タグ別アーカイブ: Conte Candoli

大阪ジャズ同好会第33回例会概要(3)持ち寄り『40年代のジャズ』①

October 11,2018

「40年代は30年代から続くスイングジャズと新しいムーブメントであるビバップとが同居していたジャズにとって特異な時代でした。素晴らしい演奏が多く残された時代でもあります。この時代への思いを残された演奏(もしくは歌)と共に語ってください。」(大阪ジャズ同好会世話人寺本氏のコメント)

竹村功 氏

1.「Stompin’ At The Savoy」(Jue.15 1944)
Teddy Wilson(p) Emmett Berry(tp) Benny Morton(tb) Edmond Hall(cl)Slam Stewart(b) Big Sid Catlett(ds)
メンバーも最高、スウィング時代を代表する名曲名演です。

 

2.「Street Beat」(Sep.4 1945)
Charlie Parker(as) Buck Clayton(tp) Dexter Gordon(ts)Sir Charles Thompson(p) Danny Baker(g) Jimmy Butts(5) J.C. Heard(ds)
アポロ音源、スウィング派とビ・バップ派との交流、好調なバード、デクスターがビ、バ ップの躍動を表しています。

 

Photo above of Charlie Rouse and Tadd Dameron and Fats Navarro

3.「Barry’s Bop」(Dec.5 1947)
Fats Navaro(tp) Charlie Rouse(ts) Tadd Dameron(p) Nelson Boyd(b)Art Blakey(ds)
典型的なビ・バップ演奏です。

 

Photo of Jackie Cain and Charlie Ventura in 1948,Boots Mussulli, Conte Candoli, Jackie Cain, Charlie Ventura, Roy Kral, Courtesy of Jeff Austin

4.「I’m Forever Blowing Bubbles」(May.9 1949)
Charlie Ventura(ts) Conte Candoli(tp) Benny Green(tb) Boots Mussulli (as)Roy Kral(p) Kenny O’Brien(b) Ed Shaughnessy (ds) Jackie Cain(vo)
スウィング・ジャズと違い、難解とされていたビバップを「Bop For the People」を大衆に広めたヴェンチュラ・グループの果たした功績を見直したいものです。

 

Photo by courtesy of Bob Willough by Wikipedia

5.「Crazy Chords」(Jun.21 1949)
Stan Getz(ts) AI Haig(p) Gene Ramey(b) Stan Levey(ds)
クールなゲッツは、50年代初頭、若きみなぎるホットなゲッツも最高です。

 

H氏

Burgandy Street Blues」(1944) (George Lewis 1943-45] (AM VC-7007)
George Lewis(cl) Lawrence Marrero(bi) Alcid(Slow Drag) Pavageau(b)

H氏からニューオーリンズジャズリバイバルの中心人物であったビル・ラッセル(Bill Russell)についての説明を頂きました。
「Burgundy Street Blues」をバックにビル・ラッセルの姿を撮らえているYouTube映像をお楽しみください下さい。

51ruYARSGKL._SS500

又、ジョージルイス(George Lewis)が「ザ・ジャズレコード誌」(1946年1月号)に寄稿した”Play number nine” を 菊池 ハルカさんがブログに掲載されています。
➡️ こちら

 

寺本氏

1948年に実施されたレコーディングストの間に行われた放送録音(ライブ録音含む)には 貴重な録音が多くあります。今日はその中から3つのセッションを聞いてください。
1. 「Four Brothers」(3:40) (Hollywood, Palladium Ballroom, March 7, 1948)
Woody Herman’s 2nd Herd(Solo:Sims, Chaloff, Cohn, Gets, Herman, Sims, Chaloff,Cohn, Gets, Herman(as), Chaloff)

2. 「Lover Man」(2:06) (Chicago, Illinois, Pershing Ballroom)
(possibly Aug. or Fall, 1948) Charlie Parker with Dizzy Gillespie Big Band

