タグ別アーカイブ: Jimmy Dorsey

The Red Heads(4)

November 16,2018

「THESAURUS OF CLASSIC JAZZ」に収録された曲目をもう一度ご覧下さい。 ▶️こちら

「The Red Heads(Volume IV)」に1曲だけ”Meadow Lark” by Cliff Edwards And His Hot Combinationが収録されています。

Photo above of Cliff Edwards ‘Ukulele Ike’ by courtesy of Pinterst

Cliff Edwards(クリフ・エドワーズ)はウクレレ奏者兼歌手としてデビューし、1929年に”Singin ‘in the Rain”をヒットさせ後年「ピノキオ」の挿入歌『星に願いを』で歴史に残る歌手となっています。

過去に下記のブログを投稿した時にFB友人長谷川光氏からCliff Edwardsの名前を教えて頂きました。

Isham Jones’ compositions(3) “I’ll See You in My Dreams”      ▶️こちら 

今後機会があればPhil Napoleonとの初録音(1922年)以降Cliff Edwards And His Hot CombinationやAdrian Rolliniと共演した録音はぜひ聞いてみたいと思っております。

Cliff Edwardsの録音についてはこちらを参照願います。 ▶️こちら

Here is Cliff Edwards And His Hot Combination play ”Meadow Lark”.
Cliff Edwards (vcl,uke),Red Nichols(cor), Miff Mole(tb),Jimmy Dorsey (cl,as),Arthur Schutt (p),Dick McDonough(bj),Vic Berton or Ray Bauduc(d)
New York, November, 1926

Meadowlark

Cliff Edwards And His Hot Combination名義で1曲追加添付しました。

Here is Cliff Edwards And His Hot Combination play “Oh ! lovey, be mine”.
Cliff Edwards (vcl,uke),Red Nichols(cor), Miff Mole(tb), Bobby Davis(as),Arthur Schutt or Irving Brodsky(p), Dick McDonough(bj),Joe Tarto(b・tu),Vic Berton(d)
New York, October, 1925

Oh ! lovey, be mine

最後にRed Nichols And His Five Pennies名義での録音を1曲添付させて頂きました。

Here is Red Nichols And His Five Pennies play ”Washboard blues”.
Red Nichols (cor),Jimmy Dorsey (cl,as), Arthur Schutt (p), Eddie Lang (g), Vic Berton (d)
New York, December 8, 1926

Washboard Blues

Phot by courtesy of last.fm

 

The Red Heads(2)

November 13,2018

left to right:
back Jimmy Dorsey, Bill Haid, Vic Berton, Fred Morrow, Dick McDonough
front Red Nichols and Miff Mole by courtesy of Tapatalk

Red Nichols(レッド・ニコルス)の名前は伝記映画「五つの銅貨」で有名ですが、トランペット奏者としての評価は芳しくありません。

最近のジャズ誌ではレッド・ニコルスについて記載されることがなく古い書物からの引用になりますが一読願います。

河野隆次著 『ジャズの辞典』より
「彼自体のプレイはお義理にもホットといえないお寂しいものであった」

ヨアヒム・ベーレント著 『ジャズ』より
「ニコルスの吹奏は、より明瞭で流麗でさえある。だが、感受性とイマジネーションの点では到底ビックスの敵ではなかったのであった」

Photo above of Bix Beiderbecke by Wikipedia

1920年代の巨星ビックス・バイダーベックと比べるのは可哀想だと思います。

レッド・ニコルスはPhil Napoleon(フィル・ナポレオン)と並び1920年代のジャズシーンでは「ニューヨーク・スタイル」と称され、「シカゴ派」とは異なった演奏スタイルで大衆に人気がありました。

Phil Napoleonについては詳しく聞いておりませんので、名前の列記に留めるのみにさせて頂きます。

レッド・ニコルスの人気については面白い事例がありました。

油井正一著(編) 『ディキシーランドジャズ入門』より(長文ですがご容赦下さい)

