タグ別アーカイブ: John Coltrane

第18回例会特集『モダンジャズの巨人をあらためて聴いてみよう(ただし自分流選曲)』

June 07.2019

6月の特集『ベーシストに注目してジャズを楽しむ』を担当されるのは浦谷敏行氏です。

浦谷氏は2016年4月(第18回例会)に特集『モダンジャズの巨人をあらためて聴いてみよう(ただし自分流選曲)』を担当されていました。

今回は3年前の特集で取り上げられた「モダンジャズの巨人」の映像をお楽しみ下さい。

レジュメの序文を転載します。

特集『モダンジャズの巨人をあらためて聴いてみよう(ただし自分流選曲)』

あらためて「モダン・ジャズ・ジャイアンツ」を取り上げた特集を企画してみました。
ただ、あまりにも有名な定番的名演を取り上げても「何を今さら・・・」みたいな感じになるので、個人的にお気に入りの演奏を選んでみました。
ソニー・ロリンズ、マイルス・デイビス、ジョン・コルトレーン、セロニアスモンクを取り上げます。(ナビゲーター浦谷敏行)

Sonny Rollins
50年代ロリンズの歌心あふれる演奏

1. On A Slow Boat To China
Sonny Rollins(ts),Kenny Drew(p),Percy Heath(b) ,Art Blakey(ds)
New York, December 17, 1951

2. It’s All Right With Me
Sonny Rollins(ts),Ray Bryant(p), George Morrow(b), Max Roach(ds)
Hackensack, N.J., December 2, 1955

1968年、デンマークでの演奏を添付します。
Here is Sonny Rollins Quartet play ”Improvising a solo introduction”.
Sonny Rollins(ts),Niels-Henning Ørsted Pedersen(b) ,Albert “Tootie” Heath(ds) Denmark in 1968

Miles Davis
しっとりとしたバラード、そしてあの名曲を電気マイルスがこんな風に料理しました。対 照的な2曲。

3. Something I Dreamed Last Night
Miles Davis (tp),John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds)
Hackensack, NJ., May 11, 1956

4. Round About Midnight
Miles Davis (tp),Wayne Shorter(ts), Chick Corea(p), Dave Holland(b) ,Jack De Johnette(ds)
Jazz Festival, Juan-les-Pins, France, July 25, 1969

昨年YouTubeでアップされた映像を添付します。
Here is Miles Davis Quintet play ”Festiva De Juan Pins 1969”.

John Coltrane
ひとつの頂点に達した Coltrane の演奏。

5. Soul Eyes
John Coltrane (ts) McCoy Tyner (p) Jimmy Garrison (b) Elvin Jones (ds)
Englewood Cliffs, N.J., April 11, 1962

6. Crescent 
John Coltrane (ts) McCoy Tyner (p) Jimmy Garrison (b) Elvin Jones (ds)
Englewood Cliffs, N.J., April 27, 1964

翌年に撮影された映像を添付します。
Here is John Coltrane Quartet play “Naima”.
Belgium in 1965

Thelonious Monk
世評芳しくない後期のモンクも聴いてみましょう。

7.Blue Monk
Thelonious Monk (p)
live in San Francisco, CA, October 20 and 21, 1959.

8. Misterioso 
Thelonious Monk (p) Charlie Rouse(ts) Larry Gales(b) Ben Riley(ds)
Live At The It Club October 31 and November 1, 1964

上記と同じメンバーでの映像を添付します。
Here is Thelonious Monk Quartet play “Lulu’s Back in Town 〜 Don’t Blame Me〜Epistrophy”.
Copenhague in 1966

1959:Jazz’s Vintage Year

May 12,2019

大阪ジャズ同好会次回例会の持ち寄りテーマは『1960年代のジャズ』

以下、寺本世話人の案内を記載します。
「この例会ではあまり取り上げる機会がなかった1960年代のジャズで お気に入りのものがあればご紹介ください。当時最新のモダンジャズでも結構ですし、古くからのジャズメンの当時の演奏でも結構です。」

個人的な感想ですが「1960年代のジャズ」を語るためには「1959年に発表された傑作アルバム」は重要であると思っています。

1959年に録音された作品については、小生がインターネットで聴取しているジャズ番組で特集されていました。

「1959:Jazz’s Vintage Year」2009年3月放送

番組はストリーミング放送(1時間)で下記のサイトから聴くことが可能です。

こちら ▶️

以下、放送された名曲だけをYouTube音源で添付致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

余談ですが、1959年には3人のジャズの巨人が亡くなっている事も追記いたします。

3月15日 シドニーべシェ (パリで永眠)

5月14日 レスター・ヤング

7月17日 ビリー・ホリディ

大阪ジャズ同好会第36回例会(2019年4月14日) 概要③持ち寄り「『マイ・ベスト・マイルス・デヴィス』(前)

