タグ別アーカイブ: Dick Hyman

大阪ジャズ同好会第41回(2020年2月9日) ①「新譜紹介」

February 10,2020

今回の例会には15人が参加されました。例会概要は「新譜紹介」からご紹介致します。

新譜紹介(古川 正孝氏)

1.Hetty Kate(vo) 「Under Paris Skies (HKDDUPS-19) 」

Here is Hetty Kate sings “After You’ve Gone”.

2017年の映像を追加添付します。

Here is Hetty Kate sings ”Something Cool”.
James Sherlock(g), Michael Story(b) New Zealand in November 2017

 

2.Ignasi Terraza(p) Trio 「High Up On The Terraza(T+34619316553)」

Here is Ignasi Terraza Trio play ”You Took Advantage of Me”.

Swit Recordsからの映像を追加します。

Here is Ignasi Terraza Trio play ”Round midnight”.

 

3.Rita Payes (tb, vo)「In New York/(VHCD-1268)」

「CD Japanの紹介文を転載します)
「デヴュー、”マイ・アイデアル”のヒットに続く第二弾はリタ初めてのニューヨーク録音! ジャズ・ドラマーのレジェンド、ジミー・コブ、ルイス・ヘイズに囲まれてリタのジャズ・パッションが開花! ニューヨーク・テナーのジェリー・ウェルダンとの二管編成もさらにジャズ・ムードを盛り上げる! <パーソネル> リタ・パイエス (trombone and vocal)、ジェリー・ウェルダン (tenor sax)、マッシモ・ファラオ (piano)、ニコラ・バルボン (bass)、ルイス・ヘイズ (drums)、ジミー・コブ (drums)」

当日は”What Can I Say Dear l Say I’m Sorry”をご紹介されましたが音源は提供できませんので、代替として2016年の映像を添付します。

Here is Rita Payés & Joan Chamorro Group play “I Can’t Get Started”.

Rita Payés本人のFacebookページに彼女の活動が詳しくアップされています。

こちら ▶️

 

4.Dick Hyman & Ken Peplowski 「Counterpoint Lerner & Loewe(Arbors Records ARCD19471)

Here is Dick Hyman & Ken Peplowski play ”Could Have Danced All Night”.

本CDについては下記サイトをご覧下さい。

こちら ▶️

2015年6月の映像を追加添付します。

Here is Ken Peplowski and Dick Hyman at Salishan Play “Panama”.

Rita PayesとKen Peplowskiの作品については、37回例会「新譜紹介」でもご紹介されています。

こちら ▶️

又、 古川氏は第33回例会で『Dick Hyman(p)七変化』というテーマで特集を担当されています。 お時間あればご覧下さい。

こちら ▶️

大阪ジャズ同好会第33回例会概要(2) 特集『Dick Hyman(p)七変化』

October 10,2018

Photo by AP Photo/Chrystyna Czajkowsky

『昔(1960年代)テレビであった松山容子の『琴姫七変化』を思い出しますが(年がばれますね。)、ピアニストのディック・ハイマン(1927/3/8~)は現在も尚現役で2015年にもCDを出しています。1948年にプロ入りしてから70年間にも及ぶプロ生活を彼のキャリア紹介と共にその音楽でたどります。 』(特集を担当された古川正孝氏のコメント)

当日古川氏から配布されたレジュメを添付します。

 

『ピアノスタイルの七変化』
今回は上記レコードが全曲紹介されました。裏面のラーナーノートに記載されているDick Hymanのコメントが興味深いです。残念ながら上記音源は本ブログ上でお聞き頂く事が出来ません。

『楽器の五変化』
(1)ハープシコード(ブログ作成者が下記音源とディスコグラフィー記録を確認しました)
Here is Dick Hyman (harpsichord) with his trio and orchestra play “Junglero”.
Dick Hyman & Harpsichord In Hi Fi(MGM E3606) New York, 1956

 

(2)パイプオルガン
Here is Ruby Braff and Dick Hyman play “High Society”.
Ruby Braff (cnt) Dick Hyman (pipe-org)
Concert “Keystone Oaks High School”, Dormont, PA, April 24, 1982

High Society

 

(3)オルガン
Here is Dick Hyman & Mary Mayo play “Bye Bye Blues”. (1962)

 

(4)モーグ・シンセサイザー
Here is Dick Hyman plays “The Moog and Me”.(1969)

 

『最近の演奏』
BUCKY, DICK & JAY「LOST SONGS OF 1936」は音源が手元にありませんので、2015年3月の演奏を添付しました。
Here is Dick Hyman plays ”Salon Piano Series”.
May 31, 2015

 

『番外編』

当日参加された神戸ジャズサロンの主宰者M氏がBIxの曲が収録された上記CDを提供されました。
The Bix Centennial All Stars 「 Celebrating Bix!」
Here is Dick Hyman plays ”Clementine (From New Orleans)”.
下記HPで上記音源が無料で聴くことが可能です。

➡️ こちら

Photo by Youtube

 

Maybeck Recital Hall series of Concord Records(3)

I want to introduce early two works of Maybeck Recital Hall series.

In past I posted about three legendary pianists.

Please refer to my past blogs.

Dave McKenna - Maybeck

Volume 2, Dave McKenna, 1990, Concord CCD 4410
Tracks : Spoken Introduction, Dream Dancing, Detour Ahead, Exactly Like You, I’m Glad There’s You / I’m Glad I Waited For You, Knowledge Medley One, Knowledge Medley Two, I Don’t Know Why, I Never Know, C Jam Blues, Limehouse Blues

My past blog :Go here

Dick Hyman - Maybeck

Volume 3: Music Of 1937, Dick Hyman, 1990, Concord CCD 4415

Tracks : Spoken Introduction, Where Or When, A Foggy Day (In London Town), Bob White (Whatcha Gonna Swing Tonight), Some Day My Prince Will Come, The Folks Who Live On The Hill, Bei Mir Bist Du Sch, Loch Lomond, Thanks For The Memory, In The Still Of The Night, My Funny Valentine, Caravan

My past blog :Go here