タグ別アーカイブ: Ella Fitzgerald

大阪ジャズ同好会第38回例会(2019年8月11日) 特集「また暴挙ご容赦様々なSUMMERTIME 60分」

August 15,2019

また暴挙ご容赦様々な「SUMMERTIME 」60分 解説 吉瀬拓雄氏

(当日配布されたレジュメを転載します)
昨年2月の「オール・オブ・ミー」に続いてまた1曲集中特集の最挙。60年余り前の学生時代、 松竹座裏の「ジャズ・ミー」で「この曲ナニ?」と尋ねた「サマータイム」です。 ご存じの通りガーシュインが1935年に作曲した「ポーギーとベス」冒頭の子守歌。現在までに2600バージョンが出ているそうですが、実は「これがその時に聴いた演奏」と言い切れる音には、いまだ出会えないでいます。「夏近し」の季節に免じてご容赦の上、 折にふれて集めた音源から、様々なアレンジや個性をお楽しみ頂ければ幸いです。

◆子守唄には似つかわしくないトランペットの3連発から

Henry “Red” Allen

Henry “Red” Allen (tp) Earl Warren (cl,as) Coleman Hawkins (ts) Marty Napoleon (p) Chubby Jackson (b) George Wettling (ds) New York, August 7, 1958

Charlie Shavers

Charlie Shavers (tp) with large studio orchestra, Sy Oliver (arr,cond)
New York, June, 1955 (Bethlehem BCP27)

Miles Davis

◆ペットのルイとエラがデュエットしビリーとサラも歌います

Ella Fitzgerald & Louis Armstrong

ブログ作成者から追加させて下さい。
Here is Ella Fitzgerald sings ”Summertime”. (1968)

Billie Holiday

Billie Holiday (vcl) ,Bunny Berigan (tp), Artie Shaw (cl) ,Joe Bushkin (p) ,Dick McDonough (g) ,Pete Peterson (b) ,Cozy Cole (ds)  New York, July 10, 1936

Sarah Vaughan

◆続いては男声の大御所ピングとシナトラに混声のプラターズ

Bing Crosby

Frank Sinatra

The Platters   (1990年殿堂入りした男4人女1人混声グループ)

◆ゴスペル、男女のロックやR&Bシンガーの登場です

・Mahalia Jackson

ブログ作成者から追加させて下さい。
Here is Mahalia Jackson sings ”Summertime”. (1960)

・Janis Joplin

Paul McCartney

Aaron Neville

Photo by Discogs

◆大震災前に「津軽弁ジャズ」で東北を巡演していたこの入をぜひ

・伊藤君子

当日紹介された「津軽弁ジャズ」の音源は提供出来ません。代替として伊藤君子さんのコメントと『A Touch Of Love(1994年)』から添付させて頂きます。

「津軽弁ジャズ ジャズだべ!ジャズださ!」(PRコメント)

Here is Kimiko Itoh sings “Summertime”.

伊藤君子(vo),Michael Brecker(ts), 日野皓正(Cor,Flh) ,Eddie Gómez(b),Steve Gadd(ds), 佐藤允彦(p) 松木恒秀(g) 1985年11月12日録音

(レジュメ末尾のコメント)
女性歌手では他にカーメン・マクレエ、ジュリー・ロンドン、メリー・フォード、ヘ レン・メリル、キリ・テ・カナワ、ナラ・レオン、チャカ・カーン、アニタ・ベイカー 、オリビア・ニュートンジョン、沖山秀子、矢代亜紀ら。男性でキャブ・キャロウェー、
SAM&DAVE、ゴールデン・ゲイトトリオ、アル・マルティノペリー・コモ、アンデ ・ウイリアムス、サム・クック、レイ・チャールス、ジョージ・ベンソン、ジョニー・ ハートマン。ウイリー・ネルソン、パリー・マニロウ、ガエターノ・ヴェローソらも。

