, Los Angeles, CA., February 29, 1947

 

Here is Anita O’Day with Ralph Burns and his Orchestra sing “Malagueña”.(1947)

阪急百貨店SPレコードコンサート(6月23日)

June 23.2018

本日も阪急百貨店で開催されているSPレコードコンサートに行ってきました。今日は「カンサスシティ」で活躍したベニー・モーテン楽団から解説が始まりました。

後半2曲はレスター・ヤングとチャーリー・パーカーが主役です。更にカウント・ベイシーのボーカル(スキャット)も聞かせて頂きました。

以下、本日ご紹介された6曲を添付します。

(1)
Here is Bennie Moten’s Kansas City Orchestra play “Yazoo blues”.
Lammar Wright (cnt) Thamon Hayes (tb) Harlan Leonard (cl,as) Laforet Dent (as,bar) Woody Walder (cl,ts) Bennie Moten (p) Sam Tall (bj) [as Banjoe Joe (bj) ] Vernon Page (tu) Willie McWashington (d) Chicago, December 13, 1926

冒頭のバンジョーの音が印象的でした。

Yazoo blues

(2)
Here is Bennie Moten’s Kansas City Orchestra play “Pass out lightly”.
Ed Lewis, Paul Webster (cnt) Thamon Hayes (tb,vcl) Harlan Leonard (cl,as,sop) Jack Washington (cl,as,bar) Woody Walder (cl,ts) Laforet Dent (as,ts,vcl) Bennie Moten (p,ldr) Leroy “Buster” Berry (bj) Vernon Page (tu) Willie McWashington (d) Chicago, June 12, 1927

Pass out lightly

Andy Kirk And His Orchestra pose for a studio group portrait, with Pha Terrell and Mary Lou Williams sitting at the piano, in 1940 in the United States. (Photo by Gilles Petard/Redferns)

(3)
Here is Mary Lou Williams And Her Kansas City Seven play “Baby Dear”.
Harold “Shorty” Baker (tp) Ted Donnelly (tb) Edward Inge (cl) Dick Wilson (ts) Mary Lou Williams (p) Booker Collins (b) Ben Thigpen (d) New York, November 18, 1940

メアリー・ルー・ウィリアムについては「セサミストリート」に出演していた事も解説されました。

 

Bennie Moten’s Kansas City Orchestra with Bennie Moten (right右), vocalist Jimmy Rushing (center), and Count Basie ( left左) 1931
Courtesy of the Frank Driggs Collection

(4)
Here is Bennie Moten’s Kansas City Orchestra play “Somebody stole my gal”.
Ed Lewis, Hot Lips Page, Booker Washington (tp) Eddie Durham (v-tb,g) Thamon Hayes (tb) Harlan Leonard (cl,sop,as) Woody Walder (cl,ts) Jack Washington (cl,as,bar) Count Basie (p) Ira “Buster” Moten (p,accor) Leroy “Buster” Berry (bj) Vernon Page (tu) Willie McWashington (d,vib) Jimmy Rushing (vcl) Bennie Moten (dir)
Lincoln Hall, Kansas City, October 31, 1930

曲の後半(1:57過ぎ)から聞こえるベイシーのボーカル(スキャット)は珍しいです。
Somebody stole my gal

 

Photo by Discogs

 

(5)
Here is Count Basie’s Kansas City Seven play “Dickie’s dream”.
Buck Clayton (tp) Dicky Wells (tb) Lester Young (ts) Count Basie (p) Freddie Green (g) Walter Page (b) Jo Jones (d)
New York, September 5, 1939

 

Photo above of Charlie Parker as a member of the Jay McShann Orchestra(1938) by courtesy of Pinterst

(6)
Here is Jay McShann And His Orchestra play “Hootie blues”.
Harold Bruce, Buddy Anderson, Orville Minor (tp) Taswell Baird (tb) John Jackson (as) Charlie Parker (as,arr) Harold Ferguson, Bob Mabane (ts) Jay McShann (p) Gene Ramey (b) Gus Johnson (d) Walter Brown (vcl) William J. Scott (arr)
Dallas, Texas, April 30, 1941

