タグ別アーカイブ: Gene Krupa

『ホーキンス派の巨人~レオン・チュー・ベリー』

April 30.2018

Photo by Pinterst

大阪ジャズ同好会例会2016年10月例会
特集「『ホーキンス派の巨人~レオン・チュー・ベリー』解説  寺本泰規氏(同好会世話人)

はじめに 今月の特集は皆さんにとってあまりなじみがないと思われる人を取り上げました。テナーサックスの父と呼ば るコールマン・ホーキンスに比べて1941年に31才で事故死したためレコーディングもそれほど多くはなく、リ ーダー録音は2つしかありません。録音の多くはビッグバンドやコンボのサイドメンとしてのものでしたが、数々の印象的なソロを演奏して当時のジャズファンをうならせただけではなく、現在においても熱心なファンの間 で語り継がれています。
さて彼の生涯については資料としてプリントしてありますのでそちらを見ていただくことにして、早速その演 奏を聴いていただくことにしましょう。彼の演奏の特徴はホーキンスやべンのようにヴィブラートやアクセント をあまり効かせず、スムーズなフレーズを止めどなく聴かせることにあります。

それではまず最初に最も初期の演奏としてスパイク・ヒューズ楽団での演奏を聴いてみましょう。ソロはディ ッキー・ウェルズ、ベニー・カーター、チュー・ベリー、ホーキンス、ベニー・カーター、ヘンリー・レッド・ アレンです。
1.「Music at Midnight」(May 18,1933)(2:43)
SPIKE HUGHES AND HIS ALL AMERICAN ORCHESTRA
Henry Red Allen, Leonard Davis, Bill Dillard(tp) Dicky Well, Wilbur De Paris, George Washington(tb) Benny Carter(as, cl) Wayman Carver(as,fl) Howard Johnson(as) Coleman Hawkins, Chu Berry(ts) Luis Russell(p) Lawrence Lucie(g) Ernest Hill(b) Sidney Catlett(ds) Spike Hughes(dir,arr)

 

ホーキンスとの違いがおわかりになったでしょうか?よく似てはいますが、彼の独自性が感じられる演奏だと思 います。次にブルースの女王ベッシー・スミスの伴奏者としてのソロを聴いていただきましょう。彼は結構ヴォ ーカルの伴奏者としてレコーディングがあり、このセッションはその最も初期のものです。
2.「Do Your Duty」(NYC, Nov 24,1933)(3:31)
BESSIE SMITH – ORCHESTRA ACC. BY BUCK AND HIS BAND
Frankie Newton(tp) Jack Teagarden(tb) poss.Benny Goodman(cl) Chu Berry(ts) Buck Washington(p) Bobby Johnson(g) Billy Taylor(b) Bessie Smith(vcl)

 

次の演奏は臨時編成された白黒混合バンドで、スイング時代の名手達が顔をそろえた演奏としても有名です。 特にベリガンの参加は貴重です。
3.「Blues In E Flat」(Jan 25,1935)(3:03)
RED NORVO AND HIS SWING OCTET
Bunny Berigan(tp) Jack Jenny(tb) Jphnny lince(cl) Chu Berry(ts) Teddy Wilson(p) George Van Eps(g) Artie Bernstein(b) Gene Krupa(ds) Red Norvo(xyl)

 

次はピアニストでもあり歌手でもあるPUTNEY DANDRIDGEとの共演です。ここでのソロはくつろぎに満ちたもの となっています。
4.「Chasing Shadows」(NYC, June 25,1935)(2:40)
PUTNEY DANDRIDGE AND HIS ORCHESTRA
Roy Eldridge(tp) Chu Berry(ts) Putney Dandridge(p-2, vcl) Harry Grey(p-1) Nappy Lamare(a) Artie Bernstein(b) Bill Beason(ds)

 

1935年暮れにフレッチャー・ヘンダーソン楽団に入団した彼は30曲あまり吹き込みますが、その中からべニー ・グッドマンの演奏でも有名な「Stealin’ Apples」です。
5.「Stealin’ Apples」(Chicago, lar 27,1936)(2:58)
FLETCHER HENDERSON AND HIS ORCHESTRA
Dick Vance(tp,arr) Joe Thomas, Roy Eldridge(tp) Fernando Arbello, Ed Cuffee(tb),Chu Berry(ts) Buster Balley(cl,as) Scoops Carey(as) Elmer Fletcher Henderson(p-1, arr) Horace Henderson(p-2,arr) Bob Lessey(g)John Kirby(b) Sid Catlett(ds)

