タグ別アーカイブ: Charlie Ventura

大阪ジャズ同好会(2015年6月14日) 特集『もう1人のバップトランペッター~ファッツ・ナヴァロ』

June 21,2019

Photo above of Fats Navarro by courtesy of Discogs

今回は4年前(2015年6月14日)の特集「もう1人のバップトランペッター~ファッツ・ナヴァロ」(解説 寺本 泰規氏)をブログとして作成しました。以下当日配付されたレジュメを編集せず記載いたします。

バップ時代のトランペッターといえばまずディジー・ガレスピーの名前が挙がりますが、彼の影響を受けたハワード・マギーを師匠としたファッツ・ナヴァロ(Sep,24, 1923~July 7, 1950)はその実力に伴った評価・人気を受けているとは思えません。同時代に同じ楽器のプレイヤーがいれば当然比較されるわけですが、メトロノーム・オールスターによる演奏ではナヴァロは共演したガレスピーやケニー・ドーハムらと間違えられるなどの扱いを受けていますが、いまでは故大和明氏によってその間遅いは正されています。(と私は考えています。)アメリカの有名なジャズ評論家でさえ間違えるほど似通っているところはありますが、聞き込めばその違いは割と見極められると思います。今回の例会ではそんなファッツ・ナヴァロの演奏を聴いていただくことにより、彼のファンになっていただければと考えています。まず最初に聴いていただくのは師匠格に当たるハワード・マギーのプレイです。当時ナヴァロはアン ディ・カーク楽団に在団していましたが、ソロパートは与えられておらず、ソロは全てハワード・マギ ーです。

1. 「McGhee Special」(broadcast, NYC, circa 1944)
Andy Kirk & His Orchestra
Art Capehart, Harry Lawson, Howard McGhee, Fats Navarro(tp) Taswell Baird, Bob Murray, Wayman Richardson(tb) Reuben Phillips, Ben Smith(as) Jimmy Forrest, Joe Harrington(ts) Ed Loving(bs) John Young(p) Booker Collins(b) Ben Thigpen(ds)

当日ご紹介された1944年の音源(上記「Big bands of the “Savoy”」)は手元にございませんので、1942年の録音を代替として添付しました。
Here is Andy Kirk And His Twelve Clouds Of Joy play “McGhee Special”.
Johnny Burris, Harry Lawson (tp) Howard McGhee (tp,arr) Ted Donnelly, Milton Robinson (tb) John Harrington (cl,as) Ben Smith (as) Edward Inge (cl,ts) Al Sears (ts) Kenny Kersey (p,arr) Floyd Smith (g,el-g,vcl) Booker Collins (b) Ben Thigpen (d) June Richmond (vcl) Andy Kirk (dir)
New York, July 14, 1942

この演奏を良く頭に入れて次の演奏を聴いてみてください。彼のソロが最初に録音された演奏です。当時のビリー・エクスタイン楽団はバッパーを多く抱えており、ガレスピー楽団を凌駕するくらいモダンな演奏に終始していました。ここではジーン・アモンズのソロを始め、ナヴァロのメロディアスで歌心あふれるソロに注目です。

2. 「Love Me Or Leave Me」(AFRS Jubilee broadcast, LA, CA, Feb & Mar,1945)
Billy Eckstine & His Orchestra
Gail Brockman, Boonie Hazel,Shorty McConnell,Fats Navarro(tp) Joe Taswell Baird, Chippy Outcalt, Howard Scott, Gerald Valentine(tb) Bill Frazier, John Jackson(as) Gene Ammons(ts) Budd Johnson(ts, arr) Leo Parker (bs) Connie Wainwright(g) John Malachi(p) Tommy Potter(b) Art Blakey(ds) Billy Eckstine, Lena Horne, Sarah Vaughan (vo) Tadd Dameron, John Malachi, Jerry Valentine(arr)

いかがでしたか。彼自身はビッグバンドでの演奏は自由が無いということで嫌いだったようで、エクスタイン以後短期間のバンド在団を除くと、コンボにおける吹き込みが多くなっていきます。次は一時期モダンジャズメンとの共演を行ったホーキンスのコンボにおけるソロです。

3. 「Bean And The Boys」(SR1858-1)(NYC, Dec,1946)
Coleman Hawkins & His Orchestra
Fats Navarro(tp) J.J.Johnson(tb) Porter Kilbert(as) Coleman Hawkins(ts) Hank Jones(p) Curly Russell(b) Max Roach(ds)

