タグ別アーカイブ: JazzWax

吉瀬さんとSol Yaged

January 19,2019

Photo above of Sol Yaged by his Official FB

昨日、大阪並びに神戸のジャズ例会でお世話になっている吉瀬さんと電車で偶然お会いしました。
今回は「2駅間の短い時間にお聞きした話」からブログを作成致します。

先ず吉瀬さんのご紹介を兼ねてSP愛好家の瀬谷徹氏のFacebookからのコメントを添付させて頂きます。

ヒット・オブ・ザ・ウィークのCDと吉瀬さん

瀬谷氏提供

瀬谷氏提供

瀬谷さん提供の紙製SPレコード(阪急百貨店も発売)の写真をご覧頂いた後、年末に開催された神戸ジャズサロンでご紹介されたレコードについてお聞きしました。

私は年末の例会を欠席しており当日配付されたレジュメを持っておりません。幸運にも西明石から参加されているK氏が例会の内容を個人ブログから投稿されていました。Kさんの了承を得て下記コメントを抜粋させて頂きました。Kさんありがとうございます。

「今年の(私の)ベストワン」(神戸ジャズサロン12月例会)

SOL YAGEDの古いLPを入手しました。 チャーリー・シェイバースのJASS盤で初めて聴き、1956年公開の映画「グッドマン物語」の音楽監修者だと知ったSOL YAGED。ニューヨークのクラブ・シー ンで活躍した有名なクラリネット奏者で、96歳の今も健在のようです。その彼が60年代初期にエリントン楽団にもいた多芸のレイ・ナンスと吹き込んだLPから、クリスマス定番曲を含め2曲お聴きください。
Sol Yaged and his quartet at the Gaslight Club

When The Saintas Go To Marching In (Nance=Trumpet, Vocal)

It Might As Well Be Swing  (Nance=Violin)

残念ですが上記2曲の音源は保有しておらず提供出来ません。

昨年JazzWaxさんが「Sol Yaged:Clarinet Swing」と題したブログを投稿されておりました。

英語で書かれたブログですが、「写真とYouTube音源」でSol Yagedの素晴らしさが理解出来ると思います。 こちら ▶️

又、Sol Yagedさん自身の公式Facebookもご一読下さい。こちら ▶️

昨年発売されたCD

Here is Sol Yaged Quintet play ”It Might As Well Be Spring”.
Sol Yaged (cl) Harry Sheppard (vib) Kenny Kersey (p) Mort Herbert (b) Mickey Sheen (d)
New York, 1956

Here is Sol Yaged Quintet play ”Yacht club swing”.
Members of the recording are the same as above.

Here is Sol Yaged Quintet play “Easy living”.
Members of the recording are the same as above.

吉瀬さんが特集を担当された例会の概要です。

『おやまぁあんたまで!!「歌いたがり屋」列伝』 こちら ▶️

『まだまだいました シスターズ列伝Ⅱ』こちら▶️

『暴挙ご容赦! オール・オブ・ミーで60分』こちら▶️

『こんなに大勢いたなんて!! シスターズ列伝』こちら▶️

Howard McGhee and his Korean All Stars

January 11.2018

Photo by courtesy of Jazzinphoto(WordPress)

Last week I introduced the photo of “Hi-Lo 1405 on Hi-lo label“ which was published to the net.

Today I would like to post about Howard McGhee and his All Stars which recorded on Hi-Lo label.

These recordings were made in Guam at an Armed Forces Services Concert, when the McGhee’s group  was touring Korean and other U. S. Pacific bases in 1951.

R-10676042-1502205251-4202.jpeg

Photo by Discogs

先週、Hi-Loレコードに録音されたMilt Jackson Quartet(Hi-Lo 1405)の写真を紹介しました。(上記)

今日は同じHi-Loレコードで録音された「Howard McGhee and his Korean All Stars」について投稿したいと思います。

1951年から1952年の間、Howard McGheeが率いるグループは極東ツアーを行いました。又、グアムおよび太平洋諸島の米軍基地でも慰問コンサートを行なっていました。

1952年1月、グアム島で開催された米軍慰問コンサートの模様を記録した作品がHi-Lo社で発売され、後年Savoyレコードから再発売されています。

米軍慰問コンサートということで「12th street bop」のような楽しい演奏も収録されています。

余談ですが、Creed Taylorも朝鮮戦争の最前線に派遣されていました。(1953年9月に停戦が発表されるまで従軍したそうです)

Creed Taylorが経験した最前線での行動については、ブログの末尾にJazzWaxさんによるインタービュー記事を引用しました。

Interview: Creed Taylor (Part 1) May 12, 2008 こちらをクリックして下さい。

Howard McGhee and his Korean All Stars
Howard McGhee (tp) J.J. Johnson (tb) Rudy Williams (ts) Skeeter Best (g) Charlie Rice (d) an unknown Philipino bass player named Chris … (b)
Guam, Pacific Islands   January 17, 1952

Here is Howard McGhee Korean All Stars play “How high the moon” (part 1) HL401   HiLo 1409

Here is Howard McGhee Korean All Stars play “How high the moon” (part 2)  HL402 HiLo 1409

Here is Howard McGhee Korean All Stars play “Star dust”. HL403     HiLo 1410

Billboard誌 (1952年6月28)

Here is Howard McGhee Korean All Stars play “Body and soul”. HL403     HiLo 1410

Here is Howard McGhee Korean All Stars play “12th Street bop”. HL405  HiLo 1414

Here is Howard McGhee Korean All Stars play “The man with a horn”. HL406    HiLo 1414

Photo above of Creed Taylor and Wes Montgomery by courtesy of pinterst.com

By the way Creed Taylor spent one year at the forefront of the battlefield of the Korean War.

Below I quated JazzWax. Interview: Creed Taylor (Part 1)

May 12, 2008.Go here

JazzWax: Did you see action in Korea?

Creed Taylor:I spent a year in combat. For a time I was a forward observer. I worked with a map that had quadrants of the terrain out front. When I saw lights on a convoy traveling through no-man’s land, my job was to call them back to the 105mm Artillery, which opened up on the lights. We were under the auspices of the UN. I was there until the truce was announced in September 1953, exactly two years after I was drafted.

 

Harry Lim(3)

March 10.2016

He focused on top swing all-stars.

The musical quality of Keynote was very high.

Unfortunately, in 1946, he was replaced by John Hammond, and Keynote soon declined and became defunct.

After dismissed from Keynote,he was hired a few record company.

I am going to omit the rest story of Keynote from my post.

In 1972,when he formed the Famous Door label, he produced excellent mainstream jazz records,as sessions by Bill Watrous, Red Norvo, Zoot Sims and others.

49th

The following talking quoted from JazzWax.

http://www.jazzwax.com/2008/02/cannonballs-lat.html

I found a very interesting talk about his work in the record store from 1956-73.

He ended up working at Sam Goody’s New York record store that stood on 44th and Third Ave .

Mark Myers had been worked while high scool at Sam Goody for three months.

Mark clerked in the jazz department with a mild-mannered retiree named Harry Lim.

Harry’s job was to show Mark the ropes, and he gave Mark some jazz education that summer.

Harry knew every jazz LP in the store,and many of the guys on those albums stopped by to chat with him.