『ホーキンス派の巨人~レオン・チュー・ベリー』

April 30.2018

Photo by Pinterst

大阪ジャズ同好会例会2016年10月例会
特集「『ホーキンス派の巨人~レオン・チュー・ベリー』解説  寺本泰規氏(同好会世話人)

はじめに 今月の特集は皆さんにとってあまりなじみがないと思われる人を取り上げました。テナーサックスの父と呼ば るコールマン・ホーキンスに比べて1941年に31才で事故死したためレコーディングもそれほど多くはなく、リ ーダー録音は2つしかありません。録音の多くはビッグバンドやコンボのサイドメンとしてのものでしたが、数々の印象的なソロを演奏して当時のジャズファンをうならせただけではなく、現在においても熱心なファンの間 で語り継がれています。
さて彼の生涯については資料としてプリントしてありますのでそちらを見ていただくことにして、早速その演 奏を聴いていただくことにしましょう。彼の演奏の特徴はホーキンスやべンのようにヴィブラートやアクセント をあまり効かせず、スムーズなフレーズを止めどなく聴かせることにあります。

それではまず最初に最も初期の演奏としてスパイク・ヒューズ楽団での演奏を聴いてみましょう。ソロはディ ッキー・ウェルズ、ベニー・カーター、チュー・ベリー、ホーキンス、ベニー・カーター、ヘンリー・レッド・ アレンです。
1.「Music at Midnight」(May 18,1933)(2:43)
SPIKE HUGHES AND HIS ALL AMERICAN ORCHESTRA
Henry Red Allen, Leonard Davis, Bill Dillard(tp) Dicky Well, Wilbur De Paris, George Washington(tb) Benny Carter(as, cl) Wayman Carver(as,fl) Howard Johnson(as) Coleman Hawkins, Chu Berry(ts) Luis Russell(p) Lawrence Lucie(g) Ernest Hill(b) Sidney Catlett(ds) Spike Hughes(dir,arr)

 

ホーキンスとの違いがおわかりになったでしょうか?よく似てはいますが、彼の独自性が感じられる演奏だと思 います。次にブルースの女王ベッシー・スミスの伴奏者としてのソロを聴いていただきましょう。彼は結構ヴォ ーカルの伴奏者としてレコーディングがあり、このセッションはその最も初期のものです。
2.「Do Your Duty」(NYC, Nov 24,1933)(3:31)
BESSIE SMITH – ORCHESTRA ACC. BY BUCK AND HIS BAND
Frankie Newton(tp) Jack Teagarden(tb) poss.Benny Goodman(cl) Chu Berry(ts) Buck Washington(p) Bobby Johnson(g) Billy Taylor(b) Bessie Smith(vcl)

 

次の演奏は臨時編成された白黒混合バンドで、スイング時代の名手達が顔をそろえた演奏としても有名です。 特にベリガンの参加は貴重です。
3.「Blues In E Flat」(Jan 25,1935)(3:03)
RED NORVO AND HIS SWING OCTET
Bunny Berigan(tp) Jack Jenny(tb) Jphnny lince(cl) Chu Berry(ts) Teddy Wilson(p) George Van Eps(g) Artie Bernstein(b) Gene Krupa(ds) Red Norvo(xyl)

 

次はピアニストでもあり歌手でもあるPUTNEY DANDRIDGEとの共演です。ここでのソロはくつろぎに満ちたもの となっています。
4.「Chasing Shadows」(NYC, June 25,1935)(2:40)
PUTNEY DANDRIDGE AND HIS ORCHESTRA
Roy Eldridge(tp) Chu Berry(ts) Putney Dandridge(p-2, vcl) Harry Grey(p-1) Nappy Lamare(a) Artie Bernstein(b) Bill Beason(ds)

 

1935年暮れにフレッチャー・ヘンダーソン楽団に入団した彼は30曲あまり吹き込みますが、その中からべニー ・グッドマンの演奏でも有名な「Stealin’ Apples」です。
5.「Stealin’ Apples」(Chicago, lar 27,1936)(2:58)
FLETCHER HENDERSON AND HIS ORCHESTRA
Dick Vance(tp,arr) Joe Thomas, Roy Eldridge(tp) Fernando Arbello, Ed Cuffee(tb),Chu Berry(ts) Buster Balley(cl,as) Scoops Carey(as) Elmer Fletcher Henderson(p-1, arr) Horace Henderson(p-2,arr) Bob Lessey(g)John Kirby(b) Sid Catlett(ds)

