タグ別アーカイブ: Janet Seidel

神戸ジャズ愛好会2020年9月例会概要

September 28,2020

1.『ジャズスタンダード名曲集(第5回)~ハロルド・アーレン』

・K氏
Here is Ann Burton sings ”Come Rain or Come Shine”.
Ann Burton(vo) 宮沢昭(fl) 小川俊彦(p) 稲葉国光(b) 小津昌彦(ds) Tokyo, April 28, 1974

Here is Tal Farlow Quartet play “As Long As I Live”.
Tal Farlow(g) Frank Wess(as, f1, ts) Wendell Marshall (b) Osie Johnson(ds) New York, December 15 & 16, 1959

Here is Lorez Alexandria sings “Over The Rainbow”.
Lorez Alexandria(vo) Wynton Kelly(p) AI Mckibbon(b) Jimmy Cobb(ds) Los Angeles, 1964

・Y瀬氏「二つのペーパームーン」

ハロルド・アーレンという作曲家に特別な興味を持ったこともない身ですが、彼の「It’s Only a Paper Moon」は、ナット・キング・コールの歌唱で好きな曲の一つでした。ナットの中でも飛び切りの名盤とされる「After Midnight」(1956年8月録音)での歌唱と1963年に2度目の来日を果たし、赤坂のニュー・ラテン・クォーターで原信夫率いるシャープス& フラッツと共演した際のライブ盤を聴き比べてお楽しみください。アルバム付属の解説のお陰で、曲の初演(1953年ブロードウェー)当時の曲名は「If you believe in me」だったという豆知識も得ました。

Here is Nat King Cole sings “It’s Only a Paper Moon”.
Nat King Cole (vcl,p) acc by Harry “Sweets” Edison (tp) John Collins (g) Charlie Harris (b) Lee Young (d) LA, August 15, 1956 (映像を添付します)

Here is Nat King Cole sings “It’s Only a Paper Moon”.
Nat King Cole (vcl,p) acc by Reunald Jones (tp) John Collins (g) Charlie Harris (b) Leon Petties (d) Nabuo Hara Sharps & Flats big band + strings, Nabuo Hara (dir)
Live “New Latin Quarter”, Tokyo, Japan, February 22, 1963

・F川氏「Blues In The Night競演


Here is Dineh Shore sings ”Blues In The Night”.

Here is Julie London sings ”Blues In The Night”.

Here is Janet Seide sings ”Blues In The Night”.

・寺本世話人

Here is Benny Goodman and His Sextet featuring Count Basie play “As Long As I Live”.
Benny Goodman(cl),Cootie Williams(tp),George Auld(ts),Count Basie(p),Charlie Christian(g),Artie Bernstein(b),Harry Jaeger(ds) New York, 7 Nov 1940

Here is Oscar Peterson Trio play “That Old Black Magic”.
Oscar Peterson(p),Herb Ellis(g),Ray Brown(b),Norman Granz(MC) “Nichigeki Theatre”, Toyko, November 4, 7 & 8, 1953

Here is Frank Sinatra sings “I’ve Got The World On A String”.
白黒映像を添付します。

Here is Judy Garland sings “The Man That Got Away”.
Judy Garland(vo)(映画の場面から添付します)

・平野

Photo above of Harold Arlen by Wikipedia

Here is Harold Arlen sings (with Leo Reisman Orchestra) “Stormy Weather”.
NYC February 28, 1933

Here is Lena Horne sings “Stormy Weather”. 
Hollywood, CA, January, 1943

Here is Lee Wiley sings “Between The Devil and The Deep Blue Sea”.
Lee Wiley (vo) Billy Butterfield (tp), Hank D’Amico (cl,as), Al Cohn (ts,arr), Barry Galbraith (g),New York, July 24, 1957

Here is Jo Stanford (with Paul Weston & His Orchestra) sings “Any Place I Hang My Hat Is Home”.1958
Swingin’ Down Broadway(Columbia Records)
Jo + Broadway (Corinthian Records)

2.映像コーナー
Anita O’Day and her Trio at the North Sea Jazz Festival 1982.
”Wave〜You’d Be So Nice To Come Home To〜In A Mellow Tone〜A Nightingale Sang In Berkeley Square〜They Can’t Take That Away From Me〜Honeysuckle Rose〜Wave”
Hague, Netherlands, 18 July 1982

神戸ジャズ愛好会5月例会(2019年)③特集「ジャズスタンダード名曲集~ジョージ・ガーシュウィン」

May 28,2019

American composer George Gershwin (1989 – 1937) works on a score at the piano in his 72nd Street apartment, New York, New York, 1934. (Photo by PhotoQuest/Getty Images)

