タグ別アーカイブ: Kid Ory

神戸ジャズサロン4月例会(2019年) 楽器別名演持ち寄り「ウッド・ベース」(T川氏)

April,29,2019

Milt Hinton performs with Cab Calloway’s band in Havana, Cuba, 1951. Photo credit: The Milton J. Hinton Photographic Collection

昨日参加した神戸ジャズサロンでの楽器別名演持ち寄りは「ウッド・ベース」でした。トラッド愛好家のT川さんが選曲された4人のベースマンについてブログを作成しました。

以下、当日T川さんがご用意された解説メモを編集せず転載致します。

今回のテーマは「ウッド・ベース」とのことで、従来より楽器別のプレイヤーを調べ てみたいと考えていましたので良い機会と思い、手持ちの資料やLPレコードを見ながらプレイヤーを選び出してみました。 有名、無名のバンドのベーシスト達でニュー・オーリンズ・タイプのメンバーでも約80人ほど見つかり、中間派やモダンのジャズメンを含めると250人ほど見つかるのでは無いかと思いました。 Jazzの歴史で「ウッド・ベース」について見ると1910年代から1920年代ではリズム楽器として使用されていたのは「ブラス・ベース」が主体でした。当時のジャズ楽器の編成は三管楽器にチューバとドラムというのが標準で、一部のダンス・バンドでは 「ウッド・ベース」を採用していた大編成のオーケストラが有った様です。 マーチング・バンドより発達し影響を受けたジャズを考えればブラス・ベースが当然と思えます。
ジャズの進化においては「チューバとバンジョ」、「ウッド・ベースとギター」の組み合わせは音律上好まれる様で1930年代に入ると「ウッド・ベースとギター」の 組み合わせが多く見られるように思えます。

さて、今回私は次の四人のベイシストを取り上げてみました。

Slow Drag Pavageau (1888年3月7日 New Orleans生 1969年1月19日死去)
「Walk through the street of the city」 Bunk Johnsons Jazz Band
Chester Zardis (1900年6月27日 New Orleans生 1990年8月14日死去)
「Put on your old gray bonnet」 Billie & DeDe Pierce and Their Preservation Hall Jazz Band
Ed Garland (1895年1月9日 New Orleans生 1980年1月22日死去)
「Blues for Jimmie」Kid Ory Creole Jazz Band
Milt Hinton (1910年6月23日 ヴィックスバーグ(ミシシッピ州)生 2000年12月19日 NYCで死去)
「Russian lullaby」Joe Venuti and Zoot Sims

以下、YouTubeによる音源を添付致します。

Photo above of “Slow Drag” Pavageau by courtesy of Louisiana Digital Library

Here is Bunk Johnsons Jazz Band play ”Walk Through The Streets”.
Bunk Johnson (tp), Jim Robinson (tb), George Lewis (cI), Slow Drag (b), Lawerence Marrero (bj), Baby Dodds(ds)
American Music Records LP647 1944

Photo above of Chester Zardis by courtesy of 64 Parishes

当日ご紹介された録音とは異なる音源ですがご了承願います。
Here is  New Orleans Footwarmers play  “Put on Your Old Grey Bonnet”.
Cliff “Kid” Bastien (tp,vcl) Frederik John (tb) Sammy Rimington (cl,as) Jon Marks (p) Chester Zardis (b) Sven Stahlberg (d)  New Orleans, May 6, 1990

left to right: Ed Garland (bass), Buster Wilson (piano), Marili Morden (proprietor, Jazz Man Records), Jimmie Noone (clarinet), Mutt Carey (trumpet), Zutty Singleton (drums), Kid Ory (trombone), Bud Scott (guitar) Photo by Wikipedia

Here is Kid Ory Creole Jazz Band play “Blues For Jimmy”.
Mutt Carey(tp) Kid Ory(tb) Omer Simeon(cl) Buster Wilson(p) Bud Scott(g) Ed Garland(b) Alton Redd(d)
Los Angeles, August 3, 1944

Ed Garlandが演奏している映像もありましたので添付します。

Here is “Legends Of Jazz Blues For Jimmy”.
Andrew Blakeney(tp) , Louis Nelson(tb) , Rudi Balliu(cl) , Alton Purnell(p) ,Ed Garland(b) Barry Martyn(ds)

Photo above of Milt Hinton by courtesy of NPR

Here is Joe Venuti and Zoot Sims play “Russian lullaby.
Joe Venuti (violin), Zoot Sims (ts), John Bunch (p), Milt Hinton (b), Bobby Rosengaden (ds),
Chiaroscuro Records CR-142 May 1975

