タグ別アーカイブ: Dave Brubeck

Columbia House Party Series(神戸ジャズ愛好会9月例会関連)

September 17,2019

1955年、コロンビアレコードは「House Party Series(ハウス・パーティー・シリーズ)と呼ばれる新しいシリーズ(10インチ盤)を発売開始しました。

レコードジャケットの左上隅に「House Party」とデザインされたロゴも有名です。

詳細は「Columbia House Party Series (CL 2501 to CL 2606) 1955-1956」をご覧下さい。

こちら ▶️

Photo by Discogs

上記添付のレコードはレコードコレクターズ創刊第2号巻頭「RANDOM MEMORANDUM」に紹介されていました。岡郷三氏の記載を添付させて頂きます。

レコードコレクターズ創刊第2号6ページを撮影しました。

YouTubeで全曲公開されています。(下記に添付しました)

こちら ▶️  Columbia House Party (Full Album) Released in 1955

Photo by Discogs

Photo by Discogs

 

1959:Jazz’s Vintage Year

May 12,2019

大阪ジャズ同好会次回例会の持ち寄りテーマは『1960年代のジャズ』

以下、寺本世話人の案内を記載します。
「この例会ではあまり取り上げる機会がなかった1960年代のジャズで お気に入りのものがあればご紹介ください。当時最新のモダンジャズでも結構ですし、古くからのジャズメンの当時の演奏でも結構です。」

個人的な感想ですが「1960年代のジャズ」を語るためには「1959年に発表された傑作アルバム」は重要であると思っています。

1959年に録音された作品については、小生がインターネットで聴取しているジャズ番組で特集されていました。

「1959:Jazz’s Vintage Year」2009年3月放送

番組はストリーミング放送(1時間)で下記のサイトから聴くことが可能です。

こちら ▶️

以下、放送された名曲だけをYouTube音源で添付致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

余談ですが、1959年には3人のジャズの巨人が亡くなっている事も追記いたします。

3月15日 シドニーべシェ (パリで永眠)

5月14日 レスター・ヤング

7月17日 ビリー・ホリディ

神戸ジャズ愛好会7月例会(1)               

July 18.2018

Photo by Discogs

今月のテーマ『ジャズスタンダード名曲集(第3回)~アーヴィング・バーリン』

寺本氏(愛好家世話人)からの案内メールから名曲をご確認下さい。

作曲家シリーズの第3弾です。(例)「Alexander’s Ragtime Band」「Always」「Blue Skies」「CHeek To Cheek」「Heat Wave」「How Deep Is The Ocean」「I’ve Got My Love To Keep Me Warm」「Let’s Face the Music and Dance」「Marie」「Puttin’ on The Ritz」「Russian Lullaby」「There’s No Business Like Show Business」「They Say It’s Wonderful」「This Year’s Kisses」「Top Hat」etc.

・Y瀬氏
1.「AIL By Myself」
Jimmy Rushing with Dave Brubeck Quartet(1960)から
バーリン33歳の1921年にレビュー用に書いた曲。あまりヒットしなかったそうですが、ポッ プスのボビー ダーリンがいい味を出している盤もあります。
Here is Dave Brubeck Quartet, Jimmy Rushing sings ”All By Myself”.

2.「The Song is Ended」
Gerry Mulligan With strings(1955)
1950年代中期以降、エラの歌やピーターソンのピアノ、そしてナット・コール、シナトラた ちの歌も残されていますが、ここでは野太いマリガンサウンドに弦を添わせて。
申し訳ないですが音源が提供出来ません。

3.「Soft Lights & Sweet Music」
Gerry Mulligan & Scott Hamilton(1986)から
パーシー・フェイスやメラクリーノ・ストリングスやコルトレーンやレイ・チャー ルスの歌もあるようですが、マリガンとハミルトンの2管でしっとりと。
Here is Scott Hamilton & Gerry Mulligan play ”Soft Lights & Sweet Music”.
最初の曲だけで終了して下さい。(Full Albumでアップされています)

4.「White Christmas」
Tony Bennett(1998)から
真夏の白雪。場違いも極まった感じですが、バーリンのディスコグラフィーには欠かせない 1曲かと…。
Here is Tony Bennett sings ”White Christmas”.

 

・I谷氏

7666ecf3-s
1. 「Russian Lullaby」
Vladimir Shafranov Trio(2003)から
Vladimir Shafranov(p) Pekka Sarmanto(b) Jukkis lotila(ds)
Here is Vladimir Shafranov Trio play “Russian Lullaby”.