Roy Eldridge and Chu Berry – September 1935 by coutesey of Christopher Swing & Beyond

名演「Bluet In C Sharp Minor」と同じ日に録音された、日本でもおなじみの「メリーさんの羊」を聴いてください。唄はロイ・エルドリッジです。
6,「Mary Had A Little Lamb」(Chicago.May 14,1936)(2:57)
TEDDY WILSON AND HIS ORCHESTRA
Roy Eldridge(tp,vcl) Buster Bailey(cl) Chu Berry(ts) Teddy Wilson(p) Bob Lessey(g) Israel Crosby(b) Sid Catlett(ds)

 

1938年1月6日に録音されたビリー・ホリディのセッションではテナーがレスターヤングでしたが、それに先立 つ3週間前にテディ・ウィルソン以外異なるメンバーでこの曲が吹き込まれましたが、長い間未発表でした。レス ターのものと比較して聴いてみるのもおもしろいと思います。
7.「When You’re Smiling」(NYC, Dec 17,1937) (2:58)
TEDDY WILSON AND HIS ORCHESTRA
Hot Lips Page(tp) Pee Mee Russell(cl) Chu Berry(ts) Teddy Wilson(p) Allen Reuss(g) unknown(b)unknown(ds)

 

今度のセッションはチュー・べリーだけではなく、ミルドレッド・べイリーの決定的名唱としても知られるもの です。別テイクも聴いてみると、ソロの出来はオリジナルテイクに分があるように思います。チュー・ペリーだけ ではなく、ハンク・ダミコや特にデーブ・タフのドラミングにも注目して欲しいと思います。
8.「Lover Come Back To Me」(NYC, Jan 10,1938)(3:18)
MILDRED BAILEY AND HER ORCHESTRA
Jimmy Blake(tp) Hank D’Amico(cl) Chu Berry(ts) Teddy Wilson(p) Allen Reuss(g) Pete Peterson(b) Dave Tough(ds) Mildred Bailey(vcl) Eddie Sauter(arr)

「Lover Come Back To Me」別テイク

Photo by mibandamemata

次の演奏はラジオ放送を収めたもので、司会者がソロイストを次々と紹介しながら演奏が続いていくところな どは正に臨場感あふれるものとなっています。
9.「Someday Sweetheart」(NYC, Jan 20,1939)(4:45)
Harry James, Charlie Teagarden(tp) Jack Teagarden(tb,vcl) Joe Marsala(cl) Chu Berry(ts) Teddy Wilson(p) John Kirby(b) George Wettling(ds)(Broadcast from the Hickory House)

 

Photo courtesy by Visual discography of Billie Holiday

彼はビリー・ホリディと何回かセッションを共にしていますが、この演奏はその一つです。レ スター・ヤングとの共演はあまりにも有名ですが、今となってはこのセッションも貴重というべきでしょう。
10.「That’s All Ask Of You」(Jan 20,1939) (2:59)
BILLIE HOLIDAY AND HER ORCHESTRA
Charlie Shavers(tp) Tyree Glenn(tb) Chu Berry(ts) Sonny White(p) AI Casey(g) Johnny Williams(b) Cozy Cole(ds) Bille Holiday(vcl)

 

彼は生涯に一度だけカウント・ベイシー楽団と共演していますが、その演奏が次の曲です。レスター・ヤング と共演した唯一の演奏です。レスターとの違いを味わってください。いつもの豪快さは影を潜め、おとなしめのソロとなっています。
11.「Oh Lady Be Good」(Feb 4,1939)(3:09)
COUNT BASIE AND HIS ORCHESTRA
Ed Lewis, Shad Collins(tp) Buck Clayton(tp, arr) Harry Edison(tp) Bennie Morton, Dicky Wells. Dan Minor(tb) Earle Warren(as) Lester Young, Chu Berry(ts) Jack Washington(as, bari) Count Basie(p) Freddie Green(g) Walter Page(b) Jo Jones(ds)

