タグ別アーカイブ: John Lewis

神戸ジャズ愛好会1月例会(2020年1月26日)①『コンボジャズの名演』前半

January 28,2020

神戸ジャズ愛好会1月例会には19名が参加しました。

今月のテーマ『コンボジャズの名演』の前半として、ベテラン4人の選曲をご紹介致します。

Y瀬氏が持参されたMJQメンバーサイン

・Y 瀬氏(当日配付されたレジュメの記載を一部編集させて頂きました)

昨年末の神戸ジャズサロン例会でMJQが1992年の仏マルシアック・ジャズフェスで演奏した「Majesty of the Sun」を聴いて頂きました。
この作品はMJQ結成40周年にあたる1991年3月に来日した際、ブルーノート大阪で初演されました。それまで大ホール中心だったMJQが日本で初めてクラブ出演するというので、6夜連続で予約を入れた中のある日、思いがけず飛び出した大曲。ジョン・ルイスの曲名アナウンスに続いて13分余。「太 陽の帝王」とは「星の王子さま」を書いたサン・テグジュペリの幼時のあだ名で、長い曲目解説の中でその人の名が出てきたようにも思うのですが、ヒアリングに自信がなく不確かです。
1993年、ホテル・カーライルでの新年恒例の演奏会を聴くためにニューヨークを初訪問し、MJQメンバーと再会。その年4月には再度4人でブルーノート大阪に来演したものの、コニー・ケイはアンコールの舞台に上がれないほど衰弱。11月に最も若く67歳で逝きました。
MJQはその後もドラマーをミッキー・ローカー、アルバート・ヒースに変えて何度か来日したのですが、1999年春にジョン・ルイスが「100フィンガース」で夫人同伴で来日した際、友人の厚意で同席する機会を与えられ、そこでブルーノート大阪での思い出を話しました。「6月に訪米予定なので自宅に訪問しても良いでしょうか?」と 問うと、「イエース、プリーズ!」という返事。
マンハッタンのジョンの高層アパート、ロングアイランド・モントークのパーシー・ヒース、NJ州ティー ネックのミルト・ジャクソン宅を訪れ、サインを頂いたのも今となっては良い思い出です。ミル トはベッドからガウン姿で現れ、その年10月76歳で逝去。韓国を夫婦で旅してきたというルイスは2001 年に80歳で、バス停まで車で迎えに来てくれたヒースは2006年に81歳で世を去りました。すべては伝 説となって忘れ去らていくのでしょうか。

Y瀬氏が配布したレジュメの一部

・T川氏

Photo above of Chris Blount by courtesy of Little Witley Village Hall 2019

Chris Blount’s New Orleans Jazz Band:
Derek Winters (tp) Brian “Sam” Ellis (tb) Chris Blount (cl) Barry Grummett (p) Tony Peatman (bj) Harry Slater (b) Gordon Pettit (d)
Live, Church Kungsham, Sweden, September 23, 1994
God leads his dear children along」をご紹介されましたが、音源の関係でYouTube映像を添付します。
Here is Chris Blount’s New Orleans Jazz Band(1990s)

Here is Kid Thomas and His Algiers Stompers play “Put on your old grey bonnet”.
Kid Thomas Valentine (tp) Louis Nelson (tb) Paul Barnes (cl) Emanuel Paul (ts) Joe James (p,vcl) George Guesnon (bj,vcl) Alcide “Slow Drag” Pavageau (b) Sammy Penn (d,vcl)
New Orleans, LA, July 3, 1960

Here is Jim Robinson New Orleans Band play “Take my hand precious Lord”.
Ernie Cagnolatti (tp) Jim Robinson (tb) Louis Cottrell (cl) George Guesnon (bj) Alcide “Slow Drag” Pavageau (b) Alfred Williams (d) Annie Pavageau (vcl)
“Jeunes Amis Hall”, New Orleans, LA, January 24, 1961