2.「Cheek to Cheek」
Janet Seidel「Little Jazz Bird」(1992)から
Janet Seidel(vo) lan Date(g) Tom Baker(ts) Bobby Gabert(p) David Seidel(b)
John Morrison(ds)

著作権の関係でSpotifyでの音源提供となります。
https://open.spotify.com/embed/user/21cqwjk7qrbjr6hmzbtlzpwyi/playlist/5ttspr9qU4INdJs1TMiqpK

3.「They say it’s wonderful」
John Coltrane & Johnny Hartman(1963)から
Johnny Hartman(vo) John Coltrane(ts) McCoy Tyner(p)Jimmy Garrison(b) Elvin Jones(ds)
Here is John Coltrane & Johnny Hartman play “They Say It’s Wonderful”.

・T川氏
1. 「I’ve Last Hart In Dixieland」
Original Dixieland Jazz Band(LP SH220)から
Here is Original Dixieland Jazz Band play “I Lost My Heart In Dixie Land” .

2.「When I Leave The World Behind」
Chris Tylis Silver Leaf Jazz Band (stom off 1258)から
音源がありませんでした。代わりにT川さんがよくご存知の木村陽一さんのボーカルでお楽しみください下さい。
Here is Yo Kimura and New Orleans 4T’s play “When I Leave The World Behind “.

3.「Easter Parade」
Acker Bilk (Reprise R-6031)から
Here is Acker Bilk play ”Easter Parade”.

4.「White Christmas」
Chris Barber’s Jazzmen(Lake LACD 222)から
Here is Chris Barber’s Jazz Band play ”White Christmas”.

・F川氏
「Russian Lullaby」
Vic Dickenson Showcaseから
Here is Vic Dickenson Septet play ”Russian Lullaby”.
Vic Dickenson(tb) Edmond Hall(cl) Ruby Braff(tp) Steve Jordan(g) Walter Page(b)
Sir Charles Thompson(p) Les Erskine(ds)

・K田氏
1.「There’s No Business Like Show Business」
Sonny Rollins「Work Time」から
Sonny Rollins(ts) Ray Bryant(p) George Morrow(b) Max Roach(ds)
Here is Sonny Rollins play “There’s no business like show business”.

2.「Always」
Harry Nilsson「A touch more SCHMILSSON in the night」から
Here is Harry Nilsson with Gordon Jenkins(arr&condct) sings “Always”.

3.「Supper Time」
Nancy Wilson「Just One of Those Things」から
Here is Nancy Wilson sings “Suppertime”.
Nancy Wilson(vo) Hank Jones(p) Ron Carter(b) Gino Bertachini(g) Grady Tate(ds)

4.「The Song ls Ended」
Nat King Cole with Billy May Orchestra から
Here is Nat King Cole sings “The Song Is Ended”.

Sugarfootstomp

2018年5月30日

Photo above of Johnny Dodds by NOLA Jazz Museum

特集は「私が好きなジャズのヒーロー」でした。最初にトラッド愛好家のT川さんがJohnny Doddsをご紹介されました。ご紹介された内容は配付されたレジュメに詳しく記載されています。

Here is New Orleans Wanderers play “Perdido Street blues”.
George Mitchell (cnt) Kid Ory (tb) Johnny Dodds (cl) Joe Clark (as) Lil Armstrong (p) Johnny St. Cyr (bj)  Chicago, July 13, 1926
_Perdido Street blues

Here is Johnny Dodds’ Washboard Band play “Bull fiddle blues”.
Natty Dominique (cnt) Honore Dutrey (tb) Johnny Dodds (cl) Charlie Alexander (p) Bill Johnson (b) Baby Dodds (wbd)  Chicago, July 6, 1928
Bull fiddle blues

Here is Johnny Dodds Trio play  “Clarinet wobble”.
Johnny Dodds (cl) Lil Armstrong (p) Bud Scott (g)  Chicago, April 21, 1927
Clarinet wobble

Here is New Orleans Bootblacks play “I can’t say”.
George Mitchell (cnt) Kid Ory (tb) Johnny Dodds (cl) Joe Clark (as) Lil Armstrong (p) Johnny St. Cyr (bj)  Chicago, July 14, 1926
I can’t say

Here is Johnny Dodds And His Orchestra play “Red onion blues”.
Natty Dominique (cnt) Preston Jackson (tb) Johnny Dodds (cl) Richard M. Jones (p) Lonnie Johnson (g) John Lindsay (b) Baby Dodds (d)  Chicago, June 5, 1940
Red onion blues

○瀬さん

Here is Dave Brubeck (solo) plays Lili Marleen.

