タグ別アーカイブ: Ken Peplowski

「特集クラリネットの名曲を別スタイルで聴く」(大阪ジャズ同好会例会概要追加)

June 26,2020

先日「大阪ジャズ同好会6月例会特集」の概要を投稿しました。

こちら ▶️

今回は「特集クラリネットの名曲を別スタイルで聴く」において、配布されたレジュメに記載された演奏について音源を添付致しました。

【PETITE FLEUR】(小さい花)

「小さな花」はChris Barber’s Jazz Band の Monty Sunshine の演奏が世界的にヒット(日 本ではピーナッツも)して、クラリネットの代表曲になりました、作曲(演奏)はむろんSidney Bechetです。しかし、その後もほとんどの奏者がサンシャインの「洗練された」スタイルを踏 襲しています。手持ちのものでは、Acker Bilk、Pete Fountain、鈴木章治、北村英治、花岡詠 ニ、谷口英治など。原曲の雰囲気を生かしたEdmond Hallは異彩を放っているとすらいえます。
最近ではKen Peplowski(2018)が出色。

1.Chris Barber’s Jazz Band

2.Acker Bilk

3.Pete Fountain

【鈴懸の径】

リズムエースにピーナッツ・ハッコーが参加した「鈴懸の径」のヒットが1957年。以来、日本 でクラリネットといえばこの曲。鈴木章治だけで(北村との共演含めて) 7バージョン(手持ち 分)あり。他に、花岡詠二、谷口英治、鈴木直樹、滝川雅弘など。ほとんどがピーナッツ・ハッ コーのつけたリフを踏襲しています。

4.鈴木章治

【MEMORIES OF YOU】

1930年Eubie Blake作曲したブロードウェイのショーの曲。直後に録音されたLouis Armstrong +Lionel Hampton 「Memories of You」(1930)が有名。 Benny Goodmanも1940年代から演奏してい るが、映画「ベニー・グッドマン物語」(1955)以来、クラリネット奏者が避けて通れない曲とな った。
クラ以外では、clifford Brown with Strings(1955)、Thelonious Monk(1956)、 Jaki Byard+Roland Kirk(1968)、Wynton Marsalis(1987)、森山威男(2001)など多数。
クラリネットでのユニークな演奏としては、Buddy De Franco Plays Benny Goodman」(1957)、 Eddie Daniels 「Benny Rides Again」(1992)、北村英治「FULL CLARINET」(1994)、 Ken Peplorski 「Memories Of You」(2005)など。

5.Louis Armstrong and Lionel Hampton

6.Jaki Byard and Roland Kirk

7.Clifford Brown

上記解説でご紹介された「滝川雅弘さん、谷口英治さん、森山威男さん、ニューオリンズ・ラスカルズ」については、特集を担当された堀晃氏のHP「わが愛するジャズメン、ジャズ・グループに関する資料室」で詳しく記載されています。

以下、「堀晃の SF HomePage」をご覧下さい。

こちら ▶️

「ニューオリンズ・ラスカルズ」公式ページも是非ご覧下さい。

こちら ▶️

当日は日頃聞けない裏話も多く語られ楽しかったです。沖至さんが「ODJC(Original Dixieland Jazz Club)会員番号1番」とお聞きしてビックリしました。

本ブログ作成日(6月26日)はクリフォード・ブラウンの命日です。本例会概要の番外編として沖至さんソロ演奏「I remember Clifford」を添付致します。

8.沖 至「I remember Clifford」

大阪ジャズ同好会第42回(2020年6月14日)概要 ②「新譜紹介」

新譜紹介 (古川正孝氏)

1. 『From This Monent On / 高橋リエ(vo)』(NSM-J-1040)

高橋リエさんの詳細については下記サイトをご覧下さい。

こちら ▶️

Here is Rie Takahashi sings “The Lady Is A Trump”.

