タグ別アーカイブ: Cal Tjader

The early recordings by Dave Brubeck(3)

July 28.2017

Photo above of The Dave Brubeck Octet(rehearsing, 1947)

Dave Brubeck had recorded as Dave Brubeck Octet before one year before the recording to Coronet label.

He had played with Paul Desmond in this recording.

Today I will post about his activities until this recording.

Photo above of Dave Brubeck, Michael Random and Darius Milhaud

In 1946 he discharged by the Army, and entered Mills College in Oakland to study under Darius Milhaud.

Dave learned counterpoint, theory, polyrhythms, and polytonality.

Milhaud immediately saw Brubeck’s potential.

So Milhaud suggested that Dave put together a band with other Milhaud students.

The band born in Milhaud’s classroom was initially called “The 8.”

It became the Dave Brubeck Octet.

Most of the members of the octet were studying with Milhaud.

Dave Brubeck, Bill Smith, Dave Van Kriedt, Jack Weeks, and Dick Collins.

Also from the Bay Area jazz community came Cal Tjader, Bob Collins, Ron Crotty, Paul Desmond and Bob Cummings.

Photo by courtesy of The New York Review of Books

In those days Paul Desmond and Cal Tjader were students at San Francisco State College.

I would like to post about Paul Desmond’s activities on another occasion.

Dave was extremely grateful to Darius Milhaud.

So he named his son’s name Darius Brubeck.

Photo above of Dave Brubeck and his son Darius Brubeck

Dave Brubeckは Coronetに録音する1年前に「Dave Brubeck Octet」としてPaul Desmondと共演した作品を残しています。
今日はDave BrubeckがPaul Desmondと出会う迄の活動について調べました。
1946年、陸軍から退役したDave Brubeckはオークランドの Mills Collegeに入学し、Darius Milhaudに師事しました。
Dave BrubeckはDarius Milhaudから音楽の「対位法」「理論」「ポリリズム」「多面性」等を学びました。
Darius MilhaudはDave Brubeckと出会った時から彼の才能を高く評価していました。
それ故Darius MilhaudはDave Brubeckを中心とした学生バンドの結成を提案しました。
Darius Milhaudのゼミ教室で誕生したバンドは、当初「The 8」と呼ばれていました。
その後「The 8」は「 Dave Brubeck Octet」として録音しています。
Octetの構成メンバーの多くはDarius Milhaudに師事していました。
そのメンバーはDave Brubeck,Bill Smith,Dave Van Kriedt,Jack Weeks,Dick Collinsです。
又、サンフランシスコ地区でジャズ活動をしていたCal Tjader, Bob Collins, Ron Crotty, Paul Desmond, Bob Cummingsが学生バンドに参加しました。
当時、Paul DesmondとCal Tjaderはサンフランシスコ州立大学の学生でした。
Paul Desmondの活動については別の機会に投稿したいと思います。DaveはDarius Milhaudを音楽の師匠として尊敬し息子の名前をDarius Brubeckと命名しています。

Here is Dave Brubeck Octet play “Playland at the Beach”.
Dick Collins (tp) Bob Collins (tb) Bill Smith (cl, bs) Paul Desmond (as) David Van Kriedt (ts) Dave Brubeck (p) Jack Weeks (b) Cal Tjader (ds)
“NBC audition”, San Francisco, CA, 1948

Here is Dave Brubeck Octet play “You Go To My Head”.
Dick Collins (tp) Bob Collins (tb) Bill Smith (cl, bs) Bob Cummings (as) David Van Kriedt (ts) Dave Brubeck (p) Jack Weeks (b) Cal Tjader (ds)
San Francisco, CA, 1948

Here is Dave Brubeck Octet play “The Way You Look Tonight”,”What Is This Thing Called Love”,”September In The Rain”,”Love Walked In”, I Hear A Rhapsody,“IPCA”,”How High The Moon”.
Dick Collins (tp) Bob Collins (tb) Bill Smith (cl, bs) Paul Desmond (as) David Van Kriedt (ts) Dave Brubeck (p) Jack Weeks (b) Cal Tjader (ds)
San Francisco, CA, July, 1950

The early recordings by Dave Brubeck(2)

July 27.2017

Photo above of Cal Tjader, Ron Crotty and Dave Brubeck, 1950 by courtesy of The Brubeck Institute is part of University of the Pacific, California

The four tracks of Coronet were recorded at Sound Recorders studio in San Francisco.