阪急百貨店SPレコードコンサート(6月22日)

June 22.2018

本日も阪急百貨店で開催されているSPレコードコンサートに行ってきました。今日はシカゴで活躍したジャズメンの録音を7曲聞きました。

最初の曲から私の大好きなクラリネットを聞くことができ楽しかったです。

ブログではSP愛好家の瀬谷徹氏がYouTubeにアップされている4曲を添付させて頂きました。

明日は「カンサスシティ」で活躍したベニー・モーテン楽団をご紹介されることを楽しみにしております。

Photo above of Johnny Dodds by NOLA Jazz Museum

(1)
Here is Johnny Dodds and New Orleans Wanderers play “Perdido Street Blues”.
George Mitchell(cnt) Kid Ory(tb) Johnny Dodds(cl) Lil Armstrong(p) Johnny St. Cyr(bj) Chicago, July 13, 1926
この曲におけるJohnny Doddsのイントロは個人的に大好きです。モダンジャズのファンの方にもお薦めします。

(2)
Here is Jimmie Noone’s Apex Club Orchestra play “Every Evening”.
Jimmie Noone(cl),Joe Poston (as),Earl Hines(p),Buddy Scott (banjo),Johnny Wells (ds) May 1928.

ニューオーリンズ出身のジャズメンとシカゴ生まれの若き白人ジャズメンの共演を2曲ご紹介されました。

(3)
Here is Elmer Schoebel and his Friars Society Orchestra play “Copenhagen”.
Dick Feige(cnt) Jack Reid(tb) Frank Teschmacher(cl) Floyd Townes(ts) Elmer Schoebel(p) Karl Berger(g) John Kuhn(tu) George Wettling(d) Chicago, October 18, 1929

個人的にはギターの音(曲の途中にブレイクとして短く挿入)が新鮮に聞こえました。

Photo above of Wingy Manone by courtesy of alchetron.com

(4)
Here is Benny Goodman and his Boys play “Muskrat Ramble”.

ベニー・グッドマンが20歳での録音です。個人的な与太話で恐縮ですがWingy Manoneの写真を見ると「丹下左膳」を思い出します。

Wingy Manone (tp) Benny Goodman (cl) Bud Freeman (ts) Joe Sullivan (p) Herman Foster (bj) Harry Goodman (b) Bob Conselman (d)  Chicago, August 13, 1929

by YouTube

(5)
Here is Earl Hines and His Orchestra play “Blue Nights”.

Shirley Clay, George Mitchell (cnt) William Franklin (tb,vcl) Lester Boone (cl,as,bar) Toby Turner (cl,as) Cecil Irwin (ts,cl,arr) Earl Hines (p,vcl) Claude Roberts (bj,g) Hayes Alvis (tu,vcl,arr) Benny Washington (d) Alex Hill (arr)  Chicago, October 25, 1929

以下2曲はSPレコードの面裏(所謂AB面)に収録されたルイ・アームストロングの名演です。解説の西口氏もサッチモの絶頂期の作品としてご紹介されました。

(6)
Here is Louis Armstrong and his Hot Five play “Struttin’ with Some Barbecue”.
Louis Armstrong(cnt) Kid Ory(tb) Johnny Dodds(cl) Lil Armstrong(p) Johnny St. Cyr(bj,g) Chicago, December 9, 1927
Col 37535,

(7)
Here is Louis Armstrong and his Hot Five play “Once In A While”.
Louis Armstrong(cnt) Kid Ory(tb) Johnny Dodds(cl) Lil Armstrong(p) Johnny St. Cyr(bj,g) Chicago, December 10, 1927
Col 37535,

Sugarfootstomp

2018年5月30日

Photo above of Johnny Dodds by NOLA Jazz Museum

特集は「私が好きなジャズのヒーロー」でした。最初にトラッド愛好家のT川さんがJohnny Doddsをご紹介されました。ご紹介された内容は配付されたレジュメに詳しく記載されています。

Here is New Orleans Wanderers play “Perdido Street blues”.
George Mitchell (cnt) Kid Ory (tb) Johnny Dodds (cl) Joe Clark (as) Lil Armstrong (p) Johnny St. Cyr (bj)  Chicago, July 13, 1926
_Perdido Street blues

Here is Johnny Dodds’ Washboard Band play “Bull fiddle blues”.
Natty Dominique (cnt) Honore Dutrey (tb) Johnny Dodds (cl) Charlie Alexander (p) Bill Johnson (b) Baby Dodds (wbd)  Chicago, July 6, 1928
Bull fiddle blues

