タグ別アーカイブ: Eric Dolphy

大阪ジャズ同好会第37回例会(2019年6月9日) 持ち寄り『1960年代のジャズ』③

June 13,2019

Photo by courtesy of JAZZIZ Magazine and Punterest

6月例会参加者持ち寄り『1960年代のジャズ』の最終回です。今回は寺本世話人と平野の選曲を紹介します。

・寺本氏
「Eric Dolphy & Booker Little Quintet at the Five Spot Cafe」

Here is Eric Dolphy & Booker Little Quintet play “Fire Waltz”.
Eric Dolphy (as), Booker Little(tp),Mal Waldron(p), Richard Davis(b), Ed Blackwell(ds) NewYork The Five Spot Cafe July 16, 1961

僭越ですが、ブログ作成者からエリック・ドルフィーのアルトソロ演奏を1曲追加させて頂きました。

Here is Eric Dolphy plays ”Tenderly”.
Eric Dolphy (as-Solo Performance)
Englewood Cliffs, N.J., December 21, 1960

・平野
1960年代のジャズを三つの切り口から選曲しました。
1.「フリージャズ」
Here is Ornette Coleman Quqrtet ”Embraceable You”.
Ornette Coleman(as),Don Cherry(cornet),Charlie Haden(b),Ed Blackwell(ds)
NYC July 26, 1960 NYC

神戸ジャズ愛好会(5月例会)でも”Embraceable You”を選曲していました。

2.「ビートルズ旋風」
当日は ”Ella sings Can’t Buy Me Love ”をご紹介致しましたが、本ブログでは二つの映像を添付しました。

Here is Ella Fitzgerald sings “A Hard Days Night”.
Live in Copenhagen 1965

Here is Ella Fitzgerald sings “Hey Jude”,
Montreux Jazz Festival, 1969

3.「ハードバップリバイバル」
Here is Dexter Gordon Quartet play “For all we know”.
Dexter Gordon (ts) Kenny Drew (p) Niels-Henning Orsted Pedersen (b) Albert “Tootie” Heath (ds)
“Jazzhus Montmartre” CopenhagenJuly 20, 1967

上記録音の様子をマシュマロレコードの上不三雄氏が記載しています。

こちら ▶️

下記のマシュマロレコードHPもご覧下さい。

こちら ▶️

Photo by Discogs

Photo by Wikipedia

上記録音の翌月に収録された映像を追加添付します。
Here is Dexter Gordon Quartet ”concert, Denmark, 1967 Aug. 5”

神戸ジャズ愛好会5月例会①「映像コーナー」

May 27,2019

5月例会には19人が参加されました。例会の概要については「映像コーナー」からご紹介致します。

Photo by BlueNote .com

Here is Jimmy Smith Live at Salle Pleyel 1969(K氏提供)
過日開催された「オルガン特集」において、時間がなく改めてご紹介頂きました。
Jimmy Smith(org), Charlie Crosby(ds),Eddie Mc Fadden(g)
December 1, 1969 – Salle Pleyel, Paris
当日は「Satin Doll」だけの紹介でしたが、添付のYouTubeでは映像全篇(1時間24分)が楽しめます。

Photo above of Eric Dolphy by courtesy of All Music

Here is Eric Dolphy in Stockholm, September 5, 1961 (寺本世話人提供)
Eric Dolphy(fl, as,basscl), Idrees Sulieman(tp), Rune Owferman(p),Jimmy Woode(b),Sture Kallin(ds)

1. Left Alone(5:23)
2. Miss Ann(4:25)
3. Serene(7:49)
4. God Bless the Child(5:23)
5. G.W.(6:14)

神戸ジャズ愛好会1月例会(2019年1月)①

January 28,2019

1月例会の概要については「映像コーナー」「持ち寄りコーナー 」「その他」からご紹介致します。
特集「Riversideレーベルの名演」については明日以降に投稿する予定でございます。

・映像コーナー」
『モダンジャズメンの群像』 寺本泰規氏(世話人)解説

当日ご紹介された映像については詳細をお伝え出来ない事をご了解下さい。
それ故、昨日紹介された演奏者によるYouTube映像をお楽しみ下さい。

Here is Zoot Sims plays at San Remo ’83

Here is Zoot Sims Quartet Live at Donte’s, LA, 1970

Here is Kenny Dorham Live at the Golden Circle

Here is Eric Dolphy in Stockholm, September 5, 1961 (TV Broadcast)

Here is Stan Getz, Lou Levy & Ray Brown Live – Italy

Here is Chet Baker live at Rome 1956

Here is Nice jazz festival 2018 – Randy Weston

・持ち寄りコーナー(Y瀬氏)
以下、レジュメを転載します。

進駐軍EP、国連LPを初めて知りました。昭和20(1945)年から7年間、米・英兵を中心として日本を統治した連合国軍のPX(購買部=大阪では心斎橋そごう)だけで売られたコロムビアのEP(全4曲)から3曲。さらに1 970年の千里万博の際に企画された8インチLPの「国連レコード =日本の旅情(全6曲) 」から1曲をお聴きください。
1.「JAPANESE RUMBA」(ノーメン西本&ジョージ島袋の2世コンビ)
2. 「GOMEN NASA」(リチャード・パワーズ)
3.「SOBA SIC」(美空ひばり)
4.「さくら さくら」(イブ・モンタン)

Here is JAPANESE RUMBA”.

