タグ別アーカイブ: King Oliver

阪急百貨店SPレコードコンサート(6月21日)

June 21.2018

阪急百貨店パンフの一部を撮影

阪急百貨店で開催されている西口 正博氏(京都HOT STEP 代表)によるSPレコードコンサートの第2回目(6月21日)の概要をブログに纏めました。

今回は「ニューオーリンズ」をテーマとした特集でした。最初の曲以外はYouTubeから音源を添付しました。

上記の写真は「ヤフーオークション」からお借りしました。

(1)Here is Original Dixieland Jazz Band play “Darktown Strutters Ball”.

Darktown Strutters Ball(SP愛好家の瀬谷徹氏の音源です)

fullsizeoutput_9f

ブログ作成者所有の書籍「ジャズの歴史」から撮影しました。

 

Louis Armstrong standing beside King Oliver by courtesy of Pinterest

(2)Here is King Oliver’s Creole Jazz Orchestra play “Snake Rag”.

Joe Oliver, Louis Armstrong(cnt) Honore Dutrey(tb) Johnny Dodds(cl) Lil Hardin(p) Bill Johnson(bj,) Baby Dodds(d) Richmond, Ind., April 6, 1923,Chicago

(3)Here is The Halfway House Dance Orchestra play “Let me call you sweetheart”

Albert “Abbie” Brunies (cnt) Charlie Cordella (cl,as,ts) Bill Whitmore (p) Bill Eastwood (bj) Leo Adde (d) New Orleans, LA, September 25, 1925
(いい音源を添付できないことについては御容赦ください。)

The Halfway House Dance Orchestraについてはこちらを参照しました。

Photo by YouTube

(4)Here is Sam Morgan’s Jazz Band play “Sing on”.

Sam Morgan (cnt,vcl) Ike Morgan (cnt) Jim Robinson (tb) Andrew Morgan (cl,ts,vcl) Earl Fouche (as) Tink Baptiste (p) Johnny Dave (bj) Sidney Brown (b,vcl) Nolan Williams (d)  New Orleans, April 14, 1927

(5)Here is George Lewis And His New Orleans Stompers play “Just a closer walk with thee”.

Jim Robinson (tb-1) George Lewis (cl) Lawrence Marrero (bj) Sidney Brown (tu) Edgar Mosley (d)Edgar Mosley’s Home, New Orleans, May 15, 1943

以下の曲は今回予定が無かったルイ・アームストロングでしたが、御来場のお客様のリクエストにお応えして急遽選曲されたようです。

(6)Here is Louis Armstrong And His Orchestra play “2:19 Blues”.

Louis Armstrong (tp,vcl) Claude Jones (tb) Sidney Bechet (cl,sop) Luis Russell (p) Bernard Addison (g) Wellman Braud (b) Zutty Singleton (d) New York, May 27, 1940

(7)Here is Bunk Johnson and his New Orleans Band play “When the saints go marching in”.

Bunk Johnson(tp) Jim Robinson(tb) George Lewis(cl) Alton Purnell(p) Lewrence Marrero(bj) Alcide Pavageau(b) Baby Dodds(d) New York, December 19, 1945

神戸ジャズサロン(2018年2月例会)

February 26.2018

神戸ジャズサロン会場 神戸居留地 高砂ビル 5階 「音楽サロン」

昨日「神戸ジャズサロン」(神戸ジャズ愛好会と会員は同じ)に参加しました。

今回のテーマは「昔、ジャズに惹き込まれたアルバム(演奏)」でした。ベテラン会員の方から面白い話が聞けとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

以下、ベテラン会員の方がお持ちになったレコード.CDをご紹介します。

1.Yさん(大阪ジャズ同好会でいつも素敵な選曲をされます)

Lionel Hampton All Stars ‎– The “Original” Star Dust
昭和29年、ご親戚の家でこの演奏をお聞きになったそうです。
いつもはCDしかお持ちにならないのですが、今回は「ご購入された4枚のSP」(上記写真)、「10インチ」「12インチ」をご持参されました。
曲が流れると「僕もこれ買ったで」とか「ラジオでよう聞いたな」と皆さん盛り上がってました。

