タグ別アーカイブ: Jay Cameron

神戸ジャズ愛好会2020年7月例会概要

July 28,2020

神戸ジャズ愛好会7月例会(7月26日)には5名が参加しました。事前に通知された感染対策をご覧下さい。(写真撮影者含め5人)

(参加に当たっての注意事項)
1.参加される際はマスクを必ず着用願います。また、持ち寄りの発表の時もマスク着用してください。
2.「3密」を防ぐために入場者数を制限します。最大入場者数を15名とします。15名に達した時点で入場をお断りする場合があることをご承知おきくださるようお願い致します。
3. 発表者が説明しているときは後のドアを開けて換気を行います。

特集『Deccaレーベルの名演』

・Y瀬氏(当日配付のレジュメを編集せず添付します)

中学2年だった1953年の元日、一族の集いに遠縁の大学生が持参した「Decca盤」のSP2枚組の表と裏、計4面にわたるハンプトンの「スターダスト」でジャズに目覚めた私の場合、トランペット奏者と言えばついチャーリー・シェイバースとなるのですが、ジャズ史的にはロイこそがルイ・アーム トロングとディジー・ガレスピーとを結ぶ線上に現れた偉大なトランペッタ ーと位置づけられるようです。というわけで、ロイによる因縁の「Stardust 」(1943年11月16日録音 ) と「After you’ve g one」(1944年6月26日録音)、「Twilight Time」(1944年10月13日録音)の3曲をお聴きください。ちなみにこの 「スターダスト」はラジオ関西の「電話リクエスト」のオープニング・テーマとしておなじみのはずです。

1.Here is Roy Eldridge And His Orchestra play ”Star dust”.
Roy Eldridge (tp) Joe Eldridge, Tom Archia (as) Andrew “Goon” Gardner, Ike Quebec (ts) Rozelle Gayle (p) Ted Sturgis (b) Harold “Doc” West (d)
World transcriptions, Chicago, November 16, 1943

2.Here is Roy Eldridge And His Orchestra play ”After you’ve gone”.
Roy Eldridge, Gus Aiken, John Hamilton, Robert “Cookie” Mason, Clarence Wheeler (tp) Ted Kelly, Sandy Williams, George Wilson (tb) Joe Eldridge, Sam Lee (as) Franz Jackson, Hal Singer (ts) Dave McRae (bar) Tony D’Amore (p) Sam “Christopher” Allen (g) Carl “Flat Top” Wilson (b) Les Erskine (d) New York, June 26, 1944

3.Here is Roy Eldridge And His Orchestra play ”Twilight Time”.
Roy Eldridge (tp,vcl) Sidney DeParis, Paul Cohen, Robert “Cookie” Mason, Pinky Savitt (tp) Wilbur DeParis, Sandy Williams, Vic Dickenson, George Stevenson (tb) Joe Eldridge, Curby Alexander (as) Franz Jackson, Hal Singer (ts) Dave McRae (bar) Humphrey Ted Brannon (p) Napoleon “Snags” Allen (g) Billy Taylor, Sr. (b) Cozy Cole (d) New York, October 13, 1944

・K氏

1.Here is Hoagy Carmichael sings “The old music master”.
Hoagy Carmichael (vcl,p,celeste,whistling) acc by Artie Bernstein (b) Spike Jones (d)LA, March 27, 1942

2.Here is Mildred Bailey sings “It’s so peaceful in the country”.
Mildred Bailey (vcl) acc by Delta Rhythm Boys (vcl quartet) Herman Chittison (p)NYC, June 24, 1941

上記日本盤の解説を執筆された出谷啓氏の考察も参考になります。

「ロッキン・チェアー」平野所蔵レコードから

3.Here is Hal McKusick plays “LaRue”.
Hal McKusick, Frank Socolow (as) Dick Hafer (ts) Jay Cameron (bars) Bill Evans (p) Paul Chambers (b) Connie Kay (d) George Handy (arr) New York, March 28, 1958

