Tag Archives: Dizzy Gillespie

Gil Fuller(3)

October 22,2017

Photo above of Dizzy Gillespie and Gil Fuller and Dick Bock

Dizzy Gillespie worked closely with Gil Fuller during the height of his big band period in the mid to late 1940s.

Their collaboration also produced a standards such as “Manteca” and “Tin Tin Deo” by Chano Pozo.

By 1965, Gil Fuller wasn’t working with Dizzy in an official capacity.

In those days Fuller established his own publishing company.

So he did not appear in the recording studio.

Interestingly he created under BMI music publishing under aka “GILBERTO” for “GIL FULLER”.

In the ’60s Fuller once again associated with modern jazz.

We can hear Gil Fuller & the Monterey Jazz Festival Orchestra featuring Dizzy Gillespie.

This is an album by composer, arranger and conductor Gil Fuller in 1965.

He also was concerned with pop music such as Modern Sounds in Country and Western Music by Ray Charles.

He passed away May 26, 1994, San Diego, in California.

Dizzy Gillespieは1940年代の中期から後半にかけて Gil Fullerとの緊密な関係を保ちその時代では高いレベルのビッグバンドを率いていました。

Chano Pozo原作の「Manteca」や 「Tin Tin Deo」は二人の協力によりスタンダード曲となりました。

1965年までGil FullerはDizzyとの公式な共演はありませんでした。

その当時、Gil Fullerは音楽出版会社を設立していました。

それ故レコーディングスタジオにあまり登場しませんでした。

余談ですがGilbertoという偽名でダンスアルバムを出しています。

1960年代になるとGil Fullerは再びモダンジャズシーンに関わってきます。

Gil FullerはMonterey Jazz Festival Orchestraを結成しGillespieをフィーチャーした作品を残しました。

このアルバムは1965年にGil Fuller自ら作曲・編曲・指揮を行っています。

又、ポピュラーミュージックに関わりRay Charlesによる「Modern Sounds in Country and Western Music」の編曲にも携わっています。

Gil Fullerは1994年5月26日、カリフォルニア州サンディエゴで永眠しました。

Here is Dizzy Gillespie Quintet play “Tin Tin Deo”.
Dizzy Gillespie(tp),James Moody(as.flt),Kenny Barron(d)
Christopher Wesley White(b),Rudy Collins(ds)

Here is Gil Fuller And The Monterey Jazz Festival Orchestra Featuring Dizzy Gillespie play “Man from Monterey”.
John Audino, Harry Edison, Dizzy Gillespie, Freddie Hill, Melvin Moore (tp) Jim Amlotte, Francis Fitzpatrick, Lester Robinson (tb) Sam Cassano, David Duke, Herman Lebow, Alan Robinson (French horn) Gabe Baltazar, Buddy Collette, Bill Green, Jack Nimitz, Carrington Visor Jr. (reeds) Phil Moore Jr. (p) Dennis Budimir (g) Jimmy Bond (b) Earl Palmer (ds) Gil Fuller (arranger, conductor) Hollywood, CA, June 8 & 9, 1965

Here is Gil Fuller Orchestra play “Be’s that way”.

Here is Ray Charles sings “I Can’t Stop Loving You”.

Gil Fuller(1)

October 18,2017

Photo above of Gil Fuller with Dizzy Gillespie(1963)

Yesterday, I saw an interesting documentary on Dizzy Gillespie, which was produced in Norway in 1990.Go here

This documentary was introduced by JazzWax.

I noticed the existence of Gil Fuller by looking at this documentary.

Unfortunately I am not familiar with Gil Fuller.

So I would like to confirm Gil’s achievements this week.

Gil Fuller was born April 14, 1920, Los Angeles, California.

Photo above of Billy Ecstine band by courtesy of Maxine Gordon’s Blog

In the 1930s and 1940s, Fuller worked for bandleaders such as Les Hite, Jimmy Lunceford, Billy Ecstine, Tommy Dorsey and Tiny Bradshaw.

After World War II he found himself in demand as a bebop arranger along with Gil Evans and George Russell.

Then he created most of Dizzy Gillespie’s arrangements at that time.