2.Fさん

高校生の時の音楽クラブの顧問を故油井正一さんにお願いされていたことから、油井さんの思い出話をされました。
ご紹介されたCDは「THE AMAZING SHOICHI YUI VOLUME 2」 じ・あめいじんぐ油井正一 Vol.2
Kさんが配付された曲リストも上記に添付しました。

3.Tさん(トラッド愛好家で私が神戸の例会に参加して以降懇意にさせて頂いています)
日本コロンビアのHistory Of Jazz Vol.1を自作CDにされていました。(写真)
尚、昭和25年に発売されたSPも購入されていたそうですが、最初の赴任地を離れる際に捨てられたということです。

(1)King Oliver’s Jazz Band: High Society Rag Okeh 4933
June 22, 1923

又、神戸ACC(アメリカ文化センター)でのジャズレコードコンサート(解説故末廣光夫さん)の思い出話を披露され、印象に残った3曲を紹介されました。
(2)Jelly Roll Morton’s Red Hot Peppers: Original jelly roll blues
(3)Jelly Roll Morton’s Red Hot Peppers: Doctor Jazz
December 16, 1926

(4)Louis Armstrong And His Hot Five: Muskrat ramble
February 26, 1926

「末廣さんは須磨の放送局(現在のラジオ関西)での生放送の直後に多くのレコードを風呂敷に包んで、市電(現在は廃線)に乗ってアメリカ文化センターに来られていた」

4.Mさん(本例会の主宰者)
末廣さんのお兄さんに貸したまま、長い間返却されなかった「Vic Dickenson Showcase」
(1)Jeepers creepers
(2) Russian lullaby
Ruby Braff (tp) Vic Dickenson (tb) Edmond Hall (cl) Sir Charles Thompson (p) Steve Jordan (g) Walter Page (b) Les Erskine (d)
New York, December 29, 1953

Photo by KobeJazz Jp.

Mさんは若い頃からレコードコンサートの主宰をしたかったそうですが、その当時故末廣光夫さんから「レコードコンサートなんか止めとけ」と言われたそうです。
その後、Mさんが開始された例会には末廣さんは解説をされていました。

昭和29年12月12日 東京 日本テレビにて。
右から、鳥居則達(Vo)、大越泰三(Tb)、福井康平(Banjo)、小曽根実(p)、右近雅夫(Tp)、油井良光(Cl)、鈴木敏夫、?さん
Photo by courtesy of Kobejazz.jp

休憩中に最近お亡くなりになった小曽根実さんの写真をご覧になったTさんが「このクラ、油井さんの弟やで」と教えて頂きました。

最後に故油井正一氏がミュージックライフ(音楽誌)に故末廣光夫氏を紹介された記事を添付します。番組のテーマ音楽を聴きながらお読み下さい。

Bob Wilber(3)

September 15.2017

Photo above of Bob Wilber, Johnny Glazel, Dick Wellstood, Charlie Traeger, and Ed Physe, Jimmy Ryan’s by courtesy of Library of Congress

Today I will post about the Wildcats.

In 1946 Bob Wilber formed The Wildcats.

The Wildcats included Dick Wellstood(p),Johnny Glasel(cornet),Charlie Traeger(b), Danny Strong(ds).

Photo above of Yerba Buena Jazz Band in the 1940s. L-R: Turk Murphy, Lu Watters, Bill Dart, Bob Scobey, Bob Helm, Wally Rose and Dick Lammi. Photo courtesy of the SF Trad Jazz Foundation.

In those days Lu Watters and Turk Murphy had been playing the music of the Hot Five and the Red Hot Peppers and the Creole Jazz Band.

It was the so-called New Orleans Revival.

Photo above of Muggsy Spanier,Nick’s(Tavern),New York by courtesy of Library of Congress

In New York Eddie condon had promoted Town Hall Jazz Concerts and Nick’s Tavern and Jimmy Ryan’s were flourising.

Also Milt Gabler held Sunday jam sessions at Jimmy Ryan’s.

The Wildcats participated in the Sunday jam sessions.

Also the Wildcats joined a “battle of jazz” sponsored by the Jazz Festival Society of Philadelphia, and appeared at Columbia University.

The group performed regularly at Jimmy Ryan’s club over the next two years.

On February 22,1947,The Wildcats recorded four tunes at Commodore Records.

