タグ別アーカイブ: Herb Ellis

神戸ジャズ愛好会2017年5月例会概要『Verveレーベルの名演』

May 19,2020

2017年5月28日に開催された神戸ジャズ愛好会5月例会概要を作成しました。

・Y瀬氏

「私のVerveはピーターソン」
①ノーマン・グランツとオスカー・ピーターソンの関わりは1949年以降、Clet, Norgran, Verve を通じて長く続いたのはご存じの通りですが、まずエラと共に引き抜いてきた旦那のレイ・ブラ ウン(b)とデュオを組ませ、そこにギターのバーニー・ケッセルを加えて最初のトリオを結成したのは1951年です。
②翌1953年にギターがハーブ・エリスに交代。5年続いたこのトリオは、ドラムス(バディ・リッ チ、アルヴィンストーラー)を加えたカルテットでも演奏を残しております。
③1958年のエリス退団を機にドラマーとの新トリオ結成を決断して選んだのがエド・シグペン。作曲家単位の「ソングブック」シリーズがヒットし、不動の「ザ・トリオ」の座に。

①Here is Oscar Peterson Trio play “The man I Love”.
Oscar Peterson(p),Ray Brown(b),Barney Kessel(g) November 25, 1951

 

Here is Oscar Peterson Trio play “9:20 special”.
Oscar Peterson (p) Herb Ellis (g) Ray Brown (b) Buddy Rich (d)
LA, December 27, 1955

Here is Oscar Peterson Trio play “Summertime”.
Oscar Peterson((p),Ray Brown(b),Ed Thigpen(ds) October 12,1959

・I氏

Here is Jimmy Smith play “Cat”.
Ernie Royal, Bernie Glow, Snooky Young, Jimmy Maxwell, Marky Markowitz, Thad Jones (tp) Jimmy Cleveland, Urbie Green, Billy Byers (tb) Tony Studd (b-tb) Ray Alonge, Earl Chapin, Jimmy Buffington, Bill Correa (fhr) Don Butterfield (tu) Jimmy Smith (org) Kenny Burrell (g) George Duvivier (b) Grady Tate (d) Phil Kraus (perc) Lalo Schifrin (arr,dir) New York, April 27, 1964

Here is Herbie Hancock play “Scarborough Fair”.
Michael Brecker (ts,sop) Herbie Hancock (p,arr) John Scofield (g,el-g) Dave Holland (b) Jack DeJohnette (d,el-perc) Don Alias (perc) Bob Belden (arr) with: Lester Lovitt, Oscar Brashear (tp-1,flhrn-1) Maurice Spears (b-tb-1) Suzette Moriarty (frh-1) Sam Riney, William E. Green (fl-1,alto-fl-1) Gene Cipriano (oboe-1,eng-hrn-1) Gary Herbig (b-cl-1,fl-1) Lili R. Haydn, Margaret R. Wootn, Richard S. Greene (vln-2) Cameron L. Stone (cello-2) New York & West Hollywood, CA, 1995

・M渡氏


「The Interpretations Of Tal Farlow: Tal Farlow Quartet」より4曲

Here is Tal Farlow Quartet play  “These foolish things”.
Claude Williamson (p) Tal Farlow (g) Red Mitchell (b) Stan Levey (d)
Los Angeles, January 17, 1955

Here is Tal Farlow Quartet play “Manhattan”.

Here is Tal Farlow Quartet play “It’s You or No one”.

Here is Tal Farlow Quartet play “Just one of those things”.

・T川氏

Here is Lu Watters plays “Irish Black Bottom”.
Lu Watters(tp) Warren Smith(tb) Bob Helm(cl) Wally Rose(p) Pat Patton(bj)
Clancy Hayes(g) Dick Lammi(b) Bill Dart(ds)(June or July,1950

Here is Kid Ory play “Song Of The Wanderer”.
Kid Ory(tb) Marty Marsale(tp) Darnell Howard(cl) Cedric Haywood(p)
Frank Haggerty(g) Charles Cden(b) Earl Watkins(ds)  Aug 25,1957