Roy Eldridge and Chu Berry – September 1935 by coutesey of Christopher Swing & Beyond

名演「Bluet In C Sharp Minor」と同じ日に録音された、日本でもおなじみの「メリーさんの羊」を聴いてください。唄はロイ・エルドリッジです。
6,「Mary Had A Little Lamb」(Chicago.May 14,1936)(2:57)
TEDDY WILSON AND HIS ORCHESTRA
Roy Eldridge(tp,vcl) Buster Bailey(cl) Chu Berry(ts) Teddy Wilson(p) Bob Lessey(g) Israel Crosby(b) Sid Catlett(ds)

 

1938年1月6日に録音されたビリー・ホリディのセッションではテナーがレスターヤングでしたが、それに先立 つ3週間前にテディ・ウィルソン以外異なるメンバーでこの曲が吹き込まれましたが、長い間未発表でした。レス ターのものと比較して聴いてみるのもおもしろいと思います。
7.「When You’re Smiling」(NYC, Dec 17,1937) (2:58)
TEDDY WILSON AND HIS ORCHESTRA
Hot Lips Page(tp) Pee Mee Russell(cl) Chu Berry(ts) Teddy Wilson(p) Allen Reuss(g) unknown(b)unknown(ds)

 

今度のセッションはチュー・べリーだけではなく、ミルドレッド・べイリーの決定的名唱としても知られるもの です。別テイクも聴いてみると、ソロの出来はオリジナルテイクに分があるように思います。チュー・ペリーだけ ではなく、ハンク・ダミコや特にデーブ・タフのドラミングにも注目して欲しいと思います。
8.「Lover Come Back To Me」(NYC, Jan 10,1938)(3:18)
MILDRED BAILEY AND HER ORCHESTRA
Jimmy Blake(tp) Hank D’Amico(cl) Chu Berry(ts) Teddy Wilson(p) Allen Reuss(g) Pete Peterson(b) Dave Tough(ds) Mildred Bailey(vcl) Eddie Sauter(arr)

「Lover Come Back To Me」別テイク

Photo by mibandamemata

次の演奏はラジオ放送を収めたもので、司会者がソロイストを次々と紹介しながら演奏が続いていくところな どは正に臨場感あふれるものとなっています。
9.「Someday Sweetheart」(NYC, Jan 20,1939)(4:45)
Harry James, Charlie Teagarden(tp) Jack Teagarden(tb,vcl) Joe Marsala(cl) Chu Berry(ts) Teddy Wilson(p) John Kirby(b) George Wettling(ds)(Broadcast from the Hickory House)

 

Photo courtesy by Visual discography of Billie Holiday

彼はビリー・ホリディと何回かセッションを共にしていますが、この演奏はその一つです。レ スター・ヤングとの共演はあまりにも有名ですが、今となってはこのセッションも貴重というべきでしょう。
10.「That’s All Ask Of You」(Jan 20,1939) (2:59)
BILLIE HOLIDAY AND HER ORCHESTRA
Charlie Shavers(tp) Tyree Glenn(tb) Chu Berry(ts) Sonny White(p) AI Casey(g) Johnny Williams(b) Cozy Cole(ds) Bille Holiday(vcl)

 

彼は生涯に一度だけカウント・ベイシー楽団と共演していますが、その演奏が次の曲です。レスター・ヤング と共演した唯一の演奏です。レスターとの違いを味わってください。いつもの豪快さは影を潜め、おとなしめのソロとなっています。
11.「Oh Lady Be Good」(Feb 4,1939)(3:09)
COUNT BASIE AND HIS ORCHESTRA
Ed Lewis, Shad Collins(tp) Buck Clayton(tp, arr) Harry Edison(tp) Bennie Morton, Dicky Wells. Dan Minor(tb) Earle Warren(as) Lester Young, Chu Berry(ts) Jack Washington(as, bari) Count Basie(p) Freddie Green(g) Walter Page(b) Jo Jones(ds)

 

