タグ別アーカイブ: Eric Dixon

大阪ジャズ同好会2020年8月例会概要①特集「真夏の午後のジャズ」解説 久保田和文氏

August 10,2020

昨日、下記感染対策を実施し大阪ジャズ同好会8月例会を開催しました。

1.例会中は飲食中以外はマスク着用(持ち寄りの発表時もマスク着用)
2.参加者人数は「3密」を避ける意味からも先着15名
3.左右の窓を定期的に開放し換気を行いました。(開催場所はビル4階)
参加は15人(初参加3人)でした。

特集は久保田和文氏の解説で「放送用に録画された映像」で楽しみました。
本例会で映像による特集は初めての企画で、映像機器をご用意頂いたジャズ喫茶DEAR LORDさんに感謝申し上げます。以下、久保田氏が配付されたレジュメを編集せず添付致します。

真夏の夜のジャズという有名なドキュメンタリー映画がありますが、映像を見ながら音楽を楽しむことは、感動を倍加させると思います。過去にヨーロッパで撮影されたジャズ映像(主にTV用)を見ていきたい思います。

1.Count Basie Live In Sweden 1962 「Easin’ It」
Count Basie(p) Marshal Royal(as) Frank Wess,Eric Dixon, Frank Foster(ts) Charlie Fowlkes(bs), Al Aarons, Sonny Cohn,Thad Jones, Snooky Young(tp), Henry Coker Quentin Jackson, Benny Powell(tb) Freddie Green(b), Eddie Jones(b), Sonny Payne (ds)

最初のソニー・ヘインのドラムプレイに注目してください
これは映像でしか伝わらないプレイなのでベイシー楽団が楽しんでプレイしているのが見てよく分かります。

2. Anita O’ Day Live In Sweden 1963 「Honeysuckle Rose」
Anita O’Day(vo), Göran Engdahl(p), Roman Dylag(b) ,John Poole(ds)

アニタ・オデイの天衣無縫なボーカルが楽しめます
ドラムは旦那でピアノとベースは現地のミュージシャンみたいです
名前の知らないベース奏者のビートかいいです

3. Dave Brubeck Live In Belgium 1964 「Three To Get Ready」
Dave Brubeck(p), Paul Desmond(as), Eugene Wright(b), Joe Morelo (ds)

ベルギーのテレビ局でのスタジオ演奏です
テイクファイブも収録されているのですが、今回は別の曲にしました。
全員がリラックスして演奏しているのが良く分かる映像です。

4. Sara Vaughan Live In Sweden 1967 「The Shadow Of Your Smile 」
Sara Vaughan(vo),Bob James(p), Herbie Mckman(b), Omar Clay(ds)

鳥肌もののボーカル、このコンサートをライブで 観たかった。
ヒアノはボブ・ジェームスです。

5. Wes Montgomery Live In Belgium 1965 「Jingies」
Wes Montgomery (g), Arthur Harper(b), Harold Mabern(p), Jimmy Lovelace(ds)

飛行機恐怖症のウェスがベルギーのテレビ局 「JAZZ PRISMA」でのスタジオ演奏です
ウェスの親指で弾いているのが良く分かる映像です。
他にもイギリス・ドイツ・オランダの映像が残されています。

6. Stan Getz Live at London 1966「O Grande Amor」
Stan Getz(ts),Gary Burton (vib), Steve Swallow(b),Roy Haynes(ds)

イギリスBBC放送Jazz Goes To College-66
スティーブ・スワローのペースをフューチャーした曲

7.Art Farmer Live In England 1964 「Petite Belle」
Art Farmer(fog),Jim Hall(g), Steve Swallow(b),Pete La Roca(ds)

イギリスBBC放送Jazz 625
アート・ファーマーのフリューゲルホルンでの抒情性に溢れたソロ
ジム・ホールの繊細なソロがいい

8. Bill Evans In Helsinki 1970 「Nardis」
Bill Evans(p), Eddie Gomez(b), Marty Morell(ds)

フィンランドを訪れたエヴァンスのトリオが、同国を代表するオペラの作曲家イルカ・クーシストの自宅居間で行ったプライベート・ライブ
何回観てもエディ・ゴメスのベースソロはすごい