3. 「How High The Moon ~ Malaguena」(5:22) (Royal Roost, NYC) (Sep.25, 1948)
Anita O’Day(vo) with County Basie & His Orchestra」

*上記3曲は音源が提供できません。代替として下記に代表的な演奏を添付致します。

Here is Woody Herman and his Orchestra play “Four Brothers”.
Stan Fishelson, Bernie Glow, Marky Markowitz, Ernie Royal, Shorty Rogers(tp) Earl Swope(tb) Ollie Wilson(tb?) Bob Swift(b-tb) Woody Herman(cl,as,ldr) Sam Marowitz(as) Herbie Steward(as,ts) Stan Getz, Zoot Sims(ts) Serge Chaloff(bs) Fred Otis(p) Gene Sargent(g) Walt Yoder(b) Don Lamond(d) Jimmy Giuffre(arr) Hollywood, December 27, 1947

 

Here is Charlie Parker plays “Lover Man”.
Howard McGhee(tp) Charlie Parker(as) Jimmy Bunn(p) Bob Kesterson(b) Roy Porter(d) C.P. MacGregor Studios, Los Angeles, CA., February 29, 1947

 

Here is Anita O’Day with Ralph Burns and his Orchestra sing “Malagueña”.(1947)

神戸ジャズ愛好会(2018年5月) 例会概要「Legends of Jazz Drumming」

May 28.2018

昨日参加した神戸ジャズ愛好会の概要を2回に分けて投稿させて頂きます。

(1)特集「私が好きなジャズのヒーロー」

(2)映像コーナー

(3)持ち寄りコーナー

本日は(2)と(3)について映像も添付して概要をご紹介致します。

(2)映像コーナー「Legends of Jazz Drumming」(例会世話人の寺本氏が上記写真のDVDより7人をご紹介)

Here is Louis Jordan & His Tympany Five play “Jumpin’ At The Jubilee”.

下記の映像は昨日ご紹介された映像と同一です。

 

Here is WOODY HERMAN and Stan Getz-Shorty Rodgers and Don Lamond play “Caldonia and Northwest Passage”.

昨日紹介された「Northwest Passage」に前半の「Caldonia」もお楽しみ下さい。

 

Here is Max Roach plays “Solo performance”.

昨日の映像とは別ですが約10分のドラムソロ演奏の映像です。

 

Here is Shelly Manne Quintet play “Speak Low”.
Shelly Manne (ds), Conte Candoli (tp), Richie Kamuca (ts), Russ Freeman (p), Monty Budwig (b)
Jazz Scene USA(1962年)からの映像です。

Here is Shelly Manne Quintet play ”Fantan”.
Members of the recording are the same as above.

 

Here is Sonny Payne’s Drum solo performance(1962)

昨日ご紹介された映像と違います(ソロ中心の映像です)
冒頭にベイシー親分がピアノで「存分にやれよ」と指示しているようです。

 
下記の映像は昨日ご紹介された映像と同一です。
Here is Ray Bauduc with The Bobcats play “Who’s Sorry Now”.

Eddie Miller(ts),Billy Butterfield(tp),Warren Smith(tb),Jess Stacy(p),Matty” Matlock(cl),Ray Bauduc(ds),Bob Haggart(b),Nappy Lamare(g)

 

Here is Bob Haggart & Ray Bauduc play “Big Noise From Winnetka”.

二人の息がぴったりです。

 

Here is John Kirby’s little band with Big Sid Catlett play “Can’t Find a Word to Say”.

