タグ別アーカイブ: Jimmy Smith

神戸ジャズ愛好会5月例会①「映像コーナー」

May 27,2019

5月例会には19人が参加されました。例会の概要については「映像コーナー」からご紹介致します。

Photo by BlueNote .com

Here is Jimmy Smith Live at Salle Pleyel 1969(K氏提供)
過日開催された「オルガン特集」において、時間がなく改めてご紹介頂きました。
Jimmy Smith(org), Charlie Crosby(ds),Eddie Mc Fadden(g)
December 1, 1969 – Salle Pleyel, Paris
当日は「Satin Doll」だけの紹介でしたが、添付のYouTubeでは映像全篇(1時間24分)が楽しめます。

Photo above of Eric Dolphy by courtesy of All Music

Here is Eric Dolphy in Stockholm, September 5, 1961 (寺本世話人提供)
Eric Dolphy(fl, as,basscl), Idrees Sulieman(tp), Rune Owferman(p),Jimmy Woode(b),Sture Kallin(ds)

1. Left Alone(5:23)
2. Miss Ann(4:25)
3. Serene(7:49)
4. God Bless the Child(5:23)
5. G.W.(6:14)

神戸ジャズサロン2月例会(2019年)「オルガンの名演・好演・お気に入りの盤」②

February 26.2019

神戸ジャズサロン2月例会のテーマは「オルガンの名演・好演・お気に入りの盤」でした。今回も4人がご紹介された演奏家をお楽しみ下さい。

先日お亡くなりになった児山 紀芳さんの思い出話もございました。

Photo of Mike LeDonne above courtesy of MikeLeDonne.com

・Ch氏

Mike LeDonne

Here is Frode Kjekstad Quartet play “The Lone Ranger”.

Frode Kjekstad (g),Eric Alexander (ts),Mike LeDonne (org),Joe Farnsworth (ds)

Tedesco Studio, USA January 9, 2014

The Lone Ranger (再生時には音量調整をお願いします)

上記CDに関しては下記のサイトを参照して下さい。

こちら ▶️

Photo by BlueNote Records

・SW氏

Jimmy Smith

今月(2月3日)、お亡くなりになった児山 紀芳さんが解説を書かれている「The Cats」から3曲 ”Basin Street blues”,”St. Louis blues”,”Blues in the night”をご紹介されました。

全曲お聴き下さい。

Here is Jimmy Smith plays ”The Cats(Full Album)”.

Ernie Royal, Bernie Glow, Snooky Young, Jimmy Maxwell, Marky Markowitz, Thad Jones (tp) Jimmy Cleveland, Urbie Green, Billy Byers (tb) Tony Studd (b-tb) Ray Alonge, Earl Chapin, Jimmy Buffington, Bill Correa (fhr) Don Butterfield (tu) Jimmy Smith (org) Kenny Burrell (g) George Duvivier (b) Grady Tate (d) Phil Kraus (perc) Lalo Schifrin (arr,dir) New York,, April 29, 1964

Shirley Scott & Stanley Turrentine at MIST Harlem by courtesy of ZEALnyc

・KT氏

Shirley Scott

Here is Shirley Scott & Stanley Turrentine play ”Five Spot After Dark”.

Stanley Turrentine (ts) Shirley Scott (org) Bob Cranshaw (b) Otis “Candy” Finch (ds)

N.J., March 31, 1964

Jose Roberto Bertrami (AZYMUTHのキーボード担当)

Here is Jose Roberto Bertrami and Otavio Bonfa play “Novo Leblon”.

Jose Roberto Bertrami (org) Otavio Bonfa (g)

Rio de Janeiro, 1984 (Milestone M9141)

Shirley Scottの映像を追加します。

Here is Shirley Scott Trio (with Harold Vick on tenor) play “Don’t Look Back”.(1976)

Here is Joe Williams / Count Basie play “Ain’t Misbehavin’”.

