タグ別アーカイブ: Jo Jones

Mary Osborne(メリー・オズボーン)

August 02,2019

Photo by Flicker

Mary Osborne(メリー・オズボーン)
先日の神戸ジャズ愛好会でご紹介したかった「白人ジャズウィメンの名手」です。

5月例会後の反省会(三宮)で「次回(7月)持ち寄りはメリー・オズボーンにしようかな」と言った記憶があります。今回、番外編でご紹介致します。

添付のYouTubeでは「A Girl And Her Guitar」 から3曲収録されています。

Here is Mary Osborne play ”I Love Paris〜How High The Moon〜Mary’s Good-Bye Blues”.
Tommy Flanagan (p) Mary Osborne (g) Danny Barker (rhythm-g) Tommy Potter (b) Jo Jones (ds) New York, 1959

尚、3曲目終了後(10:24)に上記アルバム以外の音源が追加されています。
(ディスコグラフィーデータから記載します。違っていたらご指摘願います。)

Here is Leon Prima Band play ”Rose room”.
Esquire Second Annual Jazz Concert
Leon Prima (tp) Julian Laine (tb) Irving Fazola (cl) Pete Laudeman (p) Frank Frederico (g) Bunny Franks (b) Charlie Drake (d) Claire Nunn (vcl) Mary Osborne (g)
Live “The Municipal Auditorium”, New Orleans, LA, January 17, 1945

1958年の映像ですが48秒と短いのが残念です。

下記ブログ(英文)も参考にしました。

こちら ▶️

Photo above of Billie Holiday and Mary Osborne on the Art Ford Show by courtesy of UMKC University Libraries

Here is Billie Holiday on Art Ford´s Jazz Party
Billie Holiday(vo),Mal Waldron(p),Mary Osborne(g)
October 7, 1958

 

大阪ジャズ同好会第37回例会(2019年6月9日) 持ち寄り『1960年代のジャズ』②

June 12,2019

Photo by courtesy’s of http://www.ricocks.net

今回は参加者持ち寄り『1960年代のジャズ』の2回目です。

・Y瀬氏
1961年に録音されたドリス・デイとアンドレ・プレヴィントリオによる「DUET」とドリス・デイの追悼として「MY HEART」も併せてご紹介されました。以下、当日配付された案内を修正せず転載します。

ドリス・デイとアンドレ・プレヴィン、そしてテリー・メルチャーのこと
2019年6月の持ち寄りテーマ「1860年代ジャズ」で、ドリス・デイを紹介したい・・・と考 えました。18歳だった1940年、レスブラウン楽団の専属歌手として芸能界デビューし た彼女ですが、早々にトロンボーン奏者のアル・ジョーダンと結婚して妊娠。中絶要求を 拒んで愛息テリーを産んだものの家庭内暴力に悩み2年で離婚。46年の再婚もわずか8カ月で破局した後、3度目の夫で代理人マーティイン・メルチャーの尽力もありワーナー映画 のオーディションをパスし、その主題歌を含めて映画の世界で大成功を納めていきます。
そんな彼女が、ウエストコースト系のジャズピアニストとしてスタートし、同じハリウッドのMGM映画で音楽監督をしていたアンドレ・プレヴィンとコロンビアレコードのスタジオで出会ったのが1861年。彼は後にクラシックの世界でも世界各地の交響楽団の指揮者や監督を務めた人物です。共にジャズに飢えていた2人が、化学反応を起こして吹き込んだのが「DUET」です。ドリスとプレヴィン・トリオ(レッド・ミッッチェルb、フランク・ キャップds)にとって、ジャズマインドに満ちたまさに奇跡の1枚になりました。
①CLOSE YOUR EYE
②MY ONE AND ONLY LOVE
プレヴィンは今年2月28日、90歳を目前に亡くなっていたことを知り、その追悼にもなるかと思ったのですが、ドリスは2004年に先立った愛息テリー(メルチャー姓に改名)のため、(歌いたくて歌った)新旧のお気に入り音源による新作「MY HEART」を2011年に発表。この中でテリー作の表題曲を労苦を共にしたbuddy(相棒・同志) へのメッセージを語るなど、なお健在だったのですが、残念ながら今年5月13日に97 歳で逝去。これまた追悼盤ということになってしまいました。ちなみに、先ほどの②は、 この「MY HEART」にも収録されており、ドリスの愛着ぶりがしのばれます。
③MY HEART
④Message for Terry