2. 『Misty〜Live at JAZZ IS / 山本 剛(p)トリオ』(VHCD-1276)

本アルバムの詳細については下記サイトをご覧下さい。

こちら ▶️

本作品の音源は提供は出来ませんので、1980年の録音を添付します。

Here is 山本剛トリオ play “Misty”.
山本剛(p)、稲葉国光(b)、小原哲次郎(ds)1980年11月30日

3. 『Dreamville / Modern Times Big Band』(SMILE-0002)

本アルバムの詳細については下記サイトをご覧下さい。

こちら ▶️

ジャケット表紙《長い髪の女》については「甦る中山岩太:モダニズムの光と影」をご覧下さい。

こちら ▶️

兵庫県立美術館サイトも添付します。

こちら ▶️

4.『I Follow My Secret Heart / Christof Sanger(p) Trio featuring Ken Peplowski(cl)』(LAIKA-35103792)

本アルバムの詳細については下記サイトをご覧下さい。

こちら ▶️

Here is Christof Sanger Quartet play “Just One of Those Things”.

今回の例会はクラリネットが主役ですので、クラリネットを演奏した曲を追加します。

Here is Christof Sanger Quartet play “I Follow My Secret Heart”.

大阪ジャズ同好会2020年6月例会概要①「特集クラリネットの名曲を別スタイルで聴く」

June 19,2020

特集を担当された堀晃氏が事前に記載された案内文を転載します。

クラリネットの名曲は代表的な名演が定番になっていることが多いようです。たとえば「メモリーズ・オブ・ユー」は「ベニー・グッドマン物語」の影響が大きすぎて、どの奏者もグッドマンを意識せざるを得ません。
そこでいかに独自のスタイルで吹くかが聴きどころになりますが、一方で、セロニアス・モンクやクリフォード・ブラウンのような別楽器の演奏もあります。クラの名曲を、なるべく変わったスタイルで聴く企画です。

当日配付されたレジュメを添付します。

以下、当日ご持参のCD写真と本ブログでご紹介できる音源を添付しました。

【1】 「PETITE FLEUR」(小さな花) 

・Sidney Bechet

Here is Sidney Bechet play “PETITE FLEUR”.

・Mogens Johansen

Here is Mogens Johansen play “PETITE FLEUR”

・Edmond Hall

Here is Edmond Hall play ”PETITE FLEUR”.

【2】「鈴懸の径」

・Peanuts Hucko

当日ご紹介された音源は添付出来ませんので、代替として有名な録音を添付します。

Here is Peanuts Hucko plays “鈴懸の径”.

北村英治 VS 鈴木章治

Here is Eiji Kitamura and Shoji Suzuki play “鈴懸の径”.

谷口英治

上記の音源は提供出来ませんので、代替としてYouTube映像を添付します。

Here is Eiji Taniguchi play “鈴懸の径”.

【3】「MEMORIES OF YOU」

Thelonious Monk

Here is Thelonious Monk plays “MEMORIES OF YOU”. 

Ken Peplowski

Here is Ken Peplowski plays “MEMORIES OF YOU”. 

以下は音源が提供出来ないCDです。

・沖至

・清水万紀夫

 

大阪ジャズ同好会第41回(2020年2月9日) ①「新譜紹介」

February 10,2020

今回の例会には15人が参加されました。例会概要は「新譜紹介」からご紹介致します。

新譜紹介(古川 正孝氏)

1.Hetty Kate(vo) 「Under Paris Skies (HKDDUPS-19) 」

Here is Hetty Kate sings “After You’ve Gone”.

2017年の映像を追加添付します。

Here is Hetty Kate sings ”Something Cool”.
James Sherlock(g), Michael Story(b) New Zealand in November 2017

 

2.Ignasi Terraza(p) Trio 「High Up On The Terraza(T+34619316553)」

Here is Ignasi Terraza Trio play ”You Took Advantage of Me”.

Swit Recordsからの映像を追加します。

Here is Ignasi Terraza Trio play ”Round midnight”.