Count Basie (org) Freddie Green (g) George Duvivier (b) Jimmy Crawford (d) Joe Williams (vcl) New York, October 13, 1958

1分40秒経過してからのFreddie Green(フレディ・グリーン)のギターもお聴き下さい。

Here is Fats Waller plays Ain’t misbehavin’

Fats Waller (vo,organ) , Dave Wilkins (tp) George Chisholm (tb) Alfie Kahn (cl,ts) Ian Shepherd (ts,vln) Alan Ferguson (g) Len Harrison (b) Edmundo Ros (d) London, August 21, 1938

余談ですが、ジャズオルガンについて面白い「系譜」を添付します。

出典元「Jazz Organ History」  by Geoff Alexander(1988)

神戸ジャズサロン2月(2019年)「オルガンの名演・好演・お気に入りの盤」①

February 25.2019

昨日、神戸ジャズサロン(神戸ジャズ愛好会と会員は同じ)に参加しました。 今回のテーマ 「オルガンの名演・好演・お気に入りの盤」には8人の会員がお気に入りの録音盤を持ち寄りました。今回は4人がご紹介された演奏家(8人)をお楽しみ下さい。

・Y瀬氏


Jimmy Smith

以下、レジュメに記載されたコメントを転載させて頂きました。
「昭和29年(1954年)、貧乏学生が、小遣いを貯めて三宮センター街のヤマハで初めて買った 12インチLPが、初めて聴いたジミー・スミスでした。初期と晩年から各1曲。 」

1曲目は「Jimmy Smith At The Organ,Vol 3(BlueNote BLP1525)」から”Willow Weep For Me”を選曲されました。

ブログでは1962年パリのライブ映像を添付します。
Here is Jimmy Smith Trio play ”Willow Weep For Me”.
Jimmy Smith(organ); Roy Montrell(g); Donald Bailey(ds)

Photo above of Nicholas Payton by courtesy of The New York Times

Here is Jimmy Smith and Nicholas Payton play ”Days of Wine and Roses”.
Jimmy Smith(Organ),Nicholas Payton (Trumpet) New York, January 25 & 26, 1995

・T川氏


Fats Waller

Here is Louisiana Sugar Babes play ”Willow tree”.
Jabbo Smith (cnt) Garvin Bushell (cl,as,bassoon) James P. Johnson (p) Fats Waller (org) N.J., March 27, 1928

当日はFats Wallerの演奏として上記1曲だけをご紹介されましたが、ブログ作成者より1曲追加させて頂きます。

Here is Louisiana Sugar Babes play ”Thou Swell”.
Members of the recording are the same as above.

Marvin Ash
「Have A Good Time With Big George Bruns」というCDから2曲”When you’re smiling”,”Where has the melody gone ?”を紹介されました。
Dick Cary (tp) George Bruns (tb) Dick Anderson (cl) Marvin Ash (org) Allen Reuss (g) Jess Bourgeois (b) Irv Cottler (d) California, prob. mid-1960’s

残念ですが上記2曲は本ブログでは提供できません。

Photo above of René Rooimans(in the middle) by courtesy of Deskgram

René Rooimans

Rik van den Bergh(as)の「Swingmatism (1999年)」から”Hard time”をご紹介されました。

Rik van den Bergh(as),Raymond Nijenhuis(g) ,René Rooimans(org),Erik Kooger(ds)
Miscellaneous Music MR5030

上記CDに関しては下記のサイトにおいて試聴可能です。

こちら ▶️

・F川氏

Photo above of René Rooimans(in the middle) by courtesy of Deskgram

Joey DeFrancesco

Here is Count Basie Orchestra with Joey DeFrancesco play “April in Paris”.

Here is Count Basie Orchestra with Joey DeFrancesco play “April in Paris”.

Richard “Groove” Holmes

本CDの詳細についてはこちら ▶️

上記CDから2曲”Just one of those things”,”Killer Joe”をご紹介されましたが、今回はプロモート用に制作されたYouTube映像でご容赦下さい。

Here is Richard “Groove” Holmes play “Swedish Lullaby”.

又、昨年JazzWaxさんがRichard “Groove” Holmesについて投稿されています。

こちら ▶️

・T見氏

例会ではいつもカラー印刷されたレジュメを別途配付されています。今回も当日配付されたレジュメをブログの末尾に添付致しました。

Photo above of Reuben Wilson by courtesy of All About Jazz

Reuben Wilson

Here is Reuben Wilson Quatet play ”Blues for McDuff”.