Photo above of Chano pozo and Dizzy Gillespieby courtesy of Montuno Cubano

昨日JazzWaxが紹介したDizzy Gillespieのドキュメンタリー映像を見ました。
(1990年ノルウェー製作)ここをクリックして下さい。

このドキュメンタリー映像を見てGil Fullerの存在が気になりました。

私は残念ながらGil Fullerについては馴染みがありません。

そこで今週はGil Fullerの業績を調べてみようと思います。

Gil Fullerは1920年4月14日カリフォルニア州ロサンゼルスで生まれました。

1930年代と1940年代にかけて Les Hite, Jimmy Lunceford, Billy Ecstine, Tommy Dorsey, Tiny Bradshawなどのビッグバンドで編曲者として雇われていました。

1007005773R-3660832-1341686943-4218.jpeg

第二次世界大戦後、 Gil Evans や George Russellと共に bebopをベースにした編曲者として活躍し始めました。

その後、 Dizzy Gillespieが結成したビッグバンドに編曲を提供することになります。

余談ですが、Gil FullerについてJazz Club Over Seas さんのブログが面白いので引用します。

ギル・フラーはウォルター・フラーともクレジットされ、ビバップ時代のフィクサーとされる謎の多い人物。ジミー・ヒースもフラーから編曲のABCを習ったそうですが、とにかく沢山のクライアントを抱えて、時代の先端を行くモダンな編曲を提供するディレクターのような存在。昨今話題のゴースト・ライターも、ジャズ界では別に珍しいことではなかったんです。(2014年6月12日)「ビバップ・カウボーイ:ケニー・ド-ハムの肖像(2)」より

 

Here is Dizzy Gillespie and his Orchestra play “Oop Bop Sh’ Bam”.

Here is Chano Polo and Dizzy Gillespie play “MANTECA”.
Benny Bailey, Dave Burns, Elmon Wright, Lamar Wright ,Dizzy Gillespie (tp), Ted Kelly, William Shepherd (tb) John Brown, Howard Johnson (as) Joe Gayles, Big Nick Nicholas (ts) Cecil Payne (bs) John Lewis (p) Al McKibbon (b) Kenny Clarke (ds) Chano Pozo (congas, bongos)
NYC, December 30, 1947

 

 

 

 

 

Isham Jones’ compositions(2) “There Is No Greater Love”

October 04,2017

Isham Jones led one of the finest dance bands of all time for some seventeen years from 1919 to 1936.

“There Is No Greater Love” lyrics by Marty Symes was the last hit before the bandleader turned over to Woody Herman in 1936.

「There Is No Greater Love」(作詞 Marty Symes)は1936年に作曲されました。

この曲はWoody Hermanがバンドリーダーを引継ぐ直前のヒット作品でした。

本日紹介する中でAmy Winehouseは異色の存在だと思います。

Here is Dinah Washington & Clifford Brown play “There Is No Greater Love”.
Dinah Washington(vo),Clifford Brown(tp),Harold Land(ts),Richie Powell(p),George Morrow(b)Max Roach(ds)  Rec 1954

Here is Andy Kirk & His Twelve Clouds of Joy.play “There Is No Greater Love”.(with Mary Lou Williams) NYC. June 25, 1940

Here is Etta James sings “There Is No Greater Love”.(2001)

Here is Amy Winehouse sings “There Is No Greater Love”(2003)

Here is Nat King Cole sings “There Is No Greater Love”.

Here is Dizzy Gillespie Quintet play “There Is No Greater Love”.
Dizzy Gillespie (tp), Junior Mance (p), Les Spann (g), Sam Jones (b), Lex Humphries (ds)
Recorded:New York City, February 17, 1959

Here is The four freshmen sing “There Is No Greater Love”.

The early recordings by Dexter Gordon(4)

September 9.2017

JustJazzCalifornia1952

Photo by courtesy of Wardell Gray Photo Gallery

Dexter Gordon worked with Louis Armstrong‘s orchestra in 1944

In those days Louis Armstrong band recorded with actress Dorothy Dandridge.

I found an interesting movie,”Atlantic City (1944 film)”.

Photo from YouTube by Atlantic City (film)

Photo from YouTube by Atlantic City (film)

Although it is regrettable that the video is not clear,I think the saxophonist is Dexter Gordon.

Then he had become a member of singer Billy Eckstine’s group.

Eckstine’s big band was the finishing school for adventurous young musicians who would shape the future of jazz.

Included in this group were Dizzy Gillespie, Dexter Gordon, Miles Davis, Art Blakey, Charlie Parker, and Fats Navarro, as well as vocalist Sarah Vaughan.