ビッグバンドにおけるソロをもう一曲聴いていただきましょう。スイング~モダンジャズ時代に活躍 したイリノイ・ジャケー楽団での演奏です。

4.「Jivin’ With Jack The Bellboy」 (NR97-2)(NYC, January 7, 1947)
llinois Jacquet And His Orchestra
Miles Davis, Marion Hazel or Russell Jacquet, Fats Navarro, Joe Newman(tp) Gus Chapell, Ted Kelly, Fred Robinson, Dicky Wells(tb) Ray Perry, Jimmy Powell(as) Illinois Jacquet, Clay Nicholas or Budd Johnson(ts) Leo Parker(bs) Bull Doggett(p) Al Lucas(b) Shadow Wilson(ds)

これより以後は全てコンボスタイルによる演奏です。次は「他の男のところでは働きたくないんだ」 と言わしめたタッド・ダメロンとの共演です。彼の真価を遺憾なく発揮した最初のグループと言えるでしょう。

Photo above of Tadd Dameron and Fats Navarro by courtesy of Wikipedia

5.「The Squirrel」 (BN305-1) (WOR Studios, NYC, Sept 26, 1947)
Tadd Dameron Sextet
Fats Navarro(tp) Ernie Henry(as) Charlie Rouse(ts) Tadd Dameron(p) Nelson Boyd(b) Shadow Wilson(ds)

ナヴァロはパーカーとも何度か共演し録音を残していますが、その最初の記録がこの時の演奏です。 ただしこの曲に関しては終始ソロを取っており、彼の素晴らしいメロディックセンスを味わうことができます。

6. 「Fats Flats 」(broadcast. “Bands For Bonds* WOR Studios, NYC, Nov.8,1947)
Barry Ulanov And His All Star Metronome Jazzmen
Fats Navarro(tp) Charlie Parker(as) Lennie Tristano(p) Billy Bauer(g) Tommy Potter(b) Buddy Rich(ds) Bruce Elliott, Barry Ulanov(announcer)

珍しい演奏をご紹介したいと思います。後年クリフォード・ブラウンも参加していたハンプトン におけるものです。曲の途中から始まっていますが、劈頭のソロは紛れもなくナヴァロです。(当日ご紹介された録音は添付出来ないことを了解願います。)

7. 「Hot House」(broadcast,”Howard Theatre”, Washington, May 1,1948)
Lionel Hampton & His Orchestra
Teddy Buckner, Wendell Culley, Duke Garrette, Fats Navarro, Leo Shepherd (tp) Sonny Craven, Andrew Penn, Britt Woodman, Jimmy Wormick(tb) Ben Kynard, Bobby Plater(as) John Sparrow. Billy Williams(ts) Charlie Fowlkes (bs) Lionel Hampton(vi,p, ds, vo) Milt Buckner(p) Charlie Harris, Charles Mingus(b) Earl Waiker(ds)

再びダメロンとの演奏です。ミディアムテンポで軽快にソロを展開する彼の演奏は、ガレスピーに代 表されるようにハイノートに偏ること無く、暖かみにあふれたプレイとなっています。

8. 「Good Bait」 (broadcast, “Royal Roost”, NYC, August 29, 1948)
Tadd Dameron Sextet
Fats Navarro(tp) Rudy Williams(as) Allen Eager(ts) Tadd Dameron(p) Curly Russell(b) Kenny Clarke(ds)

べニー・グッドマンも1948年から49年にかけて、なぜかモダンジャズメンをバンドに入れてモダンスタイルに変身したことがありました。残念ながらビッグバンドでのソロ演奏は残っていませんが、唯一コンボにおける演奏が1曲だけ残されています。ワーデル・グレイと共に彼のモダンなセンスが聴 かれる演奏となっています。(グッドマンだけがスイングスタイルの演奏を繰り広げており違和感はぬぐえません。)

9.「Stealin’ Apples」(2974-3)(NYC, September 9,1948)
Benny Goodman Septet
Fats Navarro(to) Benny Goodman(cl) Wardell Gray(ts) Gene Di Novi (p) Mundell Lowe(g) Clyde Lombardi (b) Mel Zelnick(ds)

さてナヴァロはわずかですが歌手の伴奏も録音しています。ここではダイアル盤に残された演奏から、パーカーの演奏で有名な「ヤードバード組曲」を聴いてください。オリジナルの演奏よりテンポを落としていますが、彼の趣味の良いフレーズが光ります。

