タグ別アーカイブ: Jimmy Raney

大阪ジャズ同好会第44回例会概要②特集「Billie Holiday on Decca 〜MGM Years 1944~1959」解説 寺本泰規氏

October,13,2020

(当日配付されたレジュメに沿って、ブログ作成者が音源の代替として写真等を添付させて頂きました。)

ビリー・ホリディの代表的録音と言えば、Columbia,Commodoreに代表される前期のものが好まれて聴かれますが、Deccaから始まる中期及び後期の録音は酒や薬による声の衰えなどを理由に余り評価されることが少ないように感じます。今日の特集ではそのDeccaから最晩年のMGMに至るまでの録音をたどることにより、彼女の魅力を再発見していただきたいと考えています。
さて、Deccaへの最初の録音は次の曲から始まります。この作詞者については新たに発見された逸話などが残っていますが、その話は次の機会にして先ずは聴いていただきましょう。

  1. 「Lover Man (oh, where can you be?)」(0ct,04,1944)(Decca,MCA-3029)
    Billie Holiday with Toots Camarata Orchestra(NYC, 50 West 57th Street, Decca Studio’s)

Deccaでは多くがストリングスの伴奏で録音されましたが、そのためにより彼女の唄に焦点が当てられ、唄の素晴らしさを十分に味わうことが出来ます。映画『New Orleans』の撮影の合間に行われた次のコンサートでは、麻薬の影響で音程が不安定となり、彼女本来のパフォーマンスをすることが出来ませんでした。

  1. 「Trav’lin’ Light」(0ct,07,1946)
    prob. Howard McGhee(tp) Trummy Young(tb) prob. Illinois Jacquet(ts) Kenny. Kersey(p) Barney Kessel(g)Charlie Drayton(b) Jackie Mills(ds)(LA,Shrine Auditorium)
映画『New Orleans』(Photo by Billie Holiday Discography)

1947年になるとエスクワイアー誌の表彰記念として、アーサー・ゴッドフリー・タイムに出演します。

3.「The: Man I Love」(Jan,13.1947)(Totum 1037)
Arthur Godfrey Time -,Including ’Esquire Gold Awards 1947’
(New York City, CBS Studio 58) withTeddy Wilson(p)

Billie and Teddy Wilson from Arthur Godfrey radio show Photo by Billie Holiday Discography

Decca時代には名唱が多いのですが、その中でも一二を争うのが次の録音です。声良し、表現力良しで文句の付けようがありません。

  1. 「Crazy He Calls Me」 (W75422-A)(0ct,19,1949)(Decca MCA-3029)
    Gordon Jenkins and his Orchestra
    (New York City, 50 West: 57th Street, Decca Studio’s)
Photo by Billie Holiday Discography

次はStoryvile Clubでの録音を聴いて下さい。珍しくもStan Getzが伴奏しています。

Photo by Wikipedia
  1. 「Lover Come Back To Me」(0ct,29,1951)(Storyville. K18P9350)
    Billie Holiday& Her Trio with Stan Getz (Boston, Storyville Club, Copley Square Hotel)
    Stan Getz(ts) Buster Harding(p) Jimmy Raney(g) John Fieds(b) Marquis Foster(ds)

彼女の長年の飲酒、ドラッグ、タバコによりこの頃から声が荒れてきます。その頃Billieはノーマン・グ ランツのMercuryレコードとの初めてのスタジオ・レコーディングを行います。

  1. 「East of The Sun」(Mar,26,1952)(Verve 314 513 860-2~869-2)
  2. 「I Only Have Eyes For You」(Mar,1952)(Verve 314 513 860-2~869-2) Billie Holiday and her Orchestra(Los Angeles, Radio Recorders studio)

1953年8月に以前から抱えていた虫歯による膿瘍が発生し、一時収まったものの10月には再発し、つらか った時期に録音されたのがStoryville Clubでの次の演奏です。膿瘍の影響は余り感じらず、声も少し安定感を取り戻した感があります。その次は1954年1月には初のヨーロッパ楽旅に出発し、楽旅から帰国した後のクラブ出演のものです。

  1. 「You Go To My Head」(0ct,12,1953)(Storyville K18P9350)
    Billie Holiday & Her Trio(Boston, Storyville Club, Copley Square Hotel)
    Carl Drinkard(p) Jimmy Woode(b) Peter Littman(ds)
  2. 「Blue Moon」(Mar,07,1954)(UPCD 27.81/27.82)
    (Boston, Hi Hat Club)
    Carl Drinkard(p) Jimmy Woode(b)

