Tag Archives: Chris Connor

大阪ジャズ同好会10月例会(後半特集)『Stan Kenton楽団』

October 24,2017

Photo by courtesy of yestercenturypop.com

大阪ジャズ同好会の特集後半は『Stan Kenton楽団』をご紹介しました。
以下概略と選曲を掲載します。
Stan Kenton楽団は1941年に創設されました。それまでのスイング楽団から脱却し「Progressive Jazz」と呼ばれた進歩的なジャズを発表しました。
Pete RugoloやBill Holeman等の重厚な編曲とウエストコーストの腕達者を数多く起用し、贅沢な作品をキャピトルレコードに数多く録音しました。
images
又、Anita O’Day, June Christy, Chris Connerなど優秀な専属歌手を擁しました。(Ann RichardsはStan Kentonの妻でした) 今回はボーカルとの演奏は選曲しておりません。
(1)Eager Beaver(3:10)
1943年10月19日録音 作曲・編曲はStan Kenton

(2)Artistry In Rhythm(3:23)
1944年1月19日録音  アーティストリーシリーズは大ヒットしました。

(3)Art Pepper(2:11)
1950年5月18日録音
50人編成のオーケストラをバックにソロ演奏しています。

(4) Invnetion For Guitar and Trumpet(2:55)
1952年9月15日録音  作曲・編曲 Bill Holeman
Sal Salvador(g), Maynard Ferguson(tp)

(5)Autumn In New York(2:34)

(6)You And The Night And The Music(2:38)
1953年7月8日録音

Ralph Sharon(3)

September 27.2017

Ralph Sharon realized early on that he needed to immigrate to the United States if he really wanted to play jazz.

In 1953, he emigrated to the United States,where he was sharing a room with clarinetist Tony Scott.

In those days they were absorbed in bebop,and frequently went to Minton’s.

Tony Scott introduced Ralph to prominent jazz musicians in New York.

So he worked with famous musicians, recording albums with noted jazz musicians.

Ralph Sharon recorded for the US London label on May 27th, 1955.

Then he had transferd to Bethlehem Records, and recorded Ralph Sharon Trio album in 1956.

He also recorded with jazz vocalist Chris Connor on the Bethlehem label from 1955-1957.

Ralph Sharonは本物のジャズを演奏するのであるならばアメリカに移住する必要があるということを早くから認識していました。

1953年アメリカに移住しクラリネット奏者のTony Scottと同じ部屋で生活していました。

当時二人はビバップの虜になっており頻繁にMinton’s Playhouseに行きました。

Tony Scottはイギリスから来たRalph Sharonをニューヨークで有名なジャズミュージシャンに紹介しました。

そのお陰でRalph Sharonはジャズ仲間との共演も多くなりレコーデイングの機会を持つことになりました。

1955年5月27日、米国Londonレーベルに「Easy Jazz」というアルバムを録音しました。

その後Bethlehemレコードに移籍し「Ralph Sharonトリオ」(1956年)というアルバムを録音しました。

又、Chris ConnorのBethlehem盤(1955-1957年)の伴奏者としてジャズ史に名前を残すことになりました。

 Here is  Ralph Sharon Sextet play “Have You Met Miss Jones?”.
J.R.Monterose (ts), Teddy Charles (vib), Ralph Sharon (p), Joe Puma (g), Charles Mingus (b), Kenny Clarke (ds) 27 May,1955

Here is Chris Connor sings “I Concentrate On You”.
Chris Connor(vo),J.J.Johnson(tb),Kai Winding(tb),Herbie Mann(fl,ts),Ralph Sharon(p),Joe Puma(g),Milt Hinton(b),Osie Johnson(ds)

The early Kai Winding(5)

July 13.2017

Photo by courtesy of Jazz Profiles “Lament”

Finally, I would like to write about forming a double-headed group with J.J.Johnson.

In early 1946, he began appearing on 52nd Street with the small circle of bebop innovators.

In June ’46, after several years of recording as a big band sideman, he made his first session as a leader.

Unfortunately he lost his cabaret card – the New York musician’s indispensable passport to employment.  The revocation of his card meant the loss of his ability to work in the city’s nightclubs.