 

スイング時代 には三つの代表的なセッションがありました。ライオネンル・ハンプトンをリーダーとするビクター・セッショ ンとミルドレッド・ベイリーをリーダーとしたコロンビアのセッション、最後はテディ・ウィルソンをリーダーとするブランズウィック・セッション(ビリーホリディ名義のものを含む)です。この演奏はハ ンプトンのセッションの一つで、曲の最初から最後までブロウし続けるチュー・ベリーのソロは正に聞き物です。
12.「Sweethearts On Parade」(NYC, Apr 5,1939)(3:02)
LIONEL HAMPTON AND HIS ORCHESTRA
Chu Berry(ts) Lional Hampton(vib, vcl) Clyde Hart(p) Allan Ruess(g) Milt Hinton(b)Cozy Cole(ds)

 

キャブ・キャロウェイ楽団におけるバラードの名演といえば真っ先に上げられるのが次の演奏でしょう。情感 にあふれた彼のバラードプレイは聴く者の胸を打ちます。
13.「A Ghost Of A Chance」(Chicago,June 27,1940)(2:56)
CAB CALLOWAY AND HIS ORCHESTRA
Mario Bauza, Dizzy Gillespie, Lammer “right(tp) Tyree Glenn(tb,vib) Quentin Jackson, Key Johnson(tb) Chu Berry, Walter Thomas(ts) Benny Payne(p) Danny Barker(g) Milt Hinton(b) Cozy Cole(ds) Cab Calloway(vcl) Benny Carter, Andy Gibson, Edgar Battle, Don Redman(arr)

Photo by Discogs

 

2回目(最後)の彼のリーダー・セッションからジャズのスタンダードである「明るい表通りで」を演奏します。 ジョニー・ホッジスを始めとした数々の名演と比べても、決して見劣りすることがないプレイだと思うのですが 皆さんはどう感じられましたでしょうか。
14.「On The Sunnyside Of The Street」(NYC, Aug 28,1941)(3:56)
CHU BERRY AND HIS JAZZ ENSEMBLE
Hot Lips Page(tp) Chu Berry(ts) Clyde Hart(p) AI Casey(g) AL Morgan(b) Harry Yaeger(ds)

 

さて彼の演奏は如何だったでしょうか。有名なビッグバンドに在籍中の演奏はかなり残っているのですが、そ の他の演奏はリーダーセッションが2回しかないのと、コンボでの演奏が細切れに散在しているため、彼の演奏 を聴くには多大な努力が必要です。そのためコールマン・ホーキンスやベン・ウェブスターに比べ過小評価される のはやむを得ないと思いますが、その演奏をつぶさに聴くと彼の演奏の素晴らしさがわかっていただけると信じ ています。今回の特集がチュー・ベリーに対する皆さんの再評価につながれば良いなあと思います。

David Sarser lugged the Ampex reel-to-reel tape decks into The Embers

March 4.2018

David Sarser played violin with the NBC Symphony Orchestra in the 1950s under Arturo Toscanini.

Then he worked with Les Paul in the early days of recording technology, developing the first multi-track recording device, an 8-track tape recorder made by Ampex.

Please see the article by JazzWax. Go here

このCD解説の冒頭にDavid Sarserが紹介されています。

Photo by reevesaudio.com

「ヴァイオリニストDavid Sarserはアンペックス製ポータブルテープレコーダーをレストランThe Embersに持ち込み録音しました」

David Sarserはトスカンニーニ率いるNBC交響楽団でバイオリン奏者であり、Ampex社の東海岸地区における営業担当者でもありました。

JazzWaxさんの記事もご覧下さい。こちらをクリックして下さい

Photo above of Dave Sarser by courtesy reevesaudio.com

David SarserさんとAmpex社製のテープ・デッキについては下記を参照して下さい。

こちらをクリックして下さい。

Dave Sarser and Les Paul(2005) by courtesy of reevesaudio.com

尚、マルチトラックの創始者であるレス・ポールについてはこちらを参照して下さい。

こちらをクリックして下さい。

 

10259011096_ffe04f1993-2

photo by Flickr

Here is Joe Bushkin Quartet play Ballad Medley(Easy Living, I’ve Got The World On A String, If You Were Mine, Body And Soul).
Joe Bushkin ( p ) Buck Clayton ( tp) Milt Hinton ( b ) Jo Jones (d)
Recorded at the Embers, New York City, early 1952

Here is Joe Bushkin Quartet play Medley (Memories Of You, Yesterdays, September Song, California Here I Come).
Members of the recording are the same as above.

