タグ別アーカイブ: Daniel Humair

大阪ジャズ同好会第39回例会持ち寄り(2019年10月13日)「ヨーロッパのジャズ」②

October 15,2019

「ヨーロッパのジャズ」の後半は初参加の方とベテラン2人が紹介した演奏をお楽しみ下さい。

・T氏(名古屋市から参加いただきました)

「MOMENT ,Made in france Healing Jazz 」

音源を提供できませんので、T氏が事前に郵送されたCDの案内を添付します。

・T村氏

1.Here is John Lewis & Sacha Distel play “Dear Old Stockholm”.

John Lewis (p) Sacha Distel (g) Barney Wilen (ts) Pierre Michelot (b) Connie Kay (ds) Paris, Dec. 4 & 7 1956

2.Here is Georges Arvanitas Trio play “Airegin”.
Georges Arvanitas (p) Gene Taylor (b) Louis Hayes (ds) Paris, March 4, 1959

3.Here is Barney Wilen play “Stablemates”.
Barney Wilen(ts),Kenny Dorham (tp),Duke Jordan(p),Paul Rovère(b),Daniel Humair(ds) Paris, April 24 & 25, 1959

バルネ・ウィラン(Barney Wilen)については、ブログ作成者が参考にしているサイトを添付させて頂きました。

こちら ▶️

・寺本世話人

1.Here is Harry Arnold and His Swedish Radio Studio Orchestra play “Jersey Bounce”.

Sixten Eriksson, Weine Renliden, Bengt-Arne Wallin, Benny Bailey(tp), Ake Persson, Georg Vernon, Andreas Skjold(tb), Gordon Olsson(btb) ,Arne Domnerus, Rolf Lindell(as) Carl-Henrik Norin, Bjarne Nerem(ts), Lennart Jansson (bs) ,Bengt Hallberg(p), Bengt Hogberg(g) ,Georg Riedel(b)Egil Johansen(ds) October 3,1956

 

2.Ove LindとBengt Hallbergが共演した「Moment Like This(1957)」をご紹介されました。音源が手元にございませんので、代替としてテレビ放送(1963年)の一場面を添付します。

Here is Ove Lind and Lars Ehrstrand “Swingtime”.

ブログ作成者からスウェーデン・ジャズの名演「Whiskey Sour」を添付させて頂きます。
Here is Bengt Hallberg And His Swedish All Stars play “Whiskey sour”.
Ake Persson (tb) Arne Domnerus (as,cl-1) Lars Gullin (bar) Bengt Hallberg (p) Simon Brehm (b) William Schiopffe (d) Stockholm, November 9, 1953

Rita Reys, Johnny Griffin and the Pim Jacobs Trio   Photo by Allaboutaazz

 3. Rita ReysとJohnny Griffinが共演した「Everything Happens To Me(Aug. 1979)」をご紹介されました。本ブログでは2人の顔合わせによるメドレー(5曲)を添付しました。

Here is Rita Reys and Pim Jacobs Trio ft. Johhny Griffin play ”That Old Feeling~Mr. Wonderful~Poor Butterfly~The Touch Of Your Lips~Fly Me To The Moon”.(1979年ドイツテレビ局制作)

Rita Reys (vo) Johnny Griffin(ts) Pim Jacobs(p) Rudd Jacobs(b) Peter Ypma(ds)

Photo by JazzInoge

4.ノルウェーのBodil Niska(ボディル・ニスカ)を紹介されました。

Bodil Niska(1954年生まれ)はベン・ウェブスター直系のベテラン女流テナー奏者です。

Here is Bodil Niska plays “Danny Boy”.
Bodil Niska(ts) Egil Kapstad(p) Bjorn Alterhaug (b) Pelle Hulten(ds) 
Oslo September,2000

寺本氏が当日コメントされた別アルバム2006年の「NIGHT TIME(2006年)」から1曲添付します。

Here is Bodil Niska plays “Over the rainbow”. 
Bodil Niska (ts) Claes Crona (p) Staffan William-Olsson (g) Jorgen Smeby (b) Petur Ostlund (ds) Oslo, October 2006

ブログ作成者から初録音(1960年)を追加添付します。

Here is Bodil Niska and Einar Iversen(p) play “Ballad for Stan”.Norway, 1960

  

神戸ジャズ愛好会(2018年3月)「魅惑のアルトサックス」(2)

March 27.2018

A1+U0FHa3FL._SL1000_

Photo by Wikipedia

I introduced Jimmy Dorsey and Arne Domnerus as my favorite alto saxphone.

