タグ別アーカイブ: Flip Phillips

神戸ジャズ愛好会5月例会(2019年)③特集「ジャズスタンダード名曲集~ジョージ・ガーシュウィン」

May 28,2019

American composer George Gershwin (1989 – 1937) works on a score at the piano in his 72nd Street apartment, New York, New York, 1934. (Photo by PhotoQuest/Getty Images)

特集は「ジャズスタンダード名曲集~ジョージ・ガーシュウィン」でした。

例会には小生含め8人の会員がお気に入りの演奏を紹介しました。

本日は西明石から毎回参加されている2人のお気に入りをご紹介します。

最後に添付した映像は是非ご覧になって下さい。

K氏(大阪ジャズ同好会の4月特集を担当されました)

1.「Sweet And Low Down」

Here is Jackie & Roy sing “Sweet And Low Down”.
Jackie Cain (vcl) acc by Anthony Ortega (as,fl) Larry Bunker (vib) Roy Kral (p,vcl) Barney Kessel (g) Al McKibbon (b) Frank Butler (ds)
Los Angeles, February 23, 1960

写真はブログ作成者自宅で撮影

2.「They Can’t Take That Away From Me」

Here is Fred Astaire sings “They Can’t Take That Away From Me”.
Fred Astaire (vcl) acc by Charlie Shavers (tp) Flip Phillips (ts) Oscar Peterson (p) Barney Kessel (g) Ray Brown (b) Alvin Stoller (ds)
Los Angeles, December 1952

1937年製作の映画「Shall We Dance 」におけるアステアの歌唱シーンとGinger Rogersとのダンスシーンの映像を添付しました。

Here is Fred Astaire and Ginger Rogers ”They Can’t Take That Away From Me” from “Shall We Dance 1937”.

F川氏(大阪ジャズ同好会創立以来、新譜紹介を担当されています)

1.「A Foggy Day」
オーストラリア出身のコンラッド・パシュクデュスキ(Konrad Paszkudzki)によるジョージ・ガーシュイン曲集「Fascinating Rhythm.George Gershwin Song Book」から

当日はご紹介された「A Foggy Day」は本ブログでは紹介出来ませんので、代替として 「I’ve Got A Crush On You」を添付します。

Here is Konrad Paszkudzki Trio play “ I’ve Got A Crush On You” Live at Dizzy’s .

2.「Lady, Be Good!」
オランダを代表するピアニストであるピーター・ビーツ(Peter Beets)によるジョージ・ガーシュイン名曲集から

Here is Peter Beets Trio play ”Lady, Be Good!”.

尚、本アルバム『Our Love Is Here To Stay』は大阪ジャズ同好会4月新譜紹介でF川氏が解説されておられます。

大阪ジャズ同好会例会概要(新譜紹介) こちら ▶️

Photo by courtesy’s of 89.7 Eastside FM

3.「They Can’t Take That Away From Me」

F川氏お気に入りのジャネット・サイデル(Janet Seidel)による歌唱です。
本ブログ作成日「5月28日」はジャネット・サイデルの誕生日です。(1955年生まれ)

2017年8月7日、シドニーの病院で逝去されました。享年62歳。
初来日(2001年)から彼女をよく知っているF川さんが語る「仮題:ジャネット・サイデル想い出話」をお願いしておきます。

Here is Janet Seidel sings “They Can’t Take That Away From Me”.

ジャネット・サイデルは2016年末からジョージ・ガーシュウィンのトリビュート・コンサートを開始しておりました。ニュー・アルバム(ジョージ・ガーシュウィン曲集と想像します)は幻の作品となりました。

下記の映像はトリビュート・コンサートのPR映像であると推測します。

Here is ”JANET SEIDEL GERSHWIN EVENT AT ORPHEUM”.

Ralph Burns Among the JATP’s

August 04,2018

Photo above of Norman Granz by courtesy of Penn State News

In those days Norman Granz had appreciated the talent as Ralph Barn’s arranger.

So he produced ”Ralph Burns Among the JATP’s” .

The soloists include Jazz at the Philharmonic regulars Oscar Peterson, Ray Brown, Roy Eldridge Flip Phillips and Bill Harris and others.

According to Norman Granz “Ralph tried to capture the personality of the JATPs with his pen and baton.