「1928年、プリンストン大学のジャズファンにレコード・コレクションの内容についてアンケートを求めた結果アームストロングのレコードを持っていたのは1人で、しかも1枚だったという。彼等が愛聴していたのは、白人バンドの「カリフォルニア・ランブラーズ」「レッド・アンド・ミフズ・ストンパーズ」が大部分を占め、(中略)ハーレムの黒人ジャズなどまるで聞かれていなかったわけだ。」

レッド・ニコルスの楽歴については故大和明氏の解説文を以下に添付致しました。(レッド・ニコルス物語 MCA-3012裏面解説文を転載)

Photo above of Eddie Lang by AllMusic

今回はEddie Lang(エディ・ラング)と共演した小編成の録音(1926年3月、11月)を除いたTHE RED HEADSの演奏をお楽しみ下さい。

尚、録音データはBrian Rustディスコグラフィーを参考にしました。

Here is THE RED HEADS play ”Headin’ For Louisville”.(106402)
Red Nichols(tp),Miff Mole(tb), Bobby Davis, Fred Morrow(cl, as),Arthur Schutt(p), Vic Berton(d)
New York November 13, 1925

Headin’ For Louisville

Here is TED RED HEADS play “Hangover”.(106604)
Red Nichols(tp),Miff Mole(tb),Jimmy Dorsey(cl, as), ? Alfie Evens(cl, ts), Rube Bloom(p),Vic Berton(d)
New York February 4, 1926

_Hangover

Here is RED HEADS play “Heebie Jeebies”.(107205)
Red Nichols, Leo McConville(tp), Brad Gowans(cnt),Miff Mole(tb),Jimmy Dorsey(cl, as), Arthur Schutt(p), Dick McDonough(bj, g),Vic Berton(d)
New York November 11, 1926

Heebie Jeebies

Here is RED HEADS play “A Good Man Is Hard To Find”.(107782-1-2)
Red Nichols(tp),Wingy Manone (cnt),Miff Mole(tb), Fud Livingston(cl),Arthur Schutt(p),Vic Berton(d)
New York September 16, 1927

A Good Man Is Hard To Find

Early Recordings by Red Rodney

October 25,2018

fullsizeoutput_1349

Photo by Wikipedia

13歳からトランペットを演奏していたRed RodneyはJimmy Dorsey楽団(ジミー・ドーシー)やJerry Wald楽団(ジェリー・ウォルド)から楽歴をスタートさせています。

戦時下で多くのジャズミュージシャンが召集された結果、レッド・ロドニーは徴兵年齢に達しない年齢(15歳)であったので仕事に恵まれたと言われています。

Red Rodney(レッド・ロドニー)の名前はディスコグラフィー「Tom Lord Discography」においてJimmy Dorsey楽団(ハリウッドでの録音)のトランペットセクションに最初に登場します。

しかし、1927年にフィラデルフィアで生まれたRed Rodneyがハリウッドで一流バンドに参加しているとは想像しがたいです。ジミードーシー楽団がフィラデルフィア近郊で公演を行った際にトランペット要員として採用されたのではないかと推測します。

それ故初録音は下記Elliott Lawrence(エリオット・ローレンス)楽団での演奏と判断するのが妥当ではないかと推測致します。

大手CBS系列のラジオ局専属楽団のリーダーであったElliott Lawrenceは編曲者としてGerry Mulliganを迎えた同じ頃にRed Rodneyを採用しました。

Red Rodney with Elliott LawrenceAnd His Orchestra
1945年6月21日、セントルイスの”Time Town Ballroom”からの放送録音はレコード発売されていますが(Big Band Archives BBA1219)手元になく聴いておりません。

Photo above of Elliott Lawrence and His Orchestra by Youtube

上記はElliott Lawrence楽団を紹介した写真として有名ですが、右端のトランペット奏者はRed Rodneyと推測します。

JazzWax インタービュー(February 09, 2016)を引用します。(Elliott LawrenceがRed Rodneyの年齢を勘違いしている可能性がありますが、下記発言は信用に値すると思います)

Gerry was on the outs with his family, so he’d come home with me, and my mother would feed him dinner. At other times, we’d hang out together in a little office I had at WCAU. That’s when he started writing for my band and when Red Rodney came along. Red was 15 or 16 when he came on my band in ’45. We played jobs around Philadelphia.