Teddy Weatherford and Buck Clayton(3)

January 22.2018

Photo above of SS President Hoover at Manila by courtesy of Takao Club

Buck Clayton and his wife packed their bags and caught the “”President Hoover” of the Dollar Line ships for Shanghai,China.

Buck Clayton and His Harlem Gentlemen soon became very popular among the audience in Canidorm´s huge dance hall.

They had been two -year stay in Shanghai and Buck Clayton was active in Shanghai music industry.

Photo above of Canidorm by Wikipedia

From 1934 or 1935, he was a leader of the ‘Harlem Gentlemen’ in Shanghai.

I will quote his saying from “Buck Clayton’s Jazz World”.

“I still loved the city but I didn’t want to get caught in a Japanese – Chinese war. “

by Wikipedia

Buck Claytonが上海行きを決断した理由が自伝に詳細に書かれています。

1934年時点でも「大恐慌」の影響を肌身に感じていたようで、Teddy Weatherfordから提示されたギャラに心を動かされたと考えるのが妥当だと思います。

具体的には、バンドのメンバーには「週給50ドル→週給100ドル」と提示されました。

Buck Clayton は提示された金額を記載していません。

しかし、自らは当時「週給100ドル」受け取っていたと記載していますので、おそらく2倍以上の金額を提示されたと推測されます。

Photo above of Buck Clayton by courtesy of Wikipedia

Buck Claytonと彼のメンバー達は、ハワイから日本(横浜・神戸・長崎)経由の航海を経て上海に到着しました。

上海では「Canidorm」と呼ばれた巨大なダンスホールで演奏し、そこで踊っていた多くの観客から絶大な人気を博したようです。

Buck Claytonは上海に2年間滞在しましたが、日中戦争の影響が日増しに強くなったことから上海を離れ、日本経由で母国に帰国しました。

彼の言葉を引用します。

“I still loved the city but I didn’t want to get caught in a Japanese – Chinese war. ”

「この町が大好きですが、日本と中国が戦争する光景を見たくありません」

Phot by Wikipedia Buck Clayton and his Harlem gentlemen posing in the Canidrome 1930s

Buck Claytonが滞在した時の上海のジャズシーンを描いた文献は少ないです。

この時代の上海を舞台にしたミュージカル等は史実から離れた原作で上映されているようです。

それ故、Buck Claytonの自伝は貴重な証言だと思います。

又、故野口久光氏レコードコレクターズ連載「私とジャズ 第31回戦時中の上海における音楽体験(上)(1986年5月号)」も再読しました。

「こんにち記録に残っているウェザーフォードやクレイトンのほかにも、不況のアメリカから上海に出稼ぎに行ったジャズ・ミュージシャンはかなりいたものと思われるが、残念ながらわかっていない」(故野口久光氏は昭和18年春に渡航されています)

最後に、ネットで発見したフェイク情報をご覧下さい。

(1)1930年代のカウント・ベイシー楽団で絶大な人気を放ったトランペット奏者、バック・クレイトン。独立後は世界を漫遊し、太平洋戦争前の上海にも滞在。
アジアのジャズ・シーンにも大きな影響を与えました。

(2)Buck Claytonは(中略)1932年カリフォルニアに移住、1932年から34年はデューク・エリントン楽団に参加。

Buck Clayton自伝の30ページに次のように記載されています。

”I found a job in a barbershop.”

「移住しても音楽家としての仕事はなく、床屋で仕事を始めた」

 

Teddy Weatherford and Buck Clayton(2)

January 19.2018

今日のブログは「Buck Clayton’s Jazz World」(上記写真)から一部を引用(要約)しました。

After high school, Buck Clayton moved to Los Angeles from Kansas.