10.「Yardbird Suite」(D1163-C)(NYC, November 29,1948)
Earl Coleman & His All Stars
Fats Navarro(tp) Don Lanphere(ts) Linton Garner(p) Al Casey(g) Jim Johnson(b) Max Roach(ds) Earl Coleman(vo)

昔、アメリカの雑誌メトロノームの主催によるジャズメンの人気投票があり、上位者によるオールス ターが編成され録音を行いました。次の演奏はビクターに吹き込まれたオールスターによるもので、当時の人気がうかがえる結果となっています。特に演奏の後半に繰り広げられる3人のトランペットの4小筋交換はデヴィス、ナヴァロ、ガレスピーと思われます。(故大和明氏の見解。一部デヴィスとガレ スピーが入れ替わっている。)

Photo by Metronome

11. 「Overtime(long version) (DOVC0021-2) (RCA Studios, NYC, January 3, 1949)
Metronome All-Star Bands
Miles Davis, Dizzy Gillespie, Fats Navarro(tp) J.J.Johnson, Kai Winding (tb) Buddy DeFranco(cl) Charlie Parker(as) Charlie Ventura(ts) Ernie Caceres(bs) Lennie Tristano(p) Billy Bauer(g) Eddie Safranski(b) Shelly Manne(ds)

再びダメロンとの共演です。この共演以後ダメロンとの演奏は残されていません。

12. 「Sid’s Delight」(3391-3E)(NYC, January 18,1949)
Tadd Dameron & His Orchestra
Fats Navarro(tp) Kai Winding(tb) Sahib Shihab(as) Dexter Gordon(ts) Cecil Payne(bs) Tadd Dameron (p) Curly Russell(b) Kenny Clarke(as) Vidal Balado(congas) Diego Ibarra(bongos)

今度の演奏はその存在は知られていたものの、2002年まで正式にリリースされなかったものと、今更ながらこんな素晴らしい演奏がなぜ公開されなかったのか不思議でなりません。彼の素晴らしいバラード演奏が聴かれます。

13. 「The Things We Did Last Summer」(“Carnegie Hall”,NYC, Nov 2,1949)
Jazz At The Philharmonic
Fats Navarro(tp) Hank Jones(p) Ray Brown(b) Shelly Manne(ds)

ブルーノートに彼はバド・パウェルと共に多くのテイクを吹き込んでいますが、ロリンズの初期の演奏が聴かれる「異教徒のダンス」を聴いてください。

14. 「Dance Of The Infidels」(BN362-1)(WOR Studios,NYC, August 9,1949)
Bud Powell’s Modernists
Fats Navarro(tp) Sonny Rollins(ts) Bud Powell(p) Tommy Potter(b) Roy Haynes(ds)

次の演奏は彼のレコーディング歴の中であまり注目を受けていませんが、4曲19テイクにわたって バップ・プレイヤーとは思えぬサトルなプレイに終始しており、早死にしなければ一流のモダンジャズ プレイヤーとしてもっと知られる存在になっていただろうと想像するにふさわしいものです。

15. 「Infatuation」(JRC37D)(NYC, September 20,1949)
Don Lanphere Quintet
Fats Navarro(tp) Don Lanphere(ts) Al Haig(p) Tommy Potter(b) Max Roach(ds)

最後はバードランドにおける3人のバップの巨人の共演です。ただしこの演奏ではパーカーのソロは ありません。

16. 「A Night In Tunisia」(broadcast,”Birdland”,NYC, May 15 & 16,1950)
Charlie Parker Quintet
Fats Navarro(tp) Chartie Parker(as) Bud Powell(p) Curly Russell(b) Art Blakey(ds)

本ブログでは「Ornithology」を添付しました。
Here is Chartie Parker Quintet play “Ornithology”.
Fats Navarro(tp) Chartie Parker(as) Bud Powell(p) Curly Russell(b) Art Blakey(ds)

彼の初期から最晩年の演奏までを聴いていただきましたが、その演奏から後年のクリフォード・ブラ ウンのプレイを感じるのは私だけではないと思います。これを機会に是非ナヴァロの演奏に親しみを持 っていただければと思います。