次のセッションではグランツが自由でリラックスした雰囲気にするために、ミュージシャン達にのびのびとソロ交換させ、その中でビリーがスウィングすることにしました。そのセッションから1曲聴いて下さい。

  1. 「Ain’t Misbehavin’」 (Feb,14,1955)
    Charlie Shavers(tp) Tony Scott(cl) Budd Johnson(ts) Billy Taylor(p) Billy Bauer(g) Leonard Gaskin(b) Cozy Cole(ds)

この頃になると音域、イントネーション、ブレスコントロールなどでの限界が明らかになってきており、ため息、ためらうような歌い出し、甲高い裏声、声色に変化を付けるような歌い方になっていきます。しかし次のセッションは共演者の素晴らしさと共にこの時期にしては優れたものと言えると思います。

  1. 「It Had To Be You」(Aug,23~25,1955)(Verve 314 513 860-2~869-2)
    Billie Holiday and her Orchestra (Los Angeles; Radio Recorder’s studio)
    Benny Carter(as) Harry Edison(tp) Jimmy Rowles(p) Barney Kessel(g) John Simmons(b) Larry Bunker(ds)

次は1937年1月25日 Brunswickに吹き込まれた同曲と比較して聴くのも良いと思います。

  1. 「I Must Have That Man」(June,06,1956)(Verve 314 513 860-2~869-2)
    Billie Holiday with Tony Scott and his Orchestra (New York City; Fine Sound Studios)
    Paul Quinchette(ts) Charlie Shavers(tp) Tony Scott(cl) Wynton Kelly(p) Barney Kessel(g) Aaron Bell(b) Lenny McBrowne(ds)

さて、いよいよ議論の的になった『Lady in Satin』からの一曲です。このアルバムはこれまでの彼女の人生と彼女の唄との関係を深く知れば知る程、感銘を与えるものとなっています。ただこの録音のディレク ターでもあるレイ・エリスは「たった一つのフレーズを歌うだけででも、彼女は音程を維持できなかった。 私は今でも、このアルバムを聴くたびに悲しくてやりきれないんだ」とも語っています。

  1. 「I’m A Fool To Want You」(Feb,20,1958)(Columbia 88697492002)
    Ray Ellis and his Orchestra(Now York City)

いよいよ彼女の最後のスタジオ・レコーディングに臨みます。この時彼女は高い椅子に看護婦が脇を支えてもらいながら唄っていたそうです。またこのレコーディングはシナトラみたいに唄いたいと言い、下記の曲もアルバムに入れられました。

  1. 「I’ll Never Smile Again」(Mar,03,1959)(MGM MM2091)
    Billie Holiday with Ray Ellis & his Orchestra(New York City, Metropolitan Recording Studio)

今回はビリー・ホリディの中後半生をたどってきましたが、如何だったでしょうか。この時期の録音は案外聴かれていなかったのではないでしょうか。これを機会にもう一度彼女の歌を聴き直して頂きたいと思います。

神戸ジャズ愛好会2017年5月例会概要『Verveレーベルの名演』

May 19,2020

2017年5月28日に開催された神戸ジャズ愛好会5月例会概要を作成しました。

・Y瀬氏

「私のVerveはピーターソン」
①ノーマン・グランツとオスカー・ピーターソンの関わりは1949年以降、Clet, Norgran, Verve を通じて長く続いたのはご存じの通りですが、まずエラと共に引き抜いてきた旦那のレイ・ブラ ウン(b)とデュオを組ませ、そこにギターのバーニー・ケッセルを加えて最初のトリオを結成したのは1951年です。
②翌1953年にギターがハーブ・エリスに交代。5年続いたこのトリオは、ドラムス(バディ・リッ チ、アルヴィンストーラー)を加えたカルテットでも演奏を残しております。
③1958年のエリス退団を機にドラマーとの新トリオ結成を決断して選んだのがエド・シグペン。作曲家単位の「ソングブック」シリーズがヒットし、不動の「ザ・トリオ」の座に。

①Here is Oscar Peterson Trio play “The man I Love”.
Oscar Peterson(p),Ray Brown(b),Barney Kessel(g) November 25, 1951

 

Here is Oscar Peterson Trio play “9:20 special”.
Oscar Peterson (p) Herb Ellis (g) Ray Brown (b) Buddy Rich (d)
LA, December 27, 1955

Here is Oscar Peterson Trio play “Summertime”.
Oscar Peterson((p),Ray Brown(b),Ed Thigpen(ds) October 12,1959