When he had begin to play his first band, Teddy Weatherford had arrived from Shanghai.

Because Teddy Weatherford delegated from “Tung Vong Company” of Shanghai for scouting jazz musicians in USA.

Photo above of Teddy Weatherford by courtesy of Swinging’ India

Teddy had visited Los Angeles,Kansas City, Chicago,St.Louis,New York in search of a band to take back to China.

Fortunately, Buck Clayton had an acquaintance of Teddy Weatherford in his band.

Joe McCutchi and Teddy were the member of Erskine Tate band.

So Weatherford managed contracting Buck Clayton and His Harlem Gentlemen.

Photo by Buck Clayton’s Jazz World

In those days Buck Clayton had been the first marriage with Gladys “Derb” Henderson.

Also he met Duke Ellington before voyage to Shanghai.

At that time Duke Ellington was contracted for “Murder at the Vanities”.

When Buck Clayton and Debr made a voyage to Shanghai,Duke and his members saw a newly married couple off at the port.

Gladys “Derb” Henderson and Buck Clayton surrounded by a group of people including Duke Ellington, in front of a ship in California.
Photo by courtesy of University of Missouri Library

Buck Claytonは高校を卒業した後、生まれ故郷のKansas州からLos Angelesに移住しました。

Los Angelesでの音楽活動が軌道に乗った頃、Teddy Weatherfordが上海から一時帰国しました。

1934年、Teddy Weatherfordは「Tung Vong Company」(音楽プロダクション)の代理人として、本場のジャズミュージシャンを上海に招聘する目的で一時帰国したようです。

Teddy WeatherfordはKansas City, Chicago,St.Louis,New Yorkを視察したようです。

最終的にLos AngelesでTeddyはBuck Claytonと出会います。

幸いなことに(偶然)Buck Claytonはその当時のバンドの中にTeddy Weatherfordを知っているメンバーを一人擁していました。

Joe McCutchiとWeatherfordはErskine Tateバンドのメンバーとして旧知の仲でした。

そういった経由があり、Teddy Weatherfordは「Buck Clayton and  His Harlem Gentlemen」というグループと上海行きの契約を交わしたそうです。

Buck Claytonはプライベート面でGladys “Derb” Hendersonという女性と最初の結婚をしていました。

又、上海への航海の前にDuke Ellingtonとも会っています。

その当時、Duke Ellingtonは「Murder at the Vanities」という映画出演のためLos Angelesに来ていました。

Buckの自伝では、新婚の二人を祝福するパーティでのDuke Ellington楽団の様子が詳しく記述されています。(初録音も経験していないトランペッターにとっては忘れられない人生の一幕だったと推測します)

Buck Claytonと妻DebrがShanghai行きの船に乗る時、Dukeと他のメンバーは桟橋まで見送りに来ていました。(写真を添付しました)

Here is “Murder At The Vanities”
Duke Ellington and his Orchestra(1934)

 

Sir Charles Thompson and Jeremy Steig(1)

October 11, 2016

Charles Thompson in 1950. Photograph: Gilles Petard/Redferns

Charles Thompson in 1950. Photograph: Gilles Petard/Redferns

JEREMY STEIG :Photo from www.jeremysteig.info

Jeremy Steig:Photo from http://www.jeremysteig.info

Two jazz musicians died in Japan in this year.

“Sir Charles Thompson” and “Jeremy Steig.”

I want to post jazz musician who loved Japan this week.

Sir Charles Thompson died June 16 in a hospital near Tokyo. He was 98.

He was born in Springfield, Ohio, on March 21, 1918.

His father was a Methodist minister, on church assignments.

Then their family settled in Colorado Springs and he began to train as a pianist at about age 6.

He mostly learned by listening to jazz records and was soon earning good wages at house parties.

064-a

Bennie Moten’s Kansas City Orchestra

In 1930 the Bennie Moten jazz band with Count Basie came to Colorado Springs.

Count Basie summoned him up on stage during a break( he was only 12).

Also he met Buck Clayton in Parsons, Kansas.

So I guess he became more likely to play with Basie’s members on his musical life.

Here is Sir Charles Thompson plays “What’s New” (1964)