Here is Bunk Johnson’s Jazz Band play “Franklin Street Blues”.
Bunk Johnson (tp) Albert Warner (tb) George Lewis (cl) Walter Decou (p) Lawrence Marrero (bj) Chester Zardis (b) Edgar Mosley (d)
New Orleans, LA, October 2, 1942

F川氏

Photo by Discogs

Here is Chu Berry and his “Little Jazz” Ensemble play “Stardust”.
Roy Eldridge(tp) Chu Berry(ts) Clyde Hart(p) Danny Barker(g) Artie Shapiro(b) Sidney Catlett(d)
New York, November 11, 1938

Here is Chu Berry and his “Little Jazz” Ensemble play ”Sitting In”.
Members of the recording are the same as above.

Here is Chu Berry and his Jazz Ensemble play “Blowing Up A Breeze”.
Hot Lips Page(tp) Chu Berry(ts) Clyde Hart(p) Albert Casey(g) Al Morgan(b) Harry Jaeger(d)
New York, September, 1941

Here is Chu Berry and his Jazz Ensemble play “On The Sunny Side of The Street “.
Chu Berry(ts) Clyde Hart(p) Albert Casey(g) Al Morgan(b) Harry Jaeger(d)
New York, September, 1941

チュー・ベリーについては大阪ジャズ同好会で『ホーキンス派の巨人~レオン・チュー・ ベリーとして特集されています。下記にリンクさせて頂きました。

こちら ▶️

・N瀬氏

Here is Art Blakey & the Jazz Messengers play ”À la Mode”.

Lee Morgan(tp) Curtis Fuller(tb) Wayne Shorter(ts) Bobby Timmons(p)
Jymie Merritt (b) Art Blakey(ds) June 14, 1961

Here is The Horace Silver Quintet play ”Without You”.
Blue Mitchell(tp) Junior Cook(ts) Horace Silver(p) Gene Taylor(b) Roy Brooks(ds)
July 8, 1960

神戸ジャズ愛好会11月例会(2019年11月24日)特集『私の好きなマイルス・デヴィスの演奏』①

November 27,2019

今月のテーマ『私の好きなマイルス・デヴィスの演奏』でしたが、参加者は13名で少なかったです。

・Y 瀬氏(当日配付されたレジュメの記載を編集せず転載しました)

名盤マイルス「BAGS GROOVE」の裏側
ご存じプレスティッジ1954年のこの名盤は実に様々な不思議を孕んでいます。看板に偽りありというか、冒頭のタイトル曲(2バージョン)を除けば、ピアノがホレス・シルバーで採ったたソニー・ロリンズを売り出すための盤というのが、同年6月に録音した5曲セッションの実態です。そこへ作曲者であるミル ト・ジャクソンのヴァイブとピアノのセロニアス・モンクを招き12月のクリスマイヴに採ったセッションを、無理やりにくっ付けたような形で構成したこのが1枚。12月に録音された他の曲は後に「マイルスとモダンジャズジャイアンツ」として、 プレスティッジから発売され、「ザ・マン・アイ・ラブ」でのマイルスとモンクの「喧嘩セッション」で知られましたし、ベースがパーシー・ヒース、ドラムスがケニー・クラークということで、同社ワインストック社長のジョン・ルイス嫌いも取りざたされました。1996年7月号
のスイング・ジャーナル誌に載ったミルトのインタビュー記事によると、この曲は1952年にブルーノート盤吹き込みの際に作曲。ミルト(あだ名BAG=がま蛙)に「乗ってるかい」と声をかけるケーニー・ク ラークの口ぐせから命名の由来。録音時にやって来た、アコーディオン奏者のマット・マシューズとウィマー出版にたった25ドルで版権すべてをだまし取られ、取り戻すために1万5000ドル使ったとか。曲名に「ニュー」を付けたり、苦労したそうで、版権料が最も多額だったのは日本だったそうです。

 

 

Photo above of Mat Mathews by courtesy of Freshsound

 