(使用音源)
1. 「Big bands of the “Savoy”」(Caracol CAR 424)(LP)
2.「Together / Billy Eckstine」(Spotlite 100)(LP)
3. 「Bean & The Boys / Coleman Hawkins」(Prestige PR 7824)(LP)
4.「The Complete Aladdin Sessions / Illinois Jacquet] (Aladdin 803) (LP)
5.「 The Fabulous Fats Navarro, Vol. 1」 (Blue Note BLP 1531) (LP)
6. 「Anthropology」 (Spotlite SPJ 108) (LP)
7. 「Lionel Hampton In Concert」 (Cicala Jazz Live (it) BLJ 8015) (LP)
8. 「Good Bait / Fats Navarro, Tadd Dameron」 (Riverside NW 2007)(LP)
9. 「Cool Clarinet 」(Capitol CR-8803) (LP)
10. 「Move! / Dexter Gordon」 (Spotlite SPJ 133) (LP)
11. 「From Swing To Be Bop」 (RCA RA-96-100) (LP)
12. 「Bebop Professors 」(Capitol CR-8812) (LP)
13. 「J.A.T.P. At Carnegie Halt 1949 / Jazz At The Philharmonic]」(Pablo PACD 5311-2)(CD)
14. 「The Amazing Bud Powell vol.1 / Bud Powell」 (Blue Note BLP 1503) (LP)
15. 「The Thin Man Meets Fat Boy vol.」 (Misterioso MLP 1982) (LP)
16. 「One Night In Birdland / Charlie Parker」 (Columbia JG 34808) (LP)

Vido Musso and Charlie Ventura on Savoy 622(SP)

January 25,2019

Photo by Courtesy of Pinterest(Herman Leonard) Billy Bauer, Eddie Safranski, Charlie Parker, Lennie Tristano, New York, 1949

今年最初のブログでEddie Safranski and The poll Catsをご紹介させて頂きました。

こちら ▶️

Eddie Safranskiは上記録音の1年前に最初のリーダー作をSavoy RecordsにEddie Safranski’s Quartet & All Starsの名義で4曲録音しています。(1946年2月26日)

ディスコグラフィーによると、1日前に面白いメンバーで録音を行なっています。

Vido Musso’s All Stars

Kai Winding (tb) Gene Roland (v-tb) Boots Mussulli (as) Vido Musso (ts) Marty Napoleon (p) Eddie Safranski (b) Denzil Best (d)
New York, February 25, 1946

「Vido In A Jam」「My Jo-Ann」含め4曲録音しました。

Ohoto by Discogs

上記2日間の録音「計8曲」はStan Getzが録音した4曲(1945年12月録音)と共に「Loaded( Savoy MG12074)」というタイトルで発売されました。

本アルバムはベテランのジャズファンにとって懐かしいジャケットであると推測します。

Vido Musso’s All StarsについてTom Lord Discographyの注釈から初めて知った事実があります。

Photo by Discogs

* Savoy 622 Charlie Ventura – Big Deal / Vido Musso – My Jo-Ann

SPレコードの表・裏が「Charlie Ventura と Vido Musso」という面白い編集で発売しています。

当時の製作者Teddy Reigのアイデアでしょうか?

それにしてもはSavoy Recordsは面白い録音が多いですね。

Photo of Teddy Reid

Here is Vido Musso Sextet play ”Vido in a jam”.
Kai Winding (tb) Gene Roland (v-tb) Boots Mussulli (as) Vido Musso (ts) Marty Napoleon (p) Eddie Safranski (b) Denzil Best (d)
New York, February 25, 1946

 

Here is Charlie Ventura Quartet play ”Big deal”.
Charlie Ventura (ts) Arnold Ross (p) John Levy (b) Specs Powell (d)
New York, August 24, 1945
Good deal

 

SPの話題になりましたので、瀬谷徹氏が最近アップされたVido Mussoの演奏もお楽しみ下さい。

Here is Vido Musso and his Orchestra play ”Vido’s Bop”.
Ray Wetzel(tp) Kai Winding(tb) Boots Mussulli(as) Vido Musso(ts) Pete Rugolo(p) Eddie Safranski(b) Shelly Manne(d)
Los Angeles, June 1947

ジャズ喫茶「bird/ 56」で聞いたレコード(2)「Red Rodney 1957」

October 21,2018

昨年10月に投稿したブログですが、末尾に貴重な写真を添付しました。
又、大阪ジャズ同好会世話人寺本氏から教えて頂いた情報も追加記載しました。
尚、追加部分は朱書きしております。