Then he was invited by Miles Davis and Gil Evans to participate in the nonet sessions,”Birth of the Cool”.

By this time, Johnson had established his reputation as the preeminent trombonist in modern jazz.

Also Kai Winding was always to an extent overshadowed by J.J. Johnson

In those days the trombone was considered an unusual instrument to lead a combo.

In 1954, producer Ozzie Cadena proposed the marriage of two trombones “ .

Photo above of Ozzie Cadena

The session of Winding and Johnson was Cadena’s first session as a producer for Savoy.

I posted about Ozzie Cadena last year.Go here 

So the two leaders became a hugely popular club attraction and critical favorite.

ブログの最後としてJ.J.Johnsonと双頭バンドを結成した経由を書きたいと思います。
1946年初め頃、J.J.Johnsonはビバップ革命の中心地であったNYの52番街に登場してきました。
BigBandのメンバーとしてレコーデングに参加した後に、46年6月最初のリーダー作を録音しています。
残念なことに軽犯罪の罪によりニューヨークのジャズクラブで働くために必要なキャバレーカードを取り消されてしまいます。即ちニューヨークのジャズクラブで働けなくなった時期もありました。
その後、Miles DavisとGil Evansによる「クールの誕生」の演奏陣として参加しています。
1949年時点ではJ.J.Johnsonはモダンジャズトロンボーン奏者における第一人者としての地位を確立していました。
一方Kai Windingは常にJ.J.Johnsonsの後塵を拝すことになりました。
当時、一般的にはモダンジャズコンボの編成においてトロンボーンはリード楽器としては珍しい存在と考えられていました。
1954年、プロデューサーのOzzie Cadenaは2人のトロンボーンによる合奏を提案しました。
Kai WindingとJ.J.Johnsonによる双頭バンドのレコーディングは、Ozzie CadenaのSavoyでの最初の仕事になりました
昨年、Ozzie Cadenaについて投稿しています。
時間があればこちらをクリックして下さい。
その後、2人の双頭バンドはジャズクラブで人気を博し、「J&K」として今日でもジャズファンには親しまれています。

Here is J J Johnson & Kai Winding Quintet play “Lament”.(1954)
J.J. Johnson, Kai Winding (tb), Billy Bauer (g), Charles Mingus (b), Kenny Clarke (ds)

Here is Chris Connor sings “I Concentrate On You”.
Chris Connor(vo)J.J.Johnson,Kai Winding(tb)Herbie Mann(fl,ts)
Ralph Sharon(p)Joe Puma(g)Milt Hinton(b)Osie Johnson(ds)
April,1955

Lorenz Hart(4) 〜 Spring Is Here

May 05.2016

Bernice_Claire_Alexander_Gray_Spring_Is_Here_1930

Bernice Claire and Alexander Gray in Spring Is Here

‘Spring Is Here’ was the title of a 1929 Broadway show (filmed the following year).

Some of the great jazz vocalists recorded ‘Spring Is Here’.
Ella Fitzgerald, Monica Zetterlund, Tony Bennett, and Chris Connor

Also the famous pianists Bill Evans and Kenny Drew recorded this song.

Fortunately this song was played at about twice or three times faster than the original ballad speed.

As a result, the classic tune became a completely new, hard bop tune.

John Coltrane recorded it in July 1958.

In addition contemporary artists such as Michael Brecker,Charlie Haden and Bobby Hutcherson played this piece.

Spring is Here

March 01.2016

Today is the first day of spring.

Spring is a great season to celebrate rebirth and new life.

I will post my favorite spring song.

The first is ‘spring is here’.

First of all, Chris Connor.

Millie Vernon work was less singer.
In 1956,Her first album “introducer Sing Millie Vernon” was recorded in Storyville Records.

Ruby’s album is also very nice, and the cover is also good.

Ruby played a accompaniment for her.

This work from Ruby Braff and George Barnes is like vintage wine.

For Ruby Braff, please see the following articles:

http://jazztimes.com/articles/20113-ruby-braff-bold-brash-brass

Ahmad Jamal’s piano playing is excellent.

He has been working as a active pianistFor ahmad jamal, please visit his HP.

http://www.ahmadjamal.com