・I氏

Here is Jimmy Smith play “Cat”.
Ernie Royal, Bernie Glow, Snooky Young, Jimmy Maxwell, Marky Markowitz, Thad Jones (tp) Jimmy Cleveland, Urbie Green, Billy Byers (tb) Tony Studd (b-tb) Ray Alonge, Earl Chapin, Jimmy Buffington, Bill Correa (fhr) Don Butterfield (tu) Jimmy Smith (org) Kenny Burrell (g) George Duvivier (b) Grady Tate (d) Phil Kraus (perc) Lalo Schifrin (arr,dir) New York, April 27, 1964

Here is Herbie Hancock play “Scarborough Fair”.
Michael Brecker (ts,sop) Herbie Hancock (p,arr) John Scofield (g,el-g) Dave Holland (b) Jack DeJohnette (d,el-perc) Don Alias (perc) Bob Belden (arr) with: Lester Lovitt, Oscar Brashear (tp-1,flhrn-1) Maurice Spears (b-tb-1) Suzette Moriarty (frh-1) Sam Riney, William E. Green (fl-1,alto-fl-1) Gene Cipriano (oboe-1,eng-hrn-1) Gary Herbig (b-cl-1,fl-1) Lili R. Haydn, Margaret R. Wootn, Richard S. Greene (vln-2) Cameron L. Stone (cello-2) New York & West Hollywood, CA, 1995

・M渡氏


「The Interpretations Of Tal Farlow: Tal Farlow Quartet」より4曲

Here is Tal Farlow Quartet play  “These foolish things”.
Claude Williamson (p) Tal Farlow (g) Red Mitchell (b) Stan Levey (d)
Los Angeles, January 17, 1955

Here is Tal Farlow Quartet play “Manhattan”.

Here is Tal Farlow Quartet play “It’s You or No one”.

Here is Tal Farlow Quartet play “Just one of those things”.

・T川氏

Here is Lu Watters plays “Irish Black Bottom”.
Lu Watters(tp) Warren Smith(tb) Bob Helm(cl) Wally Rose(p) Pat Patton(bj)
Clancy Hayes(g) Dick Lammi(b) Bill Dart(ds)(June or July,1950

Here is Kid Ory play “Song Of The Wanderer”.
Kid Ory(tb) Marty Marsale(tp) Darnell Howard(cl) Cedric Haywood(p)
Frank Haggerty(g) Charles Cden(b) Earl Watkins(ds)  Aug 25,1957

Here is Lester Young Quartet play “All Of Me”.
Lester Young(ts) Teddy Wilson(p) Gene Ramey(b) Jo Jones(ds) Jan 13,1956

Here is Stan Getz Quartet play “The Way You Look Tonight”.
Stan Getz(ts) Duke Jordan(p) Jimmy Raney(g) Bill Crow(b) Frank Isola(ds) Dec 12,1952

・N瀬氏

Here is  Dizzy Gillespie/Sonny Stitt/Sonny Rollins play “The Eternal Triangle”.
Dizzy Gillespie (tp,vcl) Sonny Stitt, Sonny Rollins (ts) Ray Bryant (p) Tommy Bryant (b) Charlie Persip (d)  New York, December 19, 1957

・K氏

Here is Gerry Mulligan And The Concert Jazz Band play “Comerain or Come Shine”.
Don Ferrara, Clark Terry, Nick Travis(tp),  Willie Dennis(tb),  Alan Raph(btb), Bob Brookmeyer(vtb),Bob Donovan(as), Gene Quill(as,cl),  Jim Reider(ts), Gene Allen, Gerry Mulligan(bs,p),Bill Crow(b), Mel Lewis(ds)
“Village Vanguard”, NYC, December 11, 1960

Here is J.J.Johnson Quartet play “My favorite things”.
J.J. Johnson (tb) Hank Jones (p) Richard Davis (b) Walter Perkins (d)
New York, April 6, 1963

大阪ジャズ同好会第34回例会概要(2) 持ち寄り『放送録音の魅力』

December 6,2018

大阪ジャズ同好会世話人寺本氏のコメントから
「ラジオによるジャズのライブ放送は1930年代から行われていました。音質が悪いにもかかわらずその内容はスタジオ録音にはない臨場感にあふれ多くのファンを虜にしたものです。」

・竹村氏
1.ハリウッドの「Streets Of Paris」からのラジオ放送、絶頂期のハワード・マギーです。

Here is Howard Mcghee plays “A Night in Tunisia”.
Howard Mcghee(tp), Teddy Edwards(ts) ,J.D.King(ts), Vernon Biddle(p), Bob Kesterson(b), Roy Porter(ds)  Dec.2,1945