今回も「ジャズ喫茶bird/56」で聞いたレコードについて投稿致します。

小生の記録では上記レコードは1978年9月6日に聞かせて頂いていました。

「幻の名盤読本(SJ誌出版)」212ページから転載

「ドン・シュリッテンのシグナルはサボイのカタログに記載されながらもなぜか、3枚しか再発されず、マニアをくやしがらせたら幻のレーベル。だが、その後CBSソニーから3枚が日の目を見、残るこのアルバムも Onyxから 「The Red Arrow」として再発、ようやくレーベルの全貌をわれわれの前に現わすこととなった。レッド・ロドニーは40年代をクロード・ソーンヒルやウディ・ハーマンのバンドで過ごし、49年にチャーリー・ パーカーのクインテットに参加して名声を得た白人バッパー中ピカ一のトランペット奏者。麻薬に蝕まれたため連続した演奏を行うことができなかったが、57年にカムバック, このアルバムを吹込んだ。ここには彼の特質である、豊かで暖かいサウンドを生かしたロング・フレーズの全貌がとらえられている。なお④はシグナルのトレードマークにちなんだ曲、⑥はパーカッション奏者SABUに捧げた曲。(編)」

Here is Red Rodney Quintet play ”You Better Go Now”.
Red Rodney (tp), Ira Sullivan (ts), Tommy Flanagan (p), Oscar Pettiford (b), Philly Joe Jones (ds) November 22, 1957

今回レッド・ロドニーの録音についてディスコグラフィーで調べました。

個人的には上記解説に記載されているクロード・ソーンヒル楽団やウディ・ハーマン楽団在籍時よりも下記4楽団に参加した録音に興味があります。

「ジミー・ドーシー楽団、エリオット・ローレンス楽団、ジーン・クルーパ楽団、チャーリー・ベンチュラセプテット」

下記のレコード写真は追加添付しております。

「Red Rodney’s Be-Boppers」の名義で収録された作品は日本フォノグラムから発売されていました。(Keynoteレーベル再発時に収録されていました。)

上記「Young Men with Horns」(BT-5263(M)が発売されていることについては大阪ジャズ同好会世話人寺本氏から教えて頂きました。(小生も所有していましたが忘れていました)

幸い、レッド・ロドニー生誕日(9月27日)に際し、SP愛好家の瀬谷さんが貴重な音源(Red Rodney’s Be-Boppers)をアップされていました。

Here is Red Rodney’s Be-Boppers play ”Fine and Dandy”
Red Rodney(tp) Allen Eager(ts) Serge Chaloff(bs) Al Haig(p) Chubby Jackson(b) Tiny Kahn(d,arr) New York, January 29, 1947

明日以降は、上記リーダー作を録音( 1947年1月)する迄のレッド・ロドニーの足跡を投稿する予定でございます。

尚、レッド・ロドニーの私生活については下記に添付した「INTERLUDE by 寺井珠重さん”ジャズクラブの片隅から…”」が参考になりました。

▶️ こちら

ジーン・クルーパ楽団在籍時の面白いYouTube映像をご覧下さい。(演奏は後半)

Here is Gene Krupa and his Orchestra featuring Red Rodney and others.
“Follow That Music” (1946).

ジャズ喫茶「bird/ 56」のマスターが写っている写真を添付します。(右の方です)

東司丘さん(左)が投稿したツイッター写真からお借りしました。(2019/03/20撮影)

大阪ジャズ同好会第33回例会概要(3)持ち寄り『40年代のジャズ』①

October 11,2018

「40年代は30年代から続くスイングジャズと新しいムーブメントであるビバップとが同居していたジャズにとって特異な時代でした。素晴らしい演奏が多く残された時代でもあります。この時代への思いを残された演奏(もしくは歌)と共に語ってください。」(大阪ジャズ同好会世話人寺本氏のコメント)

竹村功 氏

1.「Stompin’ At The Savoy」(Jue.15 1944)
Teddy Wilson(p) Emmett Berry(tp) Benny Morton(tb) Edmond Hall(cl)Slam Stewart(b) Big Sid Catlett(ds)
メンバーも最高、スウィング時代を代表する名曲名演です。

 

2.「Street Beat」(Sep.4 1945)
Charlie Parker(as) Buck Clayton(tp) Dexter Gordon(ts)Sir Charles Thompson(p) Danny Baker(g) Jimmy Butts(5) J.C. Heard(ds)
アポロ音源、スウィング派とビ・バップ派との交流、好調なバード、デクスターがビ、バ ップの躍動を表しています。

 

Photo above of Charlie Rouse and Tadd Dameron and Fats Navarro

3.「Barry’s Bop」(Dec.5 1947)
Fats Navaro(tp) Charlie Rouse(ts) Tadd Dameron(p) Nelson Boyd(b)Art Blakey(ds)
典型的なビ・バップ演奏です。