この頃(1945年)、Red RodneyはDizzy Gillespieと知り合いになり、後にパーカーと出会うことになります。

翌年(1946年)、ジーンクルーパ楽団に加入し才能を開花させて行きます。

上記に添付した所有レコード(IAJRC-10)は会員制発売のため音源をご紹介出来ないので、代替として同時期の放送録音をお楽しみ下さい。(冒頭の司会でRed Rodneyの名前が聴き取れます)

Here is Red Rodney with Gene Krupa And His Orchestra play “The Man I Love”.
March 31, 1946 Culver City California

The Man I Love

下記の映像はレッド・ロドニーがジーンクルーパ親分に気に入られたことを明らかにする意味でも貴重だと思います。(前回添付した映像の演奏部分だけを添付しました)

Here is Red Rodney with Gene Krupa And His Orchestra(Follow That Music)

又、同時期にCharlie Ventura(チャーリーヴェンチュラ)をリーダーとしたコンボに参加し貴重な録音(Black and White label)を行っています。

Here is Charlie Ventura Septet play ”’S wonderful”.
Red Rodney (tp) Willie Smith (as) Charlie Ventura (ts) Arnold Ross (p) Barney Kessel (g) Billy Hadnott (b) Nick Fatool (d)
Los Angeles, March, 1946

S’Wonderful

同年、Buddy Richのマーキュリー盤の録音に参加し、翌年秋に自己名義のRed Rodney’s Be Boppersを結成します。

グループとして最初の録音は二人組ボーカルDave Lambert とBuddy Stewartのバックを勤めました。

Here is Dave Lambert and Buddy Stewart with Red Rodney’s Be Boppers play “Gussie G.” .
Dave Lambert, Buddy Stewart (vcl) acc by Red Rodney (tp) Al Haig (p) Curly Russell (b) Stan Levey (d) Neal Hefti (arr) New York, November 23, 1946

Here is Dave Lambert and Buddy Stewart with Red Rodney’s Be Boppers play “Perdido”.
Members of the recording are the same as above.

そして、1947年1月にRed Rodney’s Be-Boppers の名義で録音するに至りました。

Here is Red Rodney’s Be-Boppers play ”Elevation”.
Red Rodney(tp) Allen Eager(ts) Serge Chaloff(bs) Al Haig(p) Chubby Jackson(b) Tiny Kahn(d) Gerry Mulligan(arr) New York, January 29, 1947

上記録音並びに前回ご紹介したFine and Dandyについて大阪ジャズ同好会世話人の寺本氏からコメントを頂いております。

「Red Rodney’s Be-Boppersの演奏はその昔(1978年)日本フォノグラムから発売されたKeynoteレーベルの再発盤の一枚「Young Men with Horns」(BT-5263(M))に収録されていました。」

尚、SP愛好家の瀬谷さんの見解ですが「キーノートは盤質がシェラックなのでサーノイズが多いです。」という事です。

(追記)但し、「キーノート盤でも十分楽しめる音質である」という内容をFBコメントで頂きました。

ジャズ喫茶「bird/ 56」で聞いたレコード(2)「Red Rodney 1957」

October 21,2018

昨年10月に投稿したブログですが、末尾に貴重な写真を添付しました。
又、大阪ジャズ同好会世話人寺本氏から教えて頂いた情報も追加記載しました。
尚、追加部分は朱書きしております。

