タグ別アーカイブ: Joe Benjamin

神戸ジャズ愛好会1月例会(2019年1月)③特集「Riversideレーベルの名演」後半

January 30,2019

1月例会の特集「Riversideレーベルの名演」の後半は小生含め4人が紹介した演奏(計10曲)をお楽しみ下さい。
ディスコグラフィーから興味深い記録を確認致しました。

同じ日(1961年1月27日)に、ニューヨークのスタジオとニューオーリンズのホールで二つのアルバム制作されていました。(時差があるので大した事はないですが)

・M氏
パウエル派のピアニストとして知られるBarry Harrisをご紹介されました。(当日3回目の登場です)
Here is Barry Harris Trio play ”There’s no one but you.”
Barry Harris (p) Joe Benjamin (b) Elvin Jones (d)
New York, December 21, 1960 & January 19, 1961

Here is Barry Harris Trio play ”It’s the talk of the town”.
Members of the recording are the same as above.

Here is Barry Harris Trio play ”What is this thing called love ?”.
Members of the recording are the same as above.

Photo above of Louis Cottrell by Discogs

・F川氏

昔から大好きだったルイス・コトレル(Louis Cottrell)をご紹介されました。

Here is Jim Robinson’s New Orleans Band play ”Yearning”.
Ernie Cagnolatti (tp) Jim Robinson (tb) Louis Cottrell (cl) George Guesnon (bj) Alcide “Slow Drag” Pavageau (b) Alfred Williams (d) Annie Pavageau (vcl)
“Jeunes Amis Hall”, New Orleans, LA, January 30, 1961

Here is Louis Cottrell Trio play ”Down By The Riverside”.
Louis Cottrell (cl) Emanuel Sayles (g,bj) McNeal Breaux (b)
“Hall Of The Societe Des Jeunes Amis”, New Orleans, LA, January 27, 1961

Here is Louis Cottrell Trio play ”You don’t love me”.
Members of the recording are the same as above.
“Hall Of The Societe Des Jeunes Amis”, New Orleans, LA, January 27, 1961

・寺本氏(当日時間が無く省略されました)

「Waltz for Debby」by Cannonball Adderley and Bill Evansをエントリーされていましたが、冒頭で言及しました「1961年1月27日」に録音された作品を添付させて頂きます。

Here is Cannonball Adderley with Bill Evans play “Goodbye”.
Cannonball Adderley (as) Bill Evans (p) Percy Heath (b) Connie Kay (d)
Bell Sound Studios, NYC, January 27, 1961

Here is Milt Jackson & Wes Montgomery Quintet play “S.K.J.”
Milt Jackson (vib) Wynton Kelly (p) Wes Montgomery (g) Sam Jones (b) Philly Joe Jones (d)
New York, December 19, 1961

・平野

Here is Lil Armstrong and Booker T. Washington play “Boogie me”.
Lil Armstrong (p) Booker T. Washington (ds)
Chicago, September 7, 1961
Boogie me

Here is Tadd Dameron and His Orchestra play “Fontainebleau”.
Charlie Shavers,Blue Mitchell, Clark Terry(tp); Jimmy Cleveland, Britt Woodman(tb), Julius Watkins(french horn); Jerry Dodgion, Leo Wright(as,flute);
Johnny Griffin(ts); Jerome Richardson(ts, fl); Tate Houston(bs); Bill Evans(p); Ron Carter(b); Philly Joe Jones(ds); Tadd Dameron(arranger, conductor)
NYC, March 9, 1962
Fontainebleau

Jay Cameron in Paris

September 11,2018

前回「ジャズ喫茶ノート」の記録(1977年6月18日)からジャズ喫茶オアシス土曜会の特集を振り返りました。

今回添付した「ジャズ喫茶ノート」は1977年1月6日の記録です。

最近ご紹介した「バリトンサックスの名手」では名前が挙がらなかったジェイ・キャメロン(Jay Cameron)のリーダー作品を記録していました。実際はラーシュ・グリン(Lars Gullin)をリクエストして、B面のジェイ・キャメロン(Jay Cameron)を聴いていたと記憶しております。

Jay Cameron ( 1928年9月14日〜2001年3月20日)は1947年頃までアイク・ カーペンター(Ike Carpenter)楽団に所属した後、渡欧し下記録音等に参加しています。

1956年に帰米するまでヨーロッパでの録音は「トム・ロード・ディスコグラフィ」では確認出来ませんでした。

今回は初録音から自己名義のJay Cameron’s International Sax Bandまでを久し振りに聴きました。

ビル・コールマン(Bill Coleman)楽団で「アルトサックス奏者」として録音デビューしましたがソロはないようです。
Here is Bill Coleman And His Orchestra play ”I’m comin’, Virginia”.
Bill Coleman (tp), Bill Tamper (tb, arr), Jay Cameron (as), William Boucaya (bars), Art Simmons (p), Jean-Pierre Sasson (g), Guy DeFatto (b), Gerard “Dave” Pochonet (ds) Paris, November 9, 1951

サラ・ヴォーンと渡欧していたロイ・ヘインズの貴重な録音に参加しています。(バルネ・ウィランの初録音としても有名盤)

Here is Roy Haynes Modern Group play “Laffin’ and cryin’ “.
Barney Wilen (ts) Jay Cameron (bars) Henri Renaud (p) Jimmy Gourley (g) Joe Benjamin (b) Roy Haynes (ds) Paris, October 26, 1954
Laffin’ and cryin’

Here is Roy Haynes Modern Group play “Minor encamp [Jordu]”.
Members of the recording are the same as above.
Minor encamp [Jordu]

Swingレコード(仏)がJay Cameron’s International Sax Bandの名義で録音しています。

その後「東宝レコード」がVogueシリーズとして発売した本盤を購入しました。尚、大阪での例会ではA面からラーシュ・グリン(Lars Gullin)の演奏を選曲しています。

Here is Jay Cameron’s International Sax Band play ”Blue note”.
Bobby Jaspar, Barney Wilen, Jean-Louis Chautemps (ts) Jay Cameron (bars) Henri Renaud (p) Benoit Quersin (b) Andre Baptiste “Mac Kac” Reilles (ds)
Paris, France, January 10, 1955
_Blue note

Here is Jay Cameron’s International Sax Band play ”Give me the simple life”.
Members of the recording are the same as above.
Give me the simple life

Here is Jay Cameron’s International Sax Band play ”Static test”.
Members of the recording are the same as above.
Static Test

1963年のテレビ放送からの映像ですが、同年以降は演奏記録が残されていません。

Here is Paul Winter Sextet fea.Jay Cameron on TV’s Jazz Casual
Paul Winter (as), Richard Whitsell (tp), Jay Cameron (bars), Warren Bernhardt (p), Arthur Harper, Jr. (b), Ben Riley (ds). March 1, 1963