Here is Johnny Dodds Trio play  “Clarinet wobble”.
Johnny Dodds (cl) Lil Armstrong (p) Bud Scott (g)  Chicago, April 21, 1927
Clarinet wobble

Here is New Orleans Bootblacks play “I can’t say”.
George Mitchell (cnt) Kid Ory (tb) Johnny Dodds (cl) Joe Clark (as) Lil Armstrong (p) Johnny St. Cyr (bj)  Chicago, July 14, 1926
I can’t say

Here is Johnny Dodds And His Orchestra play “Red onion blues”.
Natty Dominique (cnt) Preston Jackson (tb) Johnny Dodds (cl) Richard M. Jones (p) Lonnie Johnson (g) John Lindsay (b) Baby Dodds (d)  Chicago, June 5, 1940
Red onion blues

○瀬さん

Here is Dave Brubeck (solo) plays Lili Marleen.

ウォルター・クロンカイト(Walter Cronkite)が進行役を務めた「The Jazz of Dave Brubeck」(テレビ番組)をご覧下さい。1961年12月31日放送

Here is The Jazz of Dave Brubeck by Walter Cronkite.

ウォルター・クロンカイトについては、Wikipediaを参照しました。こちらをクリック

○○田さん(大阪同好会にも西明石から参加されています)

上記パンフレット(加古川でのライブコンサート)と同じメンバーでの映像です。

Here is Ray Brown Trio play “If I Loved You.

Ray Brown(b), Gene Harris(p), Jeff Hamilton(ds)

富士通コンコードジャズ・フェスティバル 1988.12.11

寺本氏(世話人)

1946年のJATPご紹介されました。(寺本氏のメールアドレスからもパーカー好きが理解できます)

Here is Jazz At The Philharmonic play “Oh,Lady Be Good”.(1946)

Al Killan, Howard McGhee (tp) Charlie Parker, Willie Smith (as) Lester Young (ts) Arnold Ross (p) Billy Hadnott (b) Lee Young (d) “Philharmonic Auditorium”, Los Angeles, CA, January 28, 1946

平野

上記の書籍は「なか見検索(amazon)」ができます。こちらをクリック

昨年発売されたTBMの本を持参し、若い時のお恥ずかしい話を一席させて頂きました。

『40年以上前、TBM大阪営業所(大阪市同心町)に訪問し「学内で日本ジャズメンを特集したコンサートを企画したのでレコード貸してもらえませんか」とアポ無し訪問。事務所にあったかなりの数のレコードを貸して頂きましたが、今考えると礼儀をわきまえない行動でお恥ずかしい話です。』

I heard the piano performance by Don Ewell by plane last week

February 22.2018

In this month’s ANA (All Nippon Airways) in-flight audio service,Kid Ory and Don Ewell are introduced.

今月のANA(全日空)機内オーディオサービスではDon Ewell(ドン・ユール)さんも1曲紹介されています。

自宅に帰ってから「Music To Listen To Don Ewell By」(GoodTimeJazz盤)をゆっくり聞きました。

このアルバムから機内で聞いた「Bush Street Scramble 」とピアノソロ演奏4曲をブログに添付しました。

トリオ演奏におけるDarnell Howardのクラリネットが素晴らしいと思います。

Here is Don Ewell Trio play “Bush Street Scramble”.
Darnell Howard (cl) Don Ewell (p) Minor Hall (d)
Oakland, March 13, 1956 GTJ L12021

Photo above of Darnell Howard by Wikipedia

 

 

The following is Don Ewell’ solo performance.
Oakland, March 14, 1956 GTJ L12021

Here is Don Ewell plays “Squeeze me”.

 

Here is Don Ewell plays “I can’t believe that you’re in love with me”.

 

Photo by Jazzolozy Records

Here is Don Ewell plays “Blues improvisation”.

 

Here is Don Ewell plays “You took advantage of me”.

 

 

神戸ジャズ愛好会(2018年1月例会) 特集『Contemporaryレコードの名演(Good Time Jazzレーベル含む)』

January 29.2018

Yesterday, I went to the jazz regular meeting in Kobe.

I heard many recordings by Contemporary label and Good Time Jazz label.

