タグ別アーカイブ: Elvin Jones

第18回例会特集『モダンジャズの巨人をあらためて聴いてみよう(ただし自分流選曲)』

June 07.2019

6月の特集『ベーシストに注目してジャズを楽しむ』を担当されるのは浦谷敏行氏です。

浦谷氏は2016年4月(第18回例会)に特集『モダンジャズの巨人をあらためて聴いてみよう(ただし自分流選曲)』を担当されていました。

今回は3年前の特集で取り上げられた「モダンジャズの巨人」の映像をお楽しみ下さい。

レジュメの序文を転載します。

特集『モダンジャズの巨人をあらためて聴いてみよう(ただし自分流選曲)』

あらためて「モダン・ジャズ・ジャイアンツ」を取り上げた特集を企画してみました。
ただ、あまりにも有名な定番的名演を取り上げても「何を今さら・・・」みたいな感じになるので、個人的にお気に入りの演奏を選んでみました。
ソニー・ロリンズ、マイルス・デイビス、ジョン・コルトレーン、セロニアスモンクを取り上げます。(ナビゲーター浦谷敏行)

Sonny Rollins
50年代ロリンズの歌心あふれる演奏

1. On A Slow Boat To China
Sonny Rollins(ts),Kenny Drew(p),Percy Heath(b) ,Art Blakey(ds)
New York, December 17, 1951

2. It’s All Right With Me
Sonny Rollins(ts),Ray Bryant(p), George Morrow(b), Max Roach(ds)
Hackensack, N.J., December 2, 1955

1968年、デンマークでの演奏を添付します。
Here is Sonny Rollins Quartet play ”Improvising a solo introduction”.
Sonny Rollins(ts),Niels-Henning Ørsted Pedersen(b) ,Albert “Tootie” Heath(ds) Denmark in 1968

Miles Davis
しっとりとしたバラード、そしてあの名曲を電気マイルスがこんな風に料理しました。対 照的な2曲。

3. Something I Dreamed Last Night
Miles Davis (tp),John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds)
Hackensack, NJ., May 11, 1956

4. Round About Midnight
Miles Davis (tp),Wayne Shorter(ts), Chick Corea(p), Dave Holland(b) ,Jack De Johnette(ds)
Jazz Festival, Juan-les-Pins, France, July 25, 1969

昨年YouTubeでアップされた映像を添付します。
Here is Miles Davis Quintet play ”Festiva De Juan Pins 1969”.

John Coltrane
ひとつの頂点に達した Coltrane の演奏。

5. Soul Eyes
John Coltrane (ts) McCoy Tyner (p) Jimmy Garrison (b) Elvin Jones (ds)
Englewood Cliffs, N.J., April 11, 1962

6. Crescent 
John Coltrane (ts) McCoy Tyner (p) Jimmy Garrison (b) Elvin Jones (ds)
Englewood Cliffs, N.J., April 27, 1964

翌年に撮影された映像を添付します。
Here is John Coltrane Quartet play “Naima”.
Belgium in 1965

Thelonious Monk
世評芳しくない後期のモンクも聴いてみましょう。

7.Blue Monk
Thelonious Monk (p)
live in San Francisco, CA, October 20 and 21, 1959.

8. Misterioso 
Thelonious Monk (p) Charlie Rouse(ts) Larry Gales(b) Ben Riley(ds)
Live At The It Club October 31 and November 1, 1964

上記と同じメンバーでの映像を添付します。
Here is Thelonious Monk Quartet play “Lulu’s Back in Town 〜 Don’t Blame Me〜Epistrophy”.
Copenhague in 1966

神戸ジャズ愛好会1月例会(2019年1月)③特集「Riversideレーベルの名演」後半

January 30,2019

1月例会の特集「Riversideレーベルの名演」の後半は小生含め4人が紹介した演奏(計10曲)をお楽しみ下さい。
ディスコグラフィーから興味深い記録を確認致しました。

同じ日(1961年1月27日)に、ニューヨークのスタジオとニューオーリンズのホールで二つのアルバム制作されていました。(時差があるので大した事はないですが)

・M氏
パウエル派のピアニストとして知られるBarry Harrisをご紹介されました。(当日3回目の登場です)
Here is Barry Harris Trio play ”There’s no one but you.”
Barry Harris (p) Joe Benjamin (b) Elvin Jones (d)
New York, December 21, 1960 & January 19, 1961

Here is Barry Harris Trio play ”It’s the talk of the town”.
Members of the recording are the same as above.