Here is Doris Day sings “CLOSE YOUR EYE”.
Doris Day (vcl) acc by Andre Previn (p) Red Mitchell (b) Frank Capp (ds)
Hollywood, CA, November 30 & December 16, 1961

Here is Doris Day sings “My One And Only Love”.
Members of the recording are the same as above.

Here is Doris Day sings “My Heart” (from New Album 2011)

当日は「ドリス・デイのメッセージ」(30秒)だけのご紹介でしたが、本ブログでは全編お聞き頂けるYouTube映像(収録された写真が秀逸です)を添付しました。

Here is Doris Day with Terry Melcher

・T村氏

1960年代は、前衛ジャズの台頭、ビートルズ旋風、ボサノバや電化サウンドの流行などで、主流派ジャズが翻弄された時代でした。マイルス・デヴィスとジョン・コルトレー ンが時代を席巻したように思います。ここでは、伝統を守り、頑張っていた中間派ジャズを紹介します。
①Sweet Georgia Brown」(July.2.1964)
シカゴ派のオールスターズが、一堂に会してのニューポートジャズフェスティバルでの演奏です。
②「Swinging at the Coppers ‘Rail」(May.2 .1961)
1960年代初頭のバッククレイトン・オールスターズの欧州ツアーの演奏です。私の一番好きなジャズです。
③「Autumn Leaves」(Apr.29.1967)
ドン・バイアスの晩年のドイツで行われたライヴ演奏です。

1.Here is Newport Jazz Festival All Stars play “Sweet Georgia Brown”.
Muggsy Spanier, Max Kaminsky,Wingy Manone, Joe Thomas, George Brumies(tp) ,Lou McGarity(tb) ,Edmond Hall,Peanuts Hucko(cl),George Wein(p),Bob Haggart, Slam Stewart(b),Jo Jones,Buzzy Drootin(ds)  July 2,1964

添付の音源では、最初の曲「Sweet Georgia Brown」含め収録された全12曲を聴くことが可能です。

2. Here is Buck Clayton All Stars play “Swinging at the Coppers ‘Rail”.
Buck Clayton,Emmett Berry(tp),Dickie Wells(tb),Earle Warren(as)
Buddy Tate(ts), Sir Charles Thompson (p), Gene Ramey(b), Oliver Jackson(ds) May 2,1961

3. Here is Don Byas Quartet play “Autumn Leaves”.
Don Byas(ts), Sir Charles Thompson(p), Isla Eckinger(b), Peter Schmidlin(ds)
April 29,1967

ブログ作成者からDon Byasのドキュメンタリー映像を追加致します。川で釣りをしているシーンから始まります。(前半のBGは関係なく、Don Byasの映像が開始する箇所から添付しております)

Here is Don Byas Documentary Complete

・H氏(ODJC会員)

George Lewis in Tokyo 1963(1963年8月21日東京厚生年金会館ホール)

H氏は1965年(3度目の来日)の公演は行かれたそうです。

Here is George Lewis and His New orleans All Stars play “The world Os Waiting For The Sunrise”.