昨日出席しました神戸ジャズ愛好会の持寄テーマは『Contemporaryレコードの名演(Good Time Jazzレーベル含む)』でした。

トラッド愛好家のT川さんがGood Time Jazzの録音をご紹介されました。

説明資料と共に5曲ご用意されましたが、時間の関係で会場では2曲しか聞けませんでした。

例会終了後、三宮駅までTさんとジャズ談義して帰りました。別れ際の言葉が「次回はアルトサックスの特集やで」でした。

そんな訳でT川さんが紹介された演奏を自宅でゆっくり聞いてみました。モダンジャズファンへのサービスとしてSonny Rollinsを追加で1曲選曲されています。

以下、当日配布された説明資料の一部を引用させて頂きます。
「Good Time Jazzは12インチLPを60枚弱発売いたしましたが、Firehouse 5+2が12枚、Kid Oryが7枚、Lu Wattersのグループが14枚、Banjo Kingsのものが4枚等あり、特に Bunk Johnsonの1942年初吹き込みのJazz Manレーベルのものが含まれており一聴に値すると思います。又、EP盤、10インチ盤、12インチ盤と発売されたものに同じジャケットのデザインが採用されておりユニークに思われます。」

Sonny Rollins 含む合計6曲を添付しました。

Here is Bunk Johnson’s Original Superior Band play “Down by the riverside”.
Bunk Johnson (tp) Jim Robinson (tb) George Lewis (cl) Walter Decou (p) Lawrence Marrero (bj) Austin Young (b) Ernest Rogers (d)
Grunewald’s Music Store, New Orleans, June 11, 1942.(Jazz Man 8 ,MLB133)

Here is Bunk Johnson And The Yerba Buena Jazz Band play “Careless love”.
Bunk Johnson (tp,vcl) Turk Murphy (tb) Ellis Horne (cl) Burt Bales (p) Pat Patton (bj) Squire Girsback (b,tu) Clancy Hayes (d,vcl) Sister Lotta Peavey (vcl)
San Francisco, January/February 1944.(RM402 , Good Time Jazz 63)

Yerba Buena Jazz Band in the 1940s. L-R: Turk Murphy, Lu Watters, Bill Dart, Bob Scobey, Bob Helm, Wally Rose and Dick Lammi. Photo courtesy of the SF Trad Jazz Foundation.

Here is Lu Watters And The Yerba Buena Jazz Band play “At a Georgia camp meeting”.
Lu Watters (tp,dir) Bob Scobey (tp) Turk Murphy (tb) Ellis Horne (cl) Wally Rose (p) Clancy Hayes (bj,vcl) Russ Bennett (g,bj) Dick Lammi (tu,b) Bill Dart (d)
San Francisco, CA, December 19, 1941.(MLB106 Jazzman 3, Good Time Jazz 58)

Here is Firehouse Five Plus Two play “Firehouse stomp”.
Johnny Lucas (tp) Ward Kimball (tb) Clarke Mallory (cl) Frank Thomas (p) Harper Goff (bj) Ed Penner (b,bassax) Jim McDonald (d)
Los Angeles, May 13, 1949.(LK100-4 GTJ 1, L-12010)

Here is Kid Ory Creole Jazz Band play “Ory’s creole trombone”.
Mutt Carey (tp) Kid Ory (tb,vcl) Darnell Howard (cl) Bustor Wilson(p) Bud Scott (bj) Ed Garland (b) Minor Hall (d)
Los Angeles, November 3, 1945.(CRE1025 Crescent 6, Good Time Jazz L12022 )

Here is Sonny Rollins And The Contemporary Leaders play “In the chapel in the moonlight”.
Sonny Rollins (ts) Victor Feldman (vib-1) Hampton Hawes (p) Barney Kessel (g) Leroy Vinnegar (b) Shelly Manne (d)
Los Angeles, October 20, 21 & 22, 1958 Contemporary M3564(mono) = S7564(stereo).

Good Time Jazz Record(3)

May 17.2017

Good Time Jazz label was located at 707 North Irving Boulevard in Los Angeles.

The label produced new releases and reissues, including recordings by Jelly Roll Morton, Bunk Johnson, Kid Ory, George Lewis.

Aaron_Copland_1970

Photo above of Aaron Copland by Wikipedia

Photo above of Gail Kubik by Wikipedia

Lester Koenig started also a label for classical music, Society for Forgotten Music (SFM).

When he worked with the director Wyler,he made friends with many of the composers such as Aaron Copland and Gail Kubik.

So Lester released “contemporary” classical music written by these composers .

In addition Lester contracted with Jesse Fuller who was San Francisco’s most famous musician in those days.

RecentlyI found an interesting photographs.

When Kid Ory was 67 old years, he recorded with his Creole Jazz Band in 1953.