The studio was experimenting with the use of erasable tape being developed by the Ampex Company.

Unfortunately the tape machine failed to hold its speed, playing back music.

So the Trio finished its session on time by cutting the four tracks on acetate.

These records were Tjader’s debut.

I’m posting about Cal Tjader in the past.

Please refer to my blog.Go here,  here  and here

Photo above of Jimmy Lyons by KNBC promo photo, late 1940s

I have to write the role of Jimmy Lyons about Dave’s success.

In 1949 Dave Brubeck gave a concert at the Marines Memorial Auditorium in San Francisco.

Also Jimmy Lyons, who was a young disc jockey, attended the concert.

Then Lyons began to broadcast a weekly program called “Lyons Busy” featuring Brubeck trio.

Jimmy Lyons adopted the trio at the Burma Lounge, a popular club in the center of Oakland.

The “Lyons Busy” program by KNBC sent the live music of Brubeck Trio.

Probably many sailors had been listening the program of KNBC.

When they arrived in San Francisco, they visited the Burma Lounge.

So Dave Brubeck grew in popularity in Bay Area.

Photo above of Dave Brubeck and Jimmy Lyons

昨日紹介しました4曲はSan FranciscoにあったSound Recordersスタジオで録音されました。

スタジオには「Ampex Company」によって開発されたテープによる録音機器が用意されていました。

残念ながらその当日の録音機器は正常なスピードを保つ事が出来ず使い物になりませんでした。

そこでアセテート盤による録音に切り替えられ、Dave Brubeck Trioは予定通り4曲の録音を完了しました。

Cal Tjaderにとってこの日が記念すべきデビュー録音でした。

私はCal Tjaderについて数ヶ月前に3回に分けて投稿しています。

私の過去のブログを参照するにはこちらをクリックしてください。(1)   (2)    (3)

次にDave Brubeck成功の影の立役者であった Jimmy Lyonsについて書かなければなりません。

1949年、Dave Brubeckはサンフランシスコの海兵隊記念講堂でコンサートを行ないました。

当時まだ若手のディスクジョッキーだったJimmy Lyonsもコンサートに協力していました。

Dave Brubeckの音楽を高く評価したJimmy Lyonsは「Lyons Busy」という番組で彼らを出演させました。

Jimmy LyonsはOaklandの中心にあった有名なジャズクラブ「Burma Lounge」にDave Brubeckトリオを定期演奏者として起用しました。

KNBC放送局の「Lyons Busy」はBrubeck Trioの演奏をジャズクラブから生中継で放送しました。

おそらく太平洋上を航海していた多くの船員がKNBCのプログラムを聞いていたと思われます。

そして彼らは船がサンフランシスコ港に寄港すると必ずジャズクラブ「Burma Lounge」を訪れたようです。

その結果Dave Brubeckの人気がBay Areaで高まったと言われています。

Here is Dave Brubeck Trio play “Blue Moon” & “Tea For Two”.
Dave Brubeck (p), Ron Crotty (b) ,Cal Tjader (ds)
San Francisco, CA, September, 1949

Photo above of Dave Brubeck, Dick Collins, Jack Weeks, Paul Desmond, Bob Collins, Dave Van Kriedt, and Bill Smith(1949)
Photo by Courtesy of the College of the Pacific, Stockton, California.

The early recordings by Dave Brubeck(1)

July 26.2017

Photo above of Dave Brubeck, Cal Tjader, and Ron Crotty by courtesy of Tom King

I posted about Dave Brubeck last week.

This week I examined his early recording.

The Dave Brubeck Trio had been recordings on 78 RPM records for Coronet label.

Coronet label was established by the traditional trombonist Jack Sheedy in San Francisco.

Photo by courtesy of JAZZ RESEARCH – blogger

The two 78-rpm records included “INDIANA,” “LAURA,” “TEA FOR TWO” and “BLUE MOON.”