 

Photo of Jackie Cain and Charlie Ventura in 1948,Boots Mussulli, Conte Candoli, Jackie Cain, Charlie Ventura, Roy Kral, Courtesy of Jeff Austin

4.「I’m Forever Blowing Bubbles」(May.9 1949)
Charlie Ventura(ts) Conte Candoli(tp) Benny Green(tb) Boots Mussulli (as)Roy Kral(p) Kenny O’Brien(b) Ed Shaughnessy (ds) Jackie Cain(vo)
スウィング・ジャズと違い、難解とされていたビバップを「Bop For the People」を大衆に広めたヴェンチュラ・グループの果たした功績を見直したいものです。

 

Photo by courtesy of Bob Willough by Wikipedia

5.「Crazy Chords」(Jun.21 1949)
Stan Getz(ts) AI Haig(p) Gene Ramey(b) Stan Levey(ds)
クールなゲッツは、50年代初頭、若きみなぎるホットなゲッツも最高です。

 

H氏

Burgandy Street Blues」(1944) (George Lewis 1943-45] (AM VC-7007)
George Lewis(cl) Lawrence Marrero(bi) Alcid(Slow Drag) Pavageau(b)

H氏からニューオーリンズジャズリバイバルの中心人物であったビル・ラッセル(Bill Russell)についての説明を頂きました。
「Burgundy Street Blues」をバックにビル・ラッセルの姿を撮らえているYouTube映像をお楽しみください下さい。

51ruYARSGKL._SS500

又、ジョージルイス(George Lewis)が「ザ・ジャズレコード誌」(1946年1月号)に寄稿した”Play number nine” を 菊池 ハルカさんがブログに掲載されています。
➡️ こちら

 

寺本氏

1948年に実施されたレコーディングストの間に行われた放送録音(ライブ録音含む)には 貴重な録音が多くあります。今日はその中から3つのセッションを聞いてください。
1. 「Four Brothers」(3:40) (Hollywood, Palladium Ballroom, March 7, 1948)
Woody Herman’s 2nd Herd(Solo:Sims, Chaloff, Cohn, Gets, Herman, Sims, Chaloff,Cohn, Gets, Herman(as), Chaloff)

2. 「Lover Man」(2:06) (Chicago, Illinois, Pershing Ballroom)
(possibly Aug. or Fall, 1948) Charlie Parker with Dizzy Gillespie Big Band

3. 「How High The Moon ~ Malaguena」(5:22) (Royal Roost, NYC) (Sep.25, 1948)
Anita O’Day(vo) with County Basie & His Orchestra」

*上記3曲は音源が提供できません。代替として下記に代表的な演奏を添付致します。

Here is Woody Herman and his Orchestra play “Four Brothers”.
Stan Fishelson, Bernie Glow, Marky Markowitz, Ernie Royal, Shorty Rogers(tp) Earl Swope(tb) Ollie Wilson(tb?) Bob Swift(b-tb) Woody Herman(cl,as,ldr) Sam Marowitz(as) Herbie Steward(as,ts) Stan Getz, Zoot Sims(ts) Serge Chaloff(bs) Fred Otis(p) Gene Sargent(g) Walt Yoder(b) Don Lamond(d) Jimmy Giuffre(arr) Hollywood, December 27, 1947

 

Here is Charlie Parker plays “Lover Man”.
Howard McGhee(tp) Charlie Parker(as) Jimmy Bunn(p) Bob Kesterson(b) Roy Porter(d) C.P. MacGregor Studios, Los Angeles, CA., February 29, 1947

 

Here is Anita O’Day with Ralph Burns and his Orchestra sing “Malagueña”.(1947)

神戸ジャズサロン8月例会「バリトンサックスの名演」番外編

August 31,2018

今回は当日ご紹介されなかったハリー・カーネイ(Harry Carney)さんの映像含め、例会概要作成時にチェックしたYouTube映像をブログに纏めました。
ブログをご覧になって「俺の好きなバリトン奏者出てないな」と思われる方が多いと推察致しますがご容赦願います。

Photo above of Duke Ellington and Harry Carney by courtesy of
The Jan Persson Jazz Collection

Harry Carney

Here is Duke Ellington Feat. Harry Carney plays ”Sophisticated Lady”.
演奏に参加した大物サックス奏者の表情がとても面白いです。

Here is Harry Carney with Strings play “We’re In Love Again”.