Melvin Butler (ts) Reuben Wilson (org) Grant Green, Jr. (g) Bernard “Pretty” Purdie (d) New York, 2001

photo above of Gene Ludwig by Wikipedia

Gene Ludwig

当日、Jimmy Ponderがリーダーとなった「What’s New」から”God bless the child”をご紹介されましたが都合により本ブログでは提供出来ません。

代替曲として、Gene Ludwigのコンサート映像を添付致します。

Here is Gene Ludwig Organ Trio play “Duff’s Blues”.(親友のJack McDuffジャック・マクダフに捧げた曲)

Gene Ludwig(Hammond organ), Dave Stryker(g), Vince Ector(ds)October 23, 2009

大阪ジャズ同好会(2018年8月例会) 『私が選んだ隠れ名盤』①

August 16,2018

2018年8月12(日)に開催された大阪ジャズ同好会での参加者持ち寄り『私が選んだ隠れ名盤』を2回に分けてご紹介します。当日配付されたレジュメのコメントもお楽しみ下さい。

T村氏

1.『The Ralph Sharon Trio』ラルフ・シャロ ン(Ralph Sharon)(Bethlehem盤)
「You Stepped Out Of A Dream(夢から醒めて)」
トニー・ベネット(Tony Benett)の専属ビアニストに、とどまらない実力を発揮した快作。

Here is The Ralph Sharon Trio play “You Stepped Out Of A Dream”.
Ralph Sharon (p) Jay Cave (b) Christy Febbo (d) New York, 1956

You Stepped Out Of A Dream

2.『Nobody Knows You When You’re Down and Out』ハワード・マギー(Howard McGhee)(United Artists盤)
「Lonely Town」
麻薬禍から何回か復帰したハワード・マ ギーのワンホーン・アルバム。

Here is Howard McGhee Quartet play ”Lonely Town”.
Howard McGhee (tp) Phil Porter (org) Larry Ridley (b) Dave Bailey (d)
New York, late 1962

Lonely Town

3.『Gentleman of The Trombone』ヴィッ ク・ディッケンソン(Vic Dickenson)(Storyville盤)
「Just Too Late」
南仏で録音された、ディッケンソンのリラックスしたワンホーン・アルバム。ピアノに、往年の名人ジョニー・ガルニエリをむかえました。

Here is Vic Dickenson and His Band play “Just Too Late”.
Vic Dickenson (tb,vcl) ,Johnny Guarnieri (p) Bill Pemberton (b), Oliver Jackson (d) Antibes, France, July 25, 1975

Just Too Late

4.『Holiday in Braff』ルビー・ブラフ(Ruby Braff)(Bethlehem盤)
「When You’re Smiling」
ビリー・ホリデイに捧げるトリビュート作品。曲の途中のサックス・ユニゾンは、レスター・ヤングの有名なアドリブを再現しています。

Here is Ruby Braff And His Orchestra play “When You’re Smiling”.
Ruby Braff (tp) Hymie Schertzer (as) Al Klink, Bob Wilber, Boomie Richman (ts) Sol Schlinger (bar) Ellis Larkins (p) Mundell Lowe (g) or Art Ryerson (g) Walter Page (b) Bobby Donaldson (d) New York, March 17 & 18, 1955

When You’re Smiling

Y瀬氏

◆変わりダネの魅力
ブルーベックとMJQにハマり、執念深く音源を追う中でも、生来の新しい物好き、ゲテモノ趣味を交えていろいろ浮気しました。そんな昭和30 (1955) 年前後の変わりダネをお聴きください。名盤と言い切る自信は無いのですが、私にとっての”隠れヒーロー”による”隠れ名演”ではあります。


1.『 Pretty Just For You』ジミー・スミス(Jimmy Smith))(Blue Note盤)

今はない神戸・元町のヤマハで売れ残っていたLPを買い「ブクブク、ボコボコ」と鳴るオルガンジャズの楽しさに覚醒。それは片面2曲で各10分超の長尺なので、次に買ったこれを。

Here is Jimmy Smith Trio Plays ”East Of The Sun”.
Jimmy Smith (org) Eddie McFadden (g) Donald “Duck” Bailey (d)
New York, May 8, 1957

East of the sun

2.「The Things We Did Last Summer」ハービー・マン(Herbie Mann)(Bethlehem盤)

大阪・千林のレコード店で買った東芝レーベルEP(4曲)のうち表面の2曲目。後に全11曲の12インチLPで再発。ハービーがどんどん変な方向に走ったので追跡は断念。

Here is Herbie Mann Quartet play ”The Things We Did Last Summer”.
Herbie Mann (fl) Benny Weeks (g) Keith Hodgson (b) Lee Rockey (d)
New York, December, 1954