Here is Miles Davis Quintet play ”Bag’s Groove (Take 1)” .
Miles Davis (tp) Milt Jackson (vib) Thelonious Monk (p) Percy Heath (b) Kenny Clarke (d) Hackensack, NJ., December 24, 1954

当日は1952年ブルーノート盤もご紹介されましたが、マイルスは参加しておりませんので省略致します。

・T川氏「トラッドジャズ専門ですのでマイルスはほとんど持っていません。数少ない手持ちから4曲選びました」
Here is Miles Davis All Stars play “Milestone”.
Miles Davis(tp) Charlie Parker(ts) John Lewis(p) Nelson Boyd(b) Max Roach(ds)
New York, August 14, 1947

Here is Miles Davis Sextet play “Whispering”.「レス・ポールの曲が好きで選曲しました」
Miles Davis (tp) Bennie Green (tb) Sonny Rollins (ts) John Lewis (p) Percy Heath (b) Roy Haynes (d) New York, January 17, 1951

Here is Sonny Rollins Quartet play “I Know”.「マイルスのピアノ演奏を聴いて下さい」
Sonny Rollins (ts) Miles Davis (p) Percy Heath (b) Roy Haynes (d) New York, January 17, 1951

Here is Miles Davis plays “My funny Valentine”.
Miles Davis (tp) Red Garland (p) Paul Chambers (b) Philly Joe Jones (d) Hackensack, NJ., October 26, 1956

・F川氏「4部作の内「Steamin'(May 11, 1956)」から2曲選曲しました」

Here is Miles Davis Quintet play ”Surrey With The Fringe On Top”.
Miles Davis(tp) John Coltrane(ts) Red Garland(p) Paul Chambers(b)
Philly Joe Jones(ds)

Here is Miles Davis plays ”When I Fall In Love”.
Miles Davis(tp) Red Garland(p) Paul Chambers(b) Philly Joe Jones(ds)

・S氏「アルバムではIn a Silent Wayが好きです」

Here is Miles Davis plays ”In a Silent Way〜It’s About That Time”.
Miles Davis (tp) Wayne Shorter (sop) Herbie Hancock, Chick Corea (el-p) Joe Zawinul (org) John McLaughlin (el-g) Dave Holland (b) Tony Williams (d)
New York, February 18, 1969

・寺本氏

「The Unissued Cafe Bohemia Broadcasts / Miles Davis Quintet with John Coltrane」より3曲

Miles Davis(tp) John Coltrane(ts) Red Garland(p) Paul Chambers(b) Philly Joe Jones(ds) Broadcast, “Cafe Bohemia”, Greenwich Village New York
Here is Miles Davis Quintet play ”It Never Entered My Mind”.
September 15, 1956

Here is Miles Davis Quintet play “Stablemates”.
September 29, 1956

Here is Miles Davis Quintet play “Walkin'”.(All of Youが続きます)
April 13,1957

大阪ジャズ同好会第39回例会持ち寄り(2019年10月13日)「ヨーロッパのジャズ」②

October 15,2019

「ヨーロッパのジャズ」の後半は初参加の方とベテラン2人が紹介した演奏をお楽しみ下さい。

・T氏(名古屋市から参加いただきました)

「MOMENT ,Made in france Healing Jazz 」

音源を提供できませんので、T氏が事前に郵送されたCDの案内を添付します。

・T村氏

1.Here is John Lewis & Sacha Distel play “Dear Old Stockholm”.

John Lewis (p) Sacha Distel (g) Barney Wilen (ts) Pierre Michelot (b) Connie Kay (ds) Paris, Dec. 4 & 7 1956

2.Here is Georges Arvanitas Trio play “Airegin”.
Georges Arvanitas (p) Gene Taylor (b) Louis Hayes (ds) Paris, March 4, 1959

3.Here is Barney Wilen play “Stablemates”.
Barney Wilen(ts),Kenny Dorham (tp),Duke Jordan(p),Paul Rovère(b),Daniel Humair(ds) Paris, April 24 & 25, 1959

バルネ・ウィラン(Barney Wilen)については、ブログ作成者が参考にしているサイトを添付させて頂きました。

こちら ▶️

・寺本世話人

1.Here is Harry Arnold and His Swedish Radio Studio Orchestra play “Jersey Bounce”.