Punch Miller(tp), Louis Nelson(yb), George Lewis(cl), Joe Robichaux(p), Emanuel Sayles(bj), Pap John Joseph(b), Joe Watkins(ds)  August 21,1963

「ライブ・イン・ジャパン名盤選」(AERA.dotから)
林 建紀氏による解説が良いと思いましたので添付しました。(2011.6. 2)

こちら ▶️

上記来日公演に参加した「パンチ・ミラー(トランペット奏者)」が映画「シンシナティ・キッド」の冒頭シーン(葬送シーン)に出演していた事をお話しされました。

 

神戸ジャズ愛好会5月例会(2019年)⑥特集「ジャズスタンダード名曲集~ジョージ・ガーシュウィン(4)」

May 31,2019

Photo by Pinterst

特集「ジャズスタンダード名曲集~ジョージ・ガーシュウィン」の最終回です。寺本世話人と平野の選曲を紹介します。

寺本氏
「I Got Rhythm」

Here is Dickie Wells and his Orchestra play “I Got Rhythm”.
Bill Coleman(tp) Dicky Wells(tb) Lester Young(ts) Ellis Larkins(p) Freddie Green(g) Al Hall(b) Jo Jones(ds) New York, December 21, 1943

「Nice Work if You Can Get It」

Here is Bud Powell Trio play “Nice Work if You Can Get It”.
Bud Powell(p),Curly Russell(b), Max Roach(ds) New York January 10, 1947

「How Long Has This Been Going On?」

Here is June Christy and Stan Kenton sings “How Long Has This Been Going On?”.

「 I’ve got a crush on you」

当日はLaurie Holloway(p)と共演したアルバム(1983年)からのご紹介でしたが、YouTube映像(画質の悪さについてはご了承願います)を添付しました。
Here is Cleo Laine sings “ I’ve got a crush on you.”

平野
「Embraceable You」だけに限定しました。
1930年のミュージカル「Girl Crazy」の挿入曲として「But Not for Me」「I Got Rhythm」と共に名曲となりました。
手元の資料では896曲(2014年まで)録音されています。最初の録音(1930年10月23日)はRed Nichols(The Captivators)が録音しています。

【追悼】Doris Day

Here is Doris Day sings “Embraceable You” (1944)

「Bobby Hackett」

当日はSavoryコレクションから選曲しましたが、ブログでは著作権の関係もあり別の録音を添付します。

Here is Bobby Hackett And His Orchestra play “Embraceable you”.
Bobby Hackett (cnt,arr) Sterling Bose, Jack Thompson (tp) Brad Gowans (v-tb,arr) George Troup (tb) Pee Wee Russell (cl) Louis Colombo (as) Bernie Billings (ts) Ernie Caceres (bar) Dave Bowman (p) Eddie Condon (g) Sid Jacobs (b) Don Carter (ds) Buck Ram (arr) New York, April 13, 1939

「Charlie Parker」

二つのテイクを聴き比べ(ダイヤルセッション)して頂きました。
Miles Davis(tp) Charlie Parker(as) Duke Jordan(p) Tommy Potter(b) Max Roach(ds)
New York, October 28, 1947

(D 1106-A)

(D-1106-B)

Photo above of Charlie Parker and Ross Russell by courtesy of Jazz Riffing on a Lost Worcester: Dial in the Birdie

 

神戸ジャズ愛好会11月例会『ドラムの名手達』②        

November 22,2018

前回は、兵庫県西宮市・芦屋市・神戸市・西明石市に在住されている4人がご紹介された演奏をご紹介致しました。

今回は、大阪府茨木市並びに大阪市在住の2人が持参した録音をご紹介致します。

・寺本氏(神戸ジャズ愛好会世話人)

Here is Jo Jones Trio play ”Jive At Five”.
Ray Bryant(p) Tom Bryant(b) Jo Jones(ds)
NYC March, 1959

Here is Tommy Flanagan play “Little Rock”.
Tommy Flanagan(p) Wilbur Little(b) Elvin Jones(ds)
Stockholm Sweden August. 15, 1957