Below my writing is away from Dave Brubeck.

In the 1940s brothers Max and Sol Weiss owned a plastics molding plant in San Francisco’s South of Market District.

In 1948  they began pressing records under the name Circle Record Company.

Max and Sol Weiss began pressing records for Coronet.

In 1949 Coronet found itself unable to pay Circle for their pressings and the Weiss brothers took over the label.

Then Max and Sol Weiss founded a record company as Fantasy label.

So Dave ‘s recordings became the cornerstone of Fantasy label.

先週Dave Brubeckについて投稿しましたが、今週は彼の初期録音時のエピソードを調べてみました。

1949年9月Dave BrubeckはCoronetという会社で4曲レコーディングしました。
この会社は San Francisco在住のディキシートロンボーン奏者であったJack Sheedyが設立しました。

2枚のSPレコードには「Indiana」「Laura」「Tea for Two」「Blue Moon」が収録されています。

以下の文章はDave Brubeckの話題から離れますがご了承下さい。

1940年代にMax WeissとSol Weissという兄弟が San Franciscoの南の地区でプラスチック加工工場を営んでいました。

1948年、二人の兄弟はレコードプレス工場として「Circle Record Company」という名前の会社を立ち上げました。(戦後レコード産業が繁栄するという思惑があったらしいです)

そして二人の会社はJack SheedyからCoronet録音のプレス作業を引き受け始めました。

1949年、Jack Sheedyは資金繰りに困り制作費用を払うことが不可能になった結果、二人の兄弟がその代償としてCoronetレーベルを引き継ぐことになりました。

その後MaxとSol Weiss兄弟は本格的なレコード会社としてFantasyを立ち上げました。

上記の経過からDave Brubeck Trio による4曲はFantasyという会社の「礎」になったといっても過言ではないと思います。

Here is  Jack Sheedy’s Jazz Band play “Muskrat Ramble”.
Jack Minger(cor), Vince Cattolica(cl), Jack Sheedy(tb), Bill Erickson(p), Norman Bates(b),Cuz Cousineau(ds) January 1950 (by Jepsen)

Here is Dave Brubeck Trio play “Indiana”.
Dave Brubeck (p), Ron Crotty (b) ,Cal Tjader (ds)
San Francisco, CA, September, 1949

写真は「Take5(テイクファイブ)」と名付けられたウオッカベースのカクテル。 梅田のジャズバーのマスターが作るカクテルは格別です。

The “trombonist’s trombonist” Urbie Green(4)

June 24.2017

Urbie Green became one of the most sought-after trombonists for recording and club work in New York City.

He also collaborated on a series of albums with jazz producer Enoch Light.

Please refer to Wikipedia.Go here

Urbie Green recorded his late masterpieces with  Enoch Light.

Then he guested on recordings by Wes Montgomery, Jimmy Smith, Antonio Carlos Jobim, Astrud Gilberto and Cal Tjader.

Photo above of Creed Taylor and Wes Montgomery by courtesy of pinterst.com

I guess the producer Creed Taylor evaluated his musical sense.

In the 1970s, Green moved to a farm in Pennsylvania, but continued to do session recording.

He is still alive.

Urbie Greenはニューヨークにおいて、スタジオ録音やジャズクラブ演奏で最も人気の高いトロンボーン奏者の一人になりました
又、プロデューサーEnoch Lightと共に音響的に優れたアルバムを制作しています。
Enoch Lightについてはこちらをクリックして下さい
Urbie Greenは後期代表作をレコーディングしました。
その後、Wes Montgomery, Jimmy Smith, Antonio Carlos Jobim,Astrud Gilberto等のスタジオレコーデイングに名前を連ねています。
これら諸作のプロデューサーCreed TaylorがUrbie Greenの音楽的センスを評価した結果であると思います。
1970年代以降はペンシルベニア州の農場で悠々自適の生活を暮らしながら気に入った時には音楽活動を行なっています。

Here is Urbie Green plays “Skylark”.

Here is Urbie Green plays “At Last”.

