タグ別アーカイブ: Larry Clinton

大阪ジャズ同好会第40回例会持ち寄り(2019年12月8日)「今年聴いた私の中でのベスト・ジャズ・アルバム」

December 11,2019

持ち寄り「今年聴いた私の中でのベスト・ジャズ・アルバム」

・T村氏(的確なコメントにも注目願います)

1.Here is Richie Kamuca Quartet play “Just Friends”.
Richie Kamuca(ts),Carl Perkins(p),Leroy Vinnegar(b),Stan Levey(ds)
Hollywood CA, June, 1957

「繰り返し再発されたモード・レーベルの目玉で、リッチー・カミューカの処女作にして代表作」

2.Here is Gerry Wiggins Trio play “The Lady Is A Tramp”.
Gerry Wiggins(p),Major Holley(b) Oliver Jackson(ds)Feb.1977

「隠れた名手ジェリー・ウィギンスの晩年の代表作」

3.Here is Nice All Stars play “I Never Knew I Could Love Anybody”.
Wallece Davenport(tp), Vic Dickenson(tb), Buddy Tate(ts) ,Claude Hopkins(p), Arvell Shaw(b), Cozy Cole(ds)July.1974

「ニース・ジャズ・フェスティバルに出演した中間派のオールスターズ」

・Y瀬氏(レジュメのコメントを編集せず転載しました)

秘かに愛聴していたクラリネット奏者が逝きました。Sol Yaged(ソル・エイジド)と言い、 1966年の映画「ベニーグッドマン物語」で音楽監修も務めた根っからのグッドマン信奉者で、主にNYのナイトクラブで活躍した人です。1993年に初めて渡米した際に買ったシェイバー ス名義CDの「WE DIG COLE」、が出会いでした。その後、アメリカの通販サイト「DISCOGS」 でSolのLP音源を見つけ、今年になって何枚かを入手。そんな中での訃報でした。アメリ カは広いな、知られざる名手も多いのだろうなというのが実感です。ちなみに、彼の晩年のバンドで歌っていたという日本人女性からは、彼の名を「サル・イヤーゴ」と呼んでいたと教えられたこともありますが…。

Y瀬氏手作りのCD

1.Here is Charlie Shavers with Sol Yaged play “I Love Paris”.
Charlie Shavers (tp), Urbie Green (tb), Sol Yaged (cl), Sam Taylor (ts), Buddy Weed (p), Barry Galbraith (g),Bob Haggart (b), Cozy Cole (ds), Larry Clinton (arr)

2.Here is Sol Yaged plays “It Might As Well Be Swing”.
Sol Yaged (cl) Harry Sheppard (vib) Kenny Kersey (p) Mort Herbert (b) Mickey Sheen (d) New York, 1956

・H氏
Takky meets Dorothy『Jazz at 周』をご紹介されました。

CD販売サイト(下記に添付)からお借りしました。

Jimin Park(世界中で活躍中のジャズピアニスト)とのセッションを滝川雅弘氏(大阪在住のクラリネット奏者)が制作されました。(2019年5月24日録音)
本CDの販売サイトを添付させて頂きます。

こちら ▶️

当日ご紹介された「Boogie Woogie Stomp」はNew Suntory 5 (大阪梅田) での映像を添付します。(2019年5月26日)

1.Here is Jimin plays “Boogie Woogie Stomp”.

同じ日の演奏です。

2.Here is Jimin plays “Misty”.

New Suntory 5 (大阪梅田)のHPもご覧下さい。

こちら ▶️

Photo by Discogs

・K氏

Joshua Redman & Brooklyn Rider 「Sun on Sand」

本CDについては下記サイトを参照願います。

こちら ▶️

1.Here is Joshua Redman & Brooklyn with Scott Colley & Satoshi Takeishi play “Through Mist.”