Here is Barry Harris Trio play ”What is this thing called love ?”.
Members of the recording are the same as above.

Photo above of Louis Cottrell by Discogs

・F川氏

昔から大好きだったルイス・コトレル(Louis Cottrell)をご紹介されました。

Here is Jim Robinson’s New Orleans Band play ”Yearning”.
Ernie Cagnolatti (tp) Jim Robinson (tb) Louis Cottrell (cl) George Guesnon (bj) Alcide “Slow Drag” Pavageau (b) Alfred Williams (d) Annie Pavageau (vcl)
“Jeunes Amis Hall”, New Orleans, LA, January 30, 1961

Here is Louis Cottrell Trio play ”Down By The Riverside”.
Louis Cottrell (cl) Emanuel Sayles (g,bj) McNeal Breaux (b)
“Hall Of The Societe Des Jeunes Amis”, New Orleans, LA, January 27, 1961

Here is Louis Cottrell Trio play ”You don’t love me”.
Members of the recording are the same as above.
“Hall Of The Societe Des Jeunes Amis”, New Orleans, LA, January 27, 1961

・寺本氏(当日時間が無く省略されました)

「Waltz for Debby」by Cannonball Adderley and Bill Evansをエントリーされていましたが、冒頭で言及しました「1961年1月27日」に録音された作品を添付させて頂きます。

Here is Cannonball Adderley with Bill Evans play “Goodbye”.
Cannonball Adderley (as) Bill Evans (p) Percy Heath (b) Connie Kay (d)
Bell Sound Studios, NYC, January 27, 1961

Here is Milt Jackson & Wes Montgomery Quintet play “S.K.J.”
Milt Jackson (vib) Wynton Kelly (p) Wes Montgomery (g) Sam Jones (b) Philly Joe Jones (d)
New York, December 19, 1961

・平野

Here is Lil Armstrong and Booker T. Washington play “Boogie me”.
Lil Armstrong (p) Booker T. Washington (ds)
Chicago, September 7, 1961
Boogie me

Here is Tadd Dameron and His Orchestra play “Fontainebleau”.
Charlie Shavers,Blue Mitchell, Clark Terry(tp); Jimmy Cleveland, Britt Woodman(tb), Julius Watkins(french horn); Jerry Dodgion, Leo Wright(as,flute);
Johnny Griffin(ts); Jerome Richardson(ts, fl); Tate Houston(bs); Bill Evans(p); Ron Carter(b); Philly Joe Jones(ds); Tadd Dameron(arranger, conductor)
NYC, March 9, 1962
Fontainebleau

神戸ジャズ愛好会11月例会『ドラムの名手達』②        

November 22,2018

前回は、兵庫県西宮市・芦屋市・神戸市・西明石市に在住されている4人がご紹介された演奏をご紹介致しました。

今回は、大阪府茨木市並びに大阪市在住の2人が持参した録音をご紹介致します。

・寺本氏(神戸ジャズ愛好会世話人)

Here is Jo Jones Trio play ”Jive At Five”.
Ray Bryant(p) Tom Bryant(b) Jo Jones(ds)
NYC March, 1959

Here is Tommy Flanagan play “Little Rock”.
Tommy Flanagan(p) Wilbur Little(b) Elvin Jones(ds)
Stockholm Sweden August. 15, 1957

Here is Sonny Rollins Quartet play “Strode Rode”.
Sonny Rollins(ts) Tommy Flanagan(p) Doug Watkins(b) Max Roach(ds)
NJ June 22, 1956

上記 “Strode Rode”については『サキソフォン・コロッサスに押された「怒りの刻印」/ソニー・ロリンズ』が参考になります。FB友人寺井珠重さん(Jazz Club OverSeas奥方)の「ジャズクラブの片隅から…」を添付します。▶︎ こちら

 

