タグ別アーカイブ: Herbie Hancock

神戸ジャズ愛好会11月例会(2019年11月24日)②

November 28,2019

神戸ジャズ愛好会11月例会概要の後半(2回目)もお楽しみ下さい。

最初に特集『私の好きなマイルス・デヴィスの演奏』でご紹介された演奏です。

・Kb氏

「Miles Davis Quintet Live In Europe 1967」
当日ご紹介された2曲を含め4曲添付します。

Here is Miles Davis Quintet play “Agitation~Footprints~Around Midnight~Gingerbread Boy”.
Miles Davis(tp) Wayne Shorter(ts) Herbie Hancock(p)Ron Carter(b)Tony Williams(ds)

・Sw氏「大好きなTime After Timeを聴いて下さい」

Here is Miles Davis play “Time After Time”.
Live in Germany 1988 (Munich Philharmonic Concert Hall)

・N瀬氏

「Miles Davis Live in Montreux 1991」
Here is Miles Davis plays “Introduction〜 Boplicity〜Maids Of Cadiz〜The Duke〜My Ship〜Miles Ahead〜Blues For Pablo〜Orgone〜Gone, Gone, Gone〜 Summertime〜Here Come De Honey Man〜The Pan Piper〜Solea”.

映像コーナー『North Sea Jazz Festiva 1979〜Tenor Saxophone Battle』

Here is Tenor Saxophone Battle, North Sea Jazz Festival 15 July 1979.
Illinois Jacquet, Dexter Gordon, Arnett Cobb, Buddy Tate and Budd Johnson
Hank Jones(p) Gene Ramey(b) Gus Johnson(ds)

21:20〜「Laura」by Dexter Gordon
28:30〜「Darn That Dream」by Illinois Jacque
3305〜「Yesterday」by Budd Johnson
38:08〜「Deep Purple」by Arnett Cobb
42:55〜「She Got It」by Arnett Cobb and Buddy Tate

神戸ジャズ愛好会11月例会(2019年11月24日)特集『私の好きなマイルス・デヴィスの演奏』①

November 27,2019

今月のテーマ『私の好きなマイルス・デヴィスの演奏』でしたが、参加者は13名で少なかったです。

・Y 瀬氏(当日配付されたレジュメの記載を編集せず転載しました)

名盤マイルス「BAGS GROOVE」の裏側
ご存じプレスティッジ1954年のこの名盤は実に様々な不思議を孕んでいます。看板に偽りありというか、冒頭のタイトル曲(2バージョン)を除けば、ピアノがホレス・シルバーで採ったたソニー・ロリンズを売り出すための盤というのが、同年6月に録音した5曲セッションの実態です。そこへ作曲者であるミル ト・ジャクソンのヴァイブとピアノのセロニアス・モンクを招き12月のクリスマイヴに採ったセッションを、無理やりにくっ付けたような形で構成したこのが1枚。12月に録音された他の曲は後に「マイルスとモダンジャズジャイアンツ」として、 プレスティッジから発売され、「ザ・マン・アイ・ラブ」でのマイルスとモンクの「喧嘩セッション」で知られましたし、ベースがパーシー・ヒース、ドラムスがケニー・クラークということで、同社ワインストック社長のジョン・ルイス嫌いも取りざたされました。1996年7月号
のスイング・ジャーナル誌に載ったミルトのインタビュー記事によると、この曲は1952年にブルーノート盤吹き込みの際に作曲。ミルト(あだ名BAG=がま蛙)に「乗ってるかい」と声をかけるケーニー・ク ラークの口ぐせから命名の由来。録音時にやって来た、アコーディオン奏者のマット・マシューズとウィマー出版にたった25ドルで版権すべてをだまし取られ、取り戻すために1万5000ドル使ったとか。曲名に「ニュー」を付けたり、苦労したそうで、版権料が最も多額だったのは日本だったそうです。

 

 

Photo above of Mat Mathews by courtesy of Freshsound

 