Charlie Shavers(tp),Buster Bailey(cl),Russell Procope(as),Billy Kyle(p),John Kirby(b),Big Sid Catlett(ds)

(3)持ち寄りコーナー

F川さん(大阪ジャズ同好会にも西明石から毎回参加されています)
「副題:私が紹介したミュージシャンのその後」

 

1.花岡詠二(神戸ジャズストリートに出演したクラリネット奏者としてご紹介)

花岡詠二インターナショナル・オールスターズ /名歌でスイング!! から1曲ご紹介されました。花岡詠二さんは先日開催された「Breda Jazz Festival 2018」に出演されています。
詳細は花岡さんのFacebookをご覧下さい。こちらをクリック

 

2.川口千里(天才女性ドラマーとして1月の例会でご紹介されました)
3月15日に Virtuosoレーベルよりリリースされた矢堀孝一の新作品trailer
Here is Koichi Yabori(矢堀孝一) and Kento Yokota(横田健斗) and Senri Kawaguchi(川口千里)   Live at Virtuoso

川口千里さんのHPをご覧下さい。こちらをクリック

Chubby Jackson(3)

May 24,2017

Photo above of Chubby Jackson, Conte Candoli, and Emmett Carls by Gottlieb, William P.

In the mid-1940’s, Chubby Jackson first sympathized with  innovative jazz “Be Bop” .

Woody Herman disbanded “First Herd” in 1946.

Chubby Jackson began to work with the saxophonist Charlie Ventura.

Photo above of Charlie Ventura and Billy Bauer and Chubby Jackson by courtesy of Jazz Guitar’s Hidden Giant

Charlie Ventura formed a fine quintet with vibraphonist Terry Gibbs and trumpeter Conte Candoli and pianist Lou Levy.

Charlie Ventura band toured Scandinavia in 1947.

Chubby Jackson talks about the impression in Sweden.

“I visited clubs, dance halls, and met most of Sweden’s top musicians. Younger or old, all wanted to learn the secret of playing bebop! They dig Charlie Parker and Dizzy back! Such interest in bebop I have never seen in America. They face it exactly for what it is—a new phase of jazz.”

After returning from Scandinavia, Chubby Jackson led his own small group.

Young musicians excluding Charlie Venura became “Fifth Dimension Jazz Group” with Chubby Jackson.

In 1948 he rejoined Herman in 1948 as young musicians like Stan Getz and Zoot Sims were coming up through the band.

1940年代の中頃、革新的なジャズ“ビ・バップ”にいち早く共感したのがChubby Jacksonでした。
Woody Hermann ”First Herd”は1946年に解散しました。
Chubby JacksonはCharlie Venturaバンドの立ち上げに協力しました。
1947年、Dizzy Gillespieと共に北欧でのコンサートツアーを行いました。
この時の印象をChubby Jacksonは次のように語っています。

「クラブやダンスホールでスウェーデンのトップミュージシャン達と出会いました。彼ら全てが『ビバップの秘密』を学びたかったようです。彼らはCharlie Parker や Dizzy Gillespieに夢中でした。当時そのような雰囲気はアメリカでは一度も見たことがありません。スウェーデンの若いジャズマン達は『ジャズが新しい段階に移行している』ことを既に理解しているようでした。」

北欧から帰国後、Chubby Jacksonは Charlie Venuraを除く若いメンバーと
共に”Fifth Dimension Jazz Group”という名のグループを結成しました。
その後Stan Getz や Zoot Sims が新入団したWoody Hermann ”Second Herd”に一時的に参加しました。

Here is Chubby Jackson and Fifth Dimension Jazz Group play “Crown Pilots”.(1947)
Conte Candoli (tp), Frank Socolow (ts), Terry Gibbs (vib), Lou Levy (p), Chubby Jackson (sb), Denzil Best (ds)   Stockholm,December 20,1947

Here is Chubby Jackson and Fifth Dimension Jazz Group play “Dee Dee’s Dance”.(1948)
Members of the recording are the same as above.(上のメンバーと同じです) Stockholm, January 20,1948

Here is Chubby Jackson’s Mad Mob play “Meshugah”.
V-Disc 665 (JDB92)
Sonny Berman, Neal Hefti (tp) Bill Harris (th) Flip Phillips (ts)
Tony Aless (p) Chubby Jackson (b) Dave Tough (d) rec. Sep. 1, 1945, NYC.