April 17,2019

Jeanne Moreau and Miles Davis during the recording of the music for Louis Malle’s film “Elevator to the Gallows,” in December, 1957.Photograph by AGIP / RDA / Everett

4月例会の持ち寄り『マイ・ベスト・マイルス・デヴィス』については、2回に分け(前半は4人)ご紹介させて頂きます。

・Y瀬氏(レジュメに記載されたコメントを編集せず転載致しました)

学生のころにいた森小路に近い千林商店街のレコード店で「来月出るのが凄いらしいよ」 と教えられたのが1957(昭和32)年3月発売の「ラウンド・ミッドナイト」です。マイルスのメジャー・レーベル移籍第1弾で、それまでマイルスを聴いたことは無かったのですが、その音盤以上に衝撃を受けたのは翌58年9月に公開された映画「死刑台のエレベータ ー」でした。そのサウンドトラックと、後年に完全版として追加されたテストテイクを合わせて、マイルスとルイ・マル、そしてジャンヌ・モローの輝きをご堪能ください。
1.「テーマ(GENERIQUE)」
2.「ドライブウェーのスリル」
3.「プティバックの酒場にて」
(以上サウンドトラック)
4.「シャンゼリゼの夜(テーマ)」
(テイク1-3 冒頭各0:30+テイク4)

本ブログでは映画の予告編を添付しました。

ご紹介された「テイク1-3 冒頭各0:30+テイク4」を本ブログで再現しました。

 

・T村氏(レジュメに記載されたコメントを編集せず転載致しました)

マイルス デヴィスの持ち味が最もよく表れた演奏が、プレスティジのマラソンセッ ションです。バラードのワンホーンを二曲聴いてください。
1.「When I Fall In Love」
2.「It Never Entered My Mind」(May 11,1956)
Miles Davis(tp) Red Garland(p) Paul Chambers(b) Philly Joe Jones(ds) John Coltrane(ts)が加わっての演奏です。
3.「Airegin」(Oct.26,1956)
個人的には、ジョン コルトレーンを帯同した1960年の3月のJATPの欧州ツア ーでのマイルスが一番好きですが、マイルスがかすむくらいコルトレーンが凄すぎて、今 回は取り上げるのを遠慮(?)しました。マイルスは、私の最初のアイドルであり、特別な存在です。1960年代の末に二度目の来日公演が、トニー ウイリアムスの麻薬が原因で中止になった時ほど失望したことはありません。

Here is Miles Davis Quartet play “When I Fall in Love”.
Miles Davis(tp), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds)
Van Gelder Studio, Hackensack, NJ, May 11, 1956

Here is Miles Davis Quartet play “It Never Entered My Mind”.
Miles Davis(tp), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds)
Van Gelder Studio, Hackensack, NJ, May 11, 1956

Here is Miles Davis Quintet play “Airegin”.
Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds)
Van Gelder Studio, Hackensack, NJ, October 26, 1956

 

・K氏(今回の特集を担当されました)
Another Tracks Of Kind Of Blueより「Blue In Green」
Here is Miles Davis Quintet play “Blue In Green”.
Miles Davis(tp), Cannonball Adderley(as), John Coltrane(ts), Bill Evans(p), Paul Chambers(b), Jimmy Cobb(ds)
Columbia 30th Street Studios, NYC, March 2, 1959

 

・N瀬氏(神戸ジャズ愛好会のベテラン会員)
Miles Davis European Tour ’56より「How High The Moon」
Here is Miles Davis and Lester Young play “How High The Moon”.
Miles Davis(tp) Lester Young(ts) John Lewis(p) Milt Jackson(vi) Percy Heath(b) Connie Kay(ds)
Germany,Nov.12,1956

UNSPECIFIED – CIRCA 1970: Photo of Lester Young Photo by Michael Ochs Archives/Getty Images

神戸ジャズ愛好会1月例会(2019年1月)②特集「Riversideレーベルの名演」

Photo above of Orrin Keepnews by WikiPedia

January 29,2019

1月例会の特集「Riversideレーベルの名演」については、8人の会員が計21曲を選曲しました。

今回は4人の会員がご紹介された演奏(計11曲)をお楽しみ下さい。

・K氏
Here is Blue Mitchell Quartet play ”I’ll Close My Eyes”.
Blue Mitchell (cnt) Wynton Kelly (p) Sam Jones (b) Roy Brooks (d)
New York, August 25, 1960

Here is Sonny Red Quintet play “The Mode”.
Sonny Red (as) Barry Harris (p) Grant Green (g) George Tucker (b) Jimmy Cobb (ds)
New York, December 14, 1961