Then Sidney Bechet invited The Wildcats to join him on his first recording date for Columbia.

On December 31,1947,Jerry Blumberg(cornet) and Bob Mielke(tb) joined The Wildcats for Rampart Records.

The two trumpet front line imaged the c- Louis  Armstrong duets.

Rampart Records was founded by Harry Crawford who was an employee of Commodore record Shop.

今日は1946年にBob Wilberが結成したThe Wildcatsについて投稿致します。

The WildcatsのメンバーはDick Wellstood(p),Johnny Glasel(cornet),Charlie Traeger(b), Danny Strong(ds)で構成されました。

当時はニューオーリンズリバイバルとしてLu WattersとTurk Murphy達がHot FiveやRed Hot Peppersが演奏していたCreole Jazz Bandの伝統を継承した音楽を再演していました。

一方ニューヨークではEddie condonが Town Hall Jazz Concerts シリーズを定期開催しNick’s Tavernや Jimmy Ryan’s といったジャズクラブが活況を呈していました。
又、Milt GablerはJimmy Ryan’s で日曜日に限って jam sessionsを開催していました。

The Wildcatsも日曜日の jam sessionsに積極的に参加したり PhiladelphiaのJazz Festival Societyが後援した「ジャズ合戦」や Columbia University大学のステージに出演していました。

The WildcatsはJimmy Ryan’sに約2年間定期的に出演していました。

1947年2月22日、Milt Gablerに認められたThe WildcatsはCommodore Recordsでデビューし4曲を録音しました。

その後Sidney BechetはColumbia社との最初の録音日にThe Wildcatsを招待しました。

1947年12月31日、The WildcatsはJerry BlumbergとBob Mielkeを追加しRampart Recordsへの録音に臨みました。

2本のラッパ編成は往年のKing OliverとLouis Armstrongによる名演を彷彿させます。

尚、Rampart RecordsはCommodoreレコードショップの従業員であったHarry Crawfordによって設立されました。

Photo above of Commodore record Shop by Wikipedia

Here is Sidney Bichet and The Wildcats play “Kansas City Man Blues”.
Sidney Bichet(ss),Johnny Glasel(cornet),Bob Mielke(tb),Bob Wilber(cl), Dick Wellstood(p), Charlie Traeger(b),Danny Strong(ds), July 14, 1947, NYC

The biographies of “Bass clarinet” heroes(1)

April 27.2017

Bass clarinet appeared  in jazz bands in the early nineteenth century.

First we need to talk about Omer Simeon.

Omer Simeon was the most important bass clarinetist because he had played one of the earliest jazz bass clarinet solo.

Photo above of Omer Simeon by courtesy of Jazz Lives(July 6, 2013)

Omer Victor Simeon was born  21 July 1902 in New Orleans, Louisiana.

He learned clarinet from the New Orleans master Lorenzo Tio, Jr., and started playing professionally in 1920.

Please refer to about Lorenzo Tio, Jr. Go here

In 1926 he began playing with Jelly Roll Morton, and made some recordings with Morton’s Red Hot Peppers and smaller groups.

Photo above of Jelly Roll Morton by Image Ownership: Public Domain

The Red Hot Peppers are as hot as the best King Oliver and Louis Armstrong recordings, while the colors and subtlety of tone are as good as the bands of Bix and Tram.

Omer Simeon took the clarinet part for the very first set, recorded in Chicago on September 15, 1926.

Morton instructed Simeon to switch from clarinet to bassclarinet.

So “Someday Sweetheart” had one of the earliest jazz bass clarinet solo by Omer Simeon.

Omer’s tone is much more beautiful than many post-bop bass clarinet solos.

Louis Armstrong standing beside King Oliver. Photo courtesy of neajazzintheschools.org.

