タグ別アーカイブ: Frankie Carle

Theme Songs(神戸元町で購入した10インチ盤)

April,30,2019

先日、神戸ジャズサロンの帰りに神戸元町の中古レコード店に行きました。最近は10インチ盤か7インチ盤以外は興味がないので在庫には期待していませんでした。

10インチ専用の「餌箱」には歌謡曲等20枚しかありませんでしたが、1枚だけ購入しました。(価格はワンコイン)

8バンドのテーマ曲が収集されています。

そういえば自宅を出る前に自分のFBタイムラインに「番組のテーマ曲は大切ですね」と記載していました。

レコードの神様が「バンドのテーマ曲も大事ですよ!」とお告げになったようです。

以下、アルバムの曲順にYouTube音源を並べました。

Frankie Carle

Gene Krupa(再生される場合には音量を下げてスタートして下さい)

Claude Thornhill

Les Brown

Xavier Cugat

Dick Jurgens

Elliot Lawrence

Ray Noble

The “trombonist’s trombonist” Urbie Green(1)

June 21.2017

Photo above of Urbie Green by Wikipedia

Last week I posted about female trombone player Melba Liston.

I will introduce about the same instrument player who was born in the same year as Melba.

Urbie Green was born August 8, 1926 in Mobile, Alabama and has been known as the “trombonist’s trombonist.”

He has approximately 30 albums under his own name.

Recently I purchased a few albums at second hand record shop in Osaka.

Photo above of Melba Liston by tumblr

Please see a poor photo I took.

So I would like to write about his achievements.

In childfood he was lessoned the piano by his mother.

When he was about 12, he picked up a trombone.

Photo above of Jack Jenney by Wikipedia

In those days he listened to such trombone greats as Tommy Dorsey, J. C. Higginbotham, Jack Jenney, Jack Teagarden and Trummy Young.

When he was sixteen,he was working professionally with Tommy Reynolds’ band in California.

Then he played  with Jan Savitt, Frankie Carle, Gene Krupa.

Photo above of Gene Krupa by Drummerszone.com

先週、女性トロンボーン奏者Melba Listonについて投稿しました。
今週はMelbaと同じ年に生まれ同じ楽器を演奏している名手を紹介します。
Urbie Greenは1926年8月8日、アラバマ州に生まれました。
彼のリーダーアルバムは約30枚ほど発売されています。
最近、私は大阪の中古レコード店で彼のアルバムを数枚購入しました。
私が撮影した下手な写真をご覧下さい。
Urbie Greenの楽歴について調べてみました。
幼年期のころ母親からピアノを習い12歳の時にトロンボーンを始めました。
その当時、以下に記載の名手達の演奏を聞きました。
「Tommy Dorsey, J. C. Higginbotham, Jack Jenney, Jack Teagarden and Trummy Young」
16歳の時、Tommy Reynolds bandの一員としてプロの仕事を開始しました。
その後、Jan Savitt, Frankie Carle, Gene Krupaら著名なバンドで活躍しました。

Here is Urbie Green plays “Round Midnight”.

Urbie Green(1)

June 21.2017

Photo above of Urbie Green by Wikipedia

Photo above of Melba Liston

Last week I posted about female trombone player Melba Liston.

I will introduce about the same instrument player who was born in the same year as Melba.

Urbie Green was born August 8, 1926 in Mobile, Alabama and has been known as the “trombonist’s trombonist.”

He has approximately 30 albums under his own name.

Recently I purchased a few albums at second hand record shop in Osaka.

Please see a poor photo I took.

So I would like to write about his achievements.

In childfood he was lessoned the piano by his mother.

When he was about 12, he picked up a trombone.

Photo above of Jack Jenney by Wikipedia

In those days he listened to such trombone greats as Tommy Dorsey, J. C. Higginbotham, Jack Jenney, Jack Teagarden and Trummy Young.

When he was sixteen,he was working professionally with Tommy Reynolds’ band in California.

Then he played  with Jan Savitt, Frankie Carle, Gene Krupa.

Photo above of Gene Krupa by Drummerszone.com

先週、女性トロンボーン奏者Melba Listonについて投稿しました。
Melbaと同じ年に生まれ、同じ楽器を演奏している名手を紹介します。
Urbie Greenは1926年8月8日、アラバマ州に生まれました。
彼のリーダーアルバムは約30枚ほど発売されています。
最近、私は大阪の中古レコード店で彼のアルバムを数枚購入しました。
私が撮った下手な写真をご覧下さい。
今週はUrbie Greenの業績について投稿します。
幼年期のころ母親からピアノを習い12歳の時にトロンボーンを始めました。
その当時、以下に記載の名手達の演奏を聞きました。
「Tommy Dorsey, J. C. Higginbotham, Jack Jenney, Jack Teagarden and Trummy Young」
16歳の時、Tommy Reynolds bandの一員としてプロの仕事を開始しました。
その後、Jan Savitt, Frankie Carle, Gene Krupaら著名なバンドで活躍しました。

Here is Urbie Green plays “Round Midnight”.