Sixten Eriksson, Weine Renliden, Bengt-Arne Wallin, Benny Bailey(tp), Ake Persson, Georg Vernon, Andreas Skjold(tb), Gordon Olsson(btb) ,Arne Domnerus, Rolf Lindell(as) Carl-Henrik Norin, Bjarne Nerem(ts), Lennart Jansson (bs) ,Bengt Hallberg(p), Bengt Hogberg(g) ,Georg Riedel(b)Egil Johansen(ds) October 3,1956

 

2.Ove LindとBengt Hallbergが共演した「Moment Like This(1957)」をご紹介されました。音源が手元にございませんので、代替としてテレビ放送(1963年)の一場面を添付します。

Here is Ove Lind and Lars Ehrstrand “Swingtime”.

ブログ作成者からスウェーデン・ジャズの名演「Whiskey Sour」を添付させて頂きます。
Here is Bengt Hallberg And His Swedish All Stars play “Whiskey sour”.
Ake Persson (tb) Arne Domnerus (as,cl-1) Lars Gullin (bar) Bengt Hallberg (p) Simon Brehm (b) William Schiopffe (d) Stockholm, November 9, 1953

Rita Reys, Johnny Griffin and the Pim Jacobs Trio   Photo by Allaboutaazz

 3. Rita ReysとJohnny Griffinが共演した「Everything Happens To Me(Aug. 1979)」をご紹介されました。本ブログでは2人の顔合わせによるメドレー(5曲)を添付しました。

Here is Rita Reys and Pim Jacobs Trio ft. Johhny Griffin play ”That Old Feeling~Mr. Wonderful~Poor Butterfly~The Touch Of Your Lips~Fly Me To The Moon”.(1979年ドイツテレビ局制作)

Rita Reys (vo) Johnny Griffin(ts) Pim Jacobs(p) Rudd Jacobs(b) Peter Ypma(ds)

Photo by JazzInoge

4.ノルウェーのBodil Niska(ボディル・ニスカ)を紹介されました。

Bodil Niska(1954年生まれ)はベン・ウェブスター直系のベテラン女流テナー奏者です。

Here is Bodil Niska plays “Danny Boy”.
Bodil Niska(ts) Egil Kapstad(p) Bjorn Alterhaug (b) Pelle Hulten(ds) 
Oslo September,2000

寺本氏が当日コメントされた別アルバム2006年の「NIGHT TIME(2006年)」から1曲添付します。

Here is Bodil Niska plays “Over the rainbow”. 
Bodil Niska (ts) Claes Crona (p) Staffan William-Olsson (g) Jorgen Smeby (b) Petur Ostlund (ds) Oslo, October 2006

ブログ作成者から初録音(1960年)を追加添付します。

Here is Bodil Niska and Einar Iversen(p) play “Ballad for Stan”.Norway, 1960

  

大阪ジャズ同好会第36回例会(2019年4月14日) 概要③持ち寄り「『マイ・ベスト・マイルス・デヴィス』(前)

April 17,2019

Jeanne Moreau and Miles Davis during the recording of the music for Louis Malle’s film “Elevator to the Gallows,” in December, 1957.Photograph by AGIP / RDA / Everett

4月例会の持ち寄り『マイ・ベスト・マイルス・デヴィス』については、2回に分け(前半は4人)ご紹介させて頂きます。

・Y瀬氏(レジュメに記載されたコメントを編集せず転載致しました)