大阪ジャズ同好会第37回例会(2019年6月9日) 持ち寄り『1960年代のジャズ』③

June 13,2019

Photo by courtesy of JAZZIZ Magazine and Punterest

6月例会参加者持ち寄り『1960年代のジャズ』の最終回です。今回は寺本世話人と平野の選曲を紹介します。

・寺本氏
「Eric Dolphy & Booker Little Quintet at the Five Spot Cafe」

Here is Eric Dolphy & Booker Little Quintet play “Fire Waltz”.
Eric Dolphy (as), Booker Little(tp),Mal Waldron(p), Richard Davis(b), Ed Blackwell(ds) NewYork The Five Spot Cafe July 16, 1961

僭越ですが、ブログ作成者からエリック・ドルフィーのアルトソロ演奏を1曲追加させて頂きました。

Here is Eric Dolphy plays ”Tenderly”.
Eric Dolphy (as-Solo Performance)
Englewood Cliffs, N.J., December 21, 1960

・平野
1960年代のジャズを三つの切り口から選曲しました。
1.「フリージャズ」
Here is Ornette Coleman Quqrtet ”Embraceable You”.
Ornette Coleman(as),Don Cherry(cornet),Charlie Haden(b),Ed Blackwell(ds)
NYC July 26, 1960 NYC

神戸ジャズ愛好会(5月例会)でも”Embraceable You”を選曲していました。

2.「ビートルズ旋風」
当日は ”Ella sings Can’t Buy Me Love ”をご紹介致しましたが、本ブログでは二つの映像を添付しました。

Here is Ella Fitzgerald sings “A Hard Days Night”.
Live in Copenhagen 1965

Here is Ella Fitzgerald sings “Hey Jude”,
Montreux Jazz Festival, 1969

3.「ハードバップリバイバル」
Here is Dexter Gordon Quartet play “For all we know”.
Dexter Gordon (ts) Kenny Drew (p) Niels-Henning Orsted Pedersen (b) Albert “Tootie” Heath (ds)
“Jazzhus Montmartre” CopenhagenJuly 20, 1967

上記録音の様子をマシュマロレコードの上不三雄氏が記載しています。

こちら ▶️

下記のマシュマロレコードHPもご覧下さい。

こちら ▶️

Photo by Discogs

Photo by Wikipedia

上記録音の翌月に収録された映像を追加添付します。
Here is Dexter Gordon Quartet ”concert, Denmark, 1967 Aug. 5”

大阪ジャズ同好会第36回例会(2019年4月14日) 概要②特集『春をテーマにしたジャズ』

April,16,2019

ジャズでも春の曲を取り上げている演奏が多くあります。春のシーズンにピッタリなスプリング・ジャズを紹介したいと思います。(解説 久保田和文氏)

当日配布されたレジュメの順にYouTube音源でお楽しみ下さい。

1.Here is Billie Holiday sings ”Some Other Spring”.

2.Here is Clifford Brown Quartet play “It Might As Well Be Spring”.

3.Here is Doris Day sings “April In Paris”.

4.Here is Pim Jacobs Trio play “Spring will a little late this year”.

5.Here is Chris Connor sings “Spring Is Here”.

6.Here is Gerry Mulligan Quartet play “Spring is Sprung”.

7.Here is Julie London sings “I’ll Remember April”.

8.Here is Blossom Dearie sings “They Say It’s Spring”.

9.Here is Ella Fitzgerald sings “Spring Can Really Hang You Up The Most”.

10.Here is Pat Metheny Quartet play “April Joy”.

特集担当 久保田氏談
今回の選曲に際し、Jazz Club OverSeas(大阪堺筋本町駅)」の寺井珠重さんのブログを参考にしました。
INTERLUDE by 寺井珠重(2014年1月24日)
「ビリー・ホリディを彩る二人のアイリーン(1):Irene Kitchings」