Particularly Jimmy Dorsey was the idol of Charlie Parker.

1.今月のテーマ(昨日の続き)

・Kさん(西明石から大阪の例会にも参加されています)
Phil Woods(フィル・ウッズ)のDVD映像(Molde Jazz Festival 1969)を持参されました。本ブログでは同じメンバーの演奏をYouTUbeでご覧下さい。
Here is Phil Woods’ European Rhythm Machine (Molde Jazz Festival in 1969)
Phil Woods(as),Gordon Beck(p),Henry Texler(b),Daniel Humair(ds)

・平野
少年パーカーのアイドルであったJimmy Dorsey(ジミー・ドーシー) をご紹介しました。

会場ではCD音源でしたが、本ブログではYouTube映像を添付しました。

Here is Jimmy Dorsey And His Orchestra play “ “Beebe”.

Photo above of Arne Domnerus by courtesy of apoloybaco.

次にスウェーデンを代表するサックス奏者(Arne Domnerus)アルネ・ドムネラスの名演(名曲)をご紹介しました。

Quincy Jones(クインシー・ジョーンズ)の編曲が素晴らしいです。

Here is Harry Arnold’s Orchestra with Arne Domnerus play “The Midnight Sun Never Sets”.
Quincy Jones (arr,dir) Stockholm, April 29, 1958

Photo by Wikipedia

Phill Woodsの演奏と比較すると面白いです。

Here is The Quincy Jones Big Band with Phill Woods play “The Midnight Sun Will Never Set”.

やっぱりこの曲はArne Domnerusの方が良いと思います。(個人的感想です)

81+Cb0oaprL._SL1500_

2.映像コーナー
「1969 New Orleans Jazz Festival」(寺本氏所蔵のビデオから)
主な出演者 Dizzy Gillespie, Sarah Vaughn, Count Basie, Clark Terry and Zoot Sims,Gerry Mulligan and Paul Desmond

YouTube映像でClark TerryとZoot Simsの共演を観ることが出来ます。尚、ピアノはJaki Byardです。
Here is Clark Terry(tp),Zoot Sims(ts),Alan Dawson(ds),Jaki Byard(p)

3.番外編(平野)

写真は「Hot Jazz 78rpms」から撮影しました。

「ジャズSPアワー第2回目BG&ガールズ」解説 SP愛好家瀬谷徹氏
寺本氏(世話人)のご配慮でNHKFM放送の一部を聞いて頂きました。
瀬谷さん宅に訪問されたY瀬氏並びにMusicraft(大阪)でのSPコンサートに参加されたTさんにも喜んで頂けたようです。又、大阪ジャズ同好会で新譜紹介されているFさんから「最終回のフレディー・グリーンを聞くのが楽しみです」と言われました。3月の放送を聞かれた会員の方が少なく例会の場でご紹介出来てよかったと思っております。

今回は番組のエンディング曲を添付しました。
本当は特例でCメロディーサックスを例会でご紹介したかったです。
Here is TRAM, BIX AND LANG play “Wringin’ An’ Twistin’”.
Bix Beiderbecke,(p,cor), Frank Trumbauer(Cm sax),Eddie Lang(g)
New York, September 17, 1927. 81450-A OK 40916

【追記】24bit衛星デジタル音楽放送MUSICBIRDSで瀬谷徹氏解説による新番組「ジャズSPタイム」が放送されています。

こちら ▶️