タグ別アーカイブ: George Wein

大阪ジャズ同好会第42回(2020年6月14日)例会③持ち寄り『ジャズ・トロンボーンの名手達』

June 22,2020

解説される方の席には飛沫対策として、楽譜立にビニールを掛けていただきました。

例会案内の一部を引用します。

「トロンボーンは最も人間の声に近い音程の楽器といわれ、古くから多くの名手がいます。その中からお好きなトロンボニストをご紹介ください」

・竹村氏
1.Urbie Green
映画「真夏の夜のジャズ」から、アービー・グリーンのグループ。ダイナ・ワシン トンの歌も素晴らしいのですが、グリーンの朗々としたトロンボーンも最高です。
Here is Newport Jazz All Stars play “All Of Me” (Live At Newport Jazz Festival, 1958)
Urbie Green(tb) Don Elliot, Terry Gibbs (vb) Wynton Kelly(p) Paul West(b) Max Roach(ds) Dinah Washington(vo)(July 6,1958)

2.Al Grey and Count Basie Orchestra
ラスヴェガスのサンズ・ホテルからの実況録音。アル・グレイは長きに渡って、ベイシー楽団で活躍しました。
Here is Count Basie Orchestra with Al Grey play “Makin’ Whoopee”.
(Jan,1966)

3. Vic Dickenson and George Wein’s Dixie-Victors
ヴィック・ディッケンソンは、私の最も好きなジャズメンです。ジョージ・ウエイ ンのディキシー・ヴィクターズによる中間派の楽しい演奏です。
Here is George Wein’s Dixie-Victors play “Sugar”.
Ruby Braff(tp) Vic Dickenson(tb) Peanuts Hucko(cl) Ernie Caceres(bs) George wein(p) Danny Barker(bj) Milt Hinton(b) Buzzy Drootin(ds)
New York, May 28, 1956

・Y瀬氏(当日配付のレジュメを一部編集しました。)
Tyree Glenn
タイリー・グレン (Nov 23,1912~ May 18,1974)
1.「Love For Sale」
タイリー・グレンというトロンボーン奏者を知ったのは、今は無き東芝EMIがブルーノートクラブ会員限定で出したルーレット盤の復刻紙ジャケCD「Let’s Have A Ball」でした。トミー・フラナガンらと組んだこの盤から本業トロンボーンでの演奏。
Here is Tyree Glenn play “Love For Sale”.

2. 「Yes Sir. That’s My Baby」
歌手として渋いノドを聴かせます。
Here is Tyree Glenn sings “Yes Sir. That’s My Baby”

3.「There will Never Be Another You」
ハンク・ジョーンズらと組んだLoneHill盤からは、ヴァイブの腕も披露します。
Here is Tyree Glenn play “There will Never Be Another You”.

4. 「All of Me」
過去1曲集中『暴挙ご容赦! オール・オブ・ミーで60分』で特集をさせてもらったこともあります。
Here is Tyree Glenn play “All of Me”.

過去の特集は下記に添付しました。

こちら ▶️

・K氏
Bob Brookmeyer
1.Here is Bob-Brookmeyer Quartet play “On The Sunny Side Of The Street”.『The Blues:HotsAnd cold』より
Bob-Brookmeyer(tb) Jimmy Rowles(p) Buddy Clark(b) Mel Lewis(ds)

2. Here is Jimmy Giuffre Trio play ”The ‘Swamp People”.『Trav’lin’ Light』より
Jimmy Giuffre(bs) Bob Brookmeyer(tb) Jim Hall(g)

ボブ・ブルックマイヤーの紹介として、当日は故粟村政昭氏による『ジャズ・レコード・ブック』151ページを読まれました。当該ページを添付します。

『ジャズ・レコード・ブック』151ページ

・寺本泰規氏(同好会世話人)
Tommy Dorsey
トミー・ドーシーは(1904年11月19日~1956年11月26日)は「Sentimental Gentleman」と呼ばれ、史上最も美しい音色のトロンボーンを吹くといわれていました。自身の楽団の時にはソロはバンドメンに任せ、ひたすらテーマをストレートに演奏するというスタイルで一時代を築き上げました。メンバーにはBud Freeman(ts), Bunny Berigan(tp),Ziggy Elman(tp), Buddy DeFranco(cl),Dave Tough(ds), Buddy Rich(ds)などが在団しました。

1.Here is Tommy Dorsey Orchestra play “I’m Getting Sentimental Over You”.
(1935 ,10/18)

2.Here is Tommy Dorsey Orchestra play “Star Dust”.
(vo: Edythe Wright)(1936, 4/3)

3.Here is Tommy Dorsey Orchestra play “East of The Sun”.
(vo: Frank Sinatra)(1940, 4/23)