Here is Sonny Rollins Quartet play “Strode Rode”.
Sonny Rollins(ts) Tommy Flanagan(p) Doug Watkins(b) Max Roach(ds)
NJ June 22, 1956

上記 “Strode Rode”については『サキソフォン・コロッサスに押された「怒りの刻印」/ソニー・ロリンズ』が参考になります。FB友人寺井珠重さん(Jazz Club OverSeas奥方)の「ジャズクラブの片隅から…」を添付します。▶︎ こちら

 

・平野
ケニー・クラーク(Kenny Clarke)の演奏を4曲ご紹介しました。

(1)スイング時代の花形セッションに参加しています。
Here is Mildred Bailey sings ”Tennessee fish fry”.
Mildred Bailey (vcl),Roy Eldridge (tp) Jimmy Carroll, Robert Burns (cl,as), Irving Horowitz (b-cl) ,Mitch Miller (oboe,eng-hrn), Eddie Powell (fl) ,Teddy Wilson (p), John Collins (g) ,Pete Peterson (b) ,Kenny Clarke (ds) ,Eddie Sauter (arr)
NYC, May 15, 1940

Tennessee fish fry

Photo by Wikipedia

(2)パリでシドニー・べシェと録音しています。
Here is Sidney Bechet Quartet play ”Out of nowhere”.
Sidney Bechet (sop sax) Charlie Lewis (p) Pierre Michelot (b) Kenny Clarke (ds)
Paris, October 20, 1949(オーディオパーク復刻盤シリーズ Sidney Bechet 1944~1950から)

Out Of Nowhere

(3)アニー・ロスの珍しい録音です。(是非お聞き下さい)
Here is Annie Ross sings “I’m Beginning To Think You Care For Me”.
Annie Ross(vo),Milt Jackson(vib),Blossom Dearie(p), Percy Heath(p), Kenny Clarke(ds)
NYC, April 1, 1952

_I_m Beginning To Think You Care For Me_

上記録音当時アニー・ロスはケニー・クラークと同棲中に授かった子供の養育に悩んでいたそうです。詳細については拙ブログをご覧下さい。▶︎ こちら

(4)最後にケニー・クラークのリーダー作(Klook’s Clique)から大好きな曲を
Here is Kenny Clarke Quintet play ”Play, Fiddle, Play”.
Donald Byrd (tp) John LaPorta (as) Ronnie Ball (p) Wendell Marshall (b) Kenny Clarke (ds)
NYC, February 6, 1956

Play, Fiddle, Play

 

阪急百貨店SPレコードコンサート(6月23日)

June 23.2018

本日も阪急百貨店で開催されているSPレコードコンサートに行ってきました。今日は「カンサスシティ」で活躍したベニー・モーテン楽団から解説が始まりました。

後半2曲はレスター・ヤングとチャーリー・パーカーが主役です。更にカウント・ベイシーのボーカル(スキャット)も聞かせて頂きました。

以下、本日ご紹介された6曲を添付します。

(1)
Here is Bennie Moten’s Kansas City Orchestra play “Yazoo blues”.
Lammar Wright (cnt) Thamon Hayes (tb) Harlan Leonard (cl,as) Laforet Dent (as,bar) Woody Walder (cl,ts) Bennie Moten (p) Sam Tall (bj) [as Banjoe Joe (bj) ] Vernon Page (tu) Willie McWashington (d) Chicago, December 13, 1926

冒頭のバンジョーの音が印象的でした。

Yazoo blues

(2)
Here is Bennie Moten’s Kansas City Orchestra play “Pass out lightly”.
Ed Lewis, Paul Webster (cnt) Thamon Hayes (tb,vcl) Harlan Leonard (cl,as,sop) Jack Washington (cl,as,bar) Woody Walder (cl,ts) Laforet Dent (as,ts,vcl) Bennie Moten (p,ldr) Leroy “Buster” Berry (bj) Vernon Page (tu) Willie McWashington (d) Chicago, June 12, 1927