下記に添付させて頂きました。

Jazz Club OverSeasのHPも是非ご覧下さい。

こちら▶️

大阪ジャズ同好会第35回例会概要(3)特集「ルイ・アームストロング~名演の軌跡」

February 17,2019

特集は「ルイ・アームストロング~名演の軌跡 (解説寺本 泰規氏)」でした。

以下、寺本氏作成のレジュメを編集せず転載致しました。尚、文中の写真は寺本氏の解説に沿ってブログ作成者が添付致しました。

ジャズの歴史においてルイ・アー ムストロングが果たした役割は非常に大きいものがありますが、そのことをジャズファンはどれだけレコードを聞いて理解している人がいるでしょうか。今日は彼の偉大さを全盛期の レコードを丹念に聴くことによってたどってみたいと思います。
さて彼が最初の大きなステップを踏み出すのはキング・オリバー楽団に入団してからでした。まず最初にキング ・オリバーとの共演を聞いていただきましょう。

1. 「Dipper Mouth Blues」(April 6,1923)(2:38)
King Oliver’s Creole Jazz Band
King Oliver, Louis Armstrong (cor) Honore Dutrey(tb) Johnny Dodds(cl) Lil Hardin(p) Bady Dodds(ds)

このころはまだオリバーの影響下にあるプレイを展開していますが、1924年2月5日に結婚したリル・ハ ーディンに励まされ、1924年6月にはオリバー楽団を退団し、同年9月誘いを受けたフレッチャー・ヘンダーソン楽団に入団します。次の演奏は彼のヴォーカルを最初に記録した演奏と言われています。最初のコーラスから彼の素晴らしいトランペットが聞かれます。

Here is King Oliver’s Creole Jazz Band play “Dipper Mouth Blues”.

2.「Everybody Loves My Baby」(take 3)(Nov.22,1924)(2:53)
Fletcher Henderson & His Orchestra
Louis Armstrong, Elmer Chambers, Howard Scott(tp) Charlie Green(tb) Buster Bailey(cl, as, sop) Don Red man(cl, as, oboe,arr) Coleman Hawkins(cl,ts) Fletcher Henderson(p,arr) Charlie Dixon(bj) Ralph Escudero(tu) Kaiser larshall(ds) Louis Armstrong(vcl)

ヘンダーソン楽団に在団中にベッシー・スミスの伴奏者として録音を残していますが、次の曲では二人はまるで会話をしているみたいで、正にインタープレイを繰り広げています。

Here is Fletcher Henderson & His Orchestra play “Everybody Loves My Baby”.

3.「St. Louis Blues] (Jan.14,1925)(3:10)
Bessie Smith(vo) Louis Aristrong(cor) Fred Longshaw(harmonium)

St.Louis Blues

1925年11月初めにヘンダーソン楽団を退団しますが、もう一曲ヘンダーソン楽団での演奏を聴いていただきましょう。彼のソロイストとしての力量が分かるものとなっています。

4.「Sugar Foot Stonp」(May 29,1925)(2:49)
Fletcher Henderson & His Orchestra
Coleman Hawkins(cl,ts) Louis Aristrong(ct) Elier Chambers, Joe Smith(tp) Charly Green(tb) Buster Baily(ts) Don Redman(as, ts, arr) Fletcher Henderson(lead + p) Charlie Dixon(bj) Ralph Escuderos(tu) Kaiser Marshall(ds)

 

自分のバンドを組んで演奏した「12番街のラグ」は、通常もう少し速いテンポで演奏されるのですが、ここでは思い切った遅いテンポで演奏されます。音のタイミングの取り方などを聞くと正にジャズです。この演奏スタイルが後の「ウエスト・エンド・ブルース」等の名演つながっていくのです。

5.「Twelfth Street Rag」(May 11,1927)(3:10)[master W.80864-A]
Louis Armstrong Hot Seven
Louis Armstrong(cor) John Thomas(tb) Johnny Dodds(cl) Lit Hardin Armstrong(p) Johnny St.Cyr (banjo,g) Pete Briggs(tuba) Baby Dodds (ds)

Here is Louis Armstrong Hot Seven play “Twelfth Street Rag”.