・F川氏

1.Here is Bob Crosby’s Bob Cats play “South Rampart Street parade”.
Charlie Spivak, Yank Lawson, Billy Butterfield (tp) Ward Silloway, Warren Smith (tb) Matty Matlock (cl,as,arr) Joe Kearns (as) Eddie Miller (cl,ts,vcl) Gil Rodin (ts) Bob Zurke (p) Nappy Lamare (g,vcl) Bob Haggart (b,arr) Ray Bauduc (d) Kay Weber (vcl) Bob Crosby (vcl,ldr) Los Angeles, November 16, 1937

2.Here is Chick Webb and his Orchestra play “Hallelujah!”.
featuring Ella Fitzgerald and The Little Chicks
Chick Webb(d,dir) Mario Bauza, Bobby Stark, Taft Jordan(tp) Sandy Williams, Nat Story(tb) Garvin Bushell(cl,as) Louis Jordan(as) Ted McRae(ts) Wayman Carver(ts,fl) Tommy Fulford(p) Bobby Johnson(g) Beverley Peer(b) New York, December 17, 1937

3.Here is Jimmy Dorsey and his Orchestra play “I Cried For You” .
Ralph Muzzillo, Shorty Sherock (tp) Bobby Byrne, Bruce Squires, Sonny Lee (tb) Don Matteson (tb,vcl) Jimmy Dorsey (cl,as) Milt Yaner, Leonard Whitney (as) Charles Frazier (ts,fl) Herbie Haymer (ts) Freddy Slack (p,arr) Roc Hillman (g,vcl) Jack Ryan (b) Ray McKinley (d,vcl) Bob Eberly, June Richmond (vcl) New York, March 15 and 16, 1938

Freddy Slack(Photo by JazzWax)

上記演奏を選ばれた理由として「Freddy Slack(フレディ・スラック)が好きなんです」と言われました。Freddy SlackについてはJazzWaxさんのブログを添付します。

こちら ▶️

・寺本世話人

Photo by YouTube

1.Here is Lil Armstrong And Her Swing Band play “Love me or leave me alone”.
Joe Thomas (tp) Buster Bailey (cl) Chu Berry (ts) Teddy Cole (p) Huey Long (g) John Frazier (b) Lil Armstrong (vcl) Chicago, October 27, 1936

2.Here is Elliot Lawrence and His Orchestra play “Deep purple”.
Joe Techner, John Dee, Gerry LaFurn (tp) Bill Danzien (tp,fhr) Sy Berger, Ollie Wilson, Gene Hessler (tb) Herbie Steward (as) Phil Urso, Stan Weiss (ts) Vince Ferraro, Merle Bredwell (bar) Elliot Lawrence (p) Mert Oliver (b) Howie Mann (d) Rosalind Patton (vcl) Johnny Mandel (arr) New York, June 7, 1950

上記音源は手元にございませんので、中古レコード店の販売情報を添付致します。

こちら ▶️

3.Coralレーベルから

Here is Al And Zoot: The Al Cohn Quintet play “Two funky people”.
Al Cohn, Zoot Sims (cl) Mose Allison (p) Teddy Kotick (b) Nick Stabulas (d)
New York, March 27, 1957 (Coral CRL57171)

4.KAPPレーベルから

Here is Matt Dennis plays and sings “Everything happens to me”.
Matt Dennis (p,vcl) Mark Barnett (d) Gene Englund (b)
Live “Tally-Ho”, Hollywood, CA, 1954 or 1956

・平野

1.Here is Johnny Dodds and his Chicago Boys play “Wild Man Blues”.
Charlie Shavers(tp) Johnny Dodds(cl) Lil Armstrong(p) Teddy Bunn(g) John Kirby(b) O’neil Spencer(d) New York, January 21, 1938

 

2.Here is Bud Freeman And His Summa Cum Laude Orchestra play “Copenhagen”.Max Kaminsky (tp) Brad Gowans (v-tb,arr) Pee Wee Russell (cl) Bud Freeman (ts) Dave Bowman (p) Eddie Condon (g) Pete Peterson (b) Morey Feld (d) New York, March 25, 1940

 