ノーマン・グランツはラルフ・バーンズの才能を高く評価していました。それ故ノーマン・グランツはJ.A.T.P.のメンバーとラルフ・バーンズを組み合わせた録音を企画しました。

このアルバムではJ.A.T.P.のメンバーをフィーチャーした編曲が聞き所です。

今回はピーターソン、ジミー・ハミルトン、ルイ・ベルソンをフィーチャーした編曲をお楽しみください下さい。

 

”Ralph Burns Among the JATP’s” .
Roy Eldridge (tp-1) Al DeRisi, Bernie Glow, Lou Oles, Al Porcino (tp) Bill Harris (tb) Jimmy Hamilton (cl) Hal McKusick, Sam Marowitz (as) Al Cohn, Flip Phillips (ts) Danny Bank (bar) Oscar Peterson (p) Ray Brown (b) Louie Bellson (d) Ralph Burns (arr,cond)
New York, February 4, 1955

Ella Fitzgerald,Oscar Peterson,Roy Eldridge and Max Roach(1952)
Photoby courtesy of Pinterest

Perpetual Motion

Photo above of Jimmy Hamilton by Google Site

Pimlico

Photo above of Louis Bellson by courtesy of DRUMMERWORLD

Taxco

 

本ブログ作成中に 「けったいな(大阪弁でご勘弁を)」企画を発見しました。

伝説のジャズ・イベント『ジャズ・アット・ザ・フィルハーモニック 2018』

主催はユニバーサル ミュージック合同会社 (UNIVERSAL MUSIC LLC)

ノーマン・グランツさんも墓場で泣くような企画だと思います。

詳細は同社のHPをご覧下さい。 こちら▶️ をクリックして下さい。

 

神戸ジャズ愛好会(2017年11月)例会

November 27.2017

Photo by courtesy of Wikipedia

Yesterday, I went to the jazz regular meeting in Kobe,where I introduced a few recordings by  Bud Freeman and Charlie Ventura.

In addition to the above two players, I posted Flip Phillips and Kazunori Takeda ‘s performance.

昨日出席しました神戸ジャズ愛好会の持寄テーマは『テナー・サックスの名手達』でした。

今回は私を含め6人の会員の方がテナーサックスの名演をご紹介されました。

私はBud FreemanとCharlie Ventura をご紹介させて頂きました。

ベテラン会員であるT川さんと今回の選曲に関して以下の会話を交わしました。

「平野君、来月のテナーサックス誰を選ぶ?」

「モダンテナーが多そうなのでBud Freemanにします」

「それやったらBud Freemanは譲るよ」

結局トラッド愛好家のT川さんはFlip Phillipsを選曲されました。以下2曲は当日紹介分です。

先輩にお気に入りの奏者を譲って頂き申し訳ないことをしました。

又、明石から来られているKさんが故武田和命の名盤をご紹介されました。

新旧の奏者を聞けた楽しい例会でした。

Photo above of Bud Freeman from The National Jazz Museum in Harlem

Here is Bud Freeman and his Summa Cum Laude Orchestra play “The Eel”.

Max Kaminsky(tp) Brad Gowans(v-tb) Pee Wee Russell(cl) Bud Freeman(ts) Dave Bowman(p) Eddie Condon(g) Clyde Newcomb(b) Danny Alvin(d)
New York, July 19, 1939

Here is Charlie Ventura Quartet play “Girl of My Dreams”.
Charlie Ventura (ts, bars), Gene Kutch (p),Ace Tesone (b),Chick Kenny (ds)
Norgran MGN-1075 NYC.December 22, 1952.

Girl of My Dreams

Here is Charlie Ventura Quartet play ”Deep Purple.”
Members of the recording are the same as above.
Deep Purple

Here is The Flip Phillips with Buddy Rich Trio play “Three Little Words” .
Flip Phillips(ts),Buddy Rich(ds), Hank Jones(p)   Dec.14.1952
Three Little Words

Flip Phillips And His Orchestra play “Goodbye” .
Allen Smith (tp) Chuck Etter (tb) Flip Phillips (ts) Jerome Richardson (bar) Richard Wyands (p) Vernon Alley (b) Earl Watkins (d)  San Francisco, CA, February, 1952
Goodbye

Photo by YouTube

Here is 武田和命 and 山下洋輔 play “Gentle November”.
武田和命(ts),山下洋輔(p),国仲勝男(b),森山威男(ds) 1979年9月