Here is Miles Davis Quintet play ”Bag’s Groove (Take 1)” .
Miles Davis (tp) Milt Jackson (vib) Thelonious Monk (p) Percy Heath (b) Kenny Clarke (d) Hackensack, NJ., December 24, 1954

当日は1952年ブルーノート盤もご紹介されましたが、マイルスは参加しておりませんので省略致します。

・T川氏「トラッドジャズ専門ですのでマイルスはほとんど持っていません。数少ない手持ちから4曲選びました」
Here is Miles Davis All Stars play “Milestone”.
Miles Davis(tp) Charlie Parker(ts) John Lewis(p) Nelson Boyd(b) Max Roach(ds)
New York, August 14, 1947

Here is Miles Davis Sextet play “Whispering”.「レス・ポールの曲が好きで選曲しました」
Miles Davis (tp) Bennie Green (tb) Sonny Rollins (ts) John Lewis (p) Percy Heath (b) Roy Haynes (d) New York, January 17, 1951

Here is Sonny Rollins Quartet play “I Know”.「マイルスのピアノ演奏を聴いて下さい」
Sonny Rollins (ts) Miles Davis (p) Percy Heath (b) Roy Haynes (d) New York, January 17, 1951

Here is Miles Davis plays “My funny Valentine”.
Miles Davis (tp) Red Garland (p) Paul Chambers (b) Philly Joe Jones (d) Hackensack, NJ., October 26, 1956

・F川氏「4部作の内「Steamin'(May 11, 1956)」から2曲選曲しました」

Here is Miles Davis Quintet play ”Surrey With The Fringe On Top”.
Miles Davis(tp) John Coltrane(ts) Red Garland(p) Paul Chambers(b)
Philly Joe Jones(ds)

Here is Miles Davis plays ”When I Fall In Love”.
Miles Davis(tp) Red Garland(p) Paul Chambers(b) Philly Joe Jones(ds)

・S氏「アルバムではIn a Silent Wayが好きです」

Here is Miles Davis plays ”In a Silent Way〜It’s About That Time”.
Miles Davis (tp) Wayne Shorter (sop) Herbie Hancock, Chick Corea (el-p) Joe Zawinul (org) John McLaughlin (el-g) Dave Holland (b) Tony Williams (d)
New York, February 18, 1969

・寺本氏

「The Unissued Cafe Bohemia Broadcasts / Miles Davis Quintet with John Coltrane」より3曲

Miles Davis(tp) John Coltrane(ts) Red Garland(p) Paul Chambers(b) Philly Joe Jones(ds) Broadcast, “Cafe Bohemia”, Greenwich Village New York
Here is Miles Davis Quintet play ”It Never Entered My Mind”.
September 15, 1956

Here is Miles Davis Quintet play “Stablemates”.
September 29, 1956

Here is Miles Davis Quintet play “Walkin'”.(All of Youが続きます)
April 13,1957

(再)大阪ジャズ同好会第36回例会(2019年4月14日) 概要④持ち寄り「『マイ・ベスト・マイルス・デヴィス』(後)

April 18,2019

参加者持ち寄り『マイ・ベスト・マイルス・デヴィス』「スイング時代のビッグバンド」の後半は寺本氏と平野が選曲した演奏をお楽しみ下さい。

・寺本氏

With Cannonball Adderley 「Somethin’ Else」 (Blue Note )より
「Autumn Leaves」 Alternate take(別テイク)
Miles Davis(tp), Cannonball Adderley(as), Hank Jones(p), Sam Jones(b), Art Blakey(ds)
Van Gelder Studio, Hackensack, NJ, March 9, 1958

別テイクについては下記サイトをご覧下さい。

こちら ▶️

当日ご紹介された音源の代替としてヨーロッパ公演(1964年)の映像を添付しました。(今回は1960年代以降の持ち寄りがございませんでした)

Here is Miles Davis Quintet play “Autumn leaves”.
Miles Davis(tp), Wayne Shorter(ts), Herbie Hancock(p), Ron Carter(b), Tony Williams(ds) October 11, 1964.