・I氏
Here is Johnny Griffin Quartet play “Hush-A-Bye”.
Johnny Griffin (ts) Barry Harris (p) Ron Carter (b) Ben Riley (d)
New York, December 21, 1961

Here is Chet Baker plays ”You and the Night and the Music”.
Chet Baker(tp),Herbie Mann(fl),Pepper Adams(bs), Bill Evans(p), Kenny Burrell(g), Paul Chambers(b),Philly Joe Jones(ds)
NYC, January 19, 1959

Here is Bill Evans Trio “Nardis”.
Bill Evans,(p),Scott LaFaro(b),Paul Motian,(ds)
NYC, February 2, 1961

・T川氏

Here is Charles A. Matson’s Creole Serenaders plays “Taint Nobody’s business if I Do.”
unknown cnt, tb, cl/as, as, ts, Charles Matson (p,arr) unknown bj, tu and d.
New York, July 30, 1923
Ed 51222, Riverside RLP1005(10インチ)

Here is Scott Joplin plays “The Entertainer”.
Scott Joplin, piano roll.
December 29, 1902
Ragtime piano Rolls Vol.1,RLP1006(10インチ)

Here is Thelonious Monk plays “Blue Monk”.
Thelonious Monk (p)
Concert “Fugazi Hall”, San Francisco, CA, October 21, 1959

Here is Sonny Rollins Trio play “The Last Time I Saw Paris”.
Sonny Rollins (ts) Paul Chambers (b) Roy Haynes (d)
New York, June 19, 1957

Here is George Lewis Ragtime Band play “In the Sweet Bye and Bye”.
Kid Howard(tp), Jim Robinson(tb), George Lewis(cl), Alton Purnell(p),Lawrence Marrero(bj),Alcide “Slow Drag” Pavageau,(b),Joe Watkins(ds)
Trinity Episcopal Church, Oxford, OH, February 21, 1954

・N氏
Here is Thelonious Monk Septet play ”Well You Needn’t ”.
Ray Copeland (tp) Gigi Gryce (as) Coleman Hawkins, John Coltrane (ts) Thelonious Monk (p) Wilbur Ware (b) Art Blakey (d)
New York, June 26, 1957

大阪ジャズ同好会第33回例会概要(1)

October 09,2018

大阪ジャズ同好会第33回例会(2018年10月8日)が開催されました。

10月例会の概要については「2.新譜紹介」「4.その他」からご紹介致します。創立メンバーである古川氏による特集「Dick Hyman(p)七変化」並びに「持ち寄り」については明日以降順次ご紹介する予定でございます。

2.新譜紹介(寺本泰規)

photo by courtesy of John Coltrane © Jim Marshall Photography LLC.

(1) John Coltrane[The Lost Sessions] (IMP 00602567492993)より
「Impressions (take3)」 (4:36) (March 6,1963)
John Coltrane(ts) McCoy Tyner(p) Jimmy Garrison(b) Elvin Jones (ds)

Here is John Coltrane Quartet play “Impressions”.

 

(2) Gene Krupa [Gene Krupa Quartet Live 1966] (DT 8010)より
「Big Noise From Winnetka] (7:11) (Nov. 6, 1966)
Gene Krupa(ds) Eddie Shu(ts) Benny Moten(b) Dill Jones(p)
同じ曲を翌年の映像でお楽しみ下さい。鮮明な映像ではありませんが、ベース(Benny Moten)との絡み合いが見ものです。

Here is Gene Krupa Quartet play “Big Noise From Winnetka”.

 

(3) 志水 愛 [Decade] (MS001) より
「Yardbird Suite]」(7:36) (Aug. 28, 2017)
Manami Shimizu(p) Yutaka Hashimoto(g) Tetsuro Aramata(b)Fukushi Tai naka (ds)

JAZZ喫茶 DEAR LORD(大阪ジャズ同好会会場)で開催されたMASAXこと長島雅枝さんと志水愛さんのデュオライブレポート(酒井オーナー記載)を添付しました。
➡️ こちら

志水 愛さんのピアノトリオ演奏(昨年)を添付します。
Here is Manami Shimizu plays at Osaka Mister Kelly’s in 2017.

 

(4) 山中 千尋 [Utopia] (BlueNote UCCJ-9215)より
「La Priere D’une Vierge(乙女の祈り)」(4:16)
「Rhapsody in Blue〜 Strike Up The Band 」(3:25) (Mar〜April, 2018)
Chihiro Yamanaka(p) Yosinori Waki(b) John Davis (ds)

Here is Chihiro Yamanaka plays “La Priere D’une Vierge(乙女の祈り)”.

Here is Chihiro Yamanaka plays “ I Loves You, Porgy”.