Photo above of Serge Chaloff by JazzWax

寺本氏がご紹介
Here is Serge Chaloff Quartet play “All the Things You Are”.
Serge Chaloff(bs) ,Sonny Clark(p),Philly Joe Jones(ds),Leroy Vinnegar(b) LA March 14 & 16, 1956

Serge Chaloff の映像をご覧下さい。(Four Brothersが揃っています)
Here is Woody Herman Orchestra play “Northwest Passage”.

Photo above of Sahib Shihab by courtesy of Alchtron

Sahib Shihab

Here is Dizzy Gillespie Reunion Band featuring Cecil Payne & Sahib Shihab play ”Ray’s Idea” (1968)

Howard Johnson

26分と長く映像も良くないですがバリサク好きには堪らない共演

Here is Baritone Sax Quartet: Nick Brignola, Ronnie Cuber, Cecil Payne, Howard Johnson, Berlin 1985

Pepper Adams

上記映像を提供したのがPepperAdamsJazz ですので、Pepper Adamsを一曲添付しました。

Photo above of Pepper Adams by YouTube

Here is Pepper Adams Quartet play “Bossallegro”.
Pepper Adams (bars) Tommy Flanagan (p) George Mraz (b) Leroy Williams (d)  New York, March 11, 1980

以下、小生のお気に入りにお付き合い下さい。

Photo above of Adrian Rollini by courtesy of Pinterst

Adrian Rollini(例会でご紹介した音源を添付します)
Here is Joe Venuti’s Blue Four play ”Beatin’ The Dog”.
Joe Venuti(vln), Adrian Rollini(bass Saxバス・サックス), Eddie Lang(g) ,Arthur Schutt(p)
NYC, June 28, 1927

Photo of Jackie Cain and Charlie Ventura in 1948,Boots Mussulli, Conte Candoli, Jackie Cain, Charlie Ventura, Roy Kral,by Courtesy of Jeff Austin

Charlie Ventura

Here is Charlie Ventura Quartet play “Blue Prelude”.
Charlie Ventura (bars), Gene Kutch (p),Ace Tesone (b),Chick Kenny (ds)
Norgran MGN-1075 NYC.December 22, 1952.

Joe Temperley

Here is Joe Temperley plays “The Very Thought of You”. (June 10, 2012)

Lars Gullin

例会でF川氏から「平野君、なんで大好きなLars Gullin持って来なかったの」と言われました。先月の神戸ジャズ愛好会でご紹介しましたので選曲しませんでした。

1962年コペンハーゲンのカフェモンマルトルでのライブ映像
Copenhagens Jazzclub Montmartre in 1962.
Here is Dexter Gordon, Lars Gullin and Sahib Shihab play ”The Flight”.

最後に添付しました映像は小生の大好きな3人がオーケストラと共演しています。(途中の解説は Nils Lindberg)

Here is Lars Gullin with Nils Lindberg and Rolf Billberg on Swedish television.

神戸ジャズ愛好会(2017年11月)例会

November 27.2017

Photo by courtesy of Wikipedia

Yesterday, I went to the jazz regular meeting in Kobe,where I introduced a few recordings by  Bud Freeman and Charlie Ventura.

In addition to the above two players, I posted Flip Phillips and Kazunori Takeda ‘s performance.

昨日出席しました神戸ジャズ愛好会の持寄テーマは『テナー・サックスの名手達』でした。

今回は私を含め6人の会員の方がテナーサックスの名演をご紹介されました。

私はBud FreemanとCharlie Ventura をご紹介させて頂きました。

ベテラン会員であるT川さんと今回の選曲に関して以下の会話を交わしました。

「平野君、来月のテナーサックス誰を選ぶ?」

「モダンテナーが多そうなのでBud Freemanにします」

「それやったらBud Freemanは譲るよ」

結局トラッド愛好家のT川さんはFlip Phillipsを選曲されました。以下2曲は当日紹介分です。

先輩にお気に入りの奏者を譲って頂き申し訳ないことをしました。

又、明石から来られているKさんが故武田和命の名盤をご紹介されました。

新旧の奏者を聞けた楽しい例会でした。

Photo above of Bud Freeman from The National Jazz Museum in Harlem

Here is Bud Freeman and his Summa Cum Laude Orchestra play “The Eel”.