9.Phil Woods’ European Rhythm Machine Molde Jazz Festival 「Flowers」
Phil Woods(as),Gordon Beck(p,) Henry Texler(b),Danel Humair(ds)

ノルウェーの名門ジャズ・フェスティバル「モルデ・ジャズ」に出演 した時の映像
ゴードン・ベックの流麗なピアノソロ、アンリ・テキシェの重厚なベースソロ
最近のライブ映像とは温度差がありすぎます。

最後にジャズの映像は普通にテレビて見ても感動は得られない。 大きい画面で良いオーディオ装置で観ると感動も倍増します。

神戸ジャズ愛好会3月例会(2019年3月21日) ② 特集「あなたの好きなカウント・ベイシー」

March 26,2019

3月例会の特集「あなたの好きなカウント・ベイシー」について、今回は4人の会員がご紹介された演奏(計15曲)をお楽しみ下さい。

・F川氏
『Count Basie & His Orchestra with Artie Shaw,jimmy Rushing,Thelma Carpenter』から4曲紹介されました。記載はソロ演奏者のみに致しました。

Here is Count Basie and His Orchestra with Artie Shaw play “Lady be Good”.
Artie Shaw (cl)
AFRS “Jubilee #96” show, Los Angeles, CA, September 11, 1944

Here is Count Basie and His Orchestra play “Basie Boogie”.
Count Basie (p)

Here is Count Basie and His Orchestra play “Avenue C”.
Count Basie (p)Dicky Wells (tb)Buddy Tate(as),Harry Edison, Lester Young (ts)

Here is Count Basie and His Orchestra play “Every tub”.
Lester Young (ts) Count Basie (p) Harry Edison(tp), Count Basie (p)Harshall Evans(ts),Harry Edison(tp),Lester Young (ts)
NYC, 1938

・Y瀬氏(以下、当日のレジュメを編集せず転載致しました)

ゲテ物食いにふさわしく、本流ではない所で「ペイシー」を手探りしてみました。まず、ベイシ 一楽団歴代名手によるソロパートのヴォーカル化に挑戦したというグループLH&R(デイブ・ランバート、ジョン・ヘンドリックス、アニー・ロス)と、同楽団1958年に共演した「SING ALONG WITH BASIE」から2曲。
1. 「JUMPIN’ AT THE WOODSIDE」(1938年デッカセッションのレスターts、Eウォーレンsを男声、Bクレイトンtpを女声で)
2. 「TICKLE TOE」(1940年レスター作曲。男声がレスターts、女声がHエディソンtpのパートを)
続いては1960年初頭からポップス界の寵児となったビートルズの曲ばかりを演奏した1966年の「Basie’s Beatle Bag」から2曲。
3. 「MICHELLE」(ビートルズ代表曲のひとつをフルバンドで)
4.「YESTERDAY」(ベイシーのオルガンでビル・ヘンダーソンが歌いあげます)

Here is Count Basie And His Orchestra with LH&R play “Jumping’ AtThe Woodside”.
Count Basie(p,dir) Jon Hendricks (vcl,arr) Dave Lambert (vcl) Annie Ross (vcl)
New York, May 26, 1958

Here is Count Basie And His Orchestra with LH&R play ”Tickle toe”.
Members of the recording are the same as above.

Here is Count Basie and His Orchestra play “Michelle”.
Chico O’Farrill (arr) Los Angeles, May 3, 4 & 5, 1966

Here is Count Basie and His Orchestra with Bill Henderson play “Yesterday”.
Bill Henderson (vcl)  Los Angeles, May 3, 4 & 5, 1966

・M岡氏

Here is Count Basie and His Orchestra play “Basie Power”.
Paul Cohen, Sonny Cohn, Pete Minger, Waymon Reed, (tp) Al Grey, Frank Hooks, Melvin Wanzo,Bill Hughes(tb), Curtis Peagler, Bobby Plater(as, fl), Jimmy Forrest(ts),Eric Dixon(ts.fl), John C. Williams(bs), Count Basie(p), Freddie Green(g), Norman Keenan(b),Harold Jones(ds)
“Civic Auditorium”, Santa Monica, CA, June 2, 1972

Here is Count Basie and His Orchestra play “The Meetin’ “.
Members of the recording are the same as above.