Here is “GOMEN NASAI”

Here isSOBA SIC”.

Here isさくら さくら”.

・その他
I氏が例会開催前日に亡くなった Michel Legrandを追悼した曲(Phil Woodsとの共演盤)をご紹介されました。

ライブでの共演映像を添付致しました。

Here is Michel Legrand & Phil Woods play ”You Must Believe In Spring” at 2001 Montreal.

Photo above of Michel Legrand and Yves Montand by courtesy of Michel Legrand’s official site

 

Alan Douglas produced “Money Jungle” in 1962

April 25.2018

Photo by The New Yorker

United Artists Records recruited Alan Douglas in 1962 to run its new jazz department.

In 1962 he produced the world a number of notable records “Money Jungle” .

デューク・エリントン(Duke” Ellington)の誕生日(4/29)に因んでFM放送で「マネー・ジャングル(Money Jungle)」が放送されていました。

Here is Duke Ellington/Charles Mingus/Max Roach play “Money Jungle”.
Duke Ellington (p) Charles Mingus (b) Max Roach (d)
New York, September 17, 1962

マネー・ジャングル(Money Jungle)

Photo above of Alan Douglas by courtesy of amass

今回は「マネー・ジャングル(Money Jungle)」を製作したアラン・ダグラス(Alan Douglas)について調べてみました。

1958年、ユナイテッド・アーティスツ・レコードは映画のサウンドトラックを配給するために設立されました。

1962年、同社がジャズレコード部門を開始するためアラン・ダグラスにレコード製作を委ねました。

彼がUnited Artistsで製作した所謂「アラン・ダグラス・ コレクション」についてはアルバム写真をご覧下さい。

Here is Bill Evans and Jim Hall play “Skating in Central Park “.
New York, May 14, 1962

 Skating In Central Park

United Artists社を退社後はJimi Hendrixの作品に携わっています。小生の守備範囲外ですので詳しい方のブログ等を参照して下さい。

Photo by CNN.com

Live: Isle of Wight ’70 – Jimi Hendrix (1971)
Crash Landing – Jimi Hendrix (1975)
Midnight Lightning – Jimi Hendrix (1975)
Nine to the Universe – Jimi Hendrix (1980)
Jimi Plays Monterey – Jimi Hendrix (1986)
Live at Winterland – Jimi Hendrix (1987)
Blues – Jimi Hendrix (1994)

後年、ジャズ関係としてはEric Dolphyのアルバムを2枚製作しています。

私が大好きな「Jitterbug Waltz」(ファッツ・ウォーラー作曲)をお聞き下さい。

Here is Eric Dolphy Quintet play “Jitterbug waltz”.
Woody Shaw (tp) Eric Dolphy (fl) Bobby Hutcherson (vib) Eddie Khan (b) J.C. Moses (d)
New York, July 3, 1963

Jitterbug Waltz

Melba Liston(2)

June 14.2017

Photo courtesy by Black Kudos

Melba Liston was born in Kansas City on January 13, 1926.

At the age of six, she heard Fats Waller on the radio and felt the deepest emotion.

Then she became to hum his songs.

Fats Waller

Photo above of Fats Waller by All About Jazz

 

When she was seven years old, Melba selected the trombone as her instrument of choice as part of her elementary school’s new music program.

Melba reminisced about look back on her childhood,

“just beautiful, standing up in the shop window like a mannequin, and I was just mesmerized by it… it just did something to me.”

But she was told that the trombone was difficult to master.

Melba began to teach herself to play by ear.

After a year later, she was good enough to play a solo on a local radio station.

In 1936 her family moved to Los Angeles.

Fortunately she studied with a woman named Alma Hightower.

Please refer to about Alma Hightower.Go here

She studied with Hightower for a few years but by the time she reached the age of sixteen.

Photo above of Dexter Gordon by courtesy of OKMusic

So she decided to become a professional musician and joined the musicians union.

Also She became friends with the saxophonist Dexter Gordon and the multi-instrumentalist Eric Dolphy in McKinley Junior High School.