4. Here is Tommy Dorsey Orchestra play “Whispering”.
(vo: Frank Sinatra)(1940, 6/13)

・平野隆史
1.キッド・オリー(Kid Ory)


Here is New Orleans Wanderer play “Perdido Street Blues”.
George Mitchell(crt) Kid Ory(tb) Johnny Dodds(cl) Lil Armstrong(p) :
Johnny St.Cyr(bj)(Chicago, July 13,1926)

2.ミフ・モール(Miff Mole)


Here is Red Nichols And His Five Pennies play “Riverboat Shuffle”.
Red Nichols(crt),Leo McConville,Mannio Klein(tp) Miff Mole(tb)
Fud Livingston(cl, ts) Adrian Rollini(bassax, goofus) Arthur Schutt(p)
Dick McDonough (banj) Vic Berton(ds) (New York, August 15, 1927)

3.オキ・ペルソン(Ake Persson)


Here is Lars Gullin Quintet play “Besame Mucho”.
Ake Persson(tb), Lars Gullin(bars), Claes-Goran Fagerstedt(p), Bengt Carlsson(b), Bert Dahlander(ds),
(Stockholm, January 14 & 15,1957)

JAZZ AT STORYVILLE featuring Marian McPartland

January 23,2020

今回の7インチ盤はボストン・ストリービルクラブでのライブ録音です。

Marian McPartland (p) Eddie Safranski (b) Don Lamond (d)
Live “Storyville”, Boston, June 2, 1951

Here is Marian McPartland plays ”Strike up the band”.

Here is Marian McPartland plays ”The gypsy in my soul”.

裏面のライナーノーツはナット・ヘントフ(Nat Hentoff)が記載しています。

ジョージ・ウェイン(George Wein)とナット・ヘントフは1925年生まれの同じ年齢で、このレコードが制作された時は26歳でした。

ナット・ヘントフは3年前(2017年1月7日)に亡くなりましたが、ジョージ・ウェインはご存命です。

添付のサイトで、59年後(2010年)に2人が並んで撮影された写真がご覧になれます。

こちら ▶️

ストリービルクラブはジョージ・ウェイン(George Wein)がオーナーとして1950年に開店しました。(ニューポート・ジャズフェスティバルは1954年からです)

Photo by Wikipedia

 

大阪ジャズ同好会第37回例会(2019年6月9日) 持ち寄り『1960年代のジャズ』②

June 12,2019

Photo by courtesy’s of http://www.ricocks.net

今回は参加者持ち寄り『1960年代のジャズ』の2回目です。

・Y瀬氏
1961年に録音されたドリス・デイとアンドレ・プレヴィントリオによる「DUET」とドリス・デイの追悼として「MY HEART」も併せてご紹介されました。以下、当日配付された案内を修正せず転載します。

ドリス・デイとアンドレ・プレヴィン、そしてテリー・メルチャーのこと
2019年6月の持ち寄りテーマ「1860年代ジャズ」で、ドリス・デイを紹介したい・・・と考 えました。18歳だった1940年、レスブラウン楽団の専属歌手として芸能界デビューし た彼女ですが、早々にトロンボーン奏者のアル・ジョーダンと結婚して妊娠。中絶要求を 拒んで愛息テリーを産んだものの家庭内暴力に悩み2年で離婚。46年の再婚もわずか8カ月で破局した後、3度目の夫で代理人マーティイン・メルチャーの尽力もありワーナー映画 のオーディションをパスし、その主題歌を含めて映画の世界で大成功を納めていきます。
そんな彼女が、ウエストコースト系のジャズピアニストとしてスタートし、同じハリウッドのMGM映画で音楽監督をしていたアンドレ・プレヴィンとコロンビアレコードのスタジオで出会ったのが1861年。彼は後にクラシックの世界でも世界各地の交響楽団の指揮者や監督を務めた人物です。共にジャズに飢えていた2人が、化学反応を起こして吹き込んだのが「DUET」です。ドリスとプレヴィン・トリオ(レッド・ミッッチェルb、フランク・ キャップds)にとって、ジャズマインドに満ちたまさに奇跡の1枚になりました。
①CLOSE YOUR EYE
②MY ONE AND ONLY LOVE
プレヴィンは今年2月28日、90歳を目前に亡くなっていたことを知り、その追悼にもなるかと思ったのですが、ドリスは2004年に先立った愛息テリー(メルチャー姓に改名)のため、(歌いたくて歌った)新旧のお気に入り音源による新作「MY HEART」を2011年に発表。この中でテリー作の表題曲を労苦を共にしたbuddy(相棒・同志) へのメッセージを語るなど、なお健在だったのですが、残念ながら今年5月13日に97 歳で逝去。これまた追悼盤ということになってしまいました。ちなみに、先ほどの②は、 この「MY HEART」にも収録されており、ドリスの愛着ぶりがしのばれます。
③MY HEART
④Message for Terry

Here is Doris Day sings “CLOSE YOUR EYE”.
Doris Day (vcl) acc by Andre Previn (p) Red Mitchell (b) Frank Capp (ds)
Hollywood, CA, November 30 & December 16, 1961

Here is Doris Day sings “My One And Only Love”.
Members of the recording are the same as above.