Here is Count Basie and His Orchestra play “Blues In Hoss’s Flat”.
Members of the recording are the same as above.

・M渡氏

Here is Count Basie and His Orchestra with Joe Williams play “Confessin’ the blues”.

Sonny Cohn, Snooky Young, Joe Newman (tp) Thad Jones (tp,arr) Al Grey, Henry Coker, Benny Powell (tb) Marshal Royal (cl,as) Frank Wess (as,ts,fl,arr) Frank Foster (ts,arr) Billy Mitchell (ts) Charlie Fowlkes (bar) Count Basie (p,arr) Freddie Green (g,arr) Eddie Jones (b) Sonny Payne (d) Joe Williams (vcl)
Chicago,Augus 24,25,1960

Here is Count Basie and His Orchestra with Joe Williams play “Mean old world”.
Members of the recording are the same as above.

Here is Count Basie and His Orchestra with Joe Williams play “Keep your hand on your heart”.
Members of the recording are the same as above.

Here is Count Basie And His Orchestra with Joe Williams play ”Every Day I Have The Blues”.
Wendell Culley, Thad Jones, Joe Newman, Snooky Young (tp) Bill Hughes,Henry Coker, Al Grey, Benny Powell (tb) Marshal Royal (cl,as) Frank Wess (as,ts,fl) Frank Foster, Billy Mitchell (ts) Charlie Fowlkes (bar) Count Basie (p) Freddie Green (g) Eddie Jones (b) Sonny Payne (d) Joe Williams (vcl)
Chicago, Ill, September 24-25, 1959

神戸ジャズ愛好会3月例会(2019年3月21日)①「映像コーナー」「持ち寄りコーナー」

March 25,2019

3月例会には18人の会員が参加されました。3月例会の概要については「映像コーナー」「持ち寄りコーナー」からご紹介致します。

映像コーナー(以下、寺本世話人のコメントを編集せず転載致しました)

非常にレアなグラント・グリーン(1935年6月6日~1979年1月31日)の映像をお送りしたいと思いま す。この映像は最近発掘された「Grant Green / Funk In France」(Resonance HCD-2033)の1枚目のCDで1~5の演奏と同一です。彼としては中期の演奏になるものですが、funk色よりもJazz色の方 が強い演奏となっています。
Grant Greeen(g) Larry Ridley(b) Don Lamond(ds) Oct, 26, 1969 (La Maison de la radio, studio 104 in Paris)

Here is Grant Green Trio play “I Don’t Want Nobody To Give Me Nothing”〜“Oleo”〜“How Insensitive”〜“Untitled Blues”〜“Sonnymoon For Two”.

・K氏
「あなたの好きなカウント・ベイシー(今月のテーマ)』ということで、DVD映像を持参されました。
当日は2曲「Easin’ It」「Corner Pocket」を紹介されましたが、添付の34分の映像をお楽しみ下さい。最後のドラムソロは必見です。

Here is Count Basie and His Orchestra Live in Sweden 1962. “
Count Basie(p,dir) Al Aarons , Sonny Cohn , Thad Jones , Snooky Young (tp), Henry Coker,Quentin Jackson , Benny Powell (tb) Marshall Royal (as), Frank Wess, Eric Dixon, Frank Foster (ts), Charlie Fowlkes (bs), Freddie Green (g), Eddie Jones (b), Sonny Payne (ds)

本DVDの詳細についてHPをご覧下さい。こちら ▶️

Photo by Discogs

「持ち寄りコーナー」
・S氏(今回もお気に入りのライオネル・ハンプトンの名演をご紹介されました)

Here is Lionel Hampton Quintet play “Flying home”.
Lionel Hampton (vib) Buddy DeFranco (cl) Oscar Peterson (p) Ray Brown (b) Buddy Rich (d)
New York, April 13, 1954

「The Lionel Hampton Story 1908-2002」を下記に添付致しました。お時間あればご覧下さい。

こちら ▶️