4.その他

今回は神戸ジャズサロン主宰者Mさんがジャズのニューウエーブをご紹介されました。
Tigran Hamasyanは東京ジャズ出演後、西宮市でも公演が予定されていましたが台風で公演中止になりました。

Here is Tigran Hamasyan play ”Rays of Light (Official Video)”.

「主役より脇役がめだつモダンジャズ」大阪ジャズ同好会(2017年8月例会)

July 29. 2018

大阪ジャズ同好会のメンバーである竹村功氏がFacebookを開始されました。

今回は竹村氏が特集を担当された「主役より脇役がめだつモダンジャズ」をブログに再現しました。

尚、本特集は過去にご紹介しておりますが(1917年8月7日投稿)、小生が選んだ映像等を追加してブログを再作成致しました。

全7曲の演奏と竹村氏による「聞き所」を記載しました。

Here is Jutta Hipp With Zoot Sims play “Too Close For Comfort”.
Jerry Lloyd (tp) Zoot Sims (ts) Jutta Hipp (p) Ahmed Abdul-Malik (b) Ed Thigpen (ds)
Rudy Van Gelder Studio, Hackensack, NJ, July 28, 1956
「Zoot Simsが思う存分にブローしています」

Photo by YouTube

ブログ作成者のお気に入りを1曲添付させて頂きました。

Here is Jutta Hipp with Zoot Sims Play“Violets for Your Furs”.

Here is Joe Morello with Art Pepper play “Straight Life.
Art Pepper (as), Gerald Wiggins (p) ,Ben Tucker (b) ,Joe Morello (ds)
United Western Recorders, Los Angeles, CA, January 3, 1957
「絶頂期のArt Pepperによる艶やかな音色 」

Laurie Pepper(アート・ペッパーの未亡人)が管理するHPからの映像を追加しました。

詳細はこちらをご覧ください。➡️こちら

Here is Sarah Vaughan sings “Misty”.
Sarah Vaughan – vocals,Kirk Stuart – piano, vocals on “Misty”,Charles Williams – double bass,George Hughes – drums,Quincy Jones – producer  July 18,1963
「Piano奏者Kirk Stuartの歌唱力をお聞き下さい」

Kirk Stuartの映像を追加しました。

Here is Kirk Stuart sings ”But Not For Me”.

Here is Ella Fitzgerald and Duke Ellington play “It Don’t Mean A Thing If It Ain’t Got That Swing”.July 1966
「Ray Nance(tp)のボーカルが素敵です」

エリントン楽団をバックにRay Nanceが歌っている映像を追加しました。
Here is Ray Nance sings ”It don’t mean a thing”.

Here is Coleman Hawkins Quartet at the Village Gate play ” Josuha Fit the Battle of Jericho”.
Coleman Hawkins (ts), Tommy Flanagan (p), Major Holley (b), Eddie Locke (ds) August 1962
「Major Holleyがアルコソロで大活躍しています」

メジャー・ホーリーの映像を追加しました。
Here is Major Holley Play ”Bass Solo”.

Here is Sonny Rollins and Coleman Hawkins Quintet play “All The Things You Are”.
Coleman Hawkins, Sonny Rollins (ts), Paul Bley (p), Bob Cranshaw (b) ,Roy McCurdy (ds) NYC,July 15, 1963
「後輩の前で頑張っているホーキンスに大拍手」

御大が最高のリズム陣をバックに名曲を演奏した映像を追加します。
Here is Coleman Hawkins Quintet play ”Lover Man”.
Coleman Hawkins(ts) Johnny Guaneri(p) Milt Hinton(b)Barry Galbrath(g)Cozy Cole(ds)

Here is Miles Davis Quintet play “Oleo”.
Miles Davis (tp) ,John Coltrane (ts) ,Wynton Kelly (p) ,Paul Chambers (b), Jimmy Cobb (ds) Paris, France, March 21, 1960
「マイルスから独立したかったコルトレーンが御大を無視するかのような演奏に注目」

今年発売された「The Final Tour:The Bootleg Series,Vol.6」から1曲追加しました。

Here is Miles Davis Quintet play ”So What”.

神戸ジャズ愛好会2018年7月例会(1)『ジャズスタンダード名曲集(第3回)~アーヴィング・バーリン』              

July 18.2018

Photo by Discogs

今月のテーマ『ジャズスタンダード名曲集(第3回)~アーヴィング・バーリン』

寺本氏(愛好家世話人)からの案内メールから名曲をご確認下さい。

作曲家シリーズの第3弾です。(例)「Alexander’s Ragtime Band」「Always」「Blue Skies」「CHeek To Cheek」「Heat Wave」「How Deep Is The Ocean」「I’ve Got My Love To Keep Me Warm」「Let’s Face the Music and Dance」「Marie」「Puttin’ on The Ritz」「Russian Lullaby」「There’s No Business Like Show Business」「They Say It’s Wonderful」「This Year’s Kisses」「Top Hat」etc.