Here is Urbie Green plays “The Flight of the Bumble-Bee” (N. Rimsky-Korsakov).

Cal Tjader(3)

May 08.2017

Photo by Chuck Stewart from WaxPoetics

Cal Tjader re-signed with Fantasy Records in 1970.

Then he made six albums for Concord from 1979  to his death in 1982.

Tjader’s Concord Picante work was largely straight-ahead Latin jazz.

The first Concord album “La Onda Va Bien” received the Grammy Award for the new Latin category.

Unfortunately he struggled with alcohol addiction for most of his adult life.

On May 5, 1982, Cal Tjader suffered a fatal heart attack while on tour in Manila.

I want to write about my favorite song at the end.

”Concert by the Sea” is the definitive early Cal Tjader album and one of the high points of his career.

In 1959 Monterey Festival was an artistic success.

But the financial returns were disappointing.

Jimmy Lyons needed to generate more buzz for the next festival.

So he called Cal Tjader and organized an indoor “Jazz Festival Preview” concert for April 20, 1959, at the Sunset School Auditorium in nearby Carmel.

Photo above of Mongo Santamaria by courtesy of Drumuerworld

This concert was taped by Fantasy and issued as Cal Tjader’s Concert by the Sea.

He played one of the earliest versions of Mongo Santamaria’s “Afro Blue”.

It was predating John Coltrane’s famous rendition by four years.

Then Gary Burton made tribute album for vibraphone legends.

So he recorded Tjader’s “Afro Blue”.

1970年以降、Cal TjaderはFantasy Recordsと再契約しました。
その後、1979年から死亡するまで Concord グループにおいて6枚のアルバムを発表しました。
Concord グループはCal Tjaderをラテンジャズ作品の中心と位置付けました。
最初のConcord レコード制作アルバム「La Onda Va Bien」はグラミー賞を受賞しました。
残念なことにCal Tjaderは音楽活動を通じアルコールに依存していました。
1982年5月5日、Cal Tjaderはコンアートツアー先のマニラで心臓発作を起こし永眠しました。

最後に彼の演奏した曲で印象に残ったことを書かせて下さい。
「Concert by the Sea」は、Cal Tjaderの代表作品です。
このアルバムの成立の経由について調べてみました。
1959年Monterey Jazz Festival は音楽的には成功したと報道された。
しかし、音楽祭の収支状況は極めて悪く採算は赤字であったそうです。
主催者Jimmy Lyonsは次回開催を行うために、ジャズ関係者に対し多くの話題を提供する必要があると考えました。
主催者のJimmy Lyonsは当時最も人気があったCal Tjaderにジャズコンサート開催を要請しました。
1959年4月20日屋内で「Jazz Festival Preview」が開催された。
このコンサートはFantasyによって録音され「The Concert by the Sea」として発売された。

次にこの録音で注目すべき演奏曲目があります。
Cal Tjaderは当時のメンバーであったMongo Santamaria 作 “Afro Blue”を取り上げました
ジャズ史上有名なJohn Coltraneによる録音より4年も先行した録音です。
その後、Gary Burton は4人のvibraphone奏者に捧げた作品を発表した。
Gary Burtonは “Afro Blue”をCal Tjaderに捧げました。

Here is Cal Tjader plays “Speak low”.

Here is Cal Tjader plays “Afro Blue” at Monterey Concerts (1959)
Cal Tjader(vib), was teamed up with flutist and altoist Paul Horn(fl.as), Lonnie Hewitt(p), Al McKibbon(b), Willie Bobo (ds), Mongo Santamaria(perc)

Here is Gary Burton and Makoto Ozone play “Afro Blue”.

Cal Tjader(2)

May 07.2017

Photo by Jazz News(All About News)

Cal Tjader was playing with Dave Brubeck between 1949 and 1951.

Two days ago Mr.Seya uploaded 78 rpm disc of Dave Brubeck octet on his website.Go here

Then, Cal joined George Shearing’s Quintet as featured vibraphonist and percussionist.

Photo by Latin Jazz Poster by courtesy of American Sabor

Also  Cal made frequent trips to New York and began listening to the Latin New York bands of Tito Puente and Machito.