さてこれからの3曲はジャズの歴史の中でもとっておきの名演と言われる演奏です。「West End Blues」は後にビリー・ホリディがこの曲を聴いて感動した様子を語っています。「Weather Bird」は当時としては珍しいピ アノとのデュオで、アール・ハインズとの素晴らしいインタープレイが繰り広げられます。最後の「Tight Like This」は彼の演奏の中でも頂点に位置する演奏です。演奏の最初から曲のクライマックスに持って行くその構成カにはただただ脱帽するしかありません。

Photo by Discogs

Photo by the movie New Orleans

6.「West End Blues」(June 28,1928)(3:15) [master W.400967-B]
Louis Armstrong Hot Five
Louis Aristrong(tp, vo) Fred Robinson(tb) Jimmy Strong(cl,ts) Earl Hines(p) Mancy Carr(banjo) Zutty Singleton(ds)

Here is Louis Armstrong Hot Five play “West End Blues”.

 WEST END BLUES

7.「Weather Bird」(Dec.5,1928)(2:48)[master W.402199-A]
Louis Armstrong(tp) Earl Hines(p)

Here is Louis Armstrong and Earl Hines play “Weather Bird”.

8.「Tight Like This」(Dec.12,1928)(3:25) [master .W.402226-C]
Louis Armstrong Hot Seven
Louis Armstrong(tp,vo) Fred Robinson(tb) Jimmy Strong(cl, ts) Don Redman(cl,as, spoken Introduction) Earl Hines (p, Spoke Introduction) Mancy Carr(banjo) Zutty Singleton(ds)

Here is Louis Armstrong Hot Seven play “Tight Like This”.

TIGHT LIKE THIS

次の曲では原曲を感じさせないほどメロディを崩して歌い演奏するサッチモが聴けます。記譜されたメロディはほとんど出ずに、ほぼ即興で歌われています。彼以前にこのように歌った歌手がいたでしょうか。この面からも彼の革新性が発揮されています。

9.「Sweetheart On Parade」(Dec,23,1930)(3:11) [master W.404417-A]
Louis Armstrong & His Orchestra
Louis Armstrong(tp, vo) Les Hite(conductor, as, bass sax) George Orendorff(tp) Harold Scott(tp) Luther Craven(tb) Marvin Johnson(as) Cha rlie Jones(ts, cl) Henry Prince(p) Bill Perkins(banjo, steel guitar) Joe Bailey(tuba.b) Lionel Hampton(ds.vib)

Here is Louis Armstrong & His Orchestra play “Sweetheart On Parade”.

今度は2つのスタンンダードナンバーを聞いていただきます。これらの曲で彼のヴォーカリストとしての非凡な才能がうかがえます。演奏も非常にリラックスしており、流れるような演奏にウットリさせられます。

10.「I’ve Got The World on A String」(Jan,26,1933)(3:16) [ master BS-75891-1]

Here is Louis Armstrong & His Orchestra play “I’ve Got The World on A String”.

11.「I Gotta Right “To Sing The Blues」(Jan,26,1933) (3:;05) [master BS-75892-1]
Louis Armstrong & His Orchestra
Louis Armstrong (tpt,vo) Elmer Whitlock(tp) Zilner Randolph(tp) Keg Johnson(tb). dois Scoville Brown(cl, as) George Oldham(cl,as) Budd Johnson(cl, as) Teddy Wilson(p) Nike McKendrick(g, banjo) Bill Oldham(b, tuba, tb) Yank Porter(ds)

 I GOTTA RIGHT TO SING THE BLUES

同じ時期の演奏をもう一曲聴いていただきますが、この曲では全編スキャットで唄っており珍しいものとなっ ています。

12.「Basin Street Blues」(Jan.27,1933)(3:27) [master BS-75103-1]
Louis Armstrong & His Orchestra
Louis Armstrong(tp,vo) Elmer Whitlock(tp) Zilner Randolph(tp) Keg Johnson(tb) cb Scoville Brown(cl,as) George Oldham(cl,as) Budd Johnson(cl,as) Teddy Wilson(p) Mike McKendrick(g, banjo) Bill Oldham(b, tuba, tb) Yank Porter(ds)

1940年代に入ると彼は自分のオールスターズを編成し、数々のライブ録音やスタジオ録音を残しその中には名演と呼ばれるものありますが、彼のジャズ界における革新性という意味では既に役割を終えていると思います。50年代以降は大物との共演もありますが、1957年に先立つエラ・フィッツジェラルドとの共演がある ので楽しんでください。

