タグ別アーカイブ: Harry Parry

大阪ジャズ同好会第34回例会概要(3)『渡米前に録音されたジョージ・シアリングの名演』(担当 平野)

December 7,2018

(担当 平野)

12月例会特集(2018年12月2日)は平野が担当させて頂きました。

ジョージ・シアリング(George Shearing)については1946年末、渡米後に録音した「Lullaby of Birdlad(バードランドの子守唄)」や「September in the Rain(九月の雨)」等が有名です。
しかし、渡米前のジョージ・シアリングの演奏については語られることが少ないようです。今回の特集では第二次世界大戦終結を挟んだ期間に録音された演奏を紹介致しました。

今回の特集は「The Early Years」というCD5枚セットに収録された曲を中心に選曲しました。

先ず本CDで最も初期の録音から

「How come you do me like you do ?」  March 2, 1939
George Shearing (p), Carlo Krahmer (ds)

 How Come You Do Me Like You Do

「ブギ・ウギスタイル」での演奏も披露しています。

Blue Boogie

COMPTON, CA.-NOVEMBER 17: Jazz author and critic Leonard Feather at home on November 17, 1977. (Photo by Jon Sievert/Getty Images).

同日の録音ですが、レナードフェザーがピアノを担当しジョージ・シアリングはアコーディオンを演奏しています。

「Squeezin’ the blues」
George Shearing (accor) Leonard Feather (p) Carlo Krahmer (ds)

Squeezin’ The Blues

Photo above of Sid Phillips by Alamy

本CDには当時の名歌手Al Bowlly(出生地はモザンビーク)の伴奏を行った録音も収録されています。

次にSid Phillipsシッド・フィリップス(イギリスの初期に活躍したバンドリーダー)とのトリオ演奏をお聴き下さい。

「Amoresque」 May 5, 1940
Sid Phillips (cl) George Shearing (p) Barry Wicks (ds)

Amoresque

戦時中に録音されたStephane Grappelli(ステファン・グラッペリ)との共演は重要です。

*Stephane Grappelliとの共演について
1939年、Django Reinhardt(ジャンゴ・ラインハルト)はStephane Grappelli とBeryl Davis(ベリル・デイビス)を伴い英国ツアーを行なっていました。しかし第二次世界大戦勃発によりDjango Reinhardtはパリに帰りましたがStephane Grappelli とBeryl Davisはロンドンに残りました。
二人はArthur Young(アーサー・ヤング)率いるThe Hatchett Swingtetteで初共演しています 。

*Arthur Youngが演奏しているNovachord(ノヴァコード) について
Novachord(ノヴァコード) はハモンド社が1937年発表、1939年~1941年に製造された世界最初の減算合成型ポリフォニック・シンセサイザー製品(楽器)です。

「The sheik of Araby」July 8, 1940
Arthur Young (novachord,dir) Bill Shakespeare (tp) Dennis Moonan (cl,ts) Stephane Grappelli (vln) George Shearing(p) Chappie d’Amato, Jack Llewellyn (g) George Senior (b) Tony Spurgin (ds)

The sheik of Araby

Stephane Grappelliをリーダーとするバンドに参加して以降、二人の親交は深くなっていきます。
5. 「Stephane’s tune」July 30, 1940
6.「After You’ve GoneI 」July 30, 1940
Stephane Grappelli, Stan Andrews (vln) Reg Conroy (vib) George Shearing (p) Jack
Llewellyn (g) Harry Chapman (harp) Hank Hobson (b) Al Philcock (d)

 Stephane’s Tune

 After You’ve Gone

Photo above of Beryl Davis by Gettyimages

「Star eyes」 October 6, 1943
Stephane Grappelli (vln) George Shearing (p) Alan Mindell(g), Joe Nussbaum(b), Dave Fullerton (ds), Beryl Davis (vcl)