・Y瀬氏
1.「AIL By Myself」
Jimmy Rushing with Dave Brubeck Quartet(1960)から
バーリン33歳の1921年にレビュー用に書いた曲。あまりヒットしなかったそうですが、ポッ プスのボビー ダーリンがいい味を出している盤もあります。
Here is Dave Brubeck Quartet, Jimmy Rushing sings ”All By Myself”.

2.「The Song is Ended」
Gerry Mulligan With strings(1955)
1950年代中期以降、エラの歌やピーターソンのピアノ、そしてナット・コール、シナトラた ちの歌も残されていますが、ここでは野太いマリガンサウンドに弦を添わせて。
申し訳ないですが音源が提供出来ません。

3.「Soft Lights & Sweet Music」
Gerry Mulligan & Scott Hamilton(1986)から
パーシー・フェイスやメラクリーノ・ストリングスやコルトレーンやレイ・チャー ルスの歌もあるようですが、マリガンとハミルトンの2管でしっとりと。
Here is Scott Hamilton & Gerry Mulligan play ”Soft Lights & Sweet Music”.
最初の曲だけで終了して下さい。(Full Albumでアップされています)

4.「White Christmas」
Tony Bennett(1998)から
真夏の白雪。場違いも極まった感じですが、バーリンのディスコグラフィーには欠かせない 1曲かと…。
Here is Tony Bennett sings ”White Christmas”.

 

・I谷氏

7666ecf3-s
1. 「Russian Lullaby」
Vladimir Shafranov Trio(2003)から
Vladimir Shafranov(p) Pekka Sarmanto(b) Jukkis lotila(ds)
Here is Vladimir Shafranov Trio play “Russian Lullaby”.

 

2.「Cheek to Cheek」
Janet Seidel「Little Jazz Bird」(1992)から
Janet Seidel(vo) lan Date(g) Tom Baker(ts) Bobby Gabert(p) David Seidel(b)
John Morrison(ds)

Here is Janet Seidel sings “Cheek to Cheek”

3.「They say it’s wonderful」
John Coltrane & Johnny Hartman(1963)から
Johnny Hartman(vo) John Coltrane(ts) McCoy Tyner(p)Jimmy Garrison(b) Elvin Jones(ds)
Here is John Coltrane & Johnny Hartman play “They Say It’s Wonderful”.

・T川氏
1. 「I’ve Last Hart In Dixieland」
Original Dixieland Jazz Band(LP SH220)から
Here is Original Dixieland Jazz Band play “I Lost My Heart In Dixie Land” .

2.「When I Leave The World Behind」
Chris Tylis Silver Leaf Jazz Band (stom off 1258)から
音源がありませんでした。代わりにT川さんがよくご存知の木村陽一さんのボーカルでお楽しみください下さい。
Here is Yo Kimura and New Orleans 4T’s play “When I Leave The World Behind “.

3.「Easter Parade」
Acker Bilk (Reprise R-6031)から
Here is Acker Bilk play ”Easter Parade”.

4.「White Christmas」
Chris Barber’s Jazzmen(Lake LACD 222)から
Here is Chris Barber’s Jazz Band play ”White Christmas”.

・F川氏
「Russian Lullaby」
Vic Dickenson Showcaseから
Here is Vic Dickenson Septet play ”Russian Lullaby”.
Vic Dickenson(tb) Edmond Hall(cl) Ruby Braff(tp) Steve Jordan(g) Walter Page(b)
Sir Charles Thompson(p) Les Erskine(ds)

・K田氏
1.「There’s No Business Like Show Business」
Sonny Rollins「Work Time」から
Sonny Rollins(ts) Ray Bryant(p) George Morrow(b) Max Roach(ds)
Here is Sonny Rollins play “There’s no business like show business”.

2.「Always」
Harry Nilsson「A touch more SCHMILSSON in the night」から
Here is Harry Nilsson with Gordon Jenkins(arr&condct) sings “Always”.

3.「Supper Time」
Nancy Wilson「Just One of Those Things」から
Here is Nancy Wilson sings “Suppertime”.
Nancy Wilson(vo) Hank Jones(p) Ron Carter(b) Gino Bertachini(g) Grady Tate(ds)

4.「The Song ls Ended」
Nat King Cole with Billy May Orchestra から
Here is Nat King Cole sings “The Song Is Ended”.