ウォルター・クロンカイト(Walter Cronkite)が進行役を務めた「The Jazz of Dave Brubeck」(テレビ番組)をご覧下さい。1961年12月31日放送

Here is The Jazz of Dave Brubeck by Walter Cronkite.

ウォルター・クロンカイトについては、Wikipediaを参照しました。こちらをクリック

○○田さん(大阪同好会にも西明石から参加されています)

上記パンフレット(加古川でのライブコンサート)と同じメンバーでの映像です。

Here is Ray Brown Trio play “If I Loved You.

Ray Brown(b), Gene Harris(p), Jeff Hamilton(ds)

富士通コンコードジャズ・フェスティバル 1988.12.11

寺本氏(世話人)

1946年のJATPご紹介されました。(寺本氏のメールアドレスからもパーカー好きが理解できます)

Here is Jazz At The Philharmonic play “Oh,Lady Be Good”.(1946)

Al Killan, Howard McGhee (tp) Charlie Parker, Willie Smith (as) Lester Young (ts) Arnold Ross (p) Billy Hadnott (b) Lee Young (d) “Philharmonic Auditorium”, Los Angeles, CA, January 28, 1946

平野

上記の書籍は「なか見検索(amazon)」ができます。こちらをクリック

昨年発売されたTBMの本を持参し、若い時のお恥ずかしい話を一席させて頂きました。

『40年以上前、TBM大阪営業所(大阪市同心町)に訪問し「学内で日本ジャズメンを特集したコンサートを企画したのでレコード貸してもらえませんか」とアポ無し訪問。事務所にあったかなりの数のレコードを貸して頂きましたが、今考えると礼儀をわきまえない行動でお恥ずかしい話です。』

大阪ジャズ同好会第30回例会概要(2)・参加者持ち寄り『ソロ・ピアノの世界』(前編)

April 10.2018

大阪ジャズ同好会第30回例会概要(2)

参加者持ち寄り『ソロ・ピアノの世界』(前編) 当日配布されたレジュメを添付します。

ソロ・ピアノはジャズの世界では古くから録音が残されています。今回は6人の方が各人お気に入りの演奏をご紹介頂きました。本ブログでは映像も交え2回に分けてご紹介された楽曲の一部を添付致します。

T村氏

(1) Here is Teddy Wilson plays “I’ve got a feeling I’m falling” .
Live “Metropolitan Opera House”, New York, January 18, 1944
本コンサートではアート・テイタムが参加していたにも拘らず「ソロピアノ演奏を任された」と解説されました。

 

(2)Here is Erroll Garner plays “That old feeling”.
New York, March 14, 1955
「ガーナーはこのレコードだけでええ」

 

(3)Here is Oscar Peterson plays “I concentrate on you”.
Tallinn, Estonia, November 17, 1974

 

Y瀬氏
ブルーベックのソロ演奏をご紹介されましたが、ブログではYouTube映像でのソロ演奏を添付しました。
(1)Here is Dave Brubeck plays “Thank You”.

(2)Here is Dave Brubeck Quartet play “La Paloma Azul (The Blue Dove)”.
4曲目「Blue Dove」は原曲「La Paloma」です。カルテットの映像をお楽しみ下さい。
Dave Brubeck(p), Paul Desmond(as), Joe Morello(ds), Eugene Wright(b) France, July 22, 1967

 

H氏

セロニアス・モンクの特殊なピアノ技法は「他人の作曲した曲のソロ演奏」を聞くとよく理解出来るとの解説でした。(納得)
(1)Here is Thelonious Monk plays “Smoke gets in your eyes”.
Paris, France, June 7, 1954

(2)Here is Thelonious Monk plays “April in Paris”
N2ew York, April 12, 1957

 

 

K氏(西明石から毎回ご出席)
板橋文夫「渡良瀬」YouTubeからの音源でご容赦下さい。
ビル・エバンスも貴重な映像がYouTubeにありました。

Here is 板橋文夫 plays 「渡良瀬」

Here is Bill Evans plays “I Loves You Porgy” (NYC 1969)

 

T井氏(奥様と毎回参加されています)
Inaki Sandovalのソロ演奏をYouTube映像でお楽しみ下さい。
(1)Here is Iñaki Sandoval plyas “Old Folks “
Solo Piano concert at Metropolia University Hall, Helsinki (Finland)
March 22nd, 2011