スイング時代 には三つの代表的なセッションがありました。ライオネンル・ハンプトンをリーダーとするビクター・セッショ ンとミルドレッド・ベイリーをリーダーとしたコロンビアのセッション、最後はテディ・ウィルソンをリーダーとするブランズウィック・セッション(ビリーホリディ名義のものを含む)です。この演奏はハ ンプトンのセッションの一つで、曲の最初から最後までブロウし続けるチュー・ベリーのソロは正に聞き物です。
12.「Sweethearts On Parade」(NYC, Apr 5,1939)(3:02)
LIONEL HAMPTON AND HIS ORCHESTRA
Chu Berry(ts) Lional Hampton(vib, vcl) Clyde Hart(p) Allan Ruess(g) Milt Hinton(b)Cozy Cole(ds)

 

キャブ・キャロウェイ楽団におけるバラードの名演といえば真っ先に上げられるのが次の演奏でしょう。情感 にあふれた彼のバラードプレイは聴く者の胸を打ちます。
13.「A Ghost Of A Chance」(Chicago,June 27,1940)(2:56)
CAB CALLOWAY AND HIS ORCHESTRA
Mario Bauza, Dizzy Gillespie, Lammer “right(tp) Tyree Glenn(tb,vib) Quentin Jackson, Key Johnson(tb) Chu Berry, Walter Thomas(ts) Benny Payne(p) Danny Barker(g) Milt Hinton(b) Cozy Cole(ds) Cab Calloway(vcl) Benny Carter, Andy Gibson, Edgar Battle, Don Redman(arr)

Photo by Discogs

 

2回目(最後)の彼のリーダー・セッションからジャズのスタンダードである「明るい表通りで」を演奏します。 ジョニー・ホッジスを始めとした数々の名演と比べても、決して見劣りすることがないプレイだと思うのですが 皆さんはどう感じられましたでしょうか。
14.「On The Sunnyside Of The Street」(NYC, Aug 28,1941)(3:56)
CHU BERRY AND HIS JAZZ ENSEMBLE
Hot Lips Page(tp) Chu Berry(ts) Clyde Hart(p) AI Casey(g) AL Morgan(b) Harry Yaeger(ds)

 

さて彼の演奏は如何だったでしょうか。有名なビッグバンドに在籍中の演奏はかなり残っているのですが、そ の他の演奏はリーダーセッションが2回しかないのと、コンボでの演奏が細切れに散在しているため、彼の演奏 を聴くには多大な努力が必要です。そのためコールマン・ホーキンスやベン・ウェブスターに比べ過小評価される のはやむを得ないと思いますが、その演奏をつぶさに聴くと彼の演奏の素晴らしさがわかっていただけると信じ ています。今回の特集がチュー・ベリーに対する皆さんの再評価につながれば良いなあと思います。

The “trombonist’s trombonist” Urbie Green(1)

June 21.2017

Photo above of Urbie Green by Wikipedia

Last week I posted about female trombone player Melba Liston.

I will introduce about the same instrument player who was born in the same year as Melba.

Urbie Green was born August 8, 1926 in Mobile, Alabama and has been known as the “trombonist’s trombonist.”

He has approximately 30 albums under his own name.

Recently I purchased a few albums at second hand record shop in Osaka.

Photo above of Melba Liston by tumblr

Please see a poor photo I took.

So I would like to write about his achievements.

In childfood he was lessoned the piano by his mother.

When he was about 12, he picked up a trombone.

Photo above of Jack Jenney by Wikipedia

In those days he listened to such trombone greats as Tommy Dorsey, J. C. Higginbotham, Jack Jenney, Jack Teagarden and Trummy Young.

When he was sixteen,he was working professionally with Tommy Reynolds’ band in California.

Then he played  with Jan Savitt, Frankie Carle, Gene Krupa.