Photo by courtesy of Maxine Gordon’s Blog(Unfortunately Dexter Gordon is not shown.)
残念ながらDexter Gordonは写っていませんがBilly Eckstine楽団の貴重な写真をご覧下さい。 Charles “Teenie” Harris, 1908–1998, Billy Eckstine orchestra performing on stage, seen from above, including Sarah Vaughan, Billy Eckstine, Lucky Thompson, Charlie Parker, Bob “Junior” Williams, Leo Parker, Charlie Rouse, Dizzy Gillespie, Marion “Boonie” Hazel, Howard McGhee, Howard Scott, Jerry Valentine, Taswell Baird, Linton Garner, Art Blakey, and Connie Wainwright, in Aragon Ballroom, August 1944

1944年、Dexter GordonはLouis Armstrongに雇われました。

その当時Louis Armstrong orchestraは女優のDorothy Dandridge(ドロシー・ダンドリッジ)と映画で共演しています。

今回、サッチモとDorothyが共演した「Atlantic City(1944年製作)」という映画のワンシーンを見ました。

YouTube映像が不鮮明ではっきりしませんが、Dexter Gordonによく似たサックス奏者がサッチモの後ろで演奏しています。(間違っていたらご指摘下さい)

Louis Armstrong楽団を退団した後、Billy Eckstine楽団に加入しました。

Billy Eckstine楽団は下記に記載したように冒険的な若い演奏家が多く在籍していました。

Dizzy Gillespie、Dexter Gordon、Miles Davis、Art Blakey、Charlie Parker、Fats Navarro、Sarah Vaughan等が在籍していました。

Here is Louis Armstrong orchestra with Dorothy Dandridge play “Ain’t Misbehavin’”and  “Harlem On Parade” from Atlantic City (film) May, 1944.

Here is Billy Eckstine band with Dexter Gordon play “Lonesome Lover Blues”.

Toots Thielemans as guitarist(2)

August 23. 2017

Mr. Thielemans, right, and Benny Goodman play each other’s instruments around 1948. Mr. Thielemans toured with Goodman’s big band. Credit Metronome, via Getty Images

Today I would like to post about his activities until Toots Thielemans immigrated to the USA.

After the war he heard bebop style jazz records by Parker and Gillespie.

In those days he was making a name for himself as a guitarist in local jazz clubs and dance halls.

His first professional performances were with Benny Goodman’s band when they toured Europe in 1949.

When Thielemans visited the USA in 1948,an agent of Benny Goodman heard him play at a small New York music club.

After he returned to his home in Belgium, he received a letter inviting him to join Goodman’s tour in Europe.

He also accompanied Benny Goodman European tour the following year.

When Benny Goodman and his band had concerts in Rome,he and Benny Goodman went to see the performances of Django Reinhardt.

Also he joined a jam session in Paris with Sidney Bechet, Charlie Parker, Miles Davis, Max Roach and others in 1949.

During those years, he also made his first record with fellow band member.

The band name was “The Belgian Hot Club Quartet.”

We can listen to his early recordings on the double album,”Yesterday & Today”.

Please refer to the website.  Go here

In April 23,1950, Toots Thielemans Quartet recorded “I can’t Get Started” and ”How High The Moon” at Gazell label in Stockholm.

TOOTS THIELEMANS(g and harmonica),Jimmy Woode(p), Simon Brehm(b),Jack Norén(ds)

Unfortunately we can’t listen Gazell label.

In November 23,1950, Toots Thielemans Trio recorded four tunes at Metronome in Stockholm.

昨夜遅く東京在住の弦楽器奏者である長谷川光さん(FB友人)からToots Thielemansさんの最初のレコーディングについてご紹介頂きました。
ウェブサイトをご覧下さい。こちらをクリックして下さい。

今日はToots Thielemansが渡米するまでの初録音を含めた活動について調べました。

戦後、Charlie ParkerとDizzy Gillespieが演奏する新しいバップスタイルのレコードを聞きました。

その当時、Toots Thielemansは地元のジャズクラブやダンスホールで一流ギタリストとしての評価を受けていました。

1949年に行われたBenny Goodmanのヨーロッパツアー参加がプロとしての最初の公演となりました。以下、参加の経緯を記載します。

1948年に初めて米国を訪れたとき、Benny Goodmanの代理人がニューヨークの小さな音楽クラブで彼の演奏を聞いたそうです。

ベルギーに帰宅後、自宅に翌年予定されていたBenny Goodmanヨーロッパツアーに参加要請する手紙が送付されました。

翌年(1950年)のBenny Goodman欧州ツアーにも同行しています。

Benny Goodmanバンドがローマでコンサートをした時、同じ時期にローマに滞在していたDjangoの演奏を二人で聞きに行ったということです。(FB友人長谷川さんからの情報です)

