タグ別アーカイブ: Carlo Krahmer

The Young George Shearing(3)

July 12.2018

George Shearing was voted Britain’s best jazz pianist seven consecutive years in the poll conducted by the magazine Melody Maker.

現在ではGeorge Shearing(ジョージ・シアリング)が渡米前に行った録音は語られることが少ないようです。

又、今回記載した第二次世界大戦終結を挟んだ期間の演奏は、George Shearingだけでなくイギリスのジャズマンにとっても貴重な録音だったと思われます。

当時のイギリスにおけるジャズシーンについては知らない事ばかりですが、このサイトが役に立ちました。➡️ こちら

3142816

Photo above of Beryl Davis by Gettyimages

1943年10月
戦時中もロンドンに残ったStephane GrappellyとBeryl Davisとの演奏です。
Here is Stephane Grappelly And His Quartet play “Star eyes”.
Stephane Grappelli (vln) George Shearing (p) unknown el-g, b, Dave Fullerton (d,vcl) Beryl Davis (vcl) (ギター・ベースは不明) London, October 6, 1943
Star eyes

1943年12月
ピアノソロ演奏(例会でピアノソロの名演としてご紹介したい演奏です)
Here is George Shearing(solo) plays “Guilty”.
London, December 21, 1943
Guilty

1944年2月
トランペット奏者Kenny Baker (ケニー・ベイカー)とのセッション(Kenny Bakerについては➡こちらを参照して下さい)
Here is George Shearing Sextet play ”Five flat flurry”.
Kenny Baker (tp) Harry Hayes (as) Aubrey Franks (ts) George Shearing (p) Tommy Bromley (b) Carlo Krahmer (d) London, February 14, 1944
Five flat flurry

1946年10月
エリントンサウンドを醸し出すようなHarry Hayes(詳細については➡こちらを参照して下さい)
Here is Harry Hayes and His Band with George Shearing play “Blue charm”.
Leo Wright (tp) Harry Hayes (as) Tommy Whittle (ts) Bill Lewington (bar) George Shearing (p) Alan Ferguson (g) Bert Howard (b) Billy Wiltshire (d) London, October 7, 1946
Blue charm

1946年12月
渡米後のシアリングでは聴けない演奏です。本録音後(翌年)、米国ジャズシーン(52st)にデビューしました。
Here is Harry Hayes and His Band with George Shearing play “Rockin’ in rhythm”.
Leo Wright (tp) Harry Hayes (as) Tommy Whittle (ts) Bill Lewington (bar) George Shearing (p) Alan Ferguson (g) Bert Howard (b) Johnny Wise (d) London, December 13, 1946
Rockin’ in rhythm

 

The Young George Shearing(1)

July 06.2018

fullsizeoutput_106f

Today I would like to post about the early George Shearing’s recordings.

George Shearing was hired by Vic Lewis as pianist.

Then Vic Lewis and George Shearing recorded some recordings.

Unfortunately I have never heard of these recordings.

Vic Lewis heavily used George Shearing while changing his group name until April 1939.

Below is Vic’s group names including George Shearing from 1938 to 1939.

A-505124-1412706332-7283.jpeg

Photo above of Vic Lewis by courtesy of Discogs

Tom Lord ”The JAZZ Discography”から録音されたグループ名と録音日時を記載します。

・Vic Lewis And Carlo Krahmer Blue Six(June, 1938)

・Vic Lewis And Carlo Krahmer Blue Seven(June 28, 1938)

・Vic Lewis And Carlo Krahmer Band(June 30, 1938)

・Vic Lewis Jersey Jumpers(September 22, 1938)

・Vic Lewis Chicago Stompers(September 24, 1938)

・Vic Lewis/Carlo Krahmer Band(January 10, 1939)

・Vic Lewis And Carlo Krahmer Stompers(April 3, 1939)

・Vic Lewis And Carlo Krahmer Chicagoans(April 1939)

・Vic Lewis And Carlo Krahmer’s Boys(February 13, 1940)
*Love is just around the cornerを録音するも未発売

About Vic Lewis, please refer to this website。Go here

About Carlo Krahmer, please refer to this website.Go here

ジョージ・シアリング(George Shearing)が渡米前に行った録音(1938~39)について調べました。

上記に録音されたグループ名と録音日時を記載しましたが、ジョージ・シアリングが参加した録音を聞くことが出来ません。

上記Vic Lewis〜Carlo Krahmers楽団でのジョージ・シアリングの演奏を聞いてみたいです。

次回は1941年に参加したHarry Parry and Radio Rhythm Club Sextetについて投稿します。

ヴィック・ルイス(Vic Lewis)については⇨こちら

カーロ・クラーマー(Carlo Krahmer)については⇨こちら

1939年にレナード・フェザー(Leonard Feather)並びにCarlo Krahmerと共演した音源を添付しました。

Here is George Shearing plays “How come you do me like you do ?”.
George Shearing(p), Carlo Krahmer(d) London, March 2, 1939

How come you do me like you do _

Here is George Shearing plays “Stomp in F”.
George Shearing(p), Carlo Krahmer(d) London, March 2, 1939

Stomp in F

最後にジョージ・シアリングがアコーディオンを演奏した珍しい録音をお楽しみ下さい。
Here is George Shearing plays “Squeezin’ the blues”.
George Shearing(accordion),Leonard Feather (p), Carlo Krahmer (d)
London, March 2, 1939

Squeezin’ the blues