The Things We Did Last Summer

3.『Man Bites Harmonica』ツーツ・シールマンス(Toots Thielmans)(Riverside盤)
実は、ハマったのは彼が晩年になってから。フランスムードや、ラテン物を楽しみ、ジョージ・シェアリング5加入前の Jean 名義のこれにも行きつきました。2006年に大阪ビルボードへ聴きに行き、休み時間にCDを差し出すと上機嫌でサインをしてくれました。

Here is Toots Thielemans Quintet play ”Fundamental Frequency”.
Toots Thielemans (g,hca) Pepper Adams (bar) Kenny Drew (p) Wilbur Ware (b) Art Taylor (d) New York, December 30, 1957

Fundamental Frequency

おやまぁあんたまで!!「歌いたがり屋」列伝(大阪ジャズ同好会特集)

May 4.2018

おやまぁあんたまで!!「歌いたがり屋」列伝  解説 吉瀬 拓雄氏 (2015年4月12日)

今回は「歌いたがり屋のジャズ奏者たちが大集合です。ジャズのレコード録音は1917年、白人バンドの0DJBが始まりと されますが、その前年に女性歌手マリオン・ハリス、さらに遡る1911年にラグタイム キングと呼ばれたジーン・グリーンが残した歌声もあるそうです。とはいえ、ヴォーカ ルをジャズの主要なパートに押し上げたのは1920年代半ばにホット5を結成したル イ・アームストロングの功績でしょう。その影響は、ビング・クロスビーら多くの歌手にとどまらず、器楽奏者たちにも歌う楽しさ(快感)を教えてしまったのでした。

まずは、ルイに刺激された調子のいいトランペッターたちの歌声を…

(1) HENRY RED ALLEN

ルイより5つ年下のニューオリンズ出身で、ルイス・ラッセル、キング・オリヴ アーらのバンを経て独立。当日はDark Eyes(1944)を選曲されましたが音源がありません。代替としてJ.C.Higginbotham(tb)達とコーラスしている映像を添付しました。

Here is Henry Red Allen sings “Drink Hearty”.(1946)

Photo by YouTube

(2) BUNNY BERIGAN
学生バンド時代にハル・ケンプに見出されて欧州ツアーに参加。ポール・ホワ イトマン、ベニー・グッドマン楽団にも所属し独立。36年のメトロノーム誌人 気投票で首位。40年にはトミー・ドーシー楽団に加わったが、33歳で早世。

Here is Bunny Berigan sings “Star dust” .

(3) ROY ELDRIDGE
1930年代半ばから活躍し、40年には白人ビッグバンド最初の黒人レギュラーと してジーン・クルーパ楽団に迎えられた。その後アーティー・ショウ楽団、JA TP、グッドマンの欧州ツアーにも参加。これは自己パンド時代の演奏で、メンパーにサヒブ・シーハブの名も。歌題は「恥ずかしくないかい?」でしょうか。

Here is Roy Eldridge sings “Ain’t that a Shame” (1946)

 

Photo above of  Charlie Shavers by Wikipedia

(4)CHARLIE SHAVERS
20歳前にジョン・カービー楽団に入り、大半の編曲を手がけたといわれる才人。 トミー・ドーシーやグッドマン楽団にも参加。多くの録音を残したレイ・ブライ アントトリオとのアルバム「Digs Dixie」から自作曲を。グリークスはペテンの俗語?

Here is Charlie Shavers sings “Daddy’s Got The Gleeks”.(1959)

 

5) DIZZY GILLESPIE
ビバップやラテンリズムの導入でモダンジャズの功績者と讃えられる一方、テ ディ・ヒル、キャブ・キャロウエイら所属楽団のボスや仲間と衝突を繰り返した という。MJQメンバーも彼の楽団にいた。クインテットの演奏で、ビル・グラハ ム(as)、ウイントン・ケリー(p)、ボニー・グリッグス(b), アル・ジョーンズ (d)。(他にナット・アダレイ、クラーク・テリーも歌っているようです)

Here is Dizzy Gillespie sings “Blue Skies”

トロンポーンはおなじみジャック・ティーガーデンを省略してこの人に…

Photo above of Tyree Glenn by AllMusic

 

