タグ別アーカイブ: June Christy

神戸ジャズ愛好会5月例会(2019年)⑥特集「ジャズスタンダード名曲集~ジョージ・ガーシュウィン(4)」

May 31,2019

Photo by Pinterst

特集「ジャズスタンダード名曲集~ジョージ・ガーシュウィン」の最終回です。寺本世話人と平野の選曲を紹介します。

寺本氏
「I Got Rhythm」

Here is Dickie Wells and his Orchestra play “I Got Rhythm”.
Bill Coleman(tp) Dicky Wells(tb) Lester Young(ts) Ellis Larkins(p) Freddie Green(g) Al Hall(b) Jo Jones(ds) New York, December 21, 1943

「Nice Work if You Can Get It」

Here is Bud Powell Trio play “Nice Work if You Can Get It”.
Bud Powell(p),Curly Russell(b), Max Roach(ds) New York January 10, 1947

「How Long Has This Been Going On?」

Here is June Christy and Stan Kenton sings “How Long Has This Been Going On?”.

「 I’ve got a crush on you」

当日はLaurie Holloway(p)と共演したアルバム(1983年)からのご紹介でしたが、YouTube映像(画質の悪さについてはご了承願います)を添付しました。
Here is Cleo Laine sings “ I’ve got a crush on you.”

平野
「Embraceable You」だけに限定しました。
1930年のミュージカル「Girl Crazy」の挿入曲として「But Not for Me」「I Got Rhythm」と共に名曲となりました。
手元の資料では896曲(2014年まで)録音されています。最初の録音(1930年10月23日)はRed Nichols(The Captivators)が録音しています。

【追悼】Doris Day

Here is Doris Day sings “Embraceable You” (1944)

「Bobby Hackett」

当日はSavoryコレクションから選曲しましたが、ブログでは著作権の関係もあり別の録音を添付します。

Here is Bobby Hackett And His Orchestra play “Embraceable you”.
Bobby Hackett (cnt,arr) Sterling Bose, Jack Thompson (tp) Brad Gowans (v-tb,arr) George Troup (tb) Pee Wee Russell (cl) Louis Colombo (as) Bernie Billings (ts) Ernie Caceres (bar) Dave Bowman (p) Eddie Condon (g) Sid Jacobs (b) Don Carter (ds) Buck Ram (arr) New York, April 13, 1939

「Charlie Parker」

二つのテイクを聴き比べ(ダイヤルセッション)して頂きました。
Miles Davis(tp) Charlie Parker(as) Duke Jordan(p) Tommy Potter(b) Max Roach(ds)
New York, October 28, 1947

(D 1106-A)

(D-1106-B)

Photo above of Charlie Parker and Ross Russell by courtesy of Jazz Riffing on a Lost Worcester: Dial in the Birdie

 

June Christy with Stan Kenton Orchestra in Michigan

November 22.2017

Stan Kenton orchestra and June Christy at the Palladium. 1946. Photographer: Gene Lester.

In 20 February 1948,Stan Kenton and June Christy had a concert at Masonic Temple.

In 8 May1948,Stan Kenton and June Christy had a concert at Broadway Capitol Theater.

At That time The Nat King Cole Trio was participating as a special guest.

1948年2月20日、Stan KentonはJune ChristyをボーカリストとしてMasonic Templeででコンサートを開いています。

又、5月8日にもStan KentonとJune ChristyはBroadway Capitol Theatreでコンサートを開催しました。

その時のコンサートには特別ゲストとしてNat King Cole Trioが参加していました。

当時の演奏をお聞き下さい。

Here is June Christy and Stan Kenton Orchestra play “I’d Be Lost Without You”.
19 July 1946

 

Here is June Christy and Stan Kenton Orchestra play “Willow Weep For Me”.
25 July 1946

 

Here is June Christy and Stan Kenton Orchestra play “Don’t Want That Man Around”.
13 February 1947

 

Here is June Christy and Stan Kenton Orchestra play “Please Be Kind”.
1 April 1947

 

Here is June Christy and Stan Kenton Orchestra play “I Got it Bad”.
1 April 1947

 

Here is June Christy and Stan Kenton Orchestra play “Curiosity”.
25 September 1947

 

Here is Stan Kenton and His Orchestra feat. June Christy sings “Tampico”.

大阪ジャズ同好会10月例会(後半特集)『Stan Kenton楽団』

October 24,2017

Photo by courtesy of yestercenturypop.com

大阪ジャズ同好会の特集後半は『Stan Kenton楽団』をご紹介しました。
以下概略と選曲を掲載します。
Stan Kenton楽団は1941年に創設されました。それまでのスイング楽団から脱却し「Progressive Jazz」と呼ばれた進歩的なジャズを発表しました。
Pete RugoloやBill Holeman等の重厚な編曲とウエストコーストの腕達者を数多く起用し、贅沢な作品をキャピトルレコードに数多く録音しました。
images
又、Anita O’Day, June Christy, Chris Connerなど優秀な専属歌手を擁しました。(Ann RichardsはStan Kentonの妻でした) 今回はボーカルとの演奏は選曲しておりません。
(1)Eager Beaver(3:10)
1943年10月19日録音 作曲・編曲はStan Kenton

(2)Artistry In Rhythm(3:23)
1944年1月19日録音  アーティストリーシリーズは大ヒットしました。

(3)Art Pepper(2:11)
1950年5月18日録音
50人編成のオーケストラをバックにソロ演奏しています。

(4) Invnetion For Guitar and Trumpet(2:55)
1952年9月15日録音  作曲・編曲 Bill Holeman
Sal Salvador(g), Maynard Ferguson(tp)

(5)Autumn In New York(2:34)

(6)You And The Night And The Music(2:38)
1953年7月8日録音