特集は「ジャズスタンダード名曲集~ジョージ・ガーシュウィン」でした。

例会には小生含め8人の会員がお気に入りの演奏を紹介しました。

本日は西明石から毎回参加されている2人のお気に入りをご紹介します。

最後に添付した映像は是非ご覧になって下さい。

K氏(大阪ジャズ同好会の4月特集を担当されました)

1.「Sweet And Low Down」

Here is Jackie & Roy sing “Sweet And Low Down”.
Jackie Cain (vcl) acc by Anthony Ortega (as,fl) Larry Bunker (vib) Roy Kral (p,vcl) Barney Kessel (g) Al McKibbon (b) Frank Butler (ds)
Los Angeles, February 23, 1960

2.「They Can’t Take That Away From Me」

Here is Fred Astaire sings “They Can’t Take That Away From Me”.
Fred Astaire (vcl) acc by Charlie Shavers (tp) Flip Phillips (ts) Oscar Peterson (p) Barney Kessel (g) Ray Brown (b) Alvin Stoller (ds)
Los Angeles, December 1952

1937年製作の映画「Shall We Dance 」におけるアステアの歌唱シーンとGinger Rogersとのダンスシーンの映像を添付しました。

Here is Fred Astaire and Ginger Rogers ”They Can’t Take That Away From Me” from “Shall We Dance 1937”.

F川氏(大阪ジャズ同好会創立以来、新譜紹介を担当されています)

1.「A Foggy Day」
オーストラリア出身のコンラッド・パシュクデュスキ(Konrad Paszkudzki)によるジョージ・ガーシュイン曲集「Fascinating Rhythm.George Gershwin Song Book」から

当日はご紹介された「A Foggy Day」は本ブログでは紹介出来ませんので、代替として 「I’ve Got A Crush On You」を添付します。

Here is Konrad Paszkudzki Trio play “ I’ve Got A Crush On You” Live at Dizzy’s .

2.「Lady, Be Good!」
オランダを代表するピアニストであるピーター・ビーツ(Peter Beets)によるジョージ・ガーシュイン名曲集から

Here is Peter Beets Trio play ”Lady, Be Good!”.

尚、本アルバム『Our Love Is Here To Stay』は大阪ジャズ同好会4月新譜紹介でF川氏が解説されておられます。

大阪ジャズ同好会例会概要(新譜紹介) こちら ▶️

Photo by courtesy’s of 89.7 Eastside FM

3.「They Can’t Take That Away From Me」

F川氏お気に入りのジャネット・サイデル(Janet Seidel)による歌唱です。
本ブログ作成日「5月28日」はジャネット・サイデルの誕生日です。(1955年生まれ)

2017年8月7日、シドニーの病院で逝去されました。享年62歳。
初来日(2000年)から彼女をよく知っているF川さんが語る「仮題:ジャネット・サイデル想い出話」をお願いしておきます。

Here is Janet Seidel sings “They Can’t Take That Away From Me”.

ジャネット・サイデルは2016年末からジョージ・ガーシュウィンのトリビュート・コンサートを開始しておりました。ニュー・アルバム(ジョージ・ガーシュウィン曲集と想像します)は幻の作品となりました。

下記の映像はトリビュート・コンサートのPR映像であると推測します。

Here is ”JANET SEIDEL GERSHWIN EVENT AT ORPHEUM”.

神戸ジャズ愛好会2018年7月例会(1)『ジャズスタンダード名曲集(第3回)~アーヴィング・バーリン』              

July 18.2018

Photo by Discogs

今月のテーマ『ジャズスタンダード名曲集(第3回)~アーヴィング・バーリン』

寺本氏(愛好家世話人)からの案内メールから名曲をご確認下さい。

作曲家シリーズの第3弾です。(例)「Alexander’s Ragtime Band」「Always」「Blue Skies」「CHeek To Cheek」「Heat Wave」「How Deep Is The Ocean」「I’ve Got My Love To Keep Me Warm」「Let’s Face the Music and Dance」「Marie」「Puttin’ on The Ritz」「Russian Lullaby」「There’s No Business Like Show Business」「They Say It’s Wonderful」「This Year’s Kisses」「Top Hat」etc.