Here is Doris Day sings “My Heart” (from New Album 2011)

当日は「ドリス・デイのメッセージ」(30秒)だけのご紹介でしたが、本ブログでは全編お聞き頂けるYouTube映像(収録された写真が秀逸です)を添付しました。

Here is Doris Day with Terry Melcher

・T村氏

1960年代は、前衛ジャズの台頭、ビートルズ旋風、ボサノバや電化サウンドの流行などで、主流派ジャズが翻弄された時代でした。マイルス・デヴィスとジョン・コルトレー ンが時代を席巻したように思います。ここでは、伝統を守り、頑張っていた中間派ジャズを紹介します。
①Sweet Georgia Brown」(July.2.1964)
シカゴ派のオールスターズが、一堂に会してのニューポートジャズフェスティバルでの演奏です。
②「Swinging at the Coppers ‘Rail」(May.2 .1961)
1960年代初頭のバッククレイトン・オールスターズの欧州ツアーの演奏です。私の一番好きなジャズです。
③「Autumn Leaves」(Apr.29.1967)
ドン・バイアスの晩年のドイツで行われたライヴ演奏です。

1.Here is Newport Jazz Festival All Stars play “Sweet Georgia Brown”.
Muggsy Spanier, Max Kaminsky,Wingy Manone, Joe Thomas, George Brumies(tp) ,Lou McGarity(tb) ,Edmond Hall,Peanuts Hucko(cl),George Wein(p),Bob Haggart, Slam Stewart(b),Jo Jones,Buzzy Drootin(ds)  July 2,1964

添付の音源では、最初の曲「Sweet Georgia Brown」含め収録された全12曲を聴くことが可能です。

2. Here is Buck Clayton All Stars play “Swinging at the Coppers ‘Rail”.
Buck Clayton,Emmett Berry(tp),Dickie Wells(tb),Earle Warren(as)
Buddy Tate(ts), Sir Charles Thompson (p), Gene Ramey(b), Oliver Jackson(ds) May 2,1961

3. Here is Don Byas Quartet play “Autumn Leaves”.
Don Byas(ts), Sir Charles Thompson(p), Isla Eckinger(b), Peter Schmidlin(ds)
April 29,1967

ブログ作成者からDon Byasの映像 「Homecoming」を追加致します。

Here is Don Byas Documentary  ’Homecoming’.

・H氏(ODJC会員)

George Lewis in Tokyo 1963(1963年8月21日東京厚生年金会館ホール)

H氏は1965年(3度目の来日)の公演は行かれたそうです。

Here is George Lewis and His New orleans All Stars play “The world Os Waiting For The Sunrise”.

Punch Miller(tp), Louis Nelson(yb), George Lewis(cl), Joe Robichaux(p), Emanuel Sayles(bj), Pap John Joseph(b), Joe Watkins(ds)  August 21,1963

上記来日公演に参加した「パンチ・ミラー(トランペット奏者)」が映画「シンシナティ・キッド」の冒頭シーン(葬送シーン)に出演していた事をお話しされました。

 

Bob Wilber(1)

September 13.2017

Photo by Wikipedia

Yesterday I was investigating about Jazz At Storyville in Boston.

Storyville was opened by Boston native jazz promoter and producer George Wein in 1950.

Photo above of George Wein by courtesy of Discogs

Its name derives from the Red Light District in New Orleans.

Recently I read an interesting interview with George Wein.

The following I quotes Jazz Wax interview .[July 23, 2008]  Go here

JW: Storyville opened in September 1950. Who was the first group booked?

GW: Bob Wilber, who played soprano sax at the time. His original group was a pure Jelly Roll Morton band.
[…].

But he changed his style at Storyville when he added drummer Big Sid Catlett.
[…].

Big Sid was an extraordinary swing drummer. That’s how we opened the club. It was very exciting.

Photo above of Jelly Roll Morton by courtesy of Discogs

Photo above of Sid Catlett by Wikipedia

Frankly speaking I’m not familiar with Bob Wilber,so I would like to post about footprints of Bob Wilbur this week.

From the late 1950s through the 60s, Bob Wilber played and recorded with Bobby Hackett,Benny Goodman, Sidney Bechet, Jack Teagarden and Eddie Condon.

Unfortunately I only have a CD that co-starred with Sidney Bechet.