Hely 「Borderland」

Photo by Hely’s HP

スイスのチューリッヒを拠点として活動しているピアノとドラムのデュオグループによる新作をご紹介されました。Helyの詳細については下記サイトを参照願います。

こちら ▶️

2.Here is HELY plays “BORDERLAND”.
Lucca Fries(p),Jonas Ruther(ds)

大阪ジャズ同好会第35回例会概要(4)参加者持ち寄り「スイング時代のビッグバンド」②

February 19.2019

参加者持ち寄り「スイング時代のビッグバンド」の後半は寺本氏と平野が選曲した演奏をお楽しみ下さい。

・寺本氏

Here is Benny Goodman & His Orchestra Featuring Bunny Berigan play ”King Porter Stomp”.
Bunny Berigan, Nate Kazebier, Ralph Muzzillo (tp) Red Ballard, Jack Lacey (tb) Benny Goodman (cl) Toots Mondello, Hymie Schertzer (as) Arthur Rollini, Dick Clark (ts) Frank Froeba (p) George Van Eps (g) Harry Goodman (b) Gene Krupa (d) Fletcher Henderson (arr)
New York, July 1, 1935

Here is Artie Shaw and His Orchestra play “In The Mood.”
Chuck Peterson, Bernie Privin, John Best (tp) George Arus, Harry Rodgers, Les Jenkins (tb) Artie Shaw (cl,arr) Les Robinson, Hank Freeman (as) Tony Pastor (ts,vcl) Georgie Auld (ts) Bob Kitsis (p) Al Avola (g) Sid Weiss (b) George Wettling (d) Jerry Gray (arr)
Broadcast, Blue Room, Hotel Lincoln, New York, December 20, 1938

1941 — 1941- Tommy Dorsey and his band. On the far right in the last row is a very young and yet unknown Frank Sinatra. Movie Still from, “Las Vegas Nights”. — Image by © Bettmann/CORBIS

3曲目として下記録音をご紹介されましたが本ブログではご紹介出来ません。
Tommy Dorsey & His Orchestra featuring Bunny Berigan「 East of The Sun」 (1940) (broadcast)

上記録音について調べた事を記載します。

当時ドーシー楽団は「Hotel Astor Roof」からラジオ放送を中南米向けにも中継しておりました。
寺本氏も当日解説されていましたが放送はスペイン語の司会で進行されていました。

June 19, 1940 (Wed) 10:15 – 10:45 pm “Carnival de Broadway”
Hotel Astor Roof, New York
(NBC White) (WRCA/WNBI) (International) RCA MT 372 (1), MT 369 (2)
Anuncios en Español Alfredo Barrett, announcer

詳細はこちら ▶️ (54ページ以降)

上記音源の代替として下記演奏を添付しました。

Here is Tommy Dorsey & His Orchestra featuring Bunny Berigan play “Marie”.
Frank Sinatra & The Pied Pipers (Billy Wilson, Chuck Lowry, Jo Stafford, & John Huddleston),
Bunny Berigan(tp), Buddy Rich(ds)
Broadcast From The Meadowbrook Ballroom, Cedar Grove, New Jersey March 9, 1940.

Hotel Astor Roof from Library of Congress

「映画Las Vegas Nights (1941年制作)」からフランク・シナトラの映像(最も初期)も添付します。

Here is Frank Sinatra and the Tommy Dorsey Orchestra play “I’ll Never Smile Again” from Las Vegas Nights (1941)

・平野(下記5枚組レコードから選曲しました)

Here is Lee Wiley with Leo Reisman and his Orchestra play “Time On My Hands”.
October 26, 1931

Time On My Hands(Lee Wiley)

Leo Reisman楽団については拙ブログをご覧下さい。こちら ▶️

Here is Bea Wain with Larry Clinton and his Orchestra “My Reverie”.
July 16, 1938

Bea Wain,My Reverie

Larry Clinton楽団についても拙ブログもご覧下さい。こちら ▶️

Here is Isham Jones and his Orchestra “Blue Prelude”.
Isham Jones (ts, dir),Joe Bishop(fh), Gordon Jenkins(arr)
April 6, 1933

Isham Jones,Blue Prelude

Blue Preludeについても拙ブログをご覧下さい。こちら ▶️

 

 

 

Carol Bruce

May 19.2018

Carol_Bruce_in_Keep_'Em_Flying_trailer

Photo by Wikimedia

I have been posting about “Isham Jones’ tune Blue prelude” in my blog.

Please refer to my past blog.Go Here

Recently, I heard the another recording that Carol Bruce was singing.

Today I would like to post about some recordings and clips by Carol Bruce.

Carol Bruce (November 15, 1919 – October 9, 2007) was an American band singer, Broadway star, and film and television actress.

She began her career as a singer in the late 1930s with Larry Clinton and his band.

Then she joined Red Norvo’s V-Disc sessions.