 

3.Rita Payes (tb, vo)「In New York/(VHCD-1268)」

「CD Japanの紹介文を転載します)
「デヴュー、”マイ・アイデアル”のヒットに続く第二弾はリタ初めてのニューヨーク録音! ジャズ・ドラマーのレジェンド、ジミー・コブ、ルイス・ヘイズに囲まれてリタのジャズ・パッションが開花! ニューヨーク・テナーのジェリー・ウェルダンとの二管編成もさらにジャズ・ムードを盛り上げる! <パーソネル> リタ・パイエス (trombone and vocal)、ジェリー・ウェルダン (tenor sax)、マッシモ・ファラオ (piano)、ニコラ・バルボン (bass)、ルイス・ヘイズ (drums)、ジミー・コブ (drums)」

当日は”What Can I Say Dear l Say I’m Sorry”をご紹介されましたが音源は提供できませんので、代替として2016年の映像を添付します。

Here is Rita Payés & Joan Chamorro Group play “I Can’t Get Started”.

Rita Payés本人のFacebookページに彼女の活動が詳しくアップされています。

こちら ▶️

 

4.Dick Hyman & Ken Peplowski 「Counterpoint Lerner & Loewe(Arbors Records ARCD19471)

Here is Dick Hyman & Ken Peplowski play ”Could Have Danced All Night”.

本CDについては下記サイトをご覧下さい。

こちら ▶️

2015年6月の映像を追加添付します。

Here is Ken Peplowski and Dick Hyman at Salishan Play “Panama”.

Rita PayesとKen Peplowskiの作品については、37回例会「新譜紹介」でもご紹介されています。

こちら ▶️

又、 古川氏は第33回例会で『Dick Hyman(p)七変化』というテーマで特集を担当されています。 お時間あればご覧下さい。

こちら ▶️

大阪ジャズ同好会第37回例会(2019年6月9日) 「新譜紹介」と参加者持ち寄り『1960年代のジャズ』①

June11,2019

Photo above of Anat Cuhen by courtesy of Timesunion

今回は「新譜紹介」と参加者持ち寄り『1960年代のジャズ』の初回(3回に分けて紹介)を投稿致します。

新譜紹介(古川 正孝氏)

1.『Filip Ekestubbe(p) Trio / On A Clear Day』(PCD-193)

アルバムの詳細については下記をご覧下さい。
こちら  ▶️

当日は「Our Love Is Here To Stay」をご紹介されましたが、アルバムタイトル曲を添付しました。
Here is Filip Ekestubbe Trio play ”On a Clear Day”.

2.「Anat Cuhen(cl) & Fred Hersch(p) / Live In Healdsburg』(ANZ-0061)
アルバムの詳細については下記をご覧下さい。
こちら ▶️

著作権の都合でアルバム収録曲を添付出来ませんので、2人が共演した映像を2曲添付しました。

Here is Anat Cohen plays “Jitterbug Waltz'”.

Here is Anat Cohen and Fred Hersch play “The Peacocks”. 

次の2枚はVenusレコード制作です。

3.「Ken Peplowski(cl) Quartet / Petite Fleur』(VHCD-1259)

アルバムの詳細については下記をご覧下さい。
こちら ▶️

本CDについてもアルバム収録曲を添付出来ませんので、昨年Victor Goines(cl)と共演した映像を添付しました。
Here is Ken Peplowski and Victor Goines play “Body and Soul”.
Ken Peplowski(cl) ,Victor Goines(cl),Dan Nimmer(p),Marion Felder(ds) Jan 13, 2018

下記の公式HPではKen Peplowski の映像が収録されています。
こちら ▶️ 

4.『Rita Playes(tb,vo) / My Ideal』(VHCD-1253)
19歳のトロンボーン奏者&ヴォーカリストです。

当日はアルバムタイトル曲をご紹介されましたが、Scott Hamilton(ts)と共演したライブ映像を添付します。

Here is Rita Payes and Joan chamorro Quintet & Scott Hamilton play “Moanin”.

Here is Rita Payes and Joan chamorro Quintet & Scott Hamilton play “Whatch What Happens”.

