タグ別アーカイブ: Carl Fontana

第28回 神戸ジャズサロン(20200223)①

February 25,2020

2月23日「神戸ジャズサロン」に参加しました。テーマは『ジャズの醍醐味「アドリブ」又は「編曲と技量の競い合い(アンサンブル)」』でした。(参加16人)

概要の前半として4人の会員がご紹介された演奏をお楽しみ下さい。

・H氏
生演奏を初めてお聴きになったのがSuper Sax来日公演だったそうです。(高校1年生か2年生の冬) 当日は4曲(Lover Man 〜Groovin’ High〜Embraceable You〜Just Friends)ご紹介されました。

Here is Supersax plays “Lover Man”.

Conte Candoli (tp) Carl Fontana (tb) Med Flory, Joe Lopes (as) Warne Marsh, Jay Migliori (ts) Jack Nimitz (bar)Lou Levy (p) Buddy Clark (b) Jake Hanna (d)
Los Angeles, 1974

Here is Supersax plays “Groovin’ High”.

Conte Candoli (tp) Carl Fontana (tb) Med Flory, Joe Lopes (as) Warne Marsh, Jay Migliori (ts) Jack Nimitz (bar) Walter Bishop Jr. (p) Buddy Clark (b) Jake Hanna (d)
Los Angeles, 1974

Here is Supersax plays “Embraceable You”.

Conte Candoli (tp) Carl Fontana (tb) Med Flory, Joe Lopes (as) Warne Marsh, Jay Migliori (ts) Jack Nimitz (bar) Ronnell Bright (p) Buddy Clark (b) Jake Hanna (d)
Los Angeles, 1974

(映像を添付します)

Here is Supersax plays “Just Friends”.

Super Saxについては下記のサイト(英文)が面白いです。

こちら ▶️

・M氏
当日配付されたレジュメを添付します。

「Further Definitions」
Benny Carter (as,arr) Phil Woods (as) Coleman Hawkins, Charlie Rouse (ts) Dick Katz (p) John Collins (g) Jimmy Garrison (b) Jo Jones (d) New York, November 13, 1961

Here is Benny Carter and His Orchestra play “Honeysuckle Rose”.

Here is Benny Carter and His Orchestra play “The Midnight Sun Will Never Set”.

続編として制作された「Addition To Further Definitions」全曲を添付しておきます。

Here is Benny Carter and His Orchestra play ”Addition To Further Definitions”.

「前田憲男 ミーツ 5 Saxphone」の音源は提供出来ませんので、代替として前田憲男「ウインドブレイカーズの神髄」から1曲添付します。

Here is 前田憲男 Norio Maeda & Wind Breakers play “Sophisticated Lady”

(別のアルバムから)

Here is 前田憲男(Norio Maeda) & Wind-Breakers play “ I’ll Remember April”.

M氏は「前田憲男ファイブ・サクソフォーン(1967年録音)」を探し求めているそうです。詳細はタクト・ジャズ・シリーズ JAZZ-15(下記サイトを参照願います)

こちら ▶️

・Ch氏

2X2: Ruby and Ellis Play Rodgers and Hartから3曲ご紹介されました。

Ruby Braff (tp) Ellis Larkins (p) New York, October 14, 1955

Here is Ellis Larkins and Ruby Braff play ”Thou Swell”.

Here is Ellis Larkins and Ruby Braff play “I Could Write A Book”.

 

Here is Ellis Larkins and Ruby Braff play “Blue Moon”. 

 

・T氏

当日配付されたレジュメを添付します。

Bud Shank And The Sax Section:
Bud Shank, Bill Perkins (as) Bob Hardaway, Bob Cooper (ts) Jack Nimitz, John Lowe (bar) Dennis Budimir (g) Ray Brown (b) Larry Bunker (d) Bob Florence (arr,cond) LA, December, 1966

Here is Bud Shank And The Sax Section play “Take Five”.

音源の関係から「The sidewinder 」を添付させて下さい。

Here is Bud Shank And The Sax Section play “The sidewinder ”.

 

 

 

The “trombonist’s trombonist” Urbie Green(2)

June 22.2017

fullsizeoutput_95f

MI0001400837

Photo above of Woody Herman by Wikipedia

When Urbie Green was 24 years old,he joined Woody Herman’s Thundering Herd.

In those days Woody Herman was contracted with MGM label.

In 1951 Herman’s band recorded four pop tunes for MGM, “Lonesome Gal.” “Searching,” “Jet” and “Ninety-Nine Guys.”

R-9119833-1475115194-5377.jpeg

Photo by Discogs

So he earned wide acclaim because his ballad style provided a contrast to Herman’s previous First Herd trombone star, Bill Harris.

During this period Carl Fontana was also joined in trombone section.

The leader Woody appointed either of them as a solo performer according to the atmosphere of the song.

Naturally Urbie Green had a good performance at ballad tunes.

After leaving Woody’s band he was voted the “New Star” trombonist in the International Critics Poll from Down Beat magazine in 1954.

carlfontana02

Photo above of Carl Fontana by courtesy of Carlfontana.com

R-9119908-1475118024-7298.jpeg

Photo by Discogs

Urbie Greenは24歳の時Woody Herman’s Thundering Herdに加入しました。
その当時Woody HermanはMGMレコードと録音契約を締結していました。
1951年1月HermanバンドはMGMに以下4曲のレコーディングを行いました。
「Lonesome Gal」「 Searching」「Jet」「Ninety-Nine Guys」
Woody Herman First Herdに在籍していたトロンボーン奏者Bill Harrisとは全く正反対のバラード演奏が好評を博し、Urbie Greenの人気は高まりました。
尚、トロンボーン部門には名手Carl Fontanaも彼の隣に座っていました。
リーダーのWoody Hermanは演奏する曲の雰囲気に合わせ、二人のどちらかにソロ演奏の指示をしました。
当然Urbie Greenはバラード曲を得意とし、Carl Fontanaは前任のBill Harrisに負けない攻撃的な演奏をしました。
Hermanバンドを脱退した後、1954年にはDown Beat誌の国際批評家による投票で新人賞に選ばれました。

Here is Urbie Green plays “Autumn Leaves”.
Urbie Green(tb),Zoot Sims(ts), Russ Tompkins(p),
Ray Brown(b), Jake Hanna(ds) (1982)

Here is Urbie Green plays “Dream”.