大阪ジャズ同好会 第31回例会『ジャズメン いい人わるい人』解説 竹村功氏

June 17.2018

先週の日曜日(2018年6月10日)開催された大阪ジャズ同好会の概要をご紹介致します。
『特集『ジャズメン いい人わるい人』(解説 竹村 功氏)

いろんなエピソードや印象などから、独断と偏見で「ジャズメンいい人わるい人」を選びました。さて、どんな演奏家を選んだのでしょうか。ご期待ください。なお、人柄と演奏とは、ほとんどあるいは全く(!?)関係ありません。ジャズメンいい人わるい人の名曲名演を楽しんでもらいます。(竹村氏談)

以下、当日ご紹介されたレコードと選曲を記載致しました。又、面白い映像も添付しました。

「いい人」

1. アート・ブレイキー
新人発掘の才能は抜群で親分肌、日本にジャズブームをおこした立役者。ウエイン・ショー ターを快くマイルスのバンドに参加させた心の広さには頭が下がります。

「Love For Sale」(Mar. 1955)
Hank Mobley(ts) Horace Silver(p) Doug Watkins(b) Art Blakey(ds)

Here is Art Blakey and his Jazz Messengers play “Caravan”. (1963)

2. アート・ファーマー
マイルスの自叙伝に、しばしばレコーディングの際に、アート・ファーマーのトランペットを借りたという逸話がでてきます。ステージ、ジャケット写真、演奏など温厚篤実そのものだ思います。映画「真夏の夜のジャズ」に出演したジェリーマリガンのグループでの演奏です。

「Blue Port」(July.1958)
Art Farmer(tp) Gerry Mulligun(bars) Bill Crow(b) Dave Baily(ds)

Here is THE ART FARMER QUARTET “Petite Belle” (1964) with Jim Hall (guitar)

3. ズート・シムズ
ビル・クロウの著書「さよならバードランド」で、バンドのメンバーに嫌われるベニーグッドドマンに好かれる(?)ズートは人柄が抜群なのでしょう。来日での印象も文句なしの紳士でした。ズートの亡くなる一年前の演奏です。

「Zoot」(Mar,1984)
Zoot Sims(ts) Mike Vofford(p) Chuck Berghofer(b) Nick Ceroli(ds) Victor Feldman(per)

Zoot Simsが死亡する4ヶ月前の1984年11月21日に撮影した貴重な映像を添付しました。

Here is ZOOT SIMS plays “In A Sentimental Mood 〜Gone With The Wind 〜Castle Blues 〜Sweet Lorraine 〜‘Tis Autumn 〜Autumn Leaves ”.
Zoot Sims(ts), Red Mitchell(b),Rune Gustafsson(b) Sweden, November 21 1984

4.ナット・キング・コール
「昭和が愛したニューラテンクォーター」山本信太郎著には、来日したナット・キング・コールの素晴らしい人柄が紹介されています。ナット・キング・コール トリオのスイス ューリッヒでのお馴染みの二曲を聴いてください。

「Sweet Lorraine」「Route66」(0ct .1950)
Nat King Cole(p/vo) Irving Ashby(g)Joe Comfort(ds)

Here is Nat King Cole sings “Sayonara”.

ライブ・アット・ニューラテンクォーターは販売されています。⇨こちら

5.エディ・コンドン
いわゆるシカゴ・ジャズの親分、エディ・コンドンは、「チンコロ小父さん」然とした風貌 でファンの好感を集めたそうです。
「AIL Of Me」(Ap.1964)
Buck Clayton(tp) Vic Dickenson(tb) Bud Freeman(ts) Pee Wee Russell(cl) Dick Cary(p) Eddie Condon(g) Jack Lesberg(b) Cliff Leeman(ds) Jimmy Rushing(vol)

Here is Eddie Condon’s Nightclub in New York(1946)

上記映像には前半2分弱は音声がありません。ご容赦下さい。
1946年Greenwich Village(NYC)にあったEddie Condon’s Nightclubの様子が撮影されています。

「わるい人」

6. マイルス・デイヴィス
モダンジャズの帝王マイルスを、人柄のいい人と言う人は恐らく(?)いないでしょう。特 にステージマナーの悪さは有名です。

「Stera By Starlight」(May .1958)
Miles Davis(tp) John Coltrane(ts) Bill Evans(p) Paul Chambers(b) Jimmy Cobb(ds)

Here is Miles Davis Quintet play “So What”. (Second Concert) (Live from Konserthuset, Stockholm)

Here is Miles Davis plays ”Ascenseur pour l’Echafaud’‘ . (Louis Malle 1958)

7. べニー・グッドマン
「さよならバードランド」で、バンドのメンバーに嫌われるベニー・グッドマンです。60 年代の米ソ冷戦下に、ビッグバンドを率いてモスクワに楽旅しました。クインテットでのメ ドレーを聴いて下さい。
「Avalon~Body And Soul~Rose Room~The World Is Waiting For Sunrise」
(July.1962) Benny Goodman(cl) Teddy Wilson(p) Tark Van Lake(g) Bill Crow(b) Mel Lewis(ds)

Here is Benny Goodman and His Orchestra play in USSR

8. スタン・ゲッツ
ご存知、悪名高いゲッツですがゲッツファンの私なりに弁護すれば、60年代の来日時は、 麻薬の影響と彼自身の音楽上の迷いがあったためと思います。70年代のフュージョンや、い ろんな実験を乗り越えて、ゲッツは80年代に見事にもう一度花を咲かせます。

「Easy Living」(Jun.1981)
Stan Getz(ts) Lou Levy(p) Monty Budwig(b) Victor Levis(ds)

Here is Stan Getz & Charlie Byrd on the Perry Como Show.