・Y瀬氏
1.「AIL By Myself」
Jimmy Rushing with Dave Brubeck Quartet(1960)から
バーリン33歳の1921年にレビュー用に書いた曲。あまりヒットしなかったそうですが、ポッ プスのボビー ダーリンがいい味を出している盤もあります。
Here is Dave Brubeck Quartet, Jimmy Rushing sings ”All By Myself”.

2.「The Song is Ended」
Gerry Mulligan With strings(1955)
1950年代中期以降、エラの歌やピーターソンのピアノ、そしてナット・コール、シナトラた ちの歌も残されていますが、ここでは野太いマリガンサウンドに弦を添わせて。
申し訳ないですが音源が提供出来ません。

3.「Soft Lights & Sweet Music」
Gerry Mulligan & Scott Hamilton(1986)から
パーシー・フェイスやメラクリーノ・ストリングスやコルトレーンやレイ・チャー ルスの歌もあるようですが、マリガンとハミルトンの2管でしっとりと。
Here is Scott Hamilton & Gerry Mulligan play ”Soft Lights & Sweet Music”.
最初の曲だけで終了して下さい。(Full Albumでアップされています)

4.「White Christmas」
Tony Bennett(1998)から
真夏の白雪。場違いも極まった感じですが、バーリンのディスコグラフィーには欠かせない 1曲かと…。
Here is Tony Bennett sings ”White Christmas”.

 

・I谷氏

7666ecf3-s
1. 「Russian Lullaby」
Vladimir Shafranov Trio(2003)から
Vladimir Shafranov(p) Pekka Sarmanto(b) Jukkis lotila(ds)
Here is Vladimir Shafranov Trio play “Russian Lullaby”.

 

2.「Cheek to Cheek」
Janet Seidel「Little Jazz Bird」(1992)から
Janet Seidel(vo) lan Date(g) Tom Baker(ts) Bobby Gabert(p) David Seidel(b)
John Morrison(ds)

Here is Janet Seidel sings “Cheek to Cheek”

3.「They say it’s wonderful」
John Coltrane & Johnny Hartman(1963)から
Johnny Hartman(vo) John Coltrane(ts) McCoy Tyner(p)Jimmy Garrison(b) Elvin Jones(ds)
Here is John Coltrane & Johnny Hartman play “They Say It’s Wonderful”.

・T川氏
1. 「I’ve Last Hart In Dixieland」
Original Dixieland Jazz Band(LP SH220)から
Here is Original Dixieland Jazz Band play “I Lost My Heart In Dixie Land” .

2.「When I Leave The World Behind」
Chris Tylis Silver Leaf Jazz Band (stom off 1258)から
音源がありませんでした。代わりにT川さんがよくご存知の木村陽一さんのボーカルでお楽しみください下さい。
Here is Yo Kimura and New Orleans 4T’s play “When I Leave The World Behind “.

3.「Easter Parade」
Acker Bilk (Reprise R-6031)から
Here is Acker Bilk play ”Easter Parade”.

4.「White Christmas」
Chris Barber’s Jazzmen(Lake LACD 222)から
Here is Chris Barber’s Jazz Band play ”White Christmas”.

・F川氏
「Russian Lullaby」
Vic Dickenson Showcaseから
Here is Vic Dickenson Septet play ”Russian Lullaby”.
Vic Dickenson(tb) Edmond Hall(cl) Ruby Braff(tp) Steve Jordan(g) Walter Page(b)
Sir Charles Thompson(p) Les Erskine(ds)

・K田氏
1.「There’s No Business Like Show Business」
Sonny Rollins「Work Time」から
Sonny Rollins(ts) Ray Bryant(p) George Morrow(b) Max Roach(ds)
Here is Sonny Rollins play “There’s no business like show business”.

2.「Always」
Harry Nilsson「A touch more SCHMILSSON in the night」から
Here is Harry Nilsson with Gordon Jenkins(arr&condct) sings “Always”.

3.「Supper Time」
Nancy Wilson「Just One of Those Things」から
Here is Nancy Wilson sings “Suppertime”.
Nancy Wilson(vo) Hank Jones(p) Ron Carter(b) Gino Bertachini(g) Grady Tate(ds)

4.「The Song ls Ended」
Nat King Cole with Billy May Orchestra から
Here is Nat King Cole sings “The Song Is Ended”.

・平野

「Always」
Here is Lars Gullin Quintet play “Always”.
Ake Persson(tb) Lars Gullin(bars) Rune Of werman(p) Georg Riedel(b)
Bert Dahlander(ds) Stockholm, April 25, 1956

「How Deep Is The Ocean」
Here is Ann Hampton Callaway sings ”How Deep Is The Ocean”.