(6) TYREE GLENN
べニー・カーター楽団などを経てキャブ・キャロウエイ、デューク・エリントン楽団へヴァイブ奏者との二足のわらじで活躍。歌の方もトロンボーンと同様、 楽しさがあふれます。クインテットのメンバーは、メリー・オズボーン(g)、トミー・フラナガン(p)、チャーリー・ポッター(b)、ジョー・ジョーンズ (d)。
歌うサックス奏者は少なく、他にソニー・スティット、トランバウアー、古谷充ぐらい

Here is Tyree Glenn sings “Yes Sir That’s My Baby” (1957)

 

(7) GERRY MULLIGAN
ピアノレスのカルテットなど、意欲的試みでウエストコーストから新風を吹か せたあのマリガンが歌ってます。フュージョンのデーヴ・グルーシンと組んだ 全曲自作のアルバム。ジェイ・レオンハート(b)、バディ・ウイリアムス (a)。

Here is Gerry Mulligan sings “I Never Was A Young Man”. (1980s)

ピアニストで歌っているのはホーギー・カーマイケル、マット・デニスといった作曲家系と弾き語りトリオの元祖ナット・キング・コールは割愛して、次の2人を

 

(8) OSCAR PETERSON
ナット・コールとの約束で歌を封印したと言われるピーターソンが、その前に 吹き込んだアルバム「Romance」の1曲。ナットの死後もリスペクト盤を1枚出しただけでした。バックはバーニー・ケッセル(g)と、レイ・ブラウン(b)。

Here is Oscar Peterson sings “I Can’t Give You Anything But Love”. (1953)

Photo by National Jazz Museum in Harlem
Happy Birthday Jay McShann

(9) JAY MCSHANN
カンザスシティ・ジャズ時代を知るベテランの復活第2弾。ジェリー・マリガ ン(bs)、ハービー・マン (fl)、ジョン・スコフィールド(g)、ジョー・モレ ロ(d)、ジャック・シックス(b)というメンバーを得て気持ちよく歌い、弾いて います。前に聴いてもらったマリガン 94年の同曲はこれの完成形でしょうか。

Here is Jay Mcshann sings “Georgia On My Mind”.(1978)

負けじとオルガンも、そしてドラムもベースもヴァイヴも

(10) JIMMY SMITH
Tell Me(1966)
ピアノ弾きが歌うなら俺だって、とジミー・スミスも歌います。バックのメ ンバーは不詳ですが、彼にはもう1枚ジョニー・ペイト楽団をバックにした歌入りアルバム「The Other Side Of Jimmy Smith」もあるそうです。当日選曲された「Tell Me」の音源の代替としてYouTube映像をご覧下さい。
Here is Jimmy Smith and Kenny Burrell play “Got my Mojo Workin’ “(1993)

 

( 11)BUDDY RICH
リッチ・ヴォイスといろアルバムのタイトル通り、なかなかのいい声でいい歌いっぷり。バックはハル・ムーニー楽団。もう1枚ある「Just Sing」では、 ベン・ウェブスターやハリー・エディソンらをバックに歌っています。
(ドラマーではグラディ・テイトも歌っているそうですが…)

Here is Buddy Rich sings “Me And My Shadow”(1959)

 

(12) RED MITCHEL
Love You Madly(1988)
1968年から長期にわたってスウェーデンに居を移し、これも現地にクラーク テリーを迎えてのデュオ録音。アルバムの約半数5曲がデューク・エリントンの作で、自作の詞をつけて彼に敬意を表しクラークも最後でハモります。
選曲された「Love You Madly」についても音源の代替として下記を添付します。

Here is Red Mitchell sings “When I’m Singing “.

Recorded:New York City, October 31, 1982

 

(13)LIONEL HAMPTON
RCAビクターは 1937年から4年間、ハンプトンにニューヨーク滞在中は自由に使ってくれと録音スタジオを開放していたそうです。その初期にあたるこの曲はバスター・ベイリー(cl)、ジョニー・ホッジス(as)、コジー・コール (d)らをバックに気持ちよく、そして後年に比べ極めて真摯に歌っています。

Here is Lionel Hampton sings “On The Sunny Side Of The Street”. (1937)

 

(14) MILT JACKSON
全曲歌入りのアルバムもある無類の歌いたがり屋さん。ビリー・ホリデーや シナトラの歌唱で知られる「アイム・ア・フール・トゥ・ウォント・ユー」まであるのですが、パリでエンリコ・イントラ・グループと歌ったこの曲を。契約の関係か、ヴァイブを叩かず、歌に徹しています。ピアノは彼かも…。

Here is Milt Jackson sings “Autumn Leaves” (1964 )

以上 14 曲、「楽器で歌う」ことに専念する多くのミュージシャンには失礼な企画ではありましたが、1曲でも気に入ってもらえる物があったなら幸いです。

The “trombonist’s trombonist” Urbie Green(4)

June 24.2017

Urbie Green became one of the most sought-after trombonists for recording and club work in New York City.