Pass out lightly

Andy Kirk And His Orchestra pose for a studio group portrait, with Pha Terrell and Mary Lou Williams sitting at the piano, in 1940 in the United States. (Photo by Gilles Petard/Redferns)

(3)
Here is Mary Lou Williams And Her Kansas City Seven play “Baby Dear”.
Harold “Shorty” Baker (tp) Ted Donnelly (tb) Edward Inge (cl) Dick Wilson (ts) Mary Lou Williams (p) Booker Collins (b) Ben Thigpen (d) New York, November 18, 1940

メアリー・ルー・ウィリアムについては「セサミストリート」に出演していた事も解説されました。

 

Bennie Moten’s Kansas City Orchestra with Bennie Moten (right右), vocalist Jimmy Rushing (center), and Count Basie ( left左) 1931
Courtesy of the Frank Driggs Collection

(4)
Here is Bennie Moten’s Kansas City Orchestra play “Somebody stole my gal”.
Ed Lewis, Hot Lips Page, Booker Washington (tp) Eddie Durham (v-tb,g) Thamon Hayes (tb) Harlan Leonard (cl,sop,as) Woody Walder (cl,ts) Jack Washington (cl,as,bar) Count Basie (p) Ira “Buster” Moten (p,accor) Leroy “Buster” Berry (bj) Vernon Page (tu) Willie McWashington (d,vib) Jimmy Rushing (vcl) Bennie Moten (dir)
Lincoln Hall, Kansas City, October 31, 1930

曲の後半(1:57過ぎ)から聞こえるベイシーのボーカル(スキャット)は珍しいです。
Somebody stole my gal

 

Photo by Discogs

 

(5)
Here is Count Basie’s Kansas City Seven play “Dickie’s dream”.
Buck Clayton (tp) Dicky Wells (tb) Lester Young (ts) Count Basie (p) Freddie Green (g) Walter Page (b) Jo Jones (d)
New York, September 5, 1939

 

Photo above of Charlie Parker as a member of the Jay McShann Orchestra(1938) by courtesy of Pinterst

(6)
Here is Jay McShann And His Orchestra play “Hootie blues”.
Harold Bruce, Buddy Anderson, Orville Minor (tp) Taswell Baird (tb) John Jackson (as) Charlie Parker (as,arr) Harold Ferguson, Bob Mabane (ts) Jay McShann (p) Gene Ramey (b) Gus Johnson (d) Walter Brown (vcl) William J. Scott (arr)
Dallas, Texas, April 30, 1941

『ホーキンス派の巨人~レオン・チュー・ベリー』

April 30.2018

Photo by Pinterst

大阪ジャズ同好会例会2016年10月例会
特集「『ホーキンス派の巨人~レオン・チュー・ベリー』解説  寺本泰規氏(同好会世話人)

はじめに 今月の特集は皆さんにとってあまりなじみがないと思われる人を取り上げました。テナーサックスの父と呼ば るコールマン・ホーキンスに比べて1941年に31才で事故死したためレコーディングもそれほど多くはなく、リ ーダー録音は2つしかありません。録音の多くはビッグバンドやコンボのサイドメンとしてのものでしたが、数々の印象的なソロを演奏して当時のジャズファンをうならせただけではなく、現在においても熱心なファンの間 で語り継がれています。
さて彼の生涯については資料としてプリントしてありますのでそちらを見ていただくことにして、早速その演 奏を聴いていただくことにしましょう。彼の演奏の特徴はホーキンスやべンのようにヴィブラートやアクセント をあまり効かせず、スムーズなフレーズを止めどなく聴かせることにあります。