・平野
ケニー・クラーク(Kenny Clarke)の演奏を4曲ご紹介しました。

(1)スイング時代の花形セッションに参加しています。
Here is Mildred Bailey sings ”Tennessee fish fry”.
Mildred Bailey (vcl),Roy Eldridge (tp) Jimmy Carroll, Robert Burns (cl,as), Irving Horowitz (b-cl) ,Mitch Miller (oboe,eng-hrn), Eddie Powell (fl) ,Teddy Wilson (p), John Collins (g) ,Pete Peterson (b) ,Kenny Clarke (ds) ,Eddie Sauter (arr)
NYC, May 15, 1940

Tennessee fish fry

Photo by Wikipedia

(2)パリでシドニー・べシェと録音しています。
Here is Sidney Bechet Quartet play ”Out of nowhere”.
Sidney Bechet (sop sax) Charlie Lewis (p) Pierre Michelot (b) Kenny Clarke (ds)
Paris, October 20, 1949(オーディオパーク復刻盤シリーズ Sidney Bechet 1944~1950から)

Out Of Nowhere

(3)アニー・ロスの珍しい録音です。(是非お聞き下さい)
Here is Annie Ross sings “I’m Beginning To Think You Care For Me”.
Annie Ross(vo),Milt Jackson(vib),Blossom Dearie(p), Percy Heath(p), Kenny Clarke(ds)
NYC, April 1, 1952

_I_m Beginning To Think You Care For Me_

上記録音当時アニー・ロスはケニー・クラークと同棲中に授かった子供の養育に悩んでいたそうです。詳細については拙ブログをご覧下さい。▶︎ こちら

(4)最後にケニー・クラークのリーダー作(Klook’s Clique)から大好きな曲を
Here is Kenny Clarke Quintet play ”Play, Fiddle, Play”.
Donald Byrd (tp) John LaPorta (as) Ronnie Ball (p) Wendell Marshall (b) Kenny Clarke (ds)
NYC, February 6, 1956

Play, Fiddle, Play

 

大阪ジャズ同好会第33回例会概要(1)

October 09,2018

大阪ジャズ同好会第33回例会(2018年10月8日)が開催されました。

10月例会の概要については「2.新譜紹介」「4.その他」からご紹介致します。創立メンバーである古川氏による特集「Dick Hyman(p)七変化」並びに「持ち寄り」については明日以降順次ご紹介する予定でございます。

2.新譜紹介(寺本泰規)

photo by courtesy of John Coltrane © Jim Marshall Photography LLC.

(1) John Coltrane[The Lost Sessions] (IMP 00602567492993)より
「Impressions (take3)」 (4:36) (March 6,1963)
John Coltrane(ts) McCoy Tyner(p) Jimmy Garrison(b) Elvin Jones (ds)

Here is John Coltrane Quartet play “Impressions”.

 

(2) Gene Krupa [Gene Krupa Quartet Live 1966] (DT 8010)より
「Big Noise From Winnetka] (7:11) (Nov. 6, 1966)
Gene Krupa(ds) Eddie Shu(ts) Benny Moten(b) Dill Jones(p)
同じ曲を翌年の映像でお楽しみ下さい。鮮明な映像ではありませんが、ベース(Benny Moten)との絡み合いが見ものです。

Here is Gene Krupa Quartet play “Big Noise From Winnetka”.

 

(3) 志水 愛 [Decade] (MS001) より
「Yardbird Suite]」(7:36) (Aug. 28, 2017)
Manami Shimizu(p) Yutaka Hashimoto(g) Tetsuro Aramata(b)Fukushi Tai naka (ds)

JAZZ喫茶 DEAR LORD(大阪ジャズ同好会会場)で開催されたMASAXこと長島雅枝さんと志水愛さんのデュオライブレポート(酒井オーナー記載)を添付しました。
➡️ こちら

志水 愛さんのピアノトリオ演奏(昨年)を添付します。
Here is Manami Shimizu plays at Osaka Mister Kelly’s in 2017.

 

(4) 山中 千尋 [Utopia] (BlueNote UCCJ-9215)より
「La Priere D’une Vierge(乙女の祈り)」(4:16)
「Rhapsody in Blue〜 Strike Up The Band 」(3:25) (Mar〜April, 2018)
Chihiro Yamanaka(p) Yosinori Waki(b) John Davis (ds)

Here is Chihiro Yamanaka plays “La Priere D’une Vierge(乙女の祈り)”.