Here is Lester Young Quartet play “All Of Me”.
Lester Young(ts) Teddy Wilson(p) Gene Ramey(b) Jo Jones(ds) Jan 13,1956

Here is Stan Getz Quartet play “The Way You Look Tonight”.
Stan Getz(ts) Duke Jordan(p) Jimmy Raney(g) Bill Crow(b) Frank Isola(ds) Dec 12,1952

・N瀬氏

Here is  Dizzy Gillespie/Sonny Stitt/Sonny Rollins play “The Eternal Triangle”.
Dizzy Gillespie (tp,vcl) Sonny Stitt, Sonny Rollins (ts) Ray Bryant (p) Tommy Bryant (b) Charlie Persip (d)  New York, December 19, 1957

・K氏

Here is Gerry Mulligan And The Concert Jazz Band play “Comerain or Come Shine”.
Don Ferrara, Clark Terry, Nick Travis(tp),  Willie Dennis(tb),  Alan Raph(btb), Bob Brookmeyer(vtb),Bob Donovan(as), Gene Quill(as,cl),  Jim Reider(ts), Gene Allen, Gerry Mulligan(bs,p),Bill Crow(b), Mel Lewis(ds)
“Village Vanguard”, NYC, December 11, 1960

Here is J.J.Johnson Quartet play “My favorite things”.
J.J. Johnson (tb) Hank Jones (p) Richard Davis (b) Walter Perkins (d)
New York, April 6, 1963

大阪ジャズ同好会第41回例会持ち寄り(2020年2月9日)『ジャム・セッションの名演』②

 

February 13,2020

2月例会『ジャム・セッションの名演』後半ですが、例会案内の一部を引用します。

「戦前からジャム・セッションは存在していましたが、それを商業的なコンサートにしたのはノーマン・グランツでした。」

Photo above of Norman Granz by courtesy of Penn State News

・寺本世話人

「J.A.T.P. At The Opera House」(Verve.MI 3009)
本アルバムは日本盤JATPシリーズを購入された熱心なファンにプレゼントされた非売品です。

Lester Young, Illinois Jacquet, Flip Phillips(ts) Sonny Stitt(as) , Oscar Peterson (p) Herb Ellis(g), Ray Brown (b), Jo Jones(ds) ” Shrine Auditorium”, LA, CA, Oct.25, 1957

上記録音は「Stan Getz & J.J.Johnson lat The Opera House」(stereo盤)と同じ日、同じ場所での録音です。

アルバムの表裏写真を添付します。

当日ご紹介された「The Slow Blues」は音源の関係で提供できませんので、代替として10月9日に行われた別グループの録音を添付します。

Here is JATP All Stars At The Opera House play “Stuffy”.
Roy Eldridge (tp) J.J. Johnson (tb) Stan Getz, Coleman Hawkins (ts) Oscar Peterson (p) Herb Ellis (g) Ray Brown (b) Jo Jones (ds)
Concert “Shrine Auditorium”, Los Angeles, October 9, 1957
Verve MGV8267, MGVS6029, V-8489,

1957年の映像を添付します。

Here is Jazz At The Philharmonic 1957 Little Jazz Roy Eldridge
Roy Eldridge(tp),Oscar Peterson(p) Herb Ellis(g),Ray Brown (b),Jo Jones(ds)

・平野

選曲に際しては戦前からアメリカで発売されていた雑誌”Esquire’s Jazz Book”を参考にしました。

1.Esquire Metrpolitan Opera House Jam Session
Here is Esquire All Stars play “Spotlight Band Thema~Esquire Blues”.
Roy Eldridge (tp), Jack Teagarden (tb), Barney Bigard (cl), Coleman Hawkins (ts),
Art Tatum (p), Al Casey (g), Oscar Pettiford (b) ,Sidney Catlett (ds)
Metropolitan Opera House, New York, January 18, 1944

上記コンサートについては下記添付の拙ブログにも記載しました。

こちら ▶️

2. Esquire Poll Winners 1947(Coleman Hawkins And His All Stars)
Here is Esquire Poll Winners 1947 play “Jumpin’ for Jane”
Fats Navarro (tp) ,J.J. Johnson (tb), Budd Johnson (as), Coleman Hawkins (ts) ,
Marion DiVeta (bs) ,Hank Jones (p), Chuck Wayne (g) ,Jack Lesberg (b), Max Roach (ds)
New York, December 11, 1947