それではまず最初に最も初期の演奏としてスパイク・ヒューズ楽団での演奏を聴いてみましょう。ソロはディ ッキー・ウェルズ、ベニー・カーター、チュー・ベリー、ホーキンス、ベニー・カーター、ヘンリー・レッド・ アレンです。
1.「Music at Midnight」(May 18,1933)(2:43)
SPIKE HUGHES AND HIS ALL AMERICAN ORCHESTRA
Henry Red Allen, Leonard Davis, Bill Dillard(tp) Dicky Well, Wilbur De Paris, George Washington(tb) Benny Carter(as, cl) Wayman Carver(as,fl) Howard Johnson(as) Coleman Hawkins, Chu Berry(ts) Luis Russell(p) Lawrence Lucie(g) Ernest Hill(b) Sidney Catlett(ds) Spike Hughes(dir,arr)

 

ホーキンスとの違いがおわかりになったでしょうか?よく似てはいますが、彼の独自性が感じられる演奏だと思 います。次にブルースの女王ベッシー・スミスの伴奏者としてのソロを聴いていただきましょう。彼は結構ヴォ ーカルの伴奏者としてレコーディングがあり、このセッションはその最も初期のものです。
2.「Do Your Duty」(NYC, Nov 24,1933)(3:31)
BESSIE SMITH – ORCHESTRA ACC. BY BUCK AND HIS BAND
Frankie Newton(tp) Jack Teagarden(tb) poss.Benny Goodman(cl) Chu Berry(ts) Buck Washington(p) Bobby Johnson(g) Billy Taylor(b) Bessie Smith(vcl)

 

次の演奏は臨時編成された白黒混合バンドで、スイング時代の名手達が顔をそろえた演奏としても有名です。 特にベリガンの参加は貴重です。
3.「Blues In E Flat」(Jan 25,1935)(3:03)
RED NORVO AND HIS SWING OCTET
Bunny Berigan(tp) Jack Jenny(tb) Jphnny lince(cl) Chu Berry(ts) Teddy Wilson(p) George Van Eps(g) Artie Bernstein(b) Gene Krupa(ds) Red Norvo(xyl)

 

次はピアニストでもあり歌手でもあるPUTNEY DANDRIDGEとの共演です。ここでのソロはくつろぎに満ちたもの となっています。
4.「Chasing Shadows」(NYC, June 25,1935)(2:40)
PUTNEY DANDRIDGE AND HIS ORCHESTRA
Roy Eldridge(tp) Chu Berry(ts) Putney Dandridge(p-2, vcl) Harry Grey(p-1) Nappy Lamare(a) Artie Bernstein(b) Bill Beason(ds)

 

1935年暮れにフレッチャー・ヘンダーソン楽団に入団した彼は30曲あまり吹き込みますが、その中からべニー ・グッドマンの演奏でも有名な「Stealin’ Apples」です。
5.「Stealin’ Apples」(Chicago, lar 27,1936)(2:58)
FLETCHER HENDERSON AND HIS ORCHESTRA
Dick Vance(tp,arr) Joe Thomas, Roy Eldridge(tp) Fernando Arbello, Ed Cuffee(tb),Chu Berry(ts) Buster Balley(cl,as) Scoops Carey(as) Elmer Fletcher Henderson(p-1, arr) Horace Henderson(p-2,arr) Bob Lessey(g)John Kirby(b) Sid Catlett(ds)

 

Roy Eldridge and Chu Berry – September 1935 by coutesey of Christopher Swing & Beyond

名演「Bluet In C Sharp Minor」と同じ日に録音された、日本でもおなじみの「メリーさんの羊」を聴いてください。唄はロイ・エルドリッジです。
6,「Mary Had A Little Lamb」(Chicago.May 14,1936)(2:57)
TEDDY WILSON AND HIS ORCHESTRA
Roy Eldridge(tp,vcl) Buster Bailey(cl) Chu Berry(ts) Teddy Wilson(p) Bob Lessey(g) Israel Crosby(b) Sid Catlett(ds)

 