Photo above of Gene Krupa by Drummerszone.com

先週、女性トロンボーン奏者Melba Listonについて投稿しました。
今週はMelbaと同じ年に生まれ同じ楽器を演奏している名手を紹介します。
Urbie Greenは1926年8月8日、アラバマ州に生まれました。
彼のリーダーアルバムは約30枚ほど発売されています。
最近、私は大阪の中古レコード店で彼のアルバムを数枚購入しました。
私が撮影した下手な写真をご覧下さい。
Urbie Greenの楽歴について調べてみました。
幼年期のころ母親からピアノを習い12歳の時にトロンボーンを始めました。
その当時、以下に記載の名手達の演奏を聞きました。
「Tommy Dorsey, J. C. Higginbotham, Jack Jenney, Jack Teagarden and Trummy Young」
16歳の時、Tommy Reynolds bandの一員としてプロの仕事を開始しました。
その後、Jan Savitt, Frankie Carle, Gene Krupaら著名なバンドで活躍しました。

Here is Urbie Green plays “Round Midnight”.

Urbie Green(1)

June 21.2017

Photo above of Urbie Green by Wikipedia

Photo above of Melba Liston

Last week I posted about female trombone player Melba Liston.

I will introduce about the same instrument player who was born in the same year as Melba.

Urbie Green was born August 8, 1926 in Mobile, Alabama and has been known as the “trombonist’s trombonist.”

He has approximately 30 albums under his own name.

Recently I purchased a few albums at second hand record shop in Osaka.

Please see a poor photo I took.

So I would like to write about his achievements.

In childfood he was lessoned the piano by his mother.

When he was about 12, he picked up a trombone.

Photo above of Jack Jenney by Wikipedia

In those days he listened to such trombone greats as Tommy Dorsey, J. C. Higginbotham, Jack Jenney, Jack Teagarden and Trummy Young.

When he was sixteen,he was working professionally with Tommy Reynolds’ band in California.

Then he played  with Jan Savitt, Frankie Carle, Gene Krupa.

Photo above of Gene Krupa by Drummerszone.com

先週、女性トロンボーン奏者Melba Listonについて投稿しました。
Melbaと同じ年に生まれ、同じ楽器を演奏している名手を紹介します。
Urbie Greenは1926年8月8日、アラバマ州に生まれました。
彼のリーダーアルバムは約30枚ほど発売されています。
最近、私は大阪の中古レコード店で彼のアルバムを数枚購入しました。
私が撮った下手な写真をご覧下さい。
今週はUrbie Greenの業績について投稿します。
幼年期のころ母親からピアノを習い12歳の時にトロンボーンを始めました。
その当時、以下に記載の名手達の演奏を聞きました。
「Tommy Dorsey, J. C. Higginbotham, Jack Jenney, Jack Teagarden and Trummy Young」
16歳の時、Tommy Reynolds bandの一員としてプロの仕事を開始しました。
その後、Jan Savitt, Frankie Carle, Gene Krupaら著名なバンドで活躍しました。

Here is Urbie Green plays “Round Midnight”.

Cal Tjader(1)

May 05.2017

Last Sunday I joined Kobe Jazz Saloon(神戸Jazzサロン).

A vibraphone player joined the meeting by chance.

He had brought Cal’s CD and talked about Cal’s performance.

Cal Tjader died on 5 May 1982, aged 56.

So I would like to post about Cal Tjader.

Cal Tjader was born July 16, 1925 in St. Louis, Missour.

His mother was a concert pianist, his father a vaudeville performer.

He grew up with them on the road, tap- dancing his way through early childhood.

Then his family settled down in San Mateo on the San Francisco Peninsula, and his father opened a dancing school.

Photo above of Gene Krupa by Drummerszone.com

He joined the Dixieland band and played around the Bay Area.

At the age of sixteen he joined the drum solo contest of Gene Krupa.

He played “drum boogie” and won the championship.

When Cal graduated from San Francisco State College, he first met up with Dave Brubeck and Paul Desmond.

Photo above of Cal Tjader, Ron Crotty and Dave Brubeck, 1950 by courtesy of The Brubeck Institute is part of University of the Pacific, California

先週の日曜日、「神戸ジャズサロン」というジャズクラブに初めて参加しました。
偶然、現役のヴィブラフォン奏者が出席されておられました。Cal TjaderのCDを持ってこられており、Calの演奏について演奏家の立場から詳しくお話しされました。
Cal Tjaderは1982年5月5日に56歳で死亡しています。そのような縁からCal Tjaderについて投稿したいと思います。
Cal Tjaderは1925年7月16日ミズール州セントルイスで生まれました。
彼の母親はピアニスト、父はダンサー(日本流で言えば大道芸人)だったそうです。
その後、彼の家族はサンフランシスコに移りました。
彼が16歳の時、Gene Krupaのドラムソロコンテストに参加し優勝しました。
大学卒業後、Dave BrubeckとPaul Desmondと出会いジャズ人生が始まりました。

Here is Cal Tjader plays “Soul Sauce”. (1964)

Here is Eddie Palmieri and Cal Tjader play “We’ve Love Before”.