Max Kaminsky(tp) Brad Gowans(v-tb) Pee Wee Russell(cl) Bud Freeman(ts) Dave Bowman(p) Eddie Condon(g) Clyde Newcomb(b) Danny Alvin(d)
New York, July 19, 1939

Here is Charlie Ventura Quartet play “Girl of My Dreams”.
Charlie Ventura (ts, bars), Gene Kutch (p),Ace Tesone (b),Chick Kenny (ds)
Norgran MGN-1075 NYC.December 22, 1952.

Girl of My Dreams

Here is Charlie Ventura Quartet play ”Deep Purple.”
Members of the recording are the same as above.
Deep Purple

Here is The Flip Phillips with Buddy Rich Trio play “Three Little Words” .
Flip Phillips(ts),Buddy Rich(ds), Hank Jones(p)   Dec.14.1952
Three Little Words

Flip Phillips And His Orchestra play “Goodbye” .
Allen Smith (tp) Chuck Etter (tb) Flip Phillips (ts) Jerome Richardson (bar) Richard Wyands (p) Vernon Alley (b) Earl Watkins (d)  San Francisco, CA, February, 1952
Goodbye

Photo by YouTube

Here is 武田和命 and 山下洋輔 play “Gentle November”.
武田和命(ts),山下洋輔(p),国仲勝男(b),森山威男(ds) 1979年9月

 

The early Kai Winding(3)

July 10.2017

Photo above of Stan Kenton, Kai Winding, Eddie Safranski, Pete Rugolo, and Shelly Manne by Library of Congress

After he worked with Benny Goodman’s band, he joined Stan Kenton’s orchestra.

In those days Stan Kenton was looking for a featured trombonist.

The trombone section didn’t have an identifiable sound until that time.

Kai Winding gave it the unique sound that remained with the orchestra.

Photo by Wikipedia

Pete Rugolo wrote some terrific arrangements for trombone section.

In addition the leader employed excellent talents such as Eddie Safranski and Vido Musso and Shelly Manne  at that time.

Their sound had been leading to a permanent change in the Kenton sound.

When Kenton broke up in 1946, Kai decided to play with Charlie Ventura’s jazz combo.

Again after 18 months he left Charlie Ventura and joined Woody Herman for a short period.

Photo above of Charlie Ventura and Billy Bauer and Chubby Jackson by courtesy of Jazz Guitar’s Hidden Giant

Photo above of Woody Herman, Chubby Jackson, and Abraham Rosen by courtesy of Library of Congress(Gottlieb, William P. collection)

Then he moved to the 52nd Street area.

He formed his own combos which included Brew Moore and George Wallington.

When Chubby Jackson led a studio big band,he had his first sessions with J.J. Johnson.

Photo above of J.J.Johnson by amazon.com

Kai Winding はBenny Goodman’s bandを退団した後、Stan Kenton Orchestraに入団しました。
その当時Stan kentonはトロンボーンセクションのサウンドに満足しておらず、優秀なトロンボーン奏者を探していました。
Kai Winding の加入によって、Stan Kenton Orchestraに新しいサウンドが生まれました。
Kai Winding のソロ演奏を活かすために多くの曲が作曲され演奏されました。
Pete Rugoroはトロンボーンセクションを前面に出した素晴らしい編曲をStan Kenton Orchestraに提供しました。
加えて、同時期にEddie SafranskiやVido Musso、Shelly Manneなどの優秀な演奏家も在籍していました。
彼らはStan Kenton楽団のサウンドを大きく変化させました。
1946年、Stan Kentonが個人的な理由でバンドを解散すると、Kai Winding はCharlie Venturaのグループで演奏するようになりました。
そして1年半経過後、Woody Herman楽団に短期間でしたが加入しています。
その後、彼の活動の場所はNY52番街に移動しました。
初めて彼自身のコンボを Brew MooreやGeorge Wallingtonと共に結成しました。
そしてChubby Jacksonがレコーディンの為に big bandを編成した時に、J.J. Johnsonと初めて共演することになりました。

Here is Stan Kenton orchestra play “Artistry in Percussion”.

Here is Stan Kenton orchestra play “Artistry In Bolero”.

Here is Charlie Ventura with Kai Winding “East Of Suez”.
Charlie Ventura(ts), Kai Winding(tb),Lou Stein(p),Bob Carter(b),Shelly Manne(ds),Buddy Stewart(vo)   September 11,1947

Here is Kai Winding & His Sextet play “Bop City”.
Kai Winding (tb), Brew Moore (ts), Gerry Mulligan (bs), George Wallington (p), Curley Russell (b), Max Roach (d). NYC, April 1949.