9. フランク・シナトラ
ハリウッドの帝王も「悪名」高いものがいろいろありました。
「AI The Way」(2(May.1957)

Here is Frank Sinatra sings “All The Way”. (1958)

 

【おまけ】(ブログ作成者から)
Stan Getzがランバンファッションショー (Lanvin Fashion Show)のバック演奏を行った時の映像です。Stan Getzの可愛い笑顔が観れる映像です。
Here is Stan Getz Playing Lanvin Fashion Show.
Stan Getz(ts) Stanley Cowell(p)Miroslav Vitous(b)Jack DeJohnette(d)
Paris, 1968

 

I listened to the mourning radio program of George Avakian(2)

December 06. 2017

Photo above of George Avakian by courtesy of JazzWax

Continuing from yesterday,I will post my favorite songs according to the album introduced in the program.

In 1956 Duke Ellington and his Orchestra appeared at Newport Jazz Festival.

Paul Gonsalves played an astounding 27 choruses of “Diminuendo and Crescendo in Blue.”

Because Duke told Gonsalves to blow as long as he wanted during the interlude.

Photo by courtesy of paulgonsalves.jazzgiants.net

Today many disney songs became jazz standard.

But back in the ’50s, no one in jazz took Disney movies or their soundtracks seriously.

Why did Dave bother recording an album of Disney songs?

Below I quated JazzWax interivew “Dave Brubeck Digs Disney”. (May 26, 2011)

Dave and his five children excited on the rides in Disneyland in California.

So Dave thought an album of Disney movie songs would be a great idea.

The Disney theme was Dave’s idea, and I was amazed when he called and told me what he wanted to do.

Then Bill Evans and Miles Davis recorded “Disney Songs” .

Also John Coltrane played “My Favorite Things” and ”Chim Chim Cher-ee.””

昨日に続きWarehouse(FMCOCOLO765)で紹介されたアルバムについて投稿致します。

1956年、Duke Ellington楽団はNewport Jazz Festivalに出演しました。

そして「Diminuendo and Crescendo in Blue」でPaul Gonsalvesは27コーラスにも及ぶ長いソロ演奏を行いました。

今日では数多くのディズニー関連の曲がジャズスタンダードになっています。

しかし50年代においてはディズニー映画やそのサウンドトラック曲をジャズとして真面目に取り組む音楽家はいませんでした。

では何故Dave Brubeckはアルバム制作においてディズニーの曲を選んだのでしょうか?

以下JazzWaxのインタビュー “Dave Brubeck Digs DisneyMay 26、2011″を引用しました。

George Avakianは次のように話しています。

ディズニーの音楽をテーマとしてレコーディングするのはDave の考えでした。彼がそのことを電話した時にはびっくりしました。

Daveと彼の5人の子供たちは、カリフォルニアのDisneylandの乗り物に興奮しました。

そしてDaveはディズニー映画の曲のアルバムが素晴らしいアイデアだと思った。

その後、Bill Evans や Miles Davisは「ディズニーソング」を録音しています。

又、John Coltraneも「My Favorite Things」「Chim Chim Cher-ee」を演奏しました。

Duke Ellington & His Orchestra 「Ellington at Newport」
Here is Duke Ellington & His Orchestra play “ Black and Tan Fantasy ”.
Johnny Hodges (as), Russell Procope (cl, as), James Hamilton, Paul Gonsalves (ts), Harry Carney (bs), Cat Anderson, Clark Terry, Willis Nance, John Cook (tp), Britt Woodman, Quentin Jackson (tb), Duke Ellington (p), James Woode (b), Sam Woodyard (ds)
July 7, 1956… live at Newport Jazz Festival, Newport

 

Here is Duke Ellington & His Orchestra play  “Diminuendo and Crescendo in Blue.”
Members of the recording are the same as above.