Photo above of William Claxton by Wikipedia

William Claxton made photographs during the second recording session which took place at Capitol Studios in Hollywood in 1953.

It is noteworthy that a recording sound quality was high on the list.

Then high quality in sound recording was Koenig’s trademark.

I would like to post about Roy DuNann on another occasion.

William Claxton’s image by soundfountain.com

Good Time Jazzはロサンゼルス(707 North Irving Boulevard)で設立された。
又、クラシック音楽を専門とする「Society fo Forgotten Music」 も立ち上げました。
戦争中、Wyler監督と仕事をしていた時にAaron CoplandやGail Kubikのような現代音楽作曲家と親交があったことから、現代音楽シリーズも製作しました。さらに当時サンフランシスコで最も有名なミュージシャンであったJesse Fullerとも契約しました。
最近、レコーディングスタジオにおける興味深い写真を見つけました。
著名な写真家William Claxtonが1953年のKid Ory’s Creole Jazz Bandを撮影しています。
Lester Koenigが製作したレコードで注目すべきことは音質が非常に良いということです。
Lester Koenigが製作したジャズシリーズはBlue Noteシリーズと共に独特のサウンドです。
録音技師のRoy DuNannについては別の機会に投稿したいと思います。

Here is Kid Ory’s Creole Jazz Band play “Royal Garden Blues”.
Kid Ory (tb),Alvin Alcorn (tp),George Probert(cl),
Barney Kessel(g),Don Ewell(p),Ed Garland(b),Minor Hall(ds)
November 30 & December 2, 1954 Hollywood.

Here is Kid Ory’s Creole Jazz Band play “Blues for Jimmie Noone”.
Kid Ory (tb), Teddy Buckner (tp), Joe Darensbourg (cl), Lloyd Glenn (p), Ed Garland (b), Minor Hall (ds)  May 5, 1951

Here is Jesse Fuller plays “San Francisco Bay Blues”.
This song was made cover by Bob Dylan, and then Paul McCartney and Eric Clapton.

Good Time Jazz Record (2)

May 16.2017

Photo by Discogs

At Dartmouth College, Lester Koening was intent on movies and jazz.

He wrote record and film reviews.

One of his college mates at Dartmouth was Budd Schulberg, whose father, B.P. Schulberg, was then the head of Paramount Pictures.

Fortunately he received a telegram from Schulberg in 1939 and had a job as a writer at Paramount.

While he was working at Paramount, he would often drive up the coast at weekend.

Bacause he wanted to hear Lu Watters, Turk Murphy, and others at the Dawn Club.

Photo above of The Dawn Club(1940s) by courtesy the SF Trad Jazz Foundation.

During the war, he joined the Army Air Corps film unit and met a film director William Wyler.

So Lester was entrusted to write the narration for ‘Roman Holiday’.

Photo by Another Screen Credit On ‘Roman Holiday’? by courtesy DEADLINE/HOLLYWOOD

Photo by Another Screen Credit On ‘Roman Holiday’? by courtesy DEADLINE/HOLLYWOOD

After the war he began preparing for his own new jazz label,Good Time Jazz.

He founded new record label in 1949 and acquired most masters of Jazz Man Records in January 15, 1952.

Photo above of Nesuhi Ertegun, Kid Ory, Marili Morden at the Jazz Man Record Shop by courtesy Jim Leigh

Lester Koeningは学生時代(ダートマス大学)に映画とジャズ関連で熱心なレビューを書きました。
大学の友人であったBudd Schulbergが彼に幸運を招くことになりました。
Buddの父は後にParamount 映画社長になったB.P. Schulbergでした。
1939年に友人BuddからParamount 映画の作家として採用するという電報を受けました。
彼はParamountで働きながら週末には「Dawn Club」というジャズクラブに足繁く通いました。
「Dawn Club」ではLu Watters やTurk Murphy達が演奏を行なっていました。
戦争中には空軍の映画部門に従事し、William Wyler(映画監督)に出会いました。
Wyler監督はLester に「ローマの休日」等のナレーション(映画説明)台本を任せました。
戦後、自分の新しいジャズレーベルGood Time Jazz設立の準備を始めました。
1952年1月15日にLester は「Jazz Man Records」を買収しました。

Here is Lu Watters’ Yerba Buena Jazz Band play “Sunset Cafe Stomp”.
Bob Scobey, Lu Watters (cor) Turk Murphy (tb) Ellis Horne (cl) Wally Rose (p) Russ Bennett, Clancy Hayes (banjo) Squire Girsback (tuba) Bill Dart (ds)
San Francisco, CA, March 29, 1942