Photo by Discos

13.「Dream A Little Dream Of Me」(Aug,25,1950)(3:04) [master 76750]
Louis Armstrong & His Orchestra
Louis Armstrong (tp,vo) Ella Fitzgerald(vo) Sy Oliver(conductor, arr) Paul Webster(tp) Hank D’Amico(cl) Frank Ludwig(ts) Hank Jones(p) Everett Barksdale(g) Ray Brown(b) Johnny Blowers(ds)

 

最後は日本に初めて来たときの珍しいライブ演奏を聴いていただきましょう。この演奏はQueen Discという私家版レーベルでLP化されました。当時の歓迎ぶりが録音からもうかがえます。

14.「When It’s Sleepy Time Down South」(Dec.31,1953)(4:50)(Live in Yokohama)
Louis Armstrong All Stars
Louis Armstrong(tp, vo) Trummy Young(tb) Barney Bigard(cl) Billy Kyle(p) Milt Hinton(b) Kenny Jones(ds)

Photo by courtesy Daniel Richard

サッチモの名演の軌跡をたどってきましたが、今一度彼の偉大さを再認識していただけたのなら幸いです。

使用音源について

1. King Oliver / The Great 1923 Gennetts] (Herwin 106) (LP)
2. CA Study in Frustration / The Fletcher Henderson Story) (ECJ55680) (CD)
3. TA Portrait of Bessie Smith 1925-1933) (Col. 20AP1477) (LP)
4. CA Study in Frustration / The Fletcher Henderson Story] (ECJ55680) (CD)
5. [Louis Armstrong / His Greatest Years vol.2] (Odeon OR-8003) (LP)
6. [Louis Armstrong / His Greatest Years vol.4] (Odeon OR-8005) (LP)
7. [Louis Armstrong / His Greatest Years vol.4] (Odeon OR-8005) (LP)
8. TLouis Armstrong / His Greatest Years vol.4] (Odeon OR-8005) (LP)
9. [Louis Armstrong / Louis in Los Angels 1930] (Swaggie S1265) (LP)
10. [Louis Armstrong – Immortal (RCA RA-13~16) (LP)
11. [Louis Armstrong – Immortal] (RCA RA-13~16) (LP)
12. I Louis Armstrong – Immortal] (RCA RA-13~16) (LP)
13. TLouis #Satchmo” Armstrong & His Friends (Decca VIN-5588(MONO)) (LP)
14. [Louis Armstrong “Live” in Yokohama (Queen Disc Q 032) (LP)

参考文献
「モダンジャズの伝統」(The Jazz Tradition by M.Williams)(荒地出版社1971年)

Gordon Jenkins on Decca Records

September 14,2018

Photo of Gordon Jenkins

 

最近ネットラジオで「Dick Haymes: Sinatra’s Shadow」という放送を聴きました。この番組ではゴードン・ジェンキンス(Gordon Jenkins)についても語られていました。

上記ラジオ放送は  こちら 

Gordon Jenkinsはキャピタル時代のフランク・シナトラとの共演盤が有名ですが、デッカ時代にも有名歌手と多くの名曲を録音しています。

今回、デッカレコード専属時代のGordon Jenkinsが関わった録音からブログを作成しました。

最後に添付したThe Weavers(ピート・シーガーが参加)については門外漢でありますので余計なコメントは記載しておりません。

尚、Gordon Jenkinsについては1年前の拙ブログ(4回連載)も併せてご覧頂ければ嬉しいです。

1. https://wp.me/p6X2wH-3DJ

2. https://wp.me/p6X2wH-3Ex

3. https://wp.me/p6X2wH-3EM

4. https://wp.me/p6X2wH-3Fv

Photo above of Woody Herman by Wikipedia

Isham Jonesは歌手としてWoody Hermanを採用しました。
Here is Isham Jones Orchestra and Woody Herman sing “There is no greater love”.
Clarence Willard, Chelsea Qualey (tp) Wendell deLory, Russ Jenner (tb) Joe Bishop (tu,arr) Tommy Macey, Don Watt (cl,as) Woody Herman (cl,as,bar,vcl) Vic Hauprich, Saxie Mansfield (ts) Howard Smith (p,arr) George Wartner (g) Eddie Stone (vln,vcl,arr) Vince Allotta (vln) Nick Hupfer (vln,arr) Walt Yoder (b) Walter Lageson (d), Gordon Jenkins (arr) Isham Jones (dir) New York, February 3, 1936