Here is Chihiro Yamanaka plays “ I Loves You, Porgy”.

4.その他

今回は神戸ジャズサロン主宰者Mさんがジャズのニューウエーブをご紹介されました。
Tigran Hamasyanは東京ジャズ出演後、西宮市でも公演が予定されていましたが台風で公演中止になりました。

Here is Tigran Hamasyan play ”Rays of Light (Official Video)”.

神戸ジャズ愛好会7月例会(1)               

July 18.2018

Photo by Discogs

今月のテーマ『ジャズスタンダード名曲集(第3回)~アーヴィング・バーリン』

寺本氏(愛好家世話人)からの案内メールから名曲をご確認下さい。

作曲家シリーズの第3弾です。(例)「Alexander’s Ragtime Band」「Always」「Blue Skies」「CHeek To Cheek」「Heat Wave」「How Deep Is The Ocean」「I’ve Got My Love To Keep Me Warm」「Let’s Face the Music and Dance」「Marie」「Puttin’ on The Ritz」「Russian Lullaby」「There’s No Business Like Show Business」「They Say It’s Wonderful」「This Year’s Kisses」「Top Hat」etc.

・Y瀬氏
1.「AIL By Myself」
Jimmy Rushing with Dave Brubeck Quartet(1960)から
バーリン33歳の1921年にレビュー用に書いた曲。あまりヒットしなかったそうですが、ポッ プスのボビー ダーリンがいい味を出している盤もあります。
Here is Dave Brubeck Quartet, Jimmy Rushing sings ”All By Myself”.

2.「The Song is Ended」
Gerry Mulligan With strings(1955)
1950年代中期以降、エラの歌やピーターソンのピアノ、そしてナット・コール、シナトラた ちの歌も残されていますが、ここでは野太いマリガンサウンドに弦を添わせて。
申し訳ないですが音源が提供出来ません。

3.「Soft Lights & Sweet Music」
Gerry Mulligan & Scott Hamilton(1986)から
パーシー・フェイスやメラクリーノ・ストリングスやコルトレーンやレイ・チャー ルスの歌もあるようですが、マリガンとハミルトンの2管でしっとりと。
Here is Scott Hamilton & Gerry Mulligan play ”Soft Lights & Sweet Music”.
最初の曲だけで終了して下さい。(Full Albumでアップされています)

4.「White Christmas」
Tony Bennett(1998)から
真夏の白雪。場違いも極まった感じですが、バーリンのディスコグラフィーには欠かせない 1曲かと…。
Here is Tony Bennett sings ”White Christmas”.

 

・I谷氏

7666ecf3-s
1. 「Russian Lullaby」
Vladimir Shafranov Trio(2003)から
Vladimir Shafranov(p) Pekka Sarmanto(b) Jukkis lotila(ds)
Here is Vladimir Shafranov Trio play “Russian Lullaby”.

2.「Cheek to Cheek」
Janet Seidel「Little Jazz Bird」(1992)から
Janet Seidel(vo) lan Date(g) Tom Baker(ts) Bobby Gabert(p) David Seidel(b)
John Morrison(ds)

著作権の関係でSpotifyでの音源提供となります。
https://open.spotify.com/embed/user/21cqwjk7qrbjr6hmzbtlzpwyi/playlist/5ttspr9qU4INdJs1TMiqpK

3.「They say it’s wonderful」
John Coltrane & Johnny Hartman(1963)から
Johnny Hartman(vo) John Coltrane(ts) McCoy Tyner(p)Jimmy Garrison(b) Elvin Jones(ds)
Here is John Coltrane & Johnny Hartman play “They Say It’s Wonderful”.

・T川氏
1. 「I’ve Last Hart In Dixieland」
Original Dixieland Jazz Band(LP SH220)から
Here is Original Dixieland Jazz Band play “I Lost My Heart In Dixie Land” .

2.「When I Leave The World Behind」
Chris Tylis Silver Leaf Jazz Band (stom off 1258)から
音源がありませんでした。代わりにT川さんがよくご存知の木村陽一さんのボーカルでお楽しみください下さい。
Here is Yo Kimura and New Orleans 4T’s play “When I Leave The World Behind “.

3.「Easter Parade」
Acker Bilk (Reprise R-6031)から
Here is Acker Bilk play ”Easter Parade”.