学生のころにいた森小路に近い千林商店街のレコード店で「来月出るのが凄いらしいよ」 と教えられたのが1957(昭和32)年3月発売の「ラウンド・ミッドナイト」です。マイルスのメジャー・レーベル移籍第1弾で、それまでマイルスを聴いたことは無かったのですが、その音盤以上に衝撃を受けたのは翌58年9月に公開された映画「死刑台のエレベータ ー」でした。そのサウンドトラックと、後年に完全版として追加されたテストテイクを合わせて、マイルスとルイ・マル、そしてジャンヌ・モローの輝きをご堪能ください。
1.「テーマ(GENERIQUE)」
2.「ドライブウェーのスリル」
3.「プティバックの酒場にて」
(以上サウンドトラック)
4.「シャンゼリゼの夜(テーマ)」
(テイク1-3 冒頭各0:30+テイク4)

本ブログでは映画の予告編を添付しました。

ご紹介された「テイク1-3 冒頭各0:30+テイク4」を本ブログで再現しました。

 

・T村氏(レジュメに記載されたコメントを編集せず転載致しました)

マイルス デヴィスの持ち味が最もよく表れた演奏が、プレスティジのマラソンセッ ションです。バラードのワンホーンを二曲聴いてください。
1.「When I Fall In Love」
2.「It Never Entered My Mind」(May 11,1956)
Miles Davis(tp) Red Garland(p) Paul Chambers(b) Philly Joe Jones(ds) John Coltrane(ts)が加わっての演奏です。
3.「Airegin」(Oct.26,1956)
個人的には、ジョン コルトレーンを帯同した1960年の3月のJATPの欧州ツア ーでのマイルスが一番好きですが、マイルスがかすむくらいコルトレーンが凄すぎて、今 回は取り上げるのを遠慮(?)しました。マイルスは、私の最初のアイドルであり、特別な存在です。1960年代の末に二度目の来日公演が、トニー ウイリアムスの麻薬が原因で中止になった時ほど失望したことはありません。

Here is Miles Davis Quartet play “When I Fall in Love”.
Miles Davis(tp), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds)
Van Gelder Studio, Hackensack, NJ, May 11, 1956

Here is Miles Davis Quartet play “It Never Entered My Mind”.
Miles Davis(tp), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds)
Van Gelder Studio, Hackensack, NJ, May 11, 1956

Here is Miles Davis Quintet play “Airegin”.
Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds)
Van Gelder Studio, Hackensack, NJ, October 26, 1956

 

・K氏(今回の特集を担当されました)
Another Tracks Of Kind Of Blueより「Blue In Green」
Here is Miles Davis Quintet play “Blue In Green”.
Miles Davis(tp), Cannonball Adderley(as), John Coltrane(ts), Bill Evans(p), Paul Chambers(b), Jimmy Cobb(ds)
Columbia 30th Street Studios, NYC, March 2, 1959

 

・N瀬氏(神戸ジャズ愛好会のベテラン会員)
Miles Davis European Tour ’56より「How High The Moon」
Here is Miles Davis and Lester Young play “How High The Moon”.
Miles Davis(tp) Lester Young(ts) John Lewis(p) Milt Jackson(vi) Percy Heath(b) Connie Kay(ds)
Germany,Nov.12,1956

UNSPECIFIED – CIRCA 1970: Photo of Lester Young Photo by Michael Ochs Archives/Getty Images

Lord Nelson and His Boppers

June 5.2018

Fantasy Recordsの傘下であるGalaxy Recordsで気になるアルバムが一枚あります。

Milt JacksonとSonny Stittが共演した「In The Beginning 」

同社は創業時にはJohn Lee Hooker(G-201),B.B. King(G-202),Little Johnny Taylor(G-203)などR&Bの作品を発売していました。

そして4枚目にSonny Stitt and Milt Jackson(G-204)が発売されています。

詳細については  ⇨  こちらをクリック

今回は二人が共演した「 In The Beginning」について調べました。

Galaxy Recordsに録音したデータを記載します。(Jazz Discography Projectを引用)
Milt Jackson, Sonny Stitt – In The Beginning  (Galaxy LP 204)