Also Bruce’s daughter, Julie Nathanson(Julie Coryell ) married jazz guitarist Larry Coryell.

過去のブログで Isham Jonesの名曲「Blue prelude」について投稿しています。⇨こちらをクリックして下さい。

最近、Carol Bruce(歌手であり女優)の「Blue prelude」をよく聞いています。

今日はCarol Bruceの録音並びに映像をブログに添付しました。

Carol Bruceは1930年代後半にLarry Clinton(ラリー・クリントン)バンドの歌手としてデビューしました。

その後、Red Norvo(レッド・ノーボ)率いるメンバーと共にVディスクセッションに参加しています。

今回は「Blue prelude」とVディスクセッションから3曲をお楽しみ下さい。

尚、彼女の愛娘Julie Nathanson(ジュリー・ネイサンソン)はLarry Coryell(ラリー・コリエル)と一時結婚していました。

carol-bruce-09

Here is Carol Bruce sings “Blue prelude”. ⇨  Go here
featuring Tony Mottola (g) New York, 1957/1958
 

Here is Carol Bruce With Red Norvo And His Overseas Spotlight Band play “Embraceable you”.
Dale Pierce (tp) Dick Taylor (tb) Aaron Sachs (as,cl) Flip Phillips (ts) Red Norvo (vib) Ralph Burns (p) Clyde Lombardi (b) Johnny Blowers (d)  V-Disc session, RCA studios, New York City, October 28, 1943

Here is Carol Bruce With Red Norvo And His Overseas Spotlight Band play “Abraham”.
Members of the recording are the same as above.

Here is Carol Bruce With Red Norvo And His Overseas Spotlight Band play “Something for the boys”.
Members of the recording are the same as above.

Here is Carol Bruce with Larry Clinton and His Orchestra “1938 Musical Clip Stop And Reconsider”.

Larry Coryellと結婚したJulie Nathanson(Julie Coryell)については ⇨こちらをクリックして下さい。

(4) Larry Clinton and his Orchestra

March 10.2018

「The Great Dance Band Era」(ダンスバンドの黄金時代)から第4回目はLarry Clinton and his Orchestraです。

ラリー・クリントンはドビュッシーの「Reverie」を原曲とし歌詞を付け加え「My Reverie」としました。

Photo above of Bea Wain by YouTube

今回は楽団の専属歌手であったビー・ウェイン(Bea Wain)の歌唱を3曲添付しました。

以下、レコードの解説部分を添付しました。

Here is Bea Wain with Larry Clinton and his Orchestra sings “My Reverie”.
July 16, 1938   Vic 26006

Here is Bea Wain with Larry Clinton and his Orchestra sings ” You Go To My Head”.
February 24, 1938   Vic 25849

Her is Bea Wain with Larry Clinton and his orchestra sings “I Get Along Without You Very Well”.January 20, 1939  Vic 26151

 

又、後年ラリー・クリントンはヘレン・ウォード(Helen Ward)を擁し「My Reverie」含め4曲を録音しています。

上記レコードは2年前にお亡くなりになった故林貞夫氏から譲って頂いた思い出深いレコードです。「ダンスバンドの黄金時代」には収録されていませんが1曲だけ添付をお許し下さい。

故林貞夫さんからは私が就職する前から「ジャズ喫茶オアシス」で多くの事を教えて頂きました。故人についてはこちらをクリックして下さい。

Here is Helen Ward with Larry Clinton and his Orchestra sings ” My Reverie”.
Chris Griffin, Doc Severinsen, Billy Butterfield (tp) Jack Satterfield, Urbie Green, Lou McGarity (tb) Toots Mondello, Sam Musiker (cl,as) Boomie Richman, Hank Ross (ts) Sol Schlinger (bar) Buddy Weed (p) Art Ryerson (g) Eddie Safranski (b) Jimmy Crawford (d) Helen Ward (vcl) Larry Clinton (arr,dir)
New York, May 31, 1956

Here is Larry Clinton and his Orchestra with Bea Wain and Ford Leary sing “Get Happy”.(1939).

 

Here is Larry Clinton and his Orchestra with Bea Wain play “Heart And Soul” (1939).

尚、「My Reverie」はSonny Rollins 「Tenor Madness」(1956年録音)にも収録されています。詳細については、モダンジャズに詳しい方にお譲り致します。