又、1949年にパリで開催されたジャズフェスティバルに参加し、Sidney Bechet, Charlie Parker, Miles Davis, Max Roach 達と共演しています。

それらの活動期間中に当時のバンド仲間と最初のレコーディングを行なっています。

バンド名は「The Belgian Hot Club Quartet」と名付けられました。

現在、彼らのレコーディングは「Toots Thielemans – Yesterday & Today」として発売されています。詳細はウェブサイトをご覧下さい。こちらをクリックして下さい。

1950年4月23日、Toots Thielemans QuartetはストックホルムのGazellレーベルで「I can’t Get Started」と「How High The Moon」を録音しました。
メンバーはTOOTS THIELEMANS(g and harmonicaJim),Jimmy Woode(p)Simon Brehm(b)Jack Norén(ds)

残念ですが、稀少盤らしく上記データ以外は不明です。

1950年11月23日、Toots Thielemans TrioはMetronomeレコードに4曲を録音しています。ハーモニカに重点を置いて録音されています。

Here is Toots Thielemans Quartet Du Hot Club de Belgique play “Crazy Bop”.

Toots Thielemans(g),Francis Coppieters(p),Jean Warland(b),John Ward(ds) (1949)

Here is Toots Thielemans plays “Nuages”.

Here is Benny Goodman with  Toots Thielemans(Harmonica) play “Stardust”.
Recorded at a LIVE concert in Stockholm, Sweden in the early 50’s

The Dave Brubeck Quartet in Europe

July 20.2017

MUS-157

Louis Armstrong and Dizzy Gillespie had made earlier tours as the Jazz Ambassadors.

From March to May in 1958, the Dave Brubeck Quartet embarked on an ambitious tour of Europe and Asia that was sponsored by the U.S. State Department.

This tour was part of a “cultural ambassador” program in which the U.S. government sent prominent American musicians abroad to promote American arts and culture during the Cold War.

DaveBrubeckQuartet_web

ajaxhelper-2

Photo above of Joe Morello, Dave Brubeck, and Eugene Wright being greeted at the Iraq Baghdad airport(イラクバクダッド空港) by courtesy of Holt-atherton Special Collections, University Of The Pacific Library.

They had a concert tour in Iran, Iraq, Afghanistan, Pakistan, Turkey and Sri Lanka, among other countries.

Then he got tickets and visas for his quartet to travel through East Germany to Poland.

In Poland, they were among the first U.S. jazz musicians to perform behind the Iron Curtain.

No one from the State Department was there to help him.

Peter Hayes

Photo above of The Dave Brubeck Quartet in Poland(1958) by courtesy of Holt-atherton Special Collections, University Of The Pacific Library.

fullsizeoutput_990

The Dave Brubeck Quartet in Europe is a live album  in 1958 in Copenhagen, Denmark.

I think “Tangerine” by Paul Desmond is best performance.

Also there is special memory for me in this record.

About 30 years ago I purchased this record from a man named Nick Sedelnik at NY ‘s free market.

Nick was a really nice guy and his name was stamped on the bottom right of the commentary.

If someone knows Nick Sedelnik, please contact me.

fullsizeoutput_98f

Louis ArmstrongやDizzy Gillespieは早い時期から米国国務省による音楽大使を務めていました。
Dave Brubeck Quartetも1958年3月から5月までの間に国務省後援によるヨーロッパとアジア方面への音楽ツアーを行なっています。
このツアーは米ソ冷戦時代に有名音楽家を海外に「音楽大使」として派遣しアメリカの芸術と文化の良さを紹介することが目的として国務省が企画しました。
イラン、イラク、アフガニスタン、パキスタン、トルコ、スリランカなどの国々でコンサートが開催されました。
その後、 Dave Brubeckは東ドイツを経由してポーランド行きの「鉄道切符と入国ビザ」を手に入れました。
その結果、 Dave Brubeckは「鉄のカーテンで西側諸国と分断されていたポーランド」で演奏した最初の米国ジャズミュージシャンの一人となりました。
不慮の出来事があった場合に彼を助けるべき国務省の関係者はいなかったそうです。
写真は1958年にデンマークのコペンハーゲンでのライブレコーディングアルバムです。
Paul Desmondによる「Tangerine」が素晴らしい演奏であると思います。
本題から離れますが、個人的にこのレコードには特別な思い出があります。
約30年前、このレコードをNYのフリーマーケットで「5ドル」で購入しました。
Nick Sedelnikという男性が駐車場の壁に多くのレコードを並べて販売していました。
Nickの 名前は裏面の解説文の末尾にスタンプで記載されています。
Nick Sedelnikさんをご存知の方は差し支えなければご連絡ください。

Here is Dave Brubeck talks “Poland tour in 1958.”