(2)Here is Iñaki Sandoval plyas “All of You”
Solo Piano concert at Metropolia University Hall, Helsinki (Finland)
March 22nd, 2011

(3)ピアニスト工藤隆のHPを添付しました。
http://jamandouq.com/

尚、Tさんの奥様のお店「miss evans」をご紹介します。「大阪ジャズ喫茶map」9番のお店です。http://cafemissevans.wixsite.com/missevans

 

I listened to the mourning radio program of George Avakian(2)

December 06. 2017

Photo above of George Avakian by courtesy of JazzWax

Continuing from yesterday,I will post my favorite songs according to the album introduced in the program.

In 1956 Duke Ellington and his Orchestra appeared at Newport Jazz Festival.

Paul Gonsalves played an astounding 27 choruses of “Diminuendo and Crescendo in Blue.”

Because Duke told Gonsalves to blow as long as he wanted during the interlude.

Photo by courtesy of paulgonsalves.jazzgiants.net

Today many disney songs became jazz standard.

But back in the ’50s, no one in jazz took Disney movies or their soundtracks seriously.

Why did Dave bother recording an album of Disney songs?

Below I quated JazzWax interivew “Dave Brubeck Digs Disney”. (May 26, 2011)

Dave and his five children excited on the rides in Disneyland in California.

So Dave thought an album of Disney movie songs would be a great idea.

The Disney theme was Dave’s idea, and I was amazed when he called and told me what he wanted to do.

Then Bill Evans and Miles Davis recorded “Disney Songs” .

Also John Coltrane played “My Favorite Things” and ”Chim Chim Cher-ee.””

昨日に続きWarehouse(FMCOCOLO765)で紹介されたアルバムについて投稿致します。

1956年、Duke Ellington楽団はNewport Jazz Festivalに出演しました。

そして「Diminuendo and Crescendo in Blue」でPaul Gonsalvesは27コーラスにも及ぶ長いソロ演奏を行いました。

今日では数多くのディズニー関連の曲がジャズスタンダードになっています。

しかし50年代においてはディズニー映画やそのサウンドトラック曲をジャズとして真面目に取り組む音楽家はいませんでした。

では何故Dave Brubeckはアルバム制作においてディズニーの曲を選んだのでしょうか?

以下JazzWaxのインタビュー “Dave Brubeck Digs DisneyMay 26、2011″を引用しました。

George Avakianは次のように話しています。

ディズニーの音楽をテーマとしてレコーディングするのはDave の考えでした。彼がそのことを電話した時にはびっくりしました。

Daveと彼の5人の子供たちは、カリフォルニアのDisneylandの乗り物に興奮しました。

そしてDaveはディズニー映画の曲のアルバムが素晴らしいアイデアだと思った。

その後、Bill Evans や Miles Davisは「ディズニーソング」を録音しています。

又、John Coltraneも「My Favorite Things」「Chim Chim Cher-ee」を演奏しました。

Duke Ellington & His Orchestra 「Ellington at Newport」
Here is Duke Ellington & His Orchestra play “ Black and Tan Fantasy ”.
Johnny Hodges (as), Russell Procope (cl, as), James Hamilton, Paul Gonsalves (ts), Harry Carney (bs), Cat Anderson, Clark Terry, Willis Nance, John Cook (tp), Britt Woodman, Quentin Jackson (tb), Duke Ellington (p), James Woode (b), Sam Woodyard (ds)
July 7, 1956… live at Newport Jazz Festival, Newport

 

Here is Duke Ellington & His Orchestra play  “Diminuendo and Crescendo in Blue.”
Members of the recording are the same as above.

 

Miles Davis 「Miles Ahead」
Here is Miles Davis and Gil Evans play “Miles Ahead 1959” on YouTube.
Miles Davis, Bernie Glow, Ernie Royal, Luis Mucci, Taft Jordan, John Carisi (tp), Frank Rehak, Jimmy Cleveland, Joe Bennet (tb), Tom Mitchell (btb), Willie Ruff, Tony Miranda, Jimmy Buffington (frh), Bill Barber (tu), Lee Konitz (as), Romeo Penque, Sid Cooper (fl, cl), Danny Bank (bcl), Wynton Kelly (p), Paul Chambers (b), Art Taylor (ds), Gil Evans (arr, cond) November 1957… New York

 

Photo by courtesy of French Lick, IN Aug 17, 1958

Dave Brubeck Quartet「Dave Digs Disney」
Here is Dave Brubeck Quartet play “Alice in Wonderland”.(Mono Version)
Dave Brubeck (p), Paul Desmond (as), Norman Bates (b), Joe Morello (ds)
August 29, 1957… New York

 

Here is Dave Brubeck Quartet play “Some Day My Prince Will Come ”.(Mono Version)
Members of the recording are the same as above.