昨日ボストンの  Storyvilleで録音されたレコードについて調べていました。

Storyvilleは1950年にボストン在住のプロモーターでプロデューサーとして有名なGeorge Weinによって開店されました。

その店名はニューオーリンズの遊郭地区の名前から「Storyville」と名付けられました。

最近George Weinがこの店について語った興味深い記事を読みました。

以下はJazzWaxによるインタービューを引用します。全文はこちらをクリックして下さい。

JW:Storyvilleは1950年9月に開店しましたが、一番最初に出演したのは誰でしたか?

GW:当時ソプラノサックスを主に吹いていたBob Wilberだよ。

従来、Bob Wilberは Jelly Roll Morton bandそっくりの演奏をしていた(中略)

しかし、Storyvilleに出演する際にBig Sid Catlettを起用し演奏スタイルが変わった。(中略)

Big Sid Catlettは素晴らしいスイングドラマーだった。クラブでの演奏も物凄く盛り上がりました。

正直に言いますと私自身あまりBob Wilberについて馴染みがありません。

それ故今週はBob Wilberの足跡について調べたことを投稿したいと思います。

1950年代後半から60年代にかけて、Bob Wilberは Bobby Hackett, Benny Goodman, Sidney Bechet, Jack Teagarden, Eddie Condon達と共演しレコーディングしています。

残念ながら私はSidney Bechetと共演した復刻版のCDしか持っていません。

Here is Bob Wilber’s Jazz Quartet play “Petite Fleur”.

Here is Bob Wilber and Lino Patron and The Band of “Bix” Soundtrack play “I’ll Be A Friend with Pleasure”.

The Jazz Workshop(5)

February 10.2017

hqdefault-2

Photo above og George Wein

Photo above og George Wein

George Wein produced “Trumpet and Guitar Workshop”, at Newport Jazz festival 1966.

Part of an afternoon concert broken up into two parts, a Jazz guitar workshop, and a Trumpet workshop.

We can see Newport Jazz Festival official film.

Billy Taylor (master of ceremonies);
Bobby Hackett, Clark Terry,Ruby Braff, Henry “Red” Allen,Dizzy Gillespie (tp);George Benson,Charlie Byrd, Kenny Burrell(g)

Here is Trumpet and Guitar Workshop(Full Concert – 07/02/66)

Jazz Club in Boston(6)

February 04.2017

kl_000525_cp

In 1950 George Wein opened a club in Boston called Storyville.

I am not going to post about Storyville.

I recommend JazzWax interview with George Wein. Go here and here

I will introduce a topic that is impressive for me.

715zzx4aojl-_sx466_

Wednesday,March 9, Charlie Parker started for Boston, where he was to play a weekend engagement at Storyville.

Unfortunately his cabaret card had been revoked in 1951.

So between 1951 and 1954, Parker appeared five times as a leader at the Hi-Hat and twice more at Storyville.

He worked as a single, usually playing with house trios and an added trumpeter.

George Wein added a second band to the bill for March 10-16 because he predicted Parker’s absence.

51iglynj-nl-_ac_ul320_sr318320_

Lee Konitz had prepared as the second band for Parker’s absence.

He died in the New York apartment of Baroness Nica in March 12.

It took several days for the news to make it to Boston.

Then Konitz had moved on, and Count Basie’s band was at Storyville.

Photo above of Count Basie

41z0pdmktsl-_sx360_bo1204203200_

According to Bird’s Diaries by KEN VAIL, Bird received $650 from George Wein for the week plus $186 for 2 extra days.

Here is Charlie Parker and Red Garland together play “I’ll Walk Alone”.March 1953 at Storyville

Here is Lee Konitz Quartet at the Storyville Club play “Hi Beck”.

Here is Chet Baker plays “Maid In Mexico”(1954)

Here is George Wein plays “Blues for Storyville”
George Wein(P),Warren Vache(Cornet),White Browne(b),Alan Dawson(ds)
December 6, 1985

Aurex Jazz Festival in Japan(2)

The concert program was terrific in those days.

A luxurious four bands had been organized by George Wein.

Unknown

a

Unknown-2

jazzofthe80s-2

The leader Benny Goodman :”King of Swing”

The leader Benny Carter: “Gentlemen of Swing”

The leader Dizzy Gillespie:”Battle of The Horns”

The leader Freddie Hubbard:”Jazz of The 80’s”

index

Benny Carter 84

Incidentally George Benson Group was scheduled to visit Japan.

However, he was not able to visit Japan.

So ‘Gentlemen Of swing’ had been organized by Benny Carter.

Expo’70 Commemorative Park, Osaka, Sep.6, 1980.
Benny Goodman(cl), Teddy Wilson(p), Tony Terran(tp), Dick Nash(tb), Eddie Duran(g), Al Obidinski(b), John Markham(ds)

Aurex Jazz Fest ’80, Yokohama Stadium, Japan, Sept. 7, 1980
Freddie Hubbard (tp),Joe Henderson (ts),George Duke (keyboards),Alphonso Johnson (b)
Peter Erskine (ds)