He also collaborated on a series of albums with jazz producer Enoch Light.

Please refer to Wikipedia.Go here

Urbie Green recorded his late masterpieces with  Enoch Light.

Then he guested on recordings by Wes Montgomery, Jimmy Smith, Antonio Carlos Jobim, Astrud Gilberto and Cal Tjader.

Photo above of Creed Taylor and Wes Montgomery by courtesy of pinterst.com

I guess the producer Creed Taylor evaluated his musical sense.

In the 1970s, Green moved to a farm in Pennsylvania, but continued to do session recording.

He is still alive.

Urbie Greenはニューヨークにおいて、スタジオ録音やジャズクラブ演奏で最も人気の高いトロンボーン奏者の一人になりました
又、プロデューサーEnoch Lightと共に音響的に優れたアルバムを制作しています。
Enoch Lightについてはこちらをクリックして下さい
Urbie Greenは後期代表作をレコーディングしました。
その後、Wes Montgomery, Jimmy Smith, Antonio Carlos Jobim,Astrud Gilberto等のスタジオレコーデイングに名前を連ねています。
これら諸作のプロデューサーCreed TaylorがUrbie Greenの音楽的センスを評価した結果であると思います。
1970年代以降はペンシルベニア州の農場で悠々自適の生活を暮らしながら気に入った時には音楽活動を行なっています。

Here is Urbie Green plays “Skylark”.

Here is Urbie Green plays “At Last”.

Here is Urbie Green plays “The Flight of the Bumble-Bee” (N. Rimsky-Korsakov).

Johnny Pate(5)

June 11.2017

In the early 1960s,Johnny Pate successfully ventured into the rhythm and blues field.

He was hired by OKeh Records producer/A&R director Carl Davis.

The first recording was  “Monkey Time” by Major Lance.

Photo above of Curtis Mayfield by Wikipedia

The composer of the song, Curtis Mayfield, was the leader of the R&B group the Impressions.

Curtis Mayfield made many hits by Johnny’s arrangements in  ABC-Paramount recording session.

Also Johnny’s success in the R&B field was followed by film and television scoring projects in the ‘70s.

He orchestrated and arranged the music for “Shaft in Africa” and also made the scores for ”the Shaft” television series.

In 1980s he continued to arrange for Peabo Bryson and Natalie Cole.

In 1993 he produced a second album for Jimmy Smith, “Sum Serious Blues.”

This recordings featured the vocal work of Marlena Shaw.

Pate’s son is well known bassist, Don Pate.

Photo above of Don Pate

1960年代の前半、Johnny PateはR&Bの世界で成功を収めました。
OKeh RecordsのCarl Davisは彼に新しい音楽を製作するよう要請しました。
最初のレコーディングはMajor Lanceの “Monkey Time”でした。
このヒット作の作曲家、Curtis MayfieldはR&BグループのImpressionsのリーダーでした。
Curtis MayfieldはJohnnyの編曲によりABCから多くのヒットを出した。
1970年代にはR&Bに続き映画とテレビでの音楽製作でも人気を博しました。
映画「Shaft in Africa」並びにTVシリーズ「Shaft」の音楽を担当しました。
1980年、Peabo BrysonとNatalie Coleの曲を製作しヒットさせました。
1993年、Jimmy Smithの2枚目のアルバム「Sum Serious Blues」でMarlena Shawを起用するしたレコーディングも印象的です。
Johnny Pateの息子はDon Pateというベーシストとして活躍しています。

Here is Johnnie Pate Trio play “Midnight Sun”.
Johnnie Pate (b),Ronnell Bright (p),Charles Walton (ds)

Here is Natalie Cole & Peabo Bryson sing “What you won’t do for love”.

Here is Jimmy Smith and Marlena Shaw play “I’d rather Drink Muddy Water”.