4.「White Christmas」
Chris Barber’s Jazzmen(Lake LACD 222)から
Here is Chris Barber’s Jazz Band play ”White Christmas”.

・F川氏
「Russian Lullaby」
Vic Dickenson Showcaseから
Here is Vic Dickenson Septet play ”Russian Lullaby”.
Vic Dickenson(tb) Edmond Hall(cl) Ruby Braff(tp) Steve Jordan(g) Walter Page(b)
Sir Charles Thompson(p) Les Erskine(ds)

・K田氏
1.「There’s No Business Like Show Business」
Sonny Rollins「Work Time」から
Sonny Rollins(ts) Ray Bryant(p) George Morrow(b) Max Roach(ds)
Here is Sonny Rollins play “There’s no business like show business”.

2.「Always」
Harry Nilsson「A touch more SCHMILSSON in the night」から
Here is Harry Nilsson with Gordon Jenkins(arr&condct) sings “Always”.

3.「Supper Time」
Nancy Wilson「Just One of Those Things」から
Here is Nancy Wilson sings “Suppertime”.
Nancy Wilson(vo) Hank Jones(p) Ron Carter(b) Gino Bertachini(g) Grady Tate(ds)

4.「The Song ls Ended」
Nat King Cole with Billy May Orchestra から
Here is Nat King Cole sings “The Song Is Ended”.

Bobby Jaspar(4)

August 11. 2017

Bobby Jaspar had belonged to the J. J. Johnson Quintet for 15 months.

Two days after recording the “Dial J.J. 5”, they had the performance at “Cafe Bohemia in NY”.

Their performance was released as “Jay Jay Johnson 5 Live at Cafe Bohemia 1957”.

Also Bobby Jaspar was a very good Jazz composer as well, giving top creations to the musicians of the time.

“In a Little Provincial Town” of his composition was included in this live performance.

Photo above of Claes Dahlgren by courtesy of Averages Radio

When J.J. Johnson lost his cabaret card – the New York musician’s indispensable passport to employment, J.J. Johnson Quintet had the European tour.

The tour was planed by Claes Dahlgren who was the Swedish jazz journalist.

Interestingly Claes Dahlgren was involved in the recording of ”Overseas”.

Because he was deeply connected with the Metronome label in Sweden at that time.

Please refer to here for “the European tour” and “Overseas”. Go here and here.

After 15 months with Johnson, Jaspar has a brief stint with Miles Davis in between Sonny Rollins and John Coltrane.

Also  Bobby Jaspar had recorded on Savoy label and Prestige labe in March 1957.

Bobby JasparはJ. J. Johnsonのグループに15ヶ月間所属していました。
グループは「Dial J.J.5」を録音した2日後にNYのライブハウスCafe Bohemia で演奏していました。この時の演奏は「Jay Jay Johnson 5 Live at Cafe Bohemia 1957」として発売されています。
又、Bobby Jasparは作曲家としても非凡な才能を持っており、その当時のジャズミュージシャンに優れた楽曲を提供していました。
彼が作曲した「In a Little Provincial Town」はライブ盤に収録されています。
その後、J.J. Johnson が「Cabaret card(NYで演奏するために必要な許可証) 」を剥奪された時、J.J. Johnson クインテットはヨーロッパ巡業を行いました。
この巡業はスウェーデンのジャズジャーナリストであったClaes Dahlgrenが企画したものでした。
興味深いことにClaes Dahlgrenが「Overseas(Tommy Flanaganの名盤)」の レコーディングに関わっていたことです。
その理由として、当時Claes DahlgrenがスウェーデンのMetronome社と深く関わっていたからだと言われています。
「ヨーロッパ巡業」と「Overseas(Tommy Flanaganの名盤)」については、今週投稿の契機となったJazz Club Over SeasのBlog(INTERLUDE)をご覧ください。
こちら ここをクリックして下さい。
Miles DavisはJ. J. Johnsonグループを脱退したBobby JasparをSonny RollinsとJohn Coltraneとの間のテナー奏者と参加させました。
1957年3月以降、Bobby JasparはSavoy社並びにPrestige社にレコーデイングしています。

Here is Bobby Jaspar plays “In A Little Provincial Town”.
Bobby Jaspar(fl),Eddie Costa(p), Barry Galbraith(p), Milt Hinton(b),Osie Johnson(ds) New York, 1956

Here is J.J.Johnson Quintet in Sweden play “Thou Swell”.
J.J.Johnson (tb,trombonium),Bobby Jaspar (ts,fl),Tommy Flanagan (p),Wilbur Little (b), Elvin Jones (ds)  Stockholm, June 14,1957

Here is J.J.Johnson Quintet in Sweden play “A Night In Tunisia”.
Members of the recording are the same as above.