今回も「ジャズ喫茶bird/56」で聞いたレコードについて投稿致します。

小生の記録では上記レコードは1978年9月6日に聞かせて頂いていました。

「幻の名盤読本(SJ誌出版)」212ページから転載

「ドン・シュリッテンのシグナルはサボイのカタログに記載されながらもなぜか、3枚しか再発されず、マニアをくやしがらせたら幻のレーベル。だが、その後CBSソニーから3枚が日の目を見、残るこのアルバムも Onyxから 「The Red Arrow」として再発、ようやくレーベルの全貌をわれわれの前に現わすこととなった。レッド・ロドニーは40年代をクロード・ソーンヒルやウディ・ハーマンのバンドで過ごし、49年にチャーリー・ パーカーのクインテットに参加して名声を得た白人バッパー中ピカ一のトランペット奏者。麻薬に蝕まれたため連続した演奏を行うことができなかったが、57年にカムバック, このアルバムを吹込んだ。ここには彼の特質である、豊かで暖かいサウンドを生かしたロング・フレーズの全貌がとらえられている。なお④はシグナルのトレードマークにちなんだ曲、⑥はパーカッション奏者SABUに捧げた曲。(編)」

Here is Red Rodney Quintet play ”You Better Go Now”.
Red Rodney (tp), Ira Sullivan (ts), Tommy Flanagan (p), Oscar Pettiford (b), Philly Joe Jones (ds) November 22, 1957

今回レッド・ロドニーの録音についてディスコグラフィーで調べました。

個人的には上記解説に記載されているクロード・ソーンヒル楽団やウディ・ハーマン楽団在籍時よりも下記4楽団に参加した録音に興味があります。

「ジミー・ドーシー楽団、エリオット・ローレンス楽団、ジーン・クルーパ楽団、チャーリー・ベンチュラセプテット」

下記のレコード写真は追加添付しております。

「Red Rodney’s Be-Boppers」の名義で収録された作品は日本フォノグラムから発売されていました。(Keynoteレーベル再発時に収録されていました。)

上記「Young Men with Horns」(BT-5263(M)が発売されていることについては大阪ジャズ同好会世話人寺本氏から教えて頂きました。(小生も所有していましたが忘れていました)

幸い、レッド・ロドニー生誕日(9月27日)に際し、SP愛好家の瀬谷さんが貴重な音源(Red Rodney’s Be-Boppers)をアップされていました。

Here is Red Rodney’s Be-Boppers play ”Fine and Dandy”
Red Rodney(tp) Allen Eager(ts) Serge Chaloff(bs) Al Haig(p) Chubby Jackson(b) Tiny Kahn(d,arr) New York, January 29, 1947

明日以降は、上記リーダー作を録音( 1947年1月)する迄のレッド・ロドニーの足跡を投稿する予定でございます。

尚、レッド・ロドニーの私生活については下記に添付した「INTERLUDE by 寺井珠重さん”ジャズクラブの片隅から…”」が参考になりました。

▶️ こちら

ジーン・クルーパ楽団在籍時の面白いYouTube映像をご覧下さい。(演奏は後半)

Here is Gene Krupa and his Orchestra featuring Red Rodney and others.
“Follow That Music” (1946).

ジャズ喫茶「bird/ 56」のマスターが写っている写真を添付します。(右の方です)

東司丘さん(左)が投稿したツイッター写真からお借りしました。(2019/03/20撮影)

大阪ジャズ同好会(2018年8月例会)スイング時代の3大セッション①

August 18,2018

 

スイング時代の3大セッションをブラインドフォールドテスト形式で聴き比べしました。

全18曲(1~6ラウンド)がご紹介されました。本日は前半の9曲(1~3ラウンド)をお楽しみ下さい。

1.On the Sunnyside Of The Street

 

2.Mary Had A Little Lamb

 

3.Harlem Lullaby

 

4.Ring Dem Bells

 

5.Here’s Love In Your Eyes

 

6.For Sentimental Reasons

7.Shufflin’At The Hollywood

 

8.Right Or Wrong

 

9.Lover Come Back To Me

神戸ジャズ愛好会(2018年3月)「魅惑のアルトサックス」(2)

March 27.2018

A1+U0FHa3FL._SL1000_

Photo by Wikipedia

I introduced Jimmy Dorsey and Arne Domnerus as my favorite alto saxphone.