During this time he developed an active in interest in Latin percussion.

After leaving George Shearing band, Cal formed his own group  and began to record prolifically for Fantasy.

Cal Tjader recorded a series of over 20 albums for Fantasy between 1954 and 1962.

In 1963 he transferred to Verve label.

In those days Verve label producer was Creed Taylor.

So Cal made his biggest-selling record “Soul Sauce” in 1964.

Creed Taylor as a producer is amazing.

Please refer to my past writing about Creed Taylor.Go here

Photo above of Creed Taylor and Wes Montgomery by courtesy of pinterst.com

Cal Tjaderは1949年から1951年にかけてDave Brubeckバンドで演奏しました。
2日前、SP愛好家の瀬谷氏がこの当時の貴重な音源をweb上にアップされています。こちらをクリックして是非ご覧下さい。
その後、ニューヨークでGeorge Shearingバンドに加入し、演奏の合間にTito PuenteやMachitoを聞きラテン・パーカッションへの関心が高まりました。
Fantasyレコード(1954~1962)では彼自身のバンドの録音を20アルバムも残しています。
1963年に彼はVerveレコードに移籍しました。
当時、VerveレーベルのプロデューサーはCreed Taylorでした。
1964年に最大のヒット作「Soul Sauce」を製作しました。
個人的な感想ですがプロデューサーとしてのCreed Taylorは素晴らしいです。
Creed Taylorについては私の過去の記事を参照してください。
ここをクリックしてご覧下さい。

Here is Cal Tjader Modern Mambo Orchestra play “Mambo Macumba”.

Here is George Shearing Quintet (Jean Thielemans, Cal Tjader and others) play “Body And Soul”.(1953)

Here is Cal Tjader and Stan Getz Quintet play “Ginza Samba”.

Stan Getz (ts), Cal Tjader (vib), Eddie Duran (g), Scott LaFaro (b), Billy Higgins (ds)

Here is Cal Tjader plays “Soul Sauce”.

Cal Tjader(1)

May 05.2017

Last Sunday I joined Kobe Jazz Saloon(神戸Jazzサロン).

A vibraphone player joined the meeting by chance.

He had brought Cal’s CD and talked about Cal’s performance.

Cal Tjader died on 5 May 1982, aged 56.

So I would like to post about Cal Tjader.

Cal Tjader was born July 16, 1925 in St. Louis, Missour.

His mother was a concert pianist, his father a vaudeville performer.

He grew up with them on the road, tap- dancing his way through early childhood.

Then his family settled down in San Mateo on the San Francisco Peninsula, and his father opened a dancing school.

Photo above of Gene Krupa by Drummerszone.com

He joined the Dixieland band and played around the Bay Area.

At the age of sixteen he joined the drum solo contest of Gene Krupa.

He played “drum boogie” and won the championship.

When Cal graduated from San Francisco State College, he first met up with Dave Brubeck and Paul Desmond.

Photo above of Cal Tjader, Ron Crotty and Dave Brubeck, 1950 by courtesy of The Brubeck Institute is part of University of the Pacific, California

先週の日曜日、「神戸ジャズサロン」というジャズクラブに初めて参加しました。
偶然、現役のヴィブラフォン奏者が出席されておられました。Cal TjaderのCDを持ってこられており、Calの演奏について演奏家の立場から詳しくお話しされました。
Cal Tjaderは1982年5月5日に56歳で死亡しています。そのような縁からCal Tjaderについて投稿したいと思います。
Cal Tjaderは1925年7月16日ミズール州セントルイスで生まれました。
彼の母親はピアニスト、父はダンサー(日本流で言えば大道芸人)だったそうです。
その後、彼の家族はサンフランシスコに移りました。
彼が16歳の時、Gene Krupaのドラムソロコンテストに参加し優勝しました。
大学卒業後、Dave BrubeckとPaul Desmondと出会いジャズ人生が始まりました。

Here is Cal Tjader plays “Soul Sauce”. (1964)

Here is Eddie Palmieri and Cal Tjader play “We’ve Love Before”.

Here is Cal Tjader plays “Speak Low”.