タグ別アーカイブ: Jo Stafford

Columbia House Party Series(神戸ジャズ愛好会9月例会関連)

September 17,2019

1955年、コロンビアレコードは「House Party Series(ハウス・パーティー・シリーズ)と呼ばれる新しいシリーズ(10インチ盤)を発売開始しました。

レコードジャケットの左上隅に「House Party」とデザインされたロゴも有名です。

詳細は「Columbia House Party Series (CL 2501 to CL 2606) 1955-1956」をご覧下さい。

こちら ▶️

Photo by Discogs

上記添付のレコードはレコードコレクターズ創刊第2号巻頭「RANDOM MEMORANDUM」に紹介されていました。岡郷三氏の記載を添付させて頂きます。

レコードコレクターズ創刊第2号6ページを撮影しました。

YouTubeで全曲公開されています。(下記に添付しました)

こちら ▶️  Columbia House Party (Full Album) Released in 1955

Photo by Discogs

Photo by Discogs

 

神戸ジャズ愛好会7月例会(2019年7月28日)特集「白人ジャズメン・ジャズウィメンの名手は誰?』②

2019年7月30日

特集「白人ジャズメン・ジャズウィメンの名手は誰?』②

T川氏(古くからのODJC会員)

「Sunset Cafe Stompers」

当日は「Carry Me Back To Old Virginy」をご紹介されました。お恥ずかしい話ですが「Sunset Cafe Stompers」というグループ名を初めて知った次第です。(汗)

当日ご紹介されたCDについては こちら ▶️ をご覧下さい。

今回は小生が馴染みのある曲を添付致します。

Here is Sunset Cafe Stompers play “Apex Blues”.

グループの詳細については下記HPをご覧下さい。

こちら ▶️

「Lu Watters Yerba Buena Jazz Band」

このバンドのレコードは持っています。

Here is Lu Watters Yerba Buena Jazz Band play “Riverside Blues”.

1曲追加させて下さい。

Here is Lu Watters Yerba Buena Jazz Band play ”Sunset Cafe Stomp”.
Lu Watters, Bob Scobey(tp) Turk Murphy(tb) Ellis Horne(cl) Wally Rose(p) Clancy Hayes, Russ Bennett(bj) Squire Girsback(tu) Bill Dart(d)
San Francisco, CA, March 29, 1942

「Monty Sunshine」
モンティ・サンシャインはイギリスのトラッド・ジャズシーンで活躍したクリス・バーバーのバンドでクラリネットを担当していました。

当日は「Love Like A Violin」ご紹介されましたが、1990年の映像を添付致します。

Here is Monty Sunshine Band play “Old Rugged Cross”.

「Sharkry’s Kings Of Dixieland」

このバンド名も当日初めて聞きました。奥が深いです!

Here is Sharkry’s Kings Of Dixieland play “Auf Weidersehn Sweetheart”.

T川さんが“Auf Weidersehn Sweetheart”は「ラジオ神戸で放送していた電リクのエンディング曲」であるとコメントされました。小生は電リクは聞いたことがありませんが、例会に参加されていた多くの会員は「ああ、あの曲や!」と思われたでしょう。電話リクエスト(ラジオ神戸)については下記のサイトを参照願います。

こちら ▶️

Here is Les Baxter play “Auf Weidersehn Sweetheart”.

・寺本氏(神戸ジャズ愛好会世話人)

「Lee Wiley」

Here is Lee Wiley sings “Let’s Do It”.
Lee Wiley(vo) Bunny Berigan(tp) Joe Bushkin(p) Sid Weiss(b) George Wettling(ds)
New York,April 10,1940

「Buddy DeFranco」

直前に出演していたオスカー・ピーターソンによる司会もお聴き下さい。

Here is Introduction for Buddy DeFranco by Oscar Peterson.