The early recordings by Dave Brubeck(3)

July 28.2017

Photo above of The Dave Brubeck Octet(rehearsing, 1947)

Dave Brubeck had recorded as Dave Brubeck Octet before one year before the recording to Coronet label.

He had played with Paul Desmond in this recording.

Today I will post about his activities until this recording.

Photo above of Dave Brubeck, Michael Random and Darius Milhaud

In 1946 he discharged by the Army, and entered Mills College in Oakland to study under Darius Milhaud.

Dave learned counterpoint, theory, polyrhythms, and polytonality.

Milhaud immediately saw Brubeck’s potential.

So Milhaud suggested that Dave put together a band with other Milhaud students.

The band born in Milhaud’s classroom was initially called “The 8.”

It became the Dave Brubeck Octet.

Most of the members of the octet were studying with Milhaud.

Dave Brubeck, Bill Smith, Dave Van Kriedt, Jack Weeks, and Dick Collins.

Also from the Bay Area jazz community came Cal Tjader, Bob Collins, Ron Crotty, Paul Desmond and Bob Cummings.

Photo by courtesy of The New York Review of Books

In those days Paul Desmond and Cal Tjader were students at San Francisco State College.

I would like to post about Paul Desmond’s activities on another occasion.

Dave was extremely grateful to Darius Milhaud.

So he named his son’s name Darius Brubeck.

Photo above of Dave Brubeck and his son Darius Brubeck

Dave Brubeckは Coronetに録音する1年前に「Dave Brubeck Octet」としてPaul Desmondと共演した作品を残しています。
今日はDave BrubeckがPaul Desmondと出会う迄の活動について調べました。
1946年、陸軍から退役したDave Brubeckはオークランドの Mills Collegeに入学し、Darius Milhaudに師事しました。
Dave BrubeckはDarius Milhaudから音楽の「対位法」「理論」「ポリリズム」「多面性」等を学びました。
Darius MilhaudはDave Brubeckと出会った時から彼の才能を高く評価していました。
それ故Darius MilhaudはDave Brubeckを中心とした学生バンドの結成を提案しました。
Darius Milhaudのゼミ教室で誕生したバンドは、当初「The 8」と呼ばれていました。
その後「The 8」は「 Dave Brubeck Octet」として録音しています。
Octetの構成メンバーの多くはDarius Milhaudに師事していました。
そのメンバーはDave Brubeck,Bill Smith,Dave Van Kriedt,Jack Weeks,Dick Collinsです。
又、サンフランシスコ地区でジャズ活動をしていたCal Tjader, Bob Collins, Ron Crotty, Paul Desmond, Bob Cummingsが学生バンドに参加しました。
当時、Paul DesmondとCal Tjaderはサンフランシスコ州立大学の学生でした。
Paul Desmondの活動については別の機会に投稿したいと思います。DaveはDarius Milhaudを音楽の師匠として尊敬し息子の名前をDarius Brubeckと命名しています。

Here is Dave Brubeck Octet play “Playland at the Beach”.
Dick Collins (tp) Bob Collins (tb) Bill Smith (cl, bs) Paul Desmond (as) David Van Kriedt (ts) Dave Brubeck (p) Jack Weeks (b) Cal Tjader (ds)
“NBC audition”, San Francisco, CA, 1948

Here is Dave Brubeck Octet play “You Go To My Head”.
Dick Collins (tp) Bob Collins (tb) Bill Smith (cl, bs) Bob Cummings (as) David Van Kriedt (ts) Dave Brubeck (p) Jack Weeks (b) Cal Tjader (ds)
San Francisco, CA, 1948

Here is Dave Brubeck Octet play “The Way You Look Tonight”,”What Is This Thing Called Love”,”September In The Rain”,”Love Walked In”, I Hear A Rhapsody,“IPCA”,”How High The Moon”.
Dick Collins (tp) Bob Collins (tb) Bill Smith (cl, bs) Paul Desmond (as) David Van Kriedt (ts) Dave Brubeck (p) Jack Weeks (b) Cal Tjader (ds)
San Francisco, CA, July, 1950