 

Miles Davis 「Miles Ahead」
Here is Miles Davis and Gil Evans play “Miles Ahead 1959” on YouTube.
Miles Davis, Bernie Glow, Ernie Royal, Luis Mucci, Taft Jordan, John Carisi (tp), Frank Rehak, Jimmy Cleveland, Joe Bennet (tb), Tom Mitchell (btb), Willie Ruff, Tony Miranda, Jimmy Buffington (frh), Bill Barber (tu), Lee Konitz (as), Romeo Penque, Sid Cooper (fl, cl), Danny Bank (bcl), Wynton Kelly (p), Paul Chambers (b), Art Taylor (ds), Gil Evans (arr, cond) November 1957… New York

 

Photo by courtesy of French Lick, IN Aug 17, 1958

Dave Brubeck Quartet「Dave Digs Disney」
Here is Dave Brubeck Quartet play “Alice in Wonderland”.(Mono Version)
Dave Brubeck (p), Paul Desmond (as), Norman Bates (b), Joe Morello (ds)
August 29, 1957… New York

 

Here is Dave Brubeck Quartet play “Some Day My Prince Will Come ”.(Mono Version)
Members of the recording are the same as above.

Bobby Jaspar(4)

August 11. 2017

Bobby Jaspar had belonged to the J. J. Johnson Quintet for 15 months.

Two days after recording the “Dial J.J. 5”, they had the performance at “Cafe Bohemia in NY”.

Their performance was released as “Jay Jay Johnson 5 Live at Cafe Bohemia 1957”.

Also Bobby Jaspar was a very good Jazz composer as well, giving top creations to the musicians of the time.

“In a Little Provincial Town” of his composition was included in this live performance.

Photo above of Claes Dahlgren by courtesy of Averages Radio

When J.J. Johnson lost his cabaret card – the New York musician’s indispensable passport to employment, J.J. Johnson Quintet had the European tour.

The tour was planed by Claes Dahlgren who was the Swedish jazz journalist.

Interestingly Claes Dahlgren was involved in the recording of ”Overseas”.

Because he was deeply connected with the Metronome label in Sweden at that time.

Please refer to here for “the European tour” and “Overseas”. Go here and here.

After 15 months with Johnson, Jaspar has a brief stint with Miles Davis in between Sonny Rollins and John Coltrane.

Also  Bobby Jaspar had recorded on Savoy label and Prestige labe in March 1957.

Bobby JasparはJ. J. Johnsonのグループに15ヶ月間所属していました。
グループは「Dial J.J.5」を録音した2日後にNYのライブハウスCafe Bohemia で演奏していました。この時の演奏は「Jay Jay Johnson 5 Live at Cafe Bohemia 1957」として発売されています。
又、Bobby Jasparは作曲家としても非凡な才能を持っており、その当時のジャズミュージシャンに優れた楽曲を提供していました。
彼が作曲した「In a Little Provincial Town」はライブ盤に収録されています。
その後、J.J. Johnson が「Cabaret card(NYで演奏するために必要な許可証) 」を剥奪された時、J.J. Johnson クインテットはヨーロッパ巡業を行いました。
この巡業はスウェーデンのジャズジャーナリストであったClaes Dahlgrenが企画したものでした。
興味深いことにClaes Dahlgrenが「Overseas(Tommy Flanaganの名盤)」の レコーディングに関わっていたことです。
その理由として、当時Claes DahlgrenがスウェーデンのMetronome社と深く関わっていたからだと言われています。
「ヨーロッパ巡業」と「Overseas(Tommy Flanaganの名盤)」については、今週投稿の契機となったJazz Club Over SeasのBlog(INTERLUDE)をご覧ください。
こちら ここをクリックして下さい。
Miles DavisはJ. J. Johnsonグループを脱退したBobby JasparをSonny RollinsとJohn Coltraneとの間のテナー奏者と参加させました。
1957年3月以降、Bobby JasparはSavoy社並びにPrestige社にレコーデイングしています。

Here is Bobby Jaspar plays “In A Little Provincial Town”.
Bobby Jaspar(fl),Eddie Costa(p), Barry Galbraith(p), Milt Hinton(b),Osie Johnson(ds) New York, 1956

Here is J.J.Johnson Quintet in Sweden play “Thou Swell”.
J.J.Johnson (tb,trombonium),Bobby Jaspar (ts,fl),Tommy Flanagan (p),Wilbur Little (b), Elvin Jones (ds)  Stockholm, June 14,1957

Here is J.J.Johnson Quintet in Sweden play “A Night In Tunisia”.
Members of the recording are the same as above.

Here is The J.J. Johnson Quintet ‎play Live At Cafe’ Bohemia ( Full Album )

J.J. Johnson(tb) ,Tommy Flanagan(p), Wilbur Little(b),Elvin Jones(ds),Bobby Jaspar(ts,fl)  February 27, 1957 – Café Bohemia, New York
1 Introduction By J.J.Johnson – Bernie’s Tune
2 In A Little Provincial Town
3 I Should Care
4 Angel Eyes
5 Old Devil Moon
6 My Old Flame
7 Dailie Double – Solar