Milt Jackson(vib), John Lewis(p), Alvin Jackson(b), Kenny Clarke(d), Chano Pozo(congas)
Detroit, MI, April, 1948

K5518 | 4001 Bobbin’ With Robin (as Baggy’s Blues)
K5519 | 4004 Baggy Eyes
K5520 | 4003 Slits
K5521 | 4002 Autumn Breeze (as In A Beautiful Mood)

下記は2ヶ月後の録音です。Sonny Stitt が偽名「 Lord Nelson」で記載されています。
個人的にはRussell Jacquetと共演した下記4曲に興味を持っています。

Willie Wells(tp), Sonny Stitt as Lord Nelson(as), Milt Jackson(via), Will Davis(p), Jimmy Glover(b), Dave Heard(d) Detroit, June, 1948

K5461 | 4017 Stardust
K5462 | 4020 Ratio And Proportion
K5508 | 4018 Red Shoes
K5512 | 4019 Time To Dream (as Body And Soul)

Russell Jacquet (tp), Sonny Stitt as Lord Nelson(as), Milt Jackson(via), Sir Charles Thompson(p), Ray Brown(b),Max Roach(d)  Detroit, June, 1948
K5507 | 4022 Be Bop Blues
K5509 | 4021 Royal Wedding
K5510 | 4023 Fine And Dandy
K5511 | 4024 Silver Slipper (as 3rd Song (Silver Slipper))

** also issued on Galaxy LP 8204; Original Jazz Classics OJC-1771, OJCCD-1771-2; America (F) 30 AM 6072.

TOM LORD Discographyによると上記8曲(1948年6月録音)は「 Lord Nelson and His Boppers」となっています。

Lord Nelsonという偽名は麻薬が関係していると推察されます。(1948年から1949年まで一定期間レキシントン監獄に収容されていました)

それ故、Sonny Stittは翌年10月まで録音現場に現れていません(ディスコグラフィーが正確であると仮定してですが)

復帰後の録音は「Jay Johnson ‘s Boppers New York」
「世に名高い(何処かで読んだ常套句)」Prestigeへの録音です。

2度目のレコーディング・ストライキ前後の録音は面白いですね。

Here is Lord Nerson and His Boppers play “Be Bop Blues”.
Be Bop Blues

Here is Lord Nerson and His Boppers play “Royal Wedding”.
Royal Wedding

Here is Lord Nerson and His Boppers “Silver Slipper (as 3rd Song (Silver Slipper)”.
3rd Song (Silver Slipper)

Here is J.J. Johnson’s Boppers play “Afternoon in Paris”.
J.J. Johnson (tb) Sonny Stitt (ts) John Lewis (p) Nelson Boyd (b) Max Roach (d)
New York, October 17, 1949

Kenny Clarke recordings in Paris

April 6.2018

fullsizeoutput_daf

Bud Powell, Clark Terry, Barney Wilen, Pierre Michelot,Kenny Clarke Photo by courtesy of Paris Jazz Corner(1959)

Kenny Clarke resettled in Paris in 1956.He had three recordings until the end of the year.

Today I would like to post about  three albums,”Reunion A Paris” ,”Kenny Clarke’s Sextet Plays Andre Hodeir”,”Afternoon In Paris”.

1956年、ケニー・クラークはパリに活動拠点を移し年末までに3枚のアルバム録音に参加しています。

今日は「Reunion A Paris」「Kenny Clarke’s Sextet Plays Andre Hodeir」「Afternoon In Paris」から数曲をブログに添付しました。

最初に「Reunion A Paris by Martial Solal」ですが参加メンバーが面白い組み合わせです。Benoit Quersinはベルギー、Jimmy Deuchar はイギリス出身です。又、ヨーロッパでの録音が少ないアレン・イーガー(Allen Eager)の演奏も貴重です。