 

下記の曲は大ヒットしました。シナトラの好敵手です。
Here is Dick Haymes (with Gordon Jenkins Orchestra) sings “Little White Lies”.
New York 1948

Peggy Leeのデッカ盤ではなくElla Fitzgerald による“Black coffee”です。
Here is Ella Fitzgerald sings (with Gordon Jenkins Orchestra) “Black coffee”.
Ella Fitzgerald (vcl) with Gordon Jenkins Orchestra, Gordon Jenkins (cond) New York, April 28, 1949

 

コロンビア盤のRay Ellis(楽団)の編曲と比べて下さい。
Here is Billie Holiday (with Gordon Jenkins And His Orchestra) sings “You’re my thrill”.
Bobby Hackett (tp) Milt Yaner (cl,as) John Fulton (fl,cl,ts) Bernie Leighton (p) Tony Mottola (g) Jack Lesberg (b) Bunny Shawker (d) + five strings Billie Holiday (vcl) Gordon Jenkins (cond) New York, October 19, 1949

 

ディスコグラフィーを読んで二人の組み合わせを初めて知りました。
Here is Hoagy Carmichael (with Gordon Jenkins And His Orchestra And Chorus) sings “Sacramento.
Hoagy Carmichael (vcl) acc by orchestra and chorus, Gordon Jenkins (dir)
Los Angeles, March 1, 1951

 

当時の看板スターはサッチモです。
Here is Louis Armstrong (with with studio orchestra and Gordon Jenkins(cond) )sings “Jeannine, I Dream Of Lilac Time”.
U.S. Royal Showcase: (Tv Show): NBC tv studio, New York City, June 8, 1952

 

この歌手を出さないと叱られます。
Here is Peggy Lee (with Gordon Jenkins (cond) sings “Sans souci”.
Los Angeles, July 31, 1952

 

下記文章は「Songwriters Hall of Fame」から引用しました。 HPは こちら

In 1938, he moved to California, where he worked for Paramount Pictures. In 1939 he became music director for NBC’s Hollywood based west coast division. From 1944 to 1948, he worked on Dick Haymes’ radio show. In 1945, he became a staff conductor for Decca Records. Jenkins soon became Decca’s musical director, and was responsible for bringing The Weavers (a group that included Pete Seeger among its members) to Decca.

Here is The Weavers (with Gordon Jenkins Orchestra) sing “Goodnight, Irene”.

「主役より脇役がめだつモダンジャズ」大阪ジャズ同好会(2017年8月例会)

July 29. 2018

大阪ジャズ同好会のメンバーである竹村功氏がFacebookを開始されました。

今回は竹村氏が特集を担当された「主役より脇役がめだつモダンジャズ」をブログに再現しました。

尚、本特集は過去にご紹介しておりますが(1917年8月7日投稿)、小生が選んだ映像等を追加してブログを再作成致しました。

全7曲の演奏と竹村氏による「聞き所」を記載しました。

Here is Jutta Hipp With Zoot Sims play “Too Close For Comfort”.
Jerry Lloyd (tp) Zoot Sims (ts) Jutta Hipp (p) Ahmed Abdul-Malik (b) Ed Thigpen (ds)
Rudy Van Gelder Studio, Hackensack, NJ, July 28, 1956
「Zoot Simsが思う存分にブローしています」

Photo by YouTube

ブログ作成者のお気に入りを1曲添付させて頂きました。

Here is Jutta Hipp with Zoot Sims Play“Violets for Your Furs”.