 Star Eyes

Photo above of Harry Parry by YouTube

Harry Parry(ウエールズ出身)率いる小編成バンドから2曲お聞き下さい。

「Softly, as in a morning sunrise」 January 28, 1941
Harry Parry (cl) Roy Marsh (vib) George Shearing (p) Joe Deniz (g) Tommy Bromley
(b)Ben Edwards(ds)

 Softly As In A Morning Sunrise

「Parry Opus」May 3, 1941
Harry Parry (cl) Roy Marsh (vib) George Shearing (p) Frank Deniz (g) Sam Molyneaux(b) Ben Edwards (ds)

Parry Opus

「Guilty」 December 21.1943

George Shearingのピアノソロ演奏は素晴らしいです。

 Guilty

オーケストラ (George Evans Orchestra) の一員として戦時中の「戦意高揚」を目的としたような演奏にも参加していました。ピアのソロの部分までお聞きして下さい。

「Mean To Me」October 23,1944

Mean To Me

次は Harry Hayes ビッグバンドでKenny Bakerと共演しています。

「Five Flat Flurry」February 14, 1944
Kenny Baker (tp) Harry Hayes (as) Aubrey Franks (ts) George Shearing (p) Tommy
Bromley (b) Carlo Krahmer (ds)

 Five Flat Flurry

エリントンサウンドを醸し出すようなHarry Hayes楽団の演奏です。

「Blue charm」 October 7, 1946
Harry Hayes and His Band with George Shearing
Leo Wright (tp) Harry Hayes (as) Tommy Whittle (ts) Bill Lewington (bar) George
hearing (p) Alan Ferguson (g) Bert Howard (b) Billy Wiltshire (ds)

 Blue Charm

渡米後のシアリングでは聴けない演奏です。本録音後(翌年)、米国ジャズシーン(52st)にデビューしました。

「Rockin’ in rhythm」 December 13, 1946
Harry Hayes and His Band with George Shearing
Leo Wright (tp) Harry Hayes (as) Tommy Whittle (ts) Bill Lewington (bar) George
Shearing (p) Alan Ferguson (g) Bert Howard (b) Johnny Wise (ds)

Rockin’ in rhythm

最後に一番印象に残った録音で締めさせて下さい。

「Moonray」 April 28,1942

Moonray

尚、過去4回に分けて投稿した拙ブログも添付致しましたので、お時間あればご覧下さい。

(1)2018年7月6日

(2)2018年7月9日

(3)2018年7月12日

(4)2018年7月14日

The Young George Shearing(4)

July 14.2018

Photo by allaboutjazz

英国でのGeorge Shearingの活動について記載してまいりました。最後に英国の音楽誌「Melody Maker」の名前を冠したグループでの録音を紹介します。

1926年に英国で創刊されたMelody Maker誌(メロディーメーカー誌)は読者からの人気投票で選抜されたミュージシャンによる録音を毎年行っていました。

George Shearingも1942年にMelody Maker’s Competition Bandというバンドに参加しています。

Here is Melody Maker’s Competition Band play “Red Duster Rag”.
Dave Wilkins, Kenny Baker, Tommy McQuater (tp), George Chisholm, Woolf Phillips (tb), Harry Parry (cl), Harry Hayes (as), George Evans, Aubrey Frank, Reggie Dare (ts), George Shearing (p), Joe Deniz (g), Tommy Bromley (b), Jock Cummings (d).
May 31, 1942.

Red Duster Rag

Photo above of Ronnie Scott by courtesy of Heritage Lottery Fund

1947年(渡米後、一時帰国した時)には Melody Maker’s Jazz Rallyというバンドで録音しています。
主なメンバーはHarry Hayes BandとWoolf Phillips Band(Sid Phillipsの弟)から選抜され、Ronnie Scottが参加しています。
余談ですが同日行われた別のグループのピアニストとしてラルフ・シャロン(Ralph Sharon)が参加していたことも注目されます。同じスタジオにGeorge ShearingとRalph Sharonが待機していたことを初めて知りました。