Particularly Jimmy Dorsey was the idol of Charlie Parker.

1.今月のテーマ(昨日の続き)

・Kさん(西明石から大阪の例会にも参加されています)
Phil Woods(フィル・ウッズ)のDVD映像(Molde Jazz Festival 1969)を持参されました。本ブログでは同じメンバーの演奏をYouTUbeでご覧下さい。
Here is Phil Woods’ European Rhythm Machine (Molde Jazz Festival in 1969)
Phil Woods(as),Gordon Beck(p),Henry Texler(b),Daniel Humair(ds)

・平野
少年パーカーのアイドルであったJimmy Dorsey(ジミー・ドーシー) をご紹介しました。

会場ではCD音源でしたが、本ブログではYouTube映像を添付しました。

Here is Jimmy Dorsey And His Orchestra play “ “Beebe”.

Photo above of Arne Domnerus by courtesy of apoloybaco.

次にスウェーデンを代表するサックス奏者(Arne Domnerus)アルネ・ドムネラスの名演(名曲)をご紹介しました。

Quincy Jones(クインシー・ジョーンズ)の編曲が素晴らしいです。

Here is Harry Arnold’s Orchestra with Arne Domnerus play “The Midnight Sun Never Sets”.
Quincy Jones (arr,dir) Stockholm, April 29, 1958

Photo by Wikipedia

Phill Woodsの演奏と比較すると面白いです。

Here is The Quincy Jones Big Band with Phill Woods play “The Midnight Sun Will Never Set”.

やっぱりこの曲はArne Domnerusの方が良いと思います。(個人的感想です)

81+Cb0oaprL._SL1500_

2.映像コーナー
「1969 New Orleans Jazz Festival」(寺本氏所蔵のビデオから)
主な出演者 Dizzy Gillespie, Sarah Vaughn, Count Basie, Clark Terry and Zoot Sims,Gerry Mulligan and Paul Desmond

YouTube映像でClark TerryとZoot Simsの共演を観ることが出来ます。尚、ピアノはJaki Byardです。
Here is Clark Terry(tp),Zoot Sims(ts),Alan Dawson(ds),Jaki Byard(p)

3.番外編(平野)

写真は「Hot Jazz 78rpms」から撮影しました。

「ジャズSPアワー第2回目BG&ガールズ」解説 SP愛好家瀬谷徹氏
寺本氏(世話人)のご配慮でNHKFM放送の一部を聞いて頂きました。
瀬谷さん宅に訪問されたY瀬氏並びにMusicraft(大阪)でのSPコンサートに参加されたTさんにも喜んで頂けたようです。又、大阪ジャズ同好会で新譜紹介されているFさんから「最終回のフレディー・グリーンを聞くのが楽しみです」と言われました。3月の放送を聞かれた会員の方が少なく例会の場でご紹介出来てよかったと思っております。

今回は番組のエンディング曲を添付しました。
本当は特例でCメロディーサックスを例会でご紹介したかったです。
Here is TRAM, BIX AND LANG play “Wringin’ An’ Twistin’”.
Bix Beiderbecke,(p,cor), Frank Trumbauer(Cm sax),Eddie Lang(g)
New York, September 17, 1927. 81450-A OK 40916

【追記】24bit衛星デジタル音楽放送MUSICBIRDSで瀬谷徹氏解説による新番組「ジャズSPタイム」が放送されています。

こちら ▶️

 

Tommy Dorsey And His Clambake Seven featuring Edythe Wright

March 19.2018

Photo by Pinterest

One of Tommy Dorsey’s best vocalists of the 1930s was Edythe Wright.