第26回神戸ジャズサロン(20191020)「ウイズ・ストリングスの魅力」②

October 23,2019

特集「ウイズ・ストリングスの魅力」の2回目は平野が持参した「BUDDY DeFRANCO with Strings」について投稿させて頂きます。

上記10インチアルバムは「EP2枚組(X253)」と同一内容であります。

1993年、「LP名盤コレクション・オン・ヴァーブ パート2」として「モダン・クラリネッツ/バディ・デフランコ〜ハンク・ダミコ)」が発売されました。(解説は暮井 屯氏)

裏面のハンク・ダミコについては拙ブログを参照願います。

こちら ▶️

Buddy DeFranco with Stringsの編曲・指揮はリチャード・モルトビー(Richard Maltby)が担当しております。

以下日本盤の順に全曲添付します。

Buddy DeFranco(cl),Kenny Drew(p), Curley Russell(b-2,4,6,8) ,Milt Hinton(b-1,3,5,7),Art Blakey(ds) ,Lotus Marztinez(conga), Richard Maltby(arr.cond)
with strings   NYC, October 1952 and January 1953

1.I’M GETTING SENTIMENTAL OVER YOU

2. STREET SCENE

3.Many ARE THE TIMES

4.OVER THE RAINBOW

5.LOST IN THE NIGHT

6.SUMMERTIME

7.THE SONG FROM MOULIN ROUGE

8.KAMASUTRA

Photo by courtesy of Fabrice Zammarchi(「A Life in the Golden Age of Jazz」の著者です)

バディ・デフランコはヴァーブレコードに移籍後もストリングス編成でアルバムを残しています。ガーシュイン作品集という事でMGM盤よりも有名だと思います。シングル盤しか所蔵しておりません。(EPN-91)

Here is Buddy DeFranco plays ”The Man I Love”
Harry Betts, Nick DiMaio, Murray McEachern, Dick Noel, Tommy Pederson (tb) Nick DeRisi (fhr) Buddy DeFranco (cl) Marty Berman, Jack Dumont, Herman Glunker, Jules Jacobs (woodwinds) Oscar Peterson (p) Herb Ellis (g) Ray Brown (b) Bobby White (d) + strings, Russ Garcia (arr,cond)
LA, December 6,1954

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Bob Wilber(5)

September 17.2017

Photo by courtesy of Riverwalk Jazz Stanford University Libraries

In 1980s Bob Wilber had been active in jazz education as musical director of the Smithsonian Jazz Repertory Ensemble.

Also he was the musical director for the soundtrack to the movie The Cotton Club(1984).

Then he recorded frequently through the years for many labels, including Arbors in the ’90s and 2000s.

Recently I found an interesting website about Bob Wilber.

The interview of Bob Wilber is posted on this site.Go here

1980年代、Bob Wilberは The Smithsonian Jazz Repertory Ensembleの音楽監督として後進へのジャズ教育を積極的に行っていました。

又、1984年に製作された「The Cotton Club(フランシスコッポラ監督)のサウンドトラック盤の音楽監督を務めました。(映画全体の音楽担当はJohn Barry)

その後、1990年代以降2000年代にArborレーベル他多くのレコード会社に数多くの作品を録音しています。

最近Bob Wilberに関して興味深いwebsiteを見つけました。(2017年8月10日更新)

Bob Wilberへのインタビューがwebsiteサイトに掲載されています。こちらをクリックして下さい。

Here is Bobby Hackett Sextet with Bob Wilber play “Swing That Music”.
Bobby Hackett (c), Urbie Green (tb), Bob Wilber (cl), Dave McKenna (p), Nabil Totah (b), Morey Feld (d). NYC, January 1962.

Here is Arbors Recrds Jazz Party 3 Clarinets play “Bye Bye Blues”.(1995)
Kenny Davern, Bob Wilber, Buddy DeFranco(cl),Herb Ellis(g)