Here is Buddy DeFranco Quartet play ”Street Of Dreems”.
Buddy DeFranco(cl) Kenny Drew(p) Eugene Wright(b) Art Blakey(ds)
At The Blue Note,Chicago May 1,1953

「Art Pepper」(ラジオ放送「Stars Of Jazz」から)

43年前「Calliope盤」として発売された事もありました。

Here is Art Pepper Quartet play ”Everything Happens To Me”.
Art Pepper(as) Larry Bunker(p) Don Payne(b) Chuck Flores(ds)
LA,March 31,1957

「Stars Of Jazz」については下記英語サイトに詳しく記載されています。

こちら ▶️

ブログ作成者から1曲追加させて下さい。

Lee WileyとBunny Beriganが共演した録音日「1940年4月10日」をディスコグラフィーで確認してびっくり!

この日、Bunny BeriganはTommy Dorsey楽団のトランペット席でスター歌手Frank Sinatraの伴奏も行っていました。
又、The Pied Pipersも控えておりJo Staffordも一緒にいた訳ですね。

Here is Tommy Dorsey And His Orchestra with Frank Sinatra play ”I Haven´t the Time to Be a Millionaire”.

Tommy Dorsey And His Orchestra: (vcl) Frank Sinatra, Connie Haines, Pied Pipers
Bunny Berigan, John Dillard, Ray Linn, Jimmy Blake (tp) Les Jenkins, George Arus, Lowell Martin (tb) Johnny Mince (cl,as) Fred Stulce (as,arr) Hymie Schertzer (as) Paul Mason, Don Lodice (ts) Joe Bushkin (p) Clark Yocum (g) Sid Weiss (b) Buddy Rich (d) Frank Sinatra, Connie Haines, Pied Pipers (vcl) Sy Oliver, Axel Stordahl, Dean Kincaide (arr) Tommy Dorsey (tb,ldr)
New York, April 10, 1940

Ziggy Elman “Fralich in Swing”(2)

November 16.2017

Photo by courtesy Bettmann/CORBIS Tommy Dorsey and his band. On the far right in the last row is a very young and yet unknown Frank Sinatra.

After leaving Benny Goodman orchestra, Ziggy Elman played a month with violinist Joe Venuti’s band.

Then he joined Tommy Dorsey orchestra in August in 1940, at a salary of $500 a week.

He also played with Jo Stafford, Frank Sinatra, and other great vocalists.

Photo by courtesy of grammymuseum.org

Ziggy became a star with the band ‘s drummer Buddy Rich.

He served in the US Army Air Force from 1943-46.

In 1947 he formed his own band and signed to the MGM record label.

Benny Goodman楽団を退団したZiggy ElmanはJoe Venutiバンドと1ヶ月だけ共演しています。

その後1940年8月、週給500ドルの条件でTommy Dorsey楽団に入団しました。

同楽団ではJo StaffordやFrank Sinatraなどの有名歌手のバックでソロ演奏を行い、Buddy Richと共に人気を集めていきました。

1943~46年に空軍に入隊しました。

除隊後、1947年に自身のバンドを結成しMGMレコードと契約をしています。

Here is Tommy Dorsey and his orchestra play “Well Get It”.
Tommy Dorsey(tb, dir),Ziggy Elman, Charlie Peterson, Jimmy Blake,Jimmy Zito(tp),George Arus, Dave Jacobs, Jimmy Skiles(tb),Fred Stulce, Harry Schuchman(as),Don Lodice, Heinie Beau,Bruce Snyder(ts), Leonard Atkins, Al Beller, William Ehrenkranz, Leonard Posner, Irving Raymond, Sam Ross, Bernard Tinterow(vn),Harold Bemko(vc),Ruth Hill, (harp),JMilt Raskin(p),Clark Yocum(g),Phil Stevens(sb),Buddy Rich(d),  New York, August 17, 1942.

320414

Here is Here is Ziggy Elman and his orchestra with Virginia Maxey play “And The Angels Sing”.MGM (1947)

Here is Here is Ziggy Elman and his orchestra play “Zaggin’ with Zig”  MGM (1947)

Here is Ziggy Elman and his orchestra play “Deep Night”.
Ziggy Elman(tp),Toots Mondello, Noni Bernardi(as), Jerry Jerome, Arthur Rollini(ts),Milt Raskin(p),Ben Helfer(g),Artie Bernstein(sb),Nick Fatool(d)New York, November 27, 1939 043924-1

Here is Ziggy Elman and his orchestra play “What Used To Was Used To Was (Now It Ain’t)”.
Members of the recording are the same as above. 043921-1