Today I would like to introduce Tommy Dorsey and His Clambake Seven featuring Edythe Wright.

Photo by Wikipedia

週末の神戸ジャズ愛好会でJimmy Dorsey(ジミー・ドーシー)を紹介することにしました。詳細は来週に記載します。

そんな訳で先週は兄貴の演奏を聞いてばかりでしたので、本日は弟Tommy Dorseyトミー・ドーシー)を聞いています。

「 Tommy Dorsey and His Clambake Seven featuring Edythe Wright(トミー・ドーシーコンボ名演集ーイーディス・ライト快唱集)」

誠にお恥ずかしい話ですがTommy Dorsey and His Clambake Sevenをあまり真剣に聞いておりませんでした。

トミー・ドーシーというと「フルオーケストラでセンチなトロンボーンソロで魅了する」というイメージだったのですが、今回「コンボ演奏」をじっくり聞きましたらディキシー風の陽気な演奏でびっくりしています。

又、Edythe Wright(イーディス・ライト)についても情報が少なくブログに書くネタがありません。

CDを選曲・解説された柳澤安信氏も「ウィキペディア百科事典によると…..」と書かれている次第です。

それにしてもシカゴ派の強者による快調な演奏と乗りのいい歌唱で気持ちが良くなってきます。

いつか機会があれば大阪か神戸のジャズ例会で紹介したいCDです。

Tommy Dorsey And His Clambake Seven featuring Edythe Wright play  「ジャズは高鳴る」”The music goes ‘round and around”.
Sterling Bose (tp) Tommy Dorsey (tb,vcl) Sid Stoneburn (cl),Johnny Van Eps (ts) Dick Jones (p) Dick Jones (p) William Schaffer (g) Gene Traxler (b)Sam Weiss (d) Edythe Wright (vcl)
New York, December 9, 1935 98363-1

The Music Goes Around And Around

Tommy Dorsey And His Clambake Seven featuring Edythe Wright play「モンテ・カルロの一夜」 “One night in Monte Carlo”.
Sterling Bose (tp) Tommy Dorsey (tb) Tom Mace (cl) Sid Bloch (ts) Dick Jones (p) William Schaffer(g) Gene Traxler (b) Sam Weiss (d) Edythe Wright (vcl)
New York, December 21, 1935 98389-1

One Night In Monte Carlo

 

Tommy Dorsey And His Clambake Seven featuring Edythe Wright play 「お魚の舞踏会」 “At the codfish ball”.
Max Kaminsky (tp) Tommy Dorsey (tb) Joe Dixon (cl) Bud Freeman (ts) Dick Jones (p) William Schaffer (g) Gene Traxler (b) Dave Tough (d) Edythe Wright (vcl)
New York, April 15, 1936 101453-1

At The Codfish Ball

 

Dave_Tough_1947_(Gottlieb_08701)

Photo above of Dave Tough by Wikipedia

Tommy Dorsey And His Clambake Seven And Orchestra featuring Edythe Wright play 「感激の一瞬」 “Having wonderful time”.
Pee Wee Erwin(tp), Tommy Dorsey (tb), Johnny Mince (cl), Bud Freeman (ts), Howard Smith (p),Carmen Mastren (g), Gene Traxler (b) Dave Tough (d) Edythe Wright(vcl) New York, July 20, 1937 011351-1

Having Wonderful Time

 

Tommy Dorsey And His Clambake Seven featuring Edythe Wright play 「気まぐれレディー」 “The lady is a tramp”.
Pee Wee Erwin (tp) Tommy Dorsey (tb) Johnny Mince (cl) Bud Freeman (ts) Howard Smith (p) Carmen Mastren (g) Gene Traxler (b) Dave Tough (d) Edythe Wright (vcl) New York, September 11, 1937 013522-1

The Lady Is Tramp

 

95385949_134504794641

Photo by Findagrave.com