Here is The J.J. Johnson Quintet ‎play Live At Cafe’ Bohemia ( Full Album )

J.J. Johnson(tb) ,Tommy Flanagan(p), Wilbur Little(b),Elvin Jones(ds),Bobby Jaspar(ts,fl)  February 27, 1957 – Café Bohemia, New York
1 Introduction By J.J.Johnson – Bernie’s Tune
2 In A Little Provincial Town
3 I Should Care
4 Angel Eyes
5 Old Devil Moon
6 My Old Flame
7 Dailie Double – Solar

 

Bobby Jaspar(3)

August 10. 2017

In April 1956, Bobby Jaspar moved to the US.

Despite he recognized as a proficient saxophonist in Europe, he was practically unknown in US.

Fortunately J.J. Johnson engaged Bobby for his newly formed quintet.

The other members were Hank Jones and Percy Heath and Elvin Jones.

They recorded “J Is For Jazz” on Columbia label.

Next he joined Hank Jones Quartet at Savoy label, which was produced by Ozzie Cadena.

Photo above of Ozzie Cadena

Then he recorded two tracks “Barrys Tune” and  “Minor Drop” with  for the French Columbia,

and two tracks were released as 7-inch “Bobby Jaspar Quintet” (ESDF 1142).

He respected Lester Young, but always keeping his original creative talent for lyricism.

So he won Down Beats critics poll award in the New Star Tenor Sax category during the summer of 1956.

今日はBobby Jasparが渡米し「Dial J. J. 5」がレコーデングされるまでの3枚のアルバムについて調べてみました。
1956年4月、Bobby Jasparはアメリカで音楽活動を開始しました。
その当時サックス奏者としてヨーロッパでは自他共に認められていたにも拘らず、アメリカでは一部の演奏家以外は彼の名はほとんど知らなかったそうです。
運よくJ.J. Johnsonが新グループを結成した時にBobbyはJ.J. に雇われました。
彼以外のメンバーはHank Jones, Percy Heath, Elvin Jonesでした。
J.J. JohnsonはColumbiaレコードに「J Is For Jazz」をレコーディングしました。
次にOzzie Cadena率いるSavoyレコードが製作した「Hank Jones Quartet」に参加しました。
その後、フランスColumbiaの独自の企画として「Barrys Tune」と「Minor Drop」の2曲がレコーディングされました。この2曲は7インチ盤「Bobby Jaspar Quintet」(ESDF 1142)として発売されました。
彼はサックス奏者としてLester Youngを尊敬しつつ、彼独自のオリジナリティを意識した演奏を心がけていました。
そういった活躍が評価された結果、同年の「Down Beats批評家投票(テナーサックス部門)」で新人賞に選ばれています。

Here is J.J. Johnson Quintet play “Undecided”.

J.J. Johnson (tb), Bobby Jaspar (ts, fl), Hank Jones (p), Percy Heath (b), Elvin Jones (ds) NYC on July 24, 1956

Here is J.J Johnson Quintet play “Angel Eyes”.

Members of the recording are the same as above.

Here is Hank Jones Quartet  play Moonlight Becomes You”.

Bobby Jaspar (ts, fl), Hank Jones (p) ,Paul Chambers (b), Kenny Clarke (ds)

NYC, August 21, 1956

Here is Hank Jones Quartet  play “Relaxin’ At Camarillo”.

Members of the recording are the same as above.

Here is Bobby Jaspar Quintet “Barry’s Tune”.

Bobby Jaspar(ts,fl),Eddie Costa(p),Barry Galbraith(g),Milt Hinton(b),Osie Johnson(ds) New York, 1956

Here is Bobby Jaspar Quintet play “Minor Drop”.

Members of the recording are the same as above.