Here is Melody Maker’s Jazz Rally play “Blue moon”.
Reg Arnold (tp) Woolf Phillips (tb) Frank Weir (cl) Ronnie Scott (ts) George Shearing (p) Pete Chilver (g) Jack Fallon (b) Norman Burns (d) London, June 29, 1947

Blue moon

上記の録音(1947年6月)後、Harry Hayesコンボと共演した演奏が英国で最後の録音となっています。本演奏は残念ながら聞いた事がありません。
Dinner jacketとThe be-bop”  July 22, 1947
尚、後年Harry Hayes自ら発売したCDに上記録音が収録されています。
こちらを参照して下さい。➡こちら

Ralph Sharonについては過去の拙ブログもご覧下さい。➡ こちら

Photo by courtesy of Vintage Magazine Company

 

The Young George Shearing(2)

July 09.2018

During World War II, the young pianist teamed with Stephane Grappelli who spent the war years in London.

George Shearing(ジョージ・シアリング)が渡米前に行った録音(1940年〜43年)について、Tom Lord “The JAZZ Discography”に記載された録音データから確認してまいります。

sid-phillips-uk-jazz-musician-and-composer-1907-to-1973-A04TJT

Photo above of Sid Phillips by Alamy

1940年

・Sid Phillips(シド・フィリップス=クラリネット奏者でバンドリーダー)との演奏
Here is Sid Phillips Trio play “Amoresque”.
Sid Phillips (cl) George Shearing (p) Barry Wicks (d) London, May 6, 1940
Amoresque

・ Arthur Young(アーサー・ヤング)率いるThe Hatchett Swingtetteに参加し Stephane Grappelliと共演しています 。
Here is Arthur Young and the Hatchett Swingtette play “The sheik of Araby”.
Arthur Young (p,novachord,dir) Bill Shakespeare (tp) Dennis Moonan (cl,ts) Stephane Grappelli (vln) George Shearing(p) Chappie d’Amato, Jack Llewellyn (g) George Senior (b) Tony Spurgin (d) London, July 8, 1940
The sheik of Araby

尚、Arthur Youngが演奏しているNovachord についてWikipediaを引用しました。

「Novachord(ノヴァコード) 」はハモンド社が1937年発表、1939年~1941年に製造したおそらく世界最初の減算合成型ポリフォニック・シンセサイザー製品である。」

1941年

302303

Photo above of Harry Parry by YouTube

・Harry Parry(ハリー・パリー=ウェールズ出身のクラリネット奏者)楽団に参加
Here is Harry Parry ando Radio Rhythm Club Sextet play  “Softly, as in a morning sunrise”.
Harry Parry (cl) Roy Marsh (vib) George Shearing (p) Joe Deniz (g) Tommy Bromley (b) Ben Edwards (d) London, January 28, 1941
Softly, as in a morning sunrise

・1941年2月以降はStephane Grappelli との共演を重ねながら「ソロ演奏」も録音しています。
Here is Stephane Grappelli with George Shearing play  “I never knew”.
Reg Conroy (vib) George Shearing (p,arr) Sid Jacobson (g) Harry Chapman (harp) Stephane Grappelli, Stan Andrews, Eugene Pini (vln) unknown (cello) George Gibbs (b) Jock Jacobson (d) Dennis Moonan (alto-vln) London, February 28, 1941
I never knew

・ Harry Parry のコンボ録音に参加
Here is  Harry Parry with George Shearing play “Dim blues”.
Harry Parry (cl) Roy Marsh (vib) George Shearing (p) Frank Deniz (g) Sam Molyneaux (b) Ben Edwards (d) London, May 3, 1941
Dim blues

1942年

Here is George Shearing plays “ Rosetta”.
George Shearing(solo) London, April 28, 1942
Rosetta

Here is George Shearing plays “Coquette”.
George Shearing(solo) London, April 28, 1942
Coquette