Here is Cal Tjader plays “Speak Low”.

Art Hodes(1)

April 18.2017

Photo above of Art Hodes by courtesy of Blue Note Records

Recently I purchased the 10 inches record of BlueNote label.

It is “Art Hodes and his hot 7”.

Also last week Jazz Journalists Doug Ramsey introduced a television program hosted by Art Hodes.Go here

So I would like to post about Art Hodes.

Art Hodes was born November 14, 1904 in born in Ukraine.

When he was six months old few, his family settled in Chicago

In those days the pioneering New Orleans musicians came to Chicago in the 1920’s.

Louis Armstrong standing beside King Oliver. Photo courtesy of neajazzintheschools.org.

When he was in his late teens and early twenties, he heard some jazz legends’ performance such as King Oliver, Louis Armstrong, and Jelly Roll Morton and Earl Hines and Jimmy Noone in the nightspots of his city.

Eventually, Hodes played with Armstrong, and later with Wingy Manone, Gene Krupa, and Muggsy Spanier.

Photo above of Wingy Manone by courtesy of alchetron.com

Also he was fond of the blues, and was greatly influenced by Bessie Smith.

In 1938 he moved to New York and played with Joe Marsala and Mezz Mezzrow before forming his own band in 1941.

最近、BlueNoteの10インチレコード”Art Hodes and his hot 7″を購入しました。
同じ日に偶然、Art Hodesが出演していたテレビ番組がネットで紹介されました。
そんなわけで私はArt Hodesに詳しくないので、今回調べてみようと思いました。
Art Hodesは1904年11月14日に帝政ロシアのウクライナで生まれました。
幼少時に彼の家族と共にアメリカに移民しシカゴに定住しました。
当時のシカゴにはニューオーリンズから有名なミュージシャン達が来ていました。
彼は10代後半から20代初めにかけて、King Oliver, Louis Armstrong, Jelly Roll Morton, Earl Hines,Jimmy Noone などの生演奏を聞いていました。
又、Wingy Manone、Gene Krupa、Muggsy Spanier達と演奏をしていました。
彼はブルースも大好きで Bessie Smithからも影響を受けました。
1938年にはニューヨークに移ります。1941年に自己のバンドを結成する迄、Joe Marsala や Mezz Mezzrowと共演していました。

Here is Doug Ramsey’s post “Bud Freeman and Art Hodes on Jazz Alley.”

Here is Jelly Roll Morton and his Red Hot Peppers play “Dr. Jazz”(1926)

Gene Norman(3)

November 09, 2016

charlie-ventura-bop-for-the-people001

Gene Norman produced Charlie Ventura’s “Bop for the People” concert in Pasadena, Calif., in May 1949.

This work was one of the most significant and electrifying bop band performances of the late 1940s.

He continued to put on big concerts, and produced a series of live albums and studio recordings based around his promotions.

Today I want to write a little about Charlie Ventura and Jackie Cain and Roy Kral.

When Gene Krupa reformed his band in June 1944 Krupa recruited Charlie Ventura.

In 1948 Charlie Ventura organised the small band.

His band was associated with “Bop For The People.”

venturabali

Photo of Charlie Ventura band in 1948, Boots Mussulli, Conte Candoli, Jackie Cain, Charlie Ventura, Roy Kral, [Courtesy of Jeff Austin]

Jackie Cain and Roy Kral were singing with Charlie Ventura band in 1948 and 1949.

The Pasadena Concert actually was their last concert with the band.

Jackie Cain and Roy Kral left from Charlie Ventura’s band.

The Ventura band was pretty popular in the 1950s.

Tomorrow I will post about their concert live recordings.

Here is Gene Krupa and his Orchestra with Charlie Ventura in 1947.

He played tenor sax in the white suspenders.

Here is Charlie Ventura band play “Lullaby in Rhythm” live concert in Pasadena.