Here is THE Dave Brubeck Quartet play “Tangerine”.


Paul Desmond (as) ;Dave Brubeck (p); Gene Wright (b); Joe Morello (ds)
Copenhagen, Denmark, March 5, 1958

Benny Goodman in Moscow

July 17.2017

Last week I went to a Jazz bar in Umeda in Osaka city.

The master likes Russia and I heard an interesting story about Moscow from him.

Recently I saw the documentary film when Benny Goodman visited to Moscow.

So l would like to post about Benny Goodman’s tours in Moscow.

In 1956, the US State Department created the Jazz Ambassadors program, hiring

leading American Jazz musicians such as Louis Armstrong, Dizzy Gillespie,

Benny Goodman, and Duke Ellington to be “ambassadors” for the United States overseas.

Benny Goodman was probably the world’s best-known jazz musician.

So he traveled the world as Musical Ambassador of Good Will for the United States.

In those days The Times said that some people felt Duke Ellington should have been the first American jazz band to make an official tour of Russia.

In 1962, Benny Goodman embarked on a tour of the USSR with a top-notch big band.

He assembled many superior musicians as sideman.

Photo above of Sightseeing in the Soviet Union by courtesy of Bill Crow
Mel Lewis, Joe Newman, Jimmy Knepper,Willie Dennis, Bill Crow, Victor Feldman

Photo  by courtesy of Bill Crow
Jimmy Knepper,  Phil Woods ,  Turk Van Lake , Teddy Wilson

Joe Newman and Jimmy Maxwell on trumpets, Willie Dennis on trombone, Phil Woods, Jerry Dodgion, and Zoot Sims in the reed section, and a rhythm department comprising by John Bunch, Teddy Wilson, Victor Feldman, Bill Crow and Mel Lewis.

About Benny Goodman’s tour, please refer to this website. Go here

Tomorrow I would like to post about “Jazz mission to Moscow”.

先週の金曜日、大阪梅田にある有名なJazz Barに行きました。(ライブ演奏は一切ありません)
マスターはロシアが大好きで、過日行かれたモスクワでの興味深いお話をお聞きしました。又、日本では珍しいウオッカも飲ませて頂きました。(写真)

最近、YoutubeでBenny Goodmanが1962年にモスクワを訪問した時に撮影されたドキュメンタリーフィルム(旧ソ連製作)を観て面白いなと思いました。
そんな訳で1962年にBenny Goodmanがモスクワを訪問したことにつ
いて投稿したいと思います。
1956年、米国国務省は有名ジャズ音楽家のよる外交推進を目的として 「The Jazz Ambassadors program」を創設しました。
Louis Armstrong, Dizzy Gillespie, Benny Goodman, Duke Ellington が「音楽親善大使」として選ばれました。
第二次世界大戦後でもBenny Goodmanは世界で最も有名なジャズミュージシャンでした。それ故、Benny Goodmanは音楽の親善大使として世界中を旅していました。
一方、政府によるソビエトへの公式ツアーがBenny Goodman楽団と決定された時、ニュース雑誌のTimesは最初に訪問すべき音楽家としてはDuke Ellingtonの方がふさわしいとの見解も示していました。
1962年に、Benny Goodmanはモスクワへのツアー準備を開始しました。
サイドマンとして多くの優れたミュージシャンが集められました。

Joe Newman and Jimmy Maxwell(tp)Willie Dennis (tb), , Phil Woods, Jerry Dodgion, and Zoot Sims(reed section), John Bunch, Teddy Wilson,Victor Feldman(p), Bill Crow (b) Mel Lewis.(ds)

Benny Goodmanツアーの詳細についてはこのウェブサイトを参照してください。こちらをこクリックして下さい。

明日は名盤「Jazz mission to Moscow」について投稿する予定です。

Here is Benny Goodman in USSR by documentary film.(演奏場面は少ないです。)

Here is Benny Goodman and His Orchestra 1962 “Benny introduced his members”.Moscow, May 1962

Here is Benny Goodman and His Orchestra play “Bugle Call Rag”.