Here is George Shearing plays  “Time on my hands”.
George Shearing(solo) London, December 12, 1942
Time on my hands

1943年

Here is Stephane Grappelly And His Quintet play “Star dust”.
Stephane Grappelli (vln) George Shearing (p) Dave Fullerton (d) unknown bar, g and b (バリトンサックス・ギター・ベースは不明)
London, January 28, 1943
Star Dust

Here is Stephane Grappelly And His Quintet with Beryl Davis(vo) play “Heavenly music “.
Stephane Grappelli (vln) George Shearing (p) unknown el-g, b, Dave Fullerton (d,vcl) Beryl Davis (vcl) (ギター・ベースは不明)
London, October 6, 1943
Heavenly music

Stephane Grappellyとの共演についてはFB友長谷川光氏のブログを参考にしました。

1939年Django ReinhardtとStephane Grappelli はBeryl Davis(ボーカル)を伴い英国ツアーを行なっていました。しかし第二次世界大戦勃発によりDjango Reinhardtはパリに帰りましたがStephane Grappelli とBeryl Davisはロンドンに残りました。

詳細はこちら

Beryl Davis については下記を参照しました。

➡こちら

 

The Young George Shearing(1)

July 06.2018

fullsizeoutput_106f

Today I would like to post about the early George Shearing’s recordings.

George Shearing was hired by Vic Lewis as pianist.

Then Vic Lewis and George Shearing recorded some recordings.

Unfortunately I have never heard of these recordings.

Vic Lewis heavily used George Shearing while changing his group name until April 1939.

Below is Vic’s group names including George Shearing from 1938 to 1939.

A-505124-1412706332-7283.jpeg

Photo above of Vic Lewis by courtesy of Discogs

Tom Lord ”The JAZZ Discography”から録音されたグループ名と録音日時を記載します。

・Vic Lewis And Carlo Krahmer Blue Six(June, 1938)

・Vic Lewis And Carlo Krahmer Blue Seven(June 28, 1938)

・Vic Lewis And Carlo Krahmer Band(June 30, 1938)

・Vic Lewis Jersey Jumpers(September 22, 1938)

・Vic Lewis Chicago Stompers(September 24, 1938)

・Vic Lewis/Carlo Krahmer Band(January 10, 1939)

・Vic Lewis And Carlo Krahmer Stompers(April 3, 1939)

・Vic Lewis And Carlo Krahmer Chicagoans(April 1939)

・Vic Lewis And Carlo Krahmer’s Boys(February 13, 1940)
*Love is just around the cornerを録音するも未発売

About Vic Lewis, please refer to this website。Go here

About Carlo Krahmer, please refer to this website.Go here

ジョージ・シアリング(George Shearing)が渡米前に行った録音(1938~39)について調べました。

上記に録音されたグループ名と録音日時を記載しましたが、ジョージ・シアリングが参加した録音を聞くことが出来ません。

上記Vic Lewis〜Carlo Krahmers楽団でのジョージ・シアリングの演奏を聞いてみたいです。

次回は1941年に参加したHarry Parry and Radio Rhythm Club Sextetについて投稿します。

ヴィック・ルイス(Vic Lewis)については⇨こちら

カーロ・クラーマー(Carlo Krahmer)については⇨こちら

1939年にレナード・フェザー(Leonard Feather)並びにCarlo Krahmerと共演した音源を添付しました。

Here is George Shearing plays “How come you do me like you do ?”.
George Shearing(p), Carlo Krahmer(d) London, March 2, 1939

How come you do me like you do _

Here is George Shearing plays “Stomp in F”.
George Shearing(p), Carlo Krahmer(d) London, March 2, 1939

Stomp in F

最後にジョージ・シアリングがアコーディオンを演奏した珍しい録音をお楽しみ下さい。
Here is George Shearing plays “Squeezin’ the blues”.
George Shearing(accordion),Leonard Feather (p), Carlo Krahmer (d)
London, March 2, 1939

Squeezin’ the blues