Here is Joe Morello with Art Pepper play “Straight Life.
Art Pepper (as), Gerald Wiggins (p) ,Ben Tucker (b) ,Joe Morello (ds)
United Western Recorders, Los Angeles, CA, January 3, 1957
「絶頂期のArt Pepperによる艶やかな音色 」

Laurie Pepper(アート・ペッパーの未亡人)が管理するHPからの映像を追加しました。

詳細はこちらをご覧ください。➡️こちら

Here is Sarah Vaughan sings “Misty”.
Sarah Vaughan – vocals,Kirk Stuart – piano, vocals on “Misty”,Charles Williams – double bass,George Hughes – drums,Quincy Jones – producer  July 18,1963
「Piano奏者Kirk Stuartの歌唱力をお聞き下さい」

Kirk Stuartの映像を追加しました。

Here is Kirk Stuart sings ”But Not For Me”.

Here is Ella Fitzgerald and Duke Ellington play “It Don’t Mean A Thing If It Ain’t Got That Swing”.July 1966
「Ray Nance(tp)のボーカルが素敵です」

エリントン楽団をバックにRay Nanceが歌っている映像を追加しました。
Here is Ray Nance sings ”It don’t mean a thing”.

Here is Coleman Hawkins Quartet at the Village Gate play ” Josuha Fit the Battle of Jericho”.
Coleman Hawkins (ts), Tommy Flanagan (p), Major Holley (b), Eddie Locke (ds) August 1962
「Major Holleyがアルコソロで大活躍しています」

メジャー・ホーリーの映像を追加しました。
Here is Major Holley Play ”Bass Solo”.

Here is Sonny Rollins and Coleman Hawkins Quintet play “All The Things You Are”.
Coleman Hawkins, Sonny Rollins (ts), Paul Bley (p), Bob Cranshaw (b) ,Roy McCurdy (ds) NYC,July 15, 1963
「後輩の前で頑張っているホーキンスに大拍手」

御大が最高のリズム陣をバックに名曲を演奏した映像を追加します。
Here is Coleman Hawkins Quintet play ”Lover Man”.
Coleman Hawkins(ts) Johnny Guaneri(p) Milt Hinton(b)Barry Galbrath(g)Cozy Cole(ds)

Here is Miles Davis Quintet play “Oleo”.
Miles Davis (tp) ,John Coltrane (ts) ,Wynton Kelly (p) ,Paul Chambers (b), Jimmy Cobb (ds) Paris, France, March 21, 1960
「マイルスから独立したかったコルトレーンが御大を無視するかのような演奏に注目」

今年発売された「The Final Tour:The Bootleg Series,Vol.6」から1曲追加しました。

Here is Miles Davis Quintet play ”So What”.

Gordon Jenkins’ works(2) When a Woman Loves a Man

November 08.2017

Photo above of Gordon Jenkins

“When a Woman Loves a Man” was composed in 1934 by Gordon Jenkins, Bernard Hanighen with lyrics by Johnny Mercer.

It is different from “When a Man Loves a Woman.”

「When a Woman Loves a Man」はGordon Jenkins, Bernard Hanighenによる共同の作曲となっています。(1934年作)

作詞は有名なJohnny Mercerでした。「When a Man Loves a Woman」とよく似た題名です。


Here is Gordon Jenkins and his Orchestra plays “When A Woman Loves A Man”.

Here is Billie Holiday sings “When a woman Loves a man”.

Here is Ella Fitzgerald sings “When a Woman Loves a Man”.

Here is Kay Starr sings “When a woman loves a man”.

Here is Peggy Lee sings “When A Woman Loves A Man”.

Here is Julia Lee and Kansas City’s First Lady Of The Blues sings “When A Woman Loves A Man”.

Here is Art Tatum plays “When A Woman Loves A Man”.

Photo by Discogs

Here is Tony Bennett sings “When A Woman Loves A Man”.

Photo above of Bobby Hackett

Here is Bobby Hackett plays “When A Woman Loves A Man”.

Here is George Shearing plays “When A Woman Loves A Man”.

Photo above of Joe Albany by courtesy of AllabutJazz

Here is Joe Albany plays “When A Woman Loves A Man”.