Photo above of Eric Dolphy by courtesy of All Music

Melba Listonは1926年1月13日にカンザスシティで生まれました。
6歳の時にラジオから聞こえてくるFats Wallerの歌声に感動し、Fatsの歌を口ずさむようになったそうです。
小学校に入学し音楽授業の楽器としてトロンボーンを選びました。
後年、トロンボーンと出会った時の事を回想しています。
「お店の窓から見たその楽器は美しくマネキンのように立てられていました。私はその立姿に魅了されました。」
トロンボーンは楽器として難しい楽器ですよと言われましたが、自分の耳だけを頼りに独学で楽器を学びました。1年後には地元のラジオ局でソロを演奏できるぐらいに上達したそうです。
1936年、彼女は家族と共にはLos Angelesに移りました。
幸いなことに、Alma Hightowerという有名な女性音楽家に師事することになりました。
Alma Hightowerについてはこちらをクリックして下さい。
彼女はHightower先生に数年間学びました。
又、その当時に通学していたMcKinley Junior High SchoolではDexter Gordon やthe  Eric Dolphy とは友人になっていました。

Here is Melba Liston and her Bones play “Insomnia”.
Melba Liston, Frank Rehak(tb),
Marty Flax(bs),Walter Davis Jr(p), Nelson Boyd(b),Charlie Persip(ds) NYC June 1956

The biographies of “Bass clarinet” heroes(4)

April 30.2017

Photo courtesy by livoon

The contribution of Eric Dolphy in bass clarinet is immeasurable.

James Carter,who is one of the most admired saxophonists of his generation, is is talking about Eric Dolphy.

Photo above of James Carter by courtesy of Discogs

“For me, hearing Dolphy play the bass clarinet on ‘God Bless the Child,’” Carter says, “was as potent as hearing Coleman Hawkins play the tenor saxophone on ‘Body and Soul.’”

Just as Hawkins’ 1939 solo launched hundreds of tenor sax careers, Dolphy’s 1961 solo has launched, well, not hundreds but dozens of bass clarinet careers.

He featured the bass clarinet on a repeatedly recorded tour-de-force solo version of ‘God Bless the Child.’

John Surman also played bass clarinet.

Unfortunately I do not have materials to post about him.

In addition among the noted players picking up the instrument are Don Byron, Louis Sclavis, Marty Ehrlich, Mark Turner and Chris Potter.

photo above of Louis Sclavis
by courtesy of Alchelton

Eric Dolphy のベース・クラリネットへの貢献は計り知れません。
James CarterはEric Dolphy について次のように語っています。

「Eric Dolphyによる「God Bless the Child」のベースクラリネットソロを聞いた時「Coleman Hawkinsによる「Body and Soul」のテナー・サクソフォンソロと同等の力強さを感じた」

Coleman Hawkinsの1939年のソロ(Body and Soul)によってジャズにおけるテナーサックスが確立されたのと同様に、Dolphyの1961年のソロはジャズにおけるベースクラリネットの地位を確立した。
Eric Dolphy は”Tour-de-force” という曲でベースクラリネットソロを何度も録音しました。
John Surmanについては私はあまり詳しくありません。
現在、この楽器においてはDon Byron, Louis Sclavis, Marty Ehrlich, Mark Turner and Chris Potterらが注目の奏者です。

Here is Eric Dolphy plays “Take the A Train”.

Here is Todd Marcus Quartet with Don Byron play “Epistrophy”.

The Jazz Workshop(1)

February 06.2017

fullsizeoutput_893

Last week I posted about Jazz Workshop in early 1950s, in Boston.

Also I posted about RCA Jazz Workshop recording series in the past.

Go here and herehere  and here

This week I would like to post about about other Jazz Workshops with naming like Jazz Workshop.

Charlie Mingus often worked with a mid-sized ensemble (around 8–10 members) of rotating musicians known as the Jazz Workshop.

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

In 1959 Mingus and the Jazz Workshop musicians recorded one of his best-known albums, “Mingus Ah Um”.

This album included a famous “Fables of Faubus”.

Then it was recorded on “Charles Mingus Presents Charles Mingus” for the Candid label produced by Nat Hentoff in 1960.

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-1

Mingus’s great theme was freedom.

Ultimately the Jazz Workshop aimed “Organized chaos”.「組織化された混沌」

They held a total of five concerts,“The Jazz Workshop Concerts 1964-65 (Town Hall, Amsterdam, Monterey ’64, Monterey ’65 & Minneapolis”.

Photo above of Sue Mingus from New York Cool.com

Photo above of Sue Mingus from New York Cool.com

Mosaic’s Michael Cuscuna was offered unreleased Mingus tapes in her archives
by Sue Mingus who was Charles Mingus’s widow.

I referred to JazzWax [December 03, 2012].

Fortunately this set is on backorder and is expected to be available.Go here

Here is Charles Mingus plays ”Fables of Faubus” from “Mingus Ah Um”.(1959)

Here is Charles Mingus plays “Purple Heart”(Jazz Workshop Concerts 1964-65)

Here is Charles Mingus Jazz Workshop play “Close”.
Ted Curson (tp); Eric Dolphy (as); Booker Ervin (ts); Charles Mingus (b); Dannie Richmond (ds); Bud Powell (p). France, 13 July 1960