Bass clarinetは19世紀初めにジャズ界に登場した楽器です。
Omer Simeonは最初にBass clarinetのソロを演奏した。
Omer Simeonは1902年7月21日ルイジアナ州ニューオーリンズで生まれた。
彼はLorenzo Tio,Jr.からクラリネットを学びました。
彼の師匠Lorenzo Tio、Jrについてはこちらをクリックして下さい。
1926年、彼はJelly Roll Mortonに出会い、歴史的な録音に参加しました。
Jelly Roll Mortonは”Someday Sweetheart”の録音に際し、ClarinetからBass clarinetへの切り替えを指示しました。
Simeonの音色はバップ以降のBass clarinet奏者の音色より遥かに美しいです。
Jelly Roll Morton and Red Hot Peppers の演奏はKing OliverやLouis Armstrongらの録音と比較しても劣っておらず、音色やアンサンブルはBix and Tram バンドと同等レベルでした。

Here is Jelly Roll Morton and Red Hot Peppers “Someday Sweetheart”.
Victor 20405-A matrix 37254-2

Here is Jelly Roll Morton and Red Hot Peppers “Someday Sweetheart”.
disc BRS 1001 matrix 37254-3

Art Hodes(1)

April 18.2017

Photo above of Art Hodes by courtesy of Blue Note Records

Recently I purchased the 10 inches record of BlueNote label.

It is “Art Hodes and his hot 7”.

Also last week Jazz Journalists Doug Ramsey introduced a television program hosted by Art Hodes.Go here

So I would like to post about Art Hodes.

Art Hodes was born November 14, 1904 in born in Ukraine.

When he was six months old few, his family settled in Chicago

In those days the pioneering New Orleans musicians came to Chicago in the 1920’s.

Louis Armstrong standing beside King Oliver. Photo courtesy of neajazzintheschools.org.

When he was in his late teens and early twenties, he heard some jazz legends’ performance such as King Oliver, Louis Armstrong, and Jelly Roll Morton and Earl Hines and Jimmy Noone in the nightspots of his city.

Eventually, Hodes played with Armstrong, and later with Wingy Manone, Gene Krupa, and Muggsy Spanier.

Photo above of Wingy Manone by courtesy of alchetron.com

Also he was fond of the blues, and was greatly influenced by Bessie Smith.

In 1938 he moved to New York and played with Joe Marsala and Mezz Mezzrow before forming his own band in 1941.

最近、BlueNoteの10インチレコード”Art Hodes and his hot 7″を購入しました。
同じ日に偶然、Art Hodesが出演していたテレビ番組がネットで紹介されました。
そんなわけで私はArt Hodesに詳しくないので、今回調べてみようと思いました。
Art Hodesは1904年11月14日に帝政ロシアのウクライナで生まれました。
幼少時に彼の家族と共にアメリカに移民しシカゴに定住しました。
当時のシカゴにはニューオーリンズから有名なミュージシャン達が来ていました。
彼は10代後半から20代初めにかけて、King Oliver, Louis Armstrong, Jelly Roll Morton, Earl Hines,Jimmy Noone などの生演奏を聞いていました。
又、Wingy Manone、Gene Krupa、Muggsy Spanier達と演奏をしていました。
彼はブルースも大好きで Bessie Smithからも影響を受けました。
1938年にはニューヨークに移ります。1941年に自己のバンドを結成する迄、Joe Marsala や Mezz Mezzrowと共演していました。

Here is Doug Ramsey’s post “Bud Freeman and Art Hodes on Jazz Alley.”

Here is Jelly Roll Morton and his Red Hot Peppers play “Dr. Jazz”(1926)

J.C. Higginbotham(3)

April 12.2017

J.C. Higginbotham had first recording with King Oliver & HIS DIXIE SYNCOPATORS Sept. 10, 1928.

Luis Russell was a major member of DIXIE SYNCOPATORS.

In those days King Oliver was suffering from dental problems that impaired his trumpet playing.

Photo above of King Oliver

So The Dixie Syncopators disbanded.

Soon Luis Russell picked up the pieces of the band and formed the Luis Russell Orchestra.

JC joined Luis Russell’s band and they appeared at the Club Harlem on Lenox Ave.

Luis Russell band played regularly at the Savoy Ballroom, the Roseland Ballroom on Broadway, the Sunday night sessions at the Next Club uptown.

From L to R: William Moore-tuba, Luis Metcalf-tumpet, JC Higginbotham-trombone, Luis Russell-piano/arranger, Paul Barbarin-drums, Bill Johnson-banjo, Teddy Hill-tenor sax, Ven/Len Fields-alto sax. Photo courtesy of the Frank Driggs Collection.

Also they toured the circuit from New York to Washington, D.C., to Baltimore,to Philadelphia.