参加者持ち寄り『1960年代のジャズ』①

Y氏
Here is Horace Silver Quintet play ”The kicker”.
Carmell Jones (tp) Joe Henderson (ts) Horace Silver (p) Teddy Smith (b) Roger Humphries (ds)
Englewood Cliffs, N.J., October 26, 1964

Here is Jackie McLean Quintet play ”Sweet love of mine”.
Woody Shaw (tp,flhrn) Jackie McLean (as) Lamont Johnson (p) Scotty Holt (b) Jack DeJohnette (ds)
Englewood Cliffs, N.J., December 22, 1967

K氏
Here is Booker Ervin Quintet play ”Mooche Nooche”.
Booker Ervin(ts), Frank Strozier(as),Horace Parlan(p), Butch Warren(b), Walter Perkins(ds) Jun 19, 1963

Here is Joe Henderson Quartet play ”Invitation”.
Joe Henderson(ts), Don Friedman(p), Ron Carter(b), Jack De Johnette(ds) May 16, 1968

大阪ジャズ同好会第34回例会概要(1)「新譜紹介」「その他」

December 4,2018

12月例会(2018年12月2日)の概要については「2.新譜紹介」「4.その他」からご紹介致します。特集「渡米前に録音されたジョージ・シアリングの名演」並びに「持ち寄り」については明日以降順次ご紹介する予定でございます。

2.新譜紹介(古川正孝氏)

(1)The Ken Peplowski (ケン・ペプロウスキー) Big Band 「Sunrise」(ARCD19458)より

詳細はこちら ▶️

Here is Ken Peplowski and His Big Band play ”All I Need Is The girl”.

(2)小川理子(p.vo) 「Baluchon」(ウルトラアートレコード UA1002)より
2025年大阪開催が決まった「万博」の最終プレゼンテーションにも登場した小川理子(みちこ)  さんの新譜です

詳細はこちら  ▶️

当日は「 In a sentimental mood」を選曲されましたが、音源の関係で出身大学の同窓会映像を添付します。

Here is Riko Ogawa plays “George Gershwin Medley” at 127mitakai.st.kansai.

(3)The Count Basie Orchestra directed by Scotty Barnhart

「All About That Basie」(CJA -00109)より「April In Paris」をご紹介されましたが、本ブログではBlueNote Tokyo(2017年2月公演)の映像を添付します。

Here is Count Basie Orchestra directed by Scotty Barnhart at BlueNote Tokyo

(4)畑ひろし(Hiroshi Hata) Trio Live! featuring Louis Nash」(COMK -004)

「日本のチャーリー・クリスチャン」と異名を持つ畑ひろしが盟友ルイス・ナッシュ(ds)荒玉哲郎(b)とで録音した新作。
「East of The Sun」畑さんのHPをご覧下さい。 こちら▶️

上記はご紹介できませんので、下記の映像をお楽しみ下さい。

Here is Hiroshi Hata Quintet play Solo Flight(Dedicate to Charlie Christian).
Tomotaka Matui(G) ,Nobumasa Takada(Mandolin),Kenjiro Ando(Clarinet)Takashi Nakayama(G),Kouichi Tsutsumishita(Bass)

4.その他

・S氏
神戸のジャズ例会ではいつも楽しいお話をされます。大阪ジャズ同好会でも「ブログでは書けない話」を披露され面白かったです。
「花岡詠二ホット・ジャズ・オーケストラ プレイ・ライオネル・ハンプトン」から2曲ご紹介されました。
花岡詠二(cl,ts,ss)鈴木直樹(cl,as,ts)下間哲(tp)高浜和英(p)ブルックス・テグラー(ds)松岡優慈(tb)佐久間和(g)小林真人(b)出口辰治(vib)
「Whoa Babe」「Hey Ba-Ba-Re-Bop 」(1999年10月13日録音)より

詳細はこちら ▶️

上記はご紹介できませんので、本家ライオネル・ハンプトン楽団による「Hey Ba-Ba-Re-Bop」をお聞き下さい。

Here is Lionel Hampton & his Orchestra (vocal by Hamp) play ”Hey Ba-Ba-Re-Bop”.

・M氏(神戸ジャズサロン主宰者)
最近聴かれたNHKFM番組をご紹介されました。詳細はこちら ▶️
当日ご紹介された音源は著作権の関係で添付出来ませんので、代替として”The Making of Miles Ahead”と題された映像を添付しました。

Here is Miles Davis & Gil Evans ”The Making of Miles Ahead”(May 10, 1957 NYC)