・平野

「FM東京アスペクトインジャズ」から
「The Man I Love (Alternate take)(油井正一解説付)」
Miles Davis And The Modern Jazz Giants (Prestige PRLP 7150)
Miles Davis(tp), Milt Jackson(vib), Thelonious Monk(p), Percy Heath(b),Kenny Clarke(ds) NJ, December 24, 1954

 

上記解説は「あどりぶ寄席(アドリブ創刊号)」に詳述されております。
例会当日に回覧したページを添付致します。アドリブ創刊号242ページ〜245ページ)

 

Photo above of Juliette Greco & Miles Davis by courtesy of Pinterest

神戸ジャズサロン10月例会概要「ビブラフォンの名演・好演・お気に入り」①

October 30,2018

先日、神戸ジャズサロン(神戸ジャズ愛好会と会員は同じ)に参加しました。

例会の案内をご覧下さい。

樹々の紅葉も目立ち初めて秋の彩りが目を楽しませます。

1. 今回のテーマ ビブラフォンの名演・好演・お気に入りの盤などご紹介下さい。
2.その他新譜や未知の音源、愛聴盤などもお持ち下さい。
・日時  10月28日(日)    13時半~16時半
・会場  高砂ビル5階 音楽サロン
・会費 5百円

特集の「ビブラフォンの名演・好演・お気に入りの盤」には9人の会員がお気に入りの録音盤を持ち寄りました。今回は5人がご紹介された演奏家をお楽しみ下さい。

C氏
Eddie Costa

Here is Mike Cuozzo Quintet play “There Will Never Be Another You”.
Mike Cuozzo (ts), Eddie Costa (vib), Ronnie Ball (p), Vinnie Burke (b), Kenny Clarke (ds) November 22, 1955

Here is Mike Cuozzo Quintet play “What Is this Thing Called Love”.
Members of the recording are the same as above.

Photo above of Emil Richards by courtesy of AllMusic

K氏
Emil Richards,Gary Burton

Here is Paul Horn Quintet play ”Something Blue”.
Paul Horn (ts, fl),Emil Richards(vib),Jimmy Bond(b),Paul Moer(p), Billy Higgins(ds)
Los Angeles, March, 1960

Here is Gary Burton and Ralph Towner play “Innocente”.
Gary Burton(marimba) ,Ralph Towner(g) Montréal, Quebec, July, 3 1989

Photo by Wikipedia

S氏
Lionel Hampton
ピアノ演奏も併せてご紹介されましたのでピアノを弾いている映像を添付しました。

Here is Lionel Hampton plays ”Hamp’s Boogie Woogie” (1990).
Montreal Jazz Festival, July 7, 1990.

Photo by courtesy of IMDV

下記はブログ作成者のお気に入りです。 テレビ番組の司会はパティ・ペイジ(Patti Page)です。
Here is Lionel Hampton plays ”Flying Home (1957)”.

F川氏
George Shearing,Dany Doriz,Peter Appleyard

Here is George Shearing Quintet play ”September In The Rain”.
Marjorie Hyams (vib) George Shearing (p) Chuck Wayne (g) John Levy (b) Denzil Best (ds) New York, February 17, 1949

Here is George Shearing Quintet play ”Pick Yourself up”.
New York, July 5, 1950
Members of the recording are the same as above.

例会ではAir Mail Special を紹介されましたが、音源の関係で下記を添付しました。

Here is Scott Hamiton and Dany Doriz Quartet play “Jumpin’ At The Woodside”.
Scott Hamilton (ts), Philippe Duchemin (p), Dany Doriz(vib), Patricia Lebugle(b), Didier Dorise(ds) November 29,2012

Photo above of Emilie-Claire Barlow by courtesy of The Star Toronto Star

Here is Peter Appleyard with Emilie-Claire Barlow(vo) play “After You’re Gone”.
Peter Appleyard (vib), John Sherwood (p) ,Carol Welsman ,(p,) Reg Schwager (g) Neil Swainson (b) Terry Clarke (ds) Emilie-Claire Barlow (vcl)
Toronto, Canada 2012

2013年7月Peter Appleyard(ピーター・アップルヤード)が亡くなった時の追悼映像を添付します。

Here is Peter Appleyard plays ”Tangerine”.