2.「Every Tub」(Jan.14.1953)
ニューヨークの「BIRDLAND」からのカウント・ベイシー楽団のラジオ放送、この曲だけレスターヤングが加わりソロをとります。

Photo by courtesy of Pinterest

ブログではレスターヤングのソロ演奏が聴ける「Jumpin’ at the woodside」を添付しました。
Here is Count Basie And His Orchestra featuaring Lester Young play ”Jumpin’ at the woodside”.
Wendell Culley, Reunald Jones, Joe Newman, Paul Campbell (tp), Henry Coker, Benny Powell, Jimmy Wilkins (tb) Marshal Royal (as,cl) Ernie Wilkins (as,ts) Paul Quinichette (ts,arr) Eddie “Lockjaw” Davis (ts) Charlie Fowlkes (bar) Count Basie (p) Freddie Green (g) Gene Ramey (b) Gus Johnson (d) Lester Young (ts) radio broadcast, “Birdland”, New York City, January 1, 1953

3.Hooray For Stan Getzから「Move」(Aug.12.1952)
Stan Getz(ts) Jimmy Raney (g) Duke Jordan(p) Gene Ramey (b) Phil Brown(ds)
ジャケットは最悪ですが、スタンゲッツの演奏は最高です。

上記録音は提供できませんので、代替として「Polish Radio Jazz Archives」からStan Getz and Andrzej Trzaskowski Trioによる録音を添付しました。

Here is Stan Getz & Andrzej Trzaskowski Trio play “You Go To My Head”.
National Philharmonic Concert Hall, Warsaw, Poland on 27 October 1960

・Y濑氏
2006年まで50年眠っていた1956年シアトルでの JATP音源から
1.ノーマン・グランツのMCに続きで「GROOVING HIGH」
2.ピーターソン・トリオでをバックにエラの「JUST ONE OF THOSE THI MG」
3.「AIR MAIL APECIAL」

下記に添付したWEBで司会も兼ねていたノーマン・グランツが「タバコ吸わんとちゃんと聴いてくれ!」と言っています。

こちら ➡️

上記の3曲は提供できませんが、同じ日のノーマン・グランツのMCとジーン・クルーパグループの録音を添付しました。
Here is Gene Krupa Quartet play ”Bernie’s Tune” and “My one and only Love” “Drum Boogie”.
Gene Krupa(ds),Eddie Shu(ts,as), Dave McKenna(p), John Drew(b)
Jazz at the Philharmonic, Seattle 1956

・H氏(クラリネットの特集を2回されています)

Here is Benny Goodman Septet play ”Swedish Pasty”.
Benny Goodman(cl),Stan Hasselgard(cl), Wardell Gray(ts), Teddy Wilson(p),Billy Bauer(g), Arnord Fishkind(b),Mel Zeinik(ds)
(1948年5月27日 CBS Brodcast)

ブログ作成者から30分番組を追加しました。上記録音の3日前(5/24)の放送録音で「Patti Page 」が参加しています。
Here is Benny Goodman Septet play “Limehouse Blues 〜The man I love 〜Back home again in Indiana (Donna Lee)〜Confess”.
Broadcast, “Click Restaurant”, Philadelphia, May 24, 1948

・K氏(西明石から参加)

1.Charlie Parker「At The Finale Club」より、
Here is Charlie Parker plays “Ornithology〜Billie’s Bounce〜 Ornithology〜All the Things You Are 〜Blue ‘n’ Boogie 〜Anthropology”.

Charlie Parker(as) Miles Davis(tp) Joe Albany(p) Addison Farmer(b)Chuck Thompson(ds)  Los Angeles Broadcast,1946

2.Chet Baker「Live At The Paris Festival放送」
Here is Chet Baker Quartet play ”For Minors Only”.
Chet Baker(tp) Rene Urtreger(p) Pierre Michelot(b) Aldo Romano(ds)  Radio France,1981

・寺本氏(同好会世話人)
Bunny Berigan「Leader & Sideman」(Through The Years)より
放送録音の魅力は契約の関係上共演することが不可能なメンバーとの共演を聞くこと 出来る事ではないで しょうか。そういった意味で大スターが集まった次のセッションは正 に夢のセッションと言えるでしょう。
Here is Bunny Berigan and others play “Blues”.
Roy Eldrigde, Bunny Berigan, Harry James(tp) Tommy Dorsey, Jack Jenny(tb) Coleman Hawkins(ts) Count Basie(p) John Kirby(b) Gene Krupa(ds)
“Martin Block’s Make Believe Ballroom Jam Session” in Savoy Ballroom,June 14,1940

Bobby Jaspar(2)

August 9. 2017

rené-thomas-bobby-jaspar-archief-mon-devoghelaere

 Bobby Jaspar and René Thomas by courtesy of Mon Devoghelaere

Tenor saxophonist and flutist Bobby Jaspar was born 20 February 1926 in Liege, Belgium.