1938年1月6日に録音されたビリー・ホリディのセッションではテナーがレスターヤングでしたが、それに先立 つ3週間前にテディ・ウィルソン以外異なるメンバーでこの曲が吹き込まれましたが、長い間未発表でした。レスターのものと比較して聴いてみるのもおもしろいと思います。
7.「When You’re Smiling」(NYC, Dec 17,1937) (2:58)
TEDDY WILSON AND HIS ORCHESTRA
Hot Lips Page(tp) Pee Mee Russell(cl) Chu Berry(ts) Teddy Wilson(p) Allen Reuss(g) unknown(b)unknown(ds)

 

今度のセッションはチュー・べリーだけではなく、ミルドレッド・べイリーの決定的名唱としても知られるもの です。別テイクも聴いてみると、ソロの出来はオリジナルテイクに分があるように思います。チュー・べリーだけ ではなく、ハンク・ダミコや特にデーブ・タフのドラミングにも注目して欲しいと思います。
8.「Lover Come Back To Me」(NYC, Jan 10,1938)(3:18)
MILDRED BAILEY AND HER ORCHESTRA
Jimmy Blake(tp) Hank D’Amico(cl) Chu Berry(ts) Teddy Wilson(p) Allen Reuss(g) Pete Peterson(b) Dave Tough(ds) Mildred Bailey(vcl) Eddie Sauter(arr)

「Lover Come Back To Me」別テイク

Photo by mibandamemata

次の演奏はラジオ放送を収めたもので、司会者がソロイストを次々と紹介しながら演奏が続いていくところな どは正に臨場感あふれるものとなっています。
9.「Someday Sweetheart」(NYC, Jan 20,1939)(4:45)
Harry James, Charlie Teagarden(tp) Jack Teagarden(tb,vcl) Joe Marsala(cl) Chu Berry(ts) Teddy Wilson(p) John Kirby(b) George Wettling(ds)(Broadcast from the Hickory House)

Photo courtesy by Visual discography of Billie Holiday

彼はビリー・ホリディと何回かセッションを共にしていますが、この演奏はその一つです。レスター・ヤングとの共演はあまりにも有名ですが、今となってはこのセッションも貴重というべきでしょう。
10.「That’s All Ask Of You」(Jan 20,1939) (2:59)
BILLIE HOLIDAY AND HER ORCHESTRA
Charlie Shavers(tp) Tyree Glenn(tb) Chu Berry(ts) Sonny White(p) AI Casey(g) Johnny Williams(b) Cozy Cole(ds) Bille Holiday(vcl)

彼は生涯に一度だけカウント・ベイシー楽団と共演していますが、その演奏が次の曲です。レスター・ヤング と共演した唯一の演奏です。レスターとの違いを味わってください。いつもの豪快さは影を潜め、おとなしめのソロとなっています。
11.「Oh Lady Be Good」(Feb 4,1939)(3:09)
COUNT BASIE AND HIS ORCHESTRA
Ed Lewis, Shad Collins(tp) Buck Clayton(tp, arr) Harry Edison(tp) Bennie Morton, Dicky Wells. Dan Minor(tb) Earle Warren(as) Lester Young, Chu Berry(ts) Jack Washington(as, bari) Count Basie(p) Freddie Green(g) Walter Page(b) Jo Jones(ds)

 

スイング時代 には三つの代表的なセッションがありました。ライオネンル・ハンプトンをリーダーとするビクター・セッショ ンとミルドレッド・ベイリーをリーダーとしたコロンビアのセッション、最後はテディ・ウィルソンをリーダーとするブランズウィック・セッション(ビリーホリディ名義のものを含む)です。この演奏はハ ンプトンのセッションの一つで、曲の最初から最後までブロウし続けるチュー・ベリーのソロは正に聞き物です。
12.「Sweethearts On Parade」(NYC, Apr 5,1939)(3:02)
LIONEL HAMPTON AND HIS ORCHESTRA
Chu Berry(ts) Lional Hampton(vib, vcl) Clyde Hart(p) Allan Ruess(g) Milt Hinton(b)Cozy Cole(ds)