Photo above of Bobby Hutcherson by courtesy of NewMusicBox(New Music USA)

I氏
Bobby Hutcherson,Gary Burton

Here is Bobby Hutcherson Quartet play ”When You Are Near”.
Bobby Hutcherson (vib,marimba,d-1), Herbie Hancock (p), Bob Cranshaw (b), Joe Chambers (ds) N.J., February 8, 1966

例会ではFallling Graceを紹介されましたが、作成者お気に入りの下記を添付しました。

Here is Chick Corea and Gary Burton play “Crystal Silence”.
Zurich Octover.28, 1979

大阪ジャズ同好会第30回例会概要(1)

April 9.2018

miles-davis-2_wide-b2ba5a4cdd0039f88f30a83a579e47dc9874b5bd-s900-c85

Photo by NPR

(1)特集『60年代のマイルスミュージックを掘る』  ナビゲーター 矢木明氏

1960年代のマイルスは実に多くのミュージシャンと共演しながらジャズシーンを作り上げていきました。モード・ジャズからエレクトリック・ジャズへと変遷する60年代の多種多彩な音源をご紹介されました。

配付されたレジュメを添付しました。⇨こちらをクリックしてPDFをご覧下さい。矢木氏配布資料

会場ではCDでのご紹介でしたので、本ブログではYouTubeでのライブ映像も添付しました。

Photo by courtesy of kind-of-blue

 

Here is Bob Dorough with Miles Davis Sextet play “Blue Xmas” .
Bob Dorough (voc, p), Miles Davis (tp), Frank Rehak (tb), Wayne Shorter (ts), Paul Chambers (b), Jimmy Cobb (ds), Willie Bobo (bongos), Gil Evans (arrange)

 

 

 

Here is Miles Davis Quintet play “All Blues”.
Miles Davis(tp), Wayne Shorter(ts),Herbie Hancock(p),Ron Carter(b),Tony Williams(ds)
1964 Milan, Italy October 11 1964

 

Here is Miles Davis Quintet play “Gingerbread Boy”.
Miles Davis(tp), Wayne Shorter(ts),Herbie Hancock(p),Ron Carter(b),Tony Williams(ds)
Live in Karlsruhe, November .8.1967

 

Here is Miles Davis Quintet play “Directions” at live in Rome(1969)
Miles Davis (tp), Wayne Shorter(ts), Dave Holland(b),Chic Corea(el-Piano) ,Jack De Johnette(ds)

 

Here is Miles Davis and his Orchestra plays “Corcovado” from Miles Davis’ 1963 album “Quiet Nights”.
Miles Davis (trumpet)
Gil Evans (arranger, conductor)

(2)新譜紹介     解説 古川 正孝氏

1.Here is Mayte Alguacil sings “What a Little Moonlight Can Do” from “Trav’lin Light”.

Mayte Alguacil(vo),Jaume Llombart(g),Pedro Campos(b),Enrique Oliver(sax),Felix Rossy(tp)
詳細はMayte AlguacilのHPをご覧下さい。

又、CDショップのアルバム紹介も併せてご覧下さい。

 

2.Roger Kellaway Trio

「New Jazz Standards, Vol. 3」から「Hurry Up & Wait」を選曲されました。
詳細はCDショップのアルバム紹介をご覧下さい。

又、JazzWaxとのインタービューを添付しました。2017年3月(英語表記です)

こちらをクリックしてご覧下さい。

 

3.Mike Dease

「Reaching Out」から「Blachfoot」を選曲されました。

Here is Mike Dease plays “Speak Low”(Trombone Solo) from Reaching Out

詳細はMike Dease のHPをご覧下さい。

又、CDショップのアルバム紹介ご覧下さい。