He learned the piano and to play the clarinet in his teens.

Then he played tenor saxophone with Toots Thielemans in Belgium.

Mr. Thielemans, right, and Benny Goodman play each other’s instruments around 1948. Mr. Thielemans toured with Goodman’s big band. Credit Metronome, via Getty Images

In 1950, he moved to Paris, and becomes one of the center figures of Modern Jazz in Paris.

In 1951 he recorded with Henri Renaud and then played with touring Americans, including Jimmy Raney, Chet Baker.

In terms of private life he was briefly married to Blossom Dearie before moving to NYC.

Blossom Dearie moved to Paris in 1952.

She formed a vocal group, the Blue Stars and where she met Bobby Jaspar.

I would like to post on Blossom’s activities in Paris on another occasion.

In 1956 he settled in New York.

Blossom Dearie and husband Bobby Jaspar by courtesy of Blossom Dearie HP Photo Gallery

Bobby Jasparは1926年2月20日、ベルギーのリエージュという町で生まれました。

リエージュは古くから交易の中継地として栄え、西ヨーロッパの十字路と呼ばれていました。こちらをクリックして下さい。

幼少時にピアノを学び、10代になってクラリネットを演奏し始めました。

その後、テナーサックスも習得し、同じベルギー出身のToots Thielemansと共演していました。

1950年、その当時モダンジャズが勃興していたパリに移り、ジャズ界の中心人物の1人として頭角を現してきました。

1951年、Henri Renaud と初レコーデイングを行い、当時パリにツアーに来ていたJimmy Raneyや Chet Bakerとも演奏の機会を持ちました。

私生活においてBlossom Dearieと短期間ですが結婚していました。

簡単に記述します。

1952年、Blossom Deareeはボーカルグループ「The Blue Stars」を結成し、パリで音楽活動を開始しました。その頃Bobby Jasparと出会ったそうです。

パリでのBlossomの活動については別の機会に投稿したいと思います。

1956年、Bobby Jasparはニューヨークに活動の場所を求めました。

Here is Bobby Jaspar with Henri Renaud play “Jeepers Creepers”.

Bobby Jaspar(ts),Jimmy Gourley(g),Henri Renaud(p),Benoît Quersin(b),Jean Louis Vialle(ds)

Paris , May 22, 1953.

Here is Bobby Jaspar and Sacha Distel Quintette play “Milestones”.

Bobby Jaspar (ts), René Urteger (p), Sascha Distel (g), Benoit Quersin (b), Jean-Louis Viale (ds)  Paris, December 29, 1955

Here is   Blossom Dearie and  the Blue Stars sing “Lullaby Of Birdland”.

The Blue Stars (1952–1955) included Michel Legrand’s sister, Christiane, and Bob Dorough.

“Lullaby of Birdland” arranged by Michel Legrand.

The Blue Stars would later evolve into The Swingle Singers

Here is Blossom Dearie featuring Bobby Jaspar play “Autumn In New York”.

Blossom Dearie (p), Bobby Jaspar (fl), Benoit Quersin (b), Christian Garros (ds)

Paris, January 16, 1956

Don Schlitten (5)

906091-McPherson-Tokyo-Cover-300x300

Don Schlitten produced superb live recording in Tokyo in April 1976.

Please refer to website.GO here

Why did he had produced live recording in Japan?

I guess that Japanese jazz fan much prefered bebop standard to jazz fusion in those days.

About Xanadu label I recommend the following radio program.GO here

Finally, please refer to the interview video of Don Schlitten.GO here

906092-JimmyRaney-Tokyo-Cover-300x300

 

Lorenz Hart(4) 〜 Spring Is Here

May 05.2016

Bernice_Claire_Alexander_Gray_Spring_Is_Here_1930

Bernice Claire and Alexander Gray in Spring Is Here

‘Spring Is Here’ was the title of a 1929 Broadway show (filmed the following year).

Some of the great jazz vocalists recorded ‘Spring Is Here’.
Ella Fitzgerald, Monica Zetterlund, Tony Bennett, and Chris Connor

Also the famous pianists Bill Evans and Kenny Drew recorded this song.

Fortunately this song was played at about twice or three times faster than the original ballad speed.

As a result, the classic tune became a completely new, hard bop tune.

John Coltrane recorded it in July 1958.

In addition contemporary artists such as Michael Brecker,Charlie Haden and Bobby Hutcherson played this piece.