タグ別アーカイブ: Chano Pozo

Lord Nelson and His Boppers

June 5.2018

Fantasy Recordsの傘下であるGalaxy Recordsで気になるアルバムが一枚あります。

Milt JacksonとSonny Stittが共演した「In The Beginning 」

同社は創業時にはJohn Lee Hooker(G-201),B.B. King(G-202),Little Johnny Taylor(G-203)などR&Bの作品を発売していました。

そして4枚目にSonny Stitt and Milt Jackson(G-204)が発売されています。

詳細については  ⇨  こちらをクリック

今回は二人が共演した「 In The Beginning」について調べました。

Galaxy Recordsに録音したデータを記載します。(Jazz Discography Projectを引用)
Milt Jackson, Sonny Stitt – In The Beginning  (Galaxy LP 204)

Milt Jackson(vib), John Lewis(p), Alvin Jackson(b), Kenny Clarke(d), Chano Pozo(congas)
Detroit, MI, April, 1948

K5518 | 4001 Bobbin’ With Robin (as Baggy’s Blues)
K5519 | 4004 Baggy Eyes
K5520 | 4003 Slits
K5521 | 4002 Autumn Breeze (as In A Beautiful Mood)

下記は2ヶ月後の録音です。Sonny Stitt が偽名「 Lord Nelson」で記載されています。
個人的にはRussell Jacquetと共演した下記4曲に興味を持っています。

Willie Wells(tp), Sonny Stitt as Lord Nelson(as), Milt Jackson(via), Will Davis(p), Jimmy Glover(b), Dave Heard(d) Detroit, June, 1948

K5461 | 4017 Stardust
K5462 | 4020 Ratio And Proportion
K5508 | 4018 Red Shoes
K5512 | 4019 Time To Dream (as Body And Soul)

Russell Jacquet (tp), Sonny Stitt as Lord Nelson(as), Milt Jackson(via), Sir Charles Thompson(p), Ray Brown(b),Max Roach(d)  Detroit, June, 1948
K5507 | 4022 Be Bop Blues
K5509 | 4021 Royal Wedding
K5510 | 4023 Fine And Dandy
K5511 | 4024 Silver Slipper (as 3rd Song (Silver Slipper))

** also issued on Galaxy LP 8204; Original Jazz Classics OJC-1771, OJCCD-1771-2; America (F) 30 AM 6072.

TOM LORD Discographyによると上記8曲(1948年6月録音)は「 Lord Nelson and His Boppers」となっています。

Lord Nelsonという偽名は麻薬が関係していると推察されます。(1948年から1949年まで一定期間レキシントン監獄に収容されていました)

それ故、Sonny Stittは翌年10月まで録音現場に現れていません(ディスコグラフィーが正確であると仮定してですが)

復帰後の録音は「Jay Johnson ‘s Boppers New York」
「世に名高い(何処かで読んだ常套句)」Prestigeへの録音です。

2度目のレコーディング・ストライキ前後の録音は面白いですね。

Here is Lord Nerson and His Boppers play “Be Bop Blues”.
Be Bop Blues

Here is Lord Nerson and His Boppers play “Royal Wedding”.
Royal Wedding

Here is Lord Nerson and His Boppers “Silver Slipper (as 3rd Song (Silver Slipper)”.
3rd Song (Silver Slipper)

Here is J.J. Johnson’s Boppers play “Afternoon in Paris”.
J.J. Johnson (tb) Sonny Stitt (ts) John Lewis (p) Nelson Boyd (b) Max Roach (d)
New York, October 17, 1949

Gil Fuller(3)

October 22,2017

Photo above of Dizzy Gillespie and Gil Fuller and Dick Bock

Dizzy Gillespie worked closely with Gil Fuller during the height of his big band period in the mid to late 1940s.

Their collaboration also produced a standards such as “Manteca” and “Tin Tin Deo” by Chano Pozo.

By 1965, Gil Fuller wasn’t working with Dizzy in an official capacity.

In those days Fuller established his own publishing company.

So he did not appear in the recording studio.

Interestingly he created under BMI music publishing under aka “GILBERTO” for “GIL FULLER”.

In the ’60s Fuller once again associated with modern jazz.

We can hear Gil Fuller & the Monterey Jazz Festival Orchestra featuring Dizzy Gillespie.

This is an album by composer, arranger and conductor Gil Fuller in 1965.

He also was concerned with pop music such as Modern Sounds in Country and Western Music by Ray Charles.

He passed away May 26, 1994, San Diego, in California.

Dizzy Gillespieは1940年代の中期から後半にかけて Gil Fullerとの緊密な関係を保ちその時代では高いレベルのビッグバンドを率いていました。

Chano Pozo原作の「Manteca」や 「Tin Tin Deo」は二人の協力によりスタンダード曲となりました。

1965年までGil FullerはDizzyとの公式な共演はありませんでした。

その当時、Gil Fullerは音楽出版会社を設立していました。

それ故レコーディングスタジオにあまり登場しませんでした。

余談ですがGilbertoという偽名でダンスアルバムを出しています。

1960年代になるとGil Fullerは再びモダンジャズシーンに関わってきます。

Gil FullerはMonterey Jazz Festival Orchestraを結成しGillespieをフィーチャーした作品を残しました。

このアルバムは1965年にGil Fuller自ら作曲・編曲・指揮を行っています。

又、ポピュラーミュージックに関わりRay Charlesによる「Modern Sounds in Country and Western Music」の編曲にも携わっています。

Gil Fullerは1994年5月26日、カリフォルニア州サンディエゴで永眠しました。

Here is Dizzy Gillespie Quintet play “Tin Tin Deo”.
Dizzy Gillespie(tp),James Moody(as.flt),Kenny Barron(d)
Christopher Wesley White(b),Rudy Collins(ds)

Here is Gil Fuller And The Monterey Jazz Festival Orchestra Featuring Dizzy Gillespie play “Man from Monterey”.
John Audino, Harry Edison, Dizzy Gillespie, Freddie Hill, Melvin Moore (tp) Jim Amlotte, Francis Fitzpatrick, Lester Robinson (tb) Sam Cassano, David Duke, Herman Lebow, Alan Robinson (French horn) Gabe Baltazar, Buddy Collette, Bill Green, Jack Nimitz, Carrington Visor Jr. (reeds) Phil Moore Jr. (p) Dennis Budimir (g) Jimmy Bond (b) Earl Palmer (ds) Gil Fuller (arranger, conductor) Hollywood, CA, June 8 & 9, 1965

Here is Gil Fuller Orchestra play “Be’s that way”.

Here is Ray Charles sings “I Can’t Stop Loving You”.