「Kenny Clarke Sextet Plays Andre Hodeir」はアンドレ・オデール(Andre Hodeir)の編曲が凝ってます。アメリカの編曲者では味わえないようなサウンドが新鮮です。

最後に「Afternoon In Paris」の録音ですが、ルイス、ヒース、クラークの3人が久し振りに再会しました。残念なことですが3人揃っての録音はこの日が最後になりました。

Here is Martial Solal International All Stars play “Kenny special”.
Jimmy Deuchar (tp) Billy Byers (tb) Allen Eager (ts) Martial Solal (p) Benoit Quersin (b) Kenny Clarke (d) Paris, September 24, 1956

Here is Martial Solal International All Stars play “Love me or leave me”.Members of the recording are the same as above.

Here is Kenny Clarke Sextet Plays “Round about midnight”.
Roger Guerin (tp) Nat Peck, Billy Byers (tb)  Martial Solal (p), Pierre Michelot (b) Kenny Clarke (d) Andre Hodeir (arr)Paris, France, October 26,1956
こんな「Round About Midnight」初めて聞きました。編曲に携わっている友人の意見を聞きたいです。

Here is Kenny Clarke Sextet Plays “Blue Serge”.
Billy Byers (tb)Roger Guerin (tp) Armand Migiani (bar) Martial Solal (p) Jean Warland (b) Kenny Clarke (d) Andre Hodeir (arr) Paris, France, November 30, 1956

Here is Kenny Clarke’s Sextet Plays “Swing spring”.
Members of the recording are the same as above.

Here is John Lewis and Sacha Distel Quintet play “Bags’ groove”.
Barney Wilen (ts) John Lewis (p) Sacha Distel (g) Percy Heath (b) Kenny Clarke (d)
Paris, France, December 4, 1956

Here is John Lewis and Sacha Distel Quintet play “Willow, weep for me”.
Members of the recording are the same as above.

kennyclarke01

Photo by courtesy of Mario Rodriguez

The early recordings by Milt Jackson on Dee Gee label

January 4.2018

Herman Lubinsky, who founded Savoy Records in New York City in 1943,grew his catalogue buying up defunct record labels and leasing recordings, as well as recording his own sessions.

元旦、ミルト・ジャクソンの誕生日ということで瀬谷さんから貴重なSP音源(Hi-Lo原盤)を聞かせて頂きました。

1952年録音「Softly As In A Morning Sunrise」 Hi-Lo 1412 (HL 321)

ディスコグラフィーによるとHi-Loレコードからは上記を含み4曲(SP2枚)が発売されたようです。

ネットに公開されていた「Hi-Lo 1405」の写真を添付します。

Photo by Discogs

その後、Hi-Lo原盤はSavoyレコード社が発売することになりました。

その当時のSavoyレコードは自社制作録音以外に、他の会社制作による録音を買い取り自社のラインアップとして発売していました。

この件について、参考になるWebsiteの写真を添付します。

Photo by courtesy of londonjazzcollector.wordpress

Websiteについてはこちらをクリックして下さいGo here

今回は、Dee Geeレコードに録音された初期のミルト・ジャクソンの演奏をブログに添付しました。

Milt Jackson Quartet
Milt Jackson (vib) John Lewis (p) Ray Brown (b) Kenny Clarke (d)
New York, August 24, 1951

Here is Milt Jackson Quartet play “Milt meets Sid”.

Here is Milt Jackson Quartet play “D & E”.

Here is Milt Jackson Quartet play “Yesterdays”.

Here is Milt Jackson Quartet play “Between the devil and the deep blue sea”.

Milt Jackson (vib) John Lewis (p) Percy Heath(b) Al Jones (d)
New York,  September 18, 1951
Here is Milt Jackson Quartet play “Autumn breeze”.

Here is Milt Jackson Quartet play “Bluesology”.

Here is Milt Jackson Quartet play “Round midnight”.

Here is Milt Jackson Quartet play “Movin’ nicely”.