キャブ・キャロウェイ楽団におけるバラードの名演といえば真っ先に上げられるのが次の演奏でしょう。情感 にあふれた彼のバラードプレイは聴く者の胸を打ちます。
13.「A Ghost Of A Chance」(Chicago,June 27,1940)(2:56)
CAB CALLOWAY AND HIS ORCHESTRA
Mario Bauza, Dizzy Gillespie, Lammer “right(tp) Tyree Glenn(tb,vib) Quentin Jackson, Key Johnson(tb) Chu Berry, Walter Thomas(ts) Benny Payne(p) Danny Barker(g) Milt Hinton(b) Cozy Cole(ds) Cab Calloway(vcl) Benny Carter, Andy Gibson, Edgar Battle, Don Redman(arr)

 

Photo by Discogs

2回目(最後)の彼のリーダー・セッションからジャズのスタンダードである「明るい表通りで」を演奏します。 ジョニー・ホッジスを始めとした数々の名演と比べても、決して見劣りすることがないプレイだと思うのですが 皆さんはどう感じられましたでしょうか。
14.「On The Sunnyside Of The Street」(NYC, Aug 28,1941)(3:56)
CHU BERRY AND HIS JAZZ ENSEMBLE
Hot Lips Page(tp) Chu Berry(ts) Clyde Hart(p) AI Casey(g) AL Morgan(b) Harry Yaeger(ds)

さて彼の演奏は如何だったでしょうか。有名なビッグバンドに在籍中の演奏はかなり残っているのですが、そ の他の演奏はリーダーセッションが2回しかないのと、コンボでの演奏が細切れに散在しているため、彼の演奏 を聴くには多大な努力が必要です。そのためコールマン・ホーキンスやベン・ウェブスターに比べ過小評価される のはやむを得ないと思いますが、その演奏をつぶさに聴くと彼の演奏の素晴らしさがわかっていただけると信じ ています。今回の特集がチュー・ベリーに対する皆さんの再評価につながれば良いなあと思います。

David Sarser lugged the Ampex reel-to-reel tape decks into The Embers

March 4.2018

David Sarser played violin with the NBC Symphony Orchestra in the 1950s under Arturo Toscanini.

Then he worked with Les Paul in the early days of recording technology, developing the first multi-track recording device, an 8-track tape recorder made by Ampex.

Please see the article by JazzWax. Go here

このCD解説の冒頭にDavid Sarserが紹介されています。

Photo by reevesaudio.com

「ヴァイオリニストDavid Sarserはアンペックス製ポータブルテープレコーダーをレストランThe Embersに持ち込み録音しました」

David Sarserはトスカンニーニ率いるNBC交響楽団でバイオリン奏者であり、Ampex社の東海岸地区における営業担当者でもありました。

JazzWaxさんの記事もご覧下さい。こちらをクリックして下さい

Photo above of Dave Sarser by courtesy reevesaudio.com

David SarserさんとAmpex社製のテープ・デッキについては下記を参照して下さい。

こちらをクリックして下さい。

Dave Sarser and Les Paul(2005) by courtesy of reevesaudio.com

尚、マルチトラックの創始者であるレス・ポールについてはこちらを参照して下さい。

こちらをクリックして下さい。

 

10259011096_ffe04f1993-2

photo by Flickr

Here is Joe Bushkin Quartet play Ballad Medley(Easy Living, I’ve Got The World On A String, If You Were Mine, Body And Soul).
Joe Bushkin ( p ) Buck Clayton ( tp) Milt Hinton ( b ) Jo Jones (d)
Recorded at the Embers, New York City, early 1952

Here is Joe Bushkin Quartet play Medley (Memories Of You, Yesterdays, September Song, California Here I Come).
Members of the recording are the same as above.