3.Here is Eddie Durham and his Band play “Moten’s Swing”.Joe Keys(tp) Buster Smith, Willard Brown(as) Lem Johnson(ts) Conrad Frederick(p) Eddie Durham(el-g,arr) Averil Pollard(b) Arthur Herbert(d) New York, November 11, 1940

 

4.Here is Sam Price and his Texas Blusicians play “The Goon Drag”.
Shad Collins, Bill Johnson(tp) Don Stovall(as) Lester Young(ts) Sam Price(p) Duke Jones(b) Harold “Doc” West(d)
New York, April 3, 1941

 

『映像コーナー』

「Art Ford’s Jazz Party 1958」(1958年9月18日)

Jay Cameron in Paris

September 11,2018

前回「ジャズ喫茶ノート」の記録(1977年6月18日)からジャズ喫茶オアシス土曜会の特集を振り返りました。

今回添付した「ジャズ喫茶ノート」は1977年1月6日の記録です。

最近ご紹介した「バリトンサックスの名手」では名前が挙がらなかったジェイ・キャメロン(Jay Cameron)のリーダー作品を記録していました。実際はラーシュ・グリン(Lars Gullin)をリクエストして、B面のジェイ・キャメロン(Jay Cameron)を聴いていたと記憶しております。

Jay Cameron ( 1928年9月14日〜2001年3月20日)は1947年頃までアイク・ カーペンター(Ike Carpenter)楽団に所属した後、渡欧し下記録音等に参加しています。

1956年に帰米するまでヨーロッパでの録音は「トム・ロード・ディスコグラフィ」では確認出来ませんでした。

今回は初録音から自己名義のJay Cameron’s International Sax Bandまでを久し振りに聴きました。

ビル・コールマン(Bill Coleman)楽団で「アルトサックス奏者」として録音デビューしましたがソロはないようです。
Here is Bill Coleman And His Orchestra play ”I’m comin’, Virginia”.
Bill Coleman (tp), Bill Tamper (tb, arr), Jay Cameron (as), William Boucaya (bars), Art Simmons (p), Jean-Pierre Sasson (g), Guy DeFatto (b), Gerard “Dave” Pochonet (ds) Paris, November 9, 1951

サラ・ヴォーンと渡欧していたロイ・ヘインズの貴重な録音に参加しています。(バルネ・ウィランの初録音としても有名盤)

Here is Roy Haynes Modern Group play “Laffin’ and cryin’ “.
Barney Wilen (ts) Jay Cameron (bars) Henri Renaud (p) Jimmy Gourley (g) Joe Benjamin (b) Roy Haynes (ds) Paris, October 26, 1954
Laffin’ and cryin’

Here is Roy Haynes Modern Group play “Minor encamp [Jordu]”.
Members of the recording are the same as above.
Minor encamp [Jordu]

Swingレコード(仏)がJay Cameron’s International Sax Bandの名義で録音しています。

その後「東宝レコード」がVogueシリーズとして発売した本盤を購入しました。尚、大阪での例会ではA面からラーシュ・グリン(Lars Gullin)の演奏を選曲しています。

Here is Jay Cameron’s International Sax Band play ”Blue note”.
Bobby Jaspar, Barney Wilen, Jean-Louis Chautemps (ts) Jay Cameron (bars) Henri Renaud (p) Benoit Quersin (b) Andre Baptiste “Mac Kac” Reilles (ds)
Paris, France, January 10, 1955
_Blue note

Here is Jay Cameron’s International Sax Band play ”Give me the simple life”.
Members of the recording are the same as above.
Give me the simple life

Here is Jay Cameron’s International Sax Band play ”Static test”.
Members of the recording are the same as above.
Static Test

1963年のテレビ放送からの映像ですが、同年以降は演奏記録が残されていません。

Here is Paul Winter Sextet fea.Jay Cameron on TV’s Jazz Casual
Paul Winter (as), Richard Whitsell (tp), Jay Cameron (bars), Warren Bernhardt (p), Arthur Harper, Jr. (b), Ben Riley (ds). March 1, 1963