Finally, they settled down at the Saratoga Club.

When he was a leading soloist with the late Luis Russell’s Saratoga Club Orchestra,his performance was most exciting and productive.

J.C. Higginbotham recorded some classic recordings including a few sessions backing Louis Armstrong.

In addition there is a historical record to prove his ability at that time.

He joined “The Little Chocolate Dandies” with Jazz Legends.

Unfortunately his performance on recording was too short.

J.C. HigginbothamはKing Oliver楽団で録音デビューしました。(1928年9月10日)
Luis RussellはDIXIE SYNCOPATORSの主要メンバーでした。
King Oliverは歯の問題でトランペットが吹けなくなり楽団は解散した。
その結果Luis Russellが解散した楽団のメンバーを呼び、自己のバンドを結成しました。JCはLuis Russellのバンドに加わりLenox AveのClub Harlemに出演しました。Luis Russellバンドの主な出演先はthe Savoy Ballroom, the Roseland Ballroom on Broadwayでした。
又、New YorkからWashington, Baltimore,Philadelphiaへも巡業しました。
当時のJ.C. Higginbothamの実力を証明する歴史的録音があります。
彼はJazz Legendsと共に「Little Chocolate Dandies」に参加しました。
残念ながら彼の演奏時間は短いです。

Here is King Oliver & His Dixie Syncopators play “Speakeasy Blues”.

Here is Luis Russell And His Orchestra play “Doctor Blues “.
Luis Russell(p), Henry Allen(tp) J. C. Higginbotham(tb) Albert Nicholas( cl, as)
New York, December 17, 1929

Here is The Little Chocolate Dandies play “That’s How I Feel Today”.
Rex Stewart (cnt), Leonard Davis (tp), J. C. Higginbotham (tb), Don Redman (cl, as, vo), Benny Carter (as, vo), Coleman Hawkins (ts), Fats Waller (p, cel), Bobby Johnson (bjo), Cyrus St. Clair (tu), George Stafford (dm).
Rec. Sept. 18, 1929

J. C. Higginbotham(1)

April 10.2017

Photo above of J.C. Higginbotham by courtesy of Jazzinphoto-Wordpress.com(Photo William P.Gottlieb)

Last week I posted about Luis Russell’s contribution.

Luis Russell relocated to New York with King Oliver in May 1927.

Photo above of KING OLIVER´S DIXIE SYNCOPATORS(1927)Kid Ory tb, King Oliver co, Paul Barbarin dm, Tick Gray tp, Junie Cobb bj, Luis Russell p, Darnell Howard cl, Rudy Jackson ts, Bert Cobb tu, Barney Bigard ts.

Then they had a game with Chick Webb as “BATTLE OF JAZZ” at the Savoy Ballroom.

Next year(1928) ,one jazz trombonist came to New York from Buffalo.

Chick Webb allowed young trombonist to play at the Savoy Ballroom.

Photo above of Chick Webb by courtesy of Drummerworld

He was subsequently signed by Luis Russell as trombonist Harry White’s replacement and remained with Russell until 1931.

The young jazz trombonist was J. C. Higginbotham.

J. C. Higginbotham was the first of the great black swing trombonists, and he participated in several immortal sessions particularly in the period 1929-36.

Unfortunately J. C. Higginbotham also has became a forgotten existence in Japan.

This week I would like to post about his acheivement.

先週、私はLuis Russellの貢献について投稿しましたが、Russell楽団でJ. C. Higginbothamの名前が気になりました。
1927年、Luis Russellと King OliverはSavoy BallroomでChick Webbらと “BATTLE OF JAZZ”を行いました。
翌年、一人のトロンボーン奏者がNew Yorkに来ました。Chick webbは若いトロンボーン奏者にSavoy Ballroomでの演奏を許しました。その後、彼はLuis Russell楽団に入団し、1931年まで在籍しました。
J. C. Higginbothamは、偉大な黒人スイングトロンボーン奏者の一人であり、特に1929から36年にレコーディングされた演奏は歴史に残りました。今週はJ. C. Higginbothamについて投稿します。

Here is J.C. Higginbotham plays “Give me your telephone number”.

Here is Henry Red Allen with J.C.Higginbotham play “Higginbotham Blues”.