タグ別アーカイブ: Lars Gullin

大阪ジャズ同好会第42回(2020年6月14日)例会③持ち寄り『ジャズ・トロンボーンの名手達』

June 22,2020

解説される方の席には飛沫対策として、楽譜立にビニールを掛けていただきました。

例会案内の一部を引用します。

「トロンボーンは最も人間の声に近い音程の楽器といわれ、古くから多くの名手がいます。その中からお好きなトロンボニストをご紹介ください」

・竹村氏
1.Urbie Green
映画「真夏の夜のジャズ」から、アービー・グリーンのグループ。ダイナ・ワシン トンの歌も素晴らしいのですが、グリーンの朗々としたトロンボーンも最高です。
Here is Newport Jazz All Stars play “All Of Me” (Live At Newport Jazz Festival, 1958)
Urbie Green(tb) Don Elliot, Terry Gibbs (vb) Wynton Kelly(p) Paul West(b) Max Roach(ds) Dinah Washington(vo)(July 6,1958)

2.Al Grey and Count Basie Orchestra
ラスヴェガスのサンズ・ホテルからの実況録音。アル・グレイは長きに渡って、ベイシー楽団で活躍しました。
Here is Count Basie Orchestra with Al Grey play “Makin’ Whoopee”.
(Jan,1966)

3. Vic Dickenson and George Wein’s Dixie-Victors
ヴィック・ディッケンソンは、私の最も好きなジャズメンです。ジョージ・ウエイ ンのディキシー・ヴィクターズによる中間派の楽しい演奏です。
Here is George Wein’s Dixie-Victors play “Sugar”.
Ruby Braff(tp) Vic Dickenson(tb) Peanuts Hucko(cl) Ernie Caceres(bs) George wein(p) Danny Barker(bj) Milt Hinton(b) Buzzy Drootin(ds)
New York, May 28, 1956

・Y瀬氏(当日配付のレジュメを一部編集しました。)
Tyree Glenn
タイリー・グレン (Nov 23,1912~ May 18,1974)
1.「Love For Sale」
タイリー・グレンというトロンボーン奏者を知ったのは、今は無き東芝EMIがブルーノートクラブ会員限定で出したルーレット盤の復刻紙ジャケCD「Let’s Have A Ball」でした。トミー・フラナガンらと組んだこの盤から本業トロンボーンでの演奏。
Here is Tyree Glenn play “Love For Sale”.

2. 「Yes Sir. That’s My Baby」
歌手として渋いノドを聴かせます。
Here is Tyree Glenn sings “Yes Sir. That’s My Baby”

3.「There will Never Be Another You」
ハンク・ジョーンズらと組んだLoneHill盤からは、ヴァイブの腕も披露します。
Here is Tyree Glenn play “There will Never Be Another You”.

4. 「All of Me」
過去1曲集中『暴挙ご容赦! オール・オブ・ミーで60分』で特集をさせてもらったこともあります。
Here is Tyree Glenn play “All of Me”.

過去の特集は下記に添付しました。

こちら ▶️

・K氏
Bob Brookmeyer
1.Here is Bob-Brookmeyer Quartet play “On The Sunny Side Of The Street”.『The Blues:HotsAnd cold』より
Bob-Brookmeyer(tb) Jimmy Rowles(p) Buddy Clark(b) Mel Lewis(ds)

2. Here is Jimmy Giuffre Trio play ”The ‘Swamp People”.『Trav’lin’ Light』より
Jimmy Giuffre(bs) Bob Brookmeyer(tb) Jim Hall(g)

ボブ・ブルックマイヤーの紹介として、当日は故粟村政昭氏による『ジャズ・レコード・ブック』151ページを読まれました。当該ページを添付します。

『ジャズ・レコード・ブック』151ページ

・寺本泰規氏(同好会世話人)
Tommy Dorsey
トミー・ドーシーは(1904年11月19日~1956年11月26日)は「Sentimental Gentleman」と呼ばれ、史上最も美しい音色のトロンボーンを吹くといわれていました。自身の楽団の時にはソロはバンドメンに任せ、ひたすらテーマをストレートに演奏するというスタイルで一時代を築き上げました。メンバーにはBud Freeman(ts), Bunny Berigan(tp),Ziggy Elman(tp), Buddy DeFranco(cl),Dave Tough(ds), Buddy Rich(ds)などが在団しました。

1.Here is Tommy Dorsey Orchestra play “I’m Getting Sentimental Over You”.
(1935 ,10/18)

2.Here is Tommy Dorsey Orchestra play “Star Dust”.
(vo: Edythe Wright)(1936, 4/3)

3.Here is Tommy Dorsey Orchestra play “East of The Sun”.
(vo: Frank Sinatra)(1940, 4/23)

4. Here is Tommy Dorsey Orchestra play “Whispering”.
(vo: Frank Sinatra)(1940, 6/13)

・平野隆史
1.キッド・オリー(Kid Ory)


Here is New Orleans Wanderer play “Perdido Street Blues”.
George Mitchell(crt) Kid Ory(tb) Johnny Dodds(cl) Lil Armstrong(p) :
Johnny St.Cyr(bj)(Chicago, July 13,1926)

2.ミフ・モール(Miff Mole)


Here is Red Nichols And His Five Pennies play “Riverboat Shuffle”.
Red Nichols(crt),Leo McConville,Mannio Klein(tp) Miff Mole(tb)
Fud Livingston(cl, ts) Adrian Rollini(bassax, goofus) Arthur Schutt(p)
Dick McDonough (banj) Vic Berton(ds) (New York, August 15, 1927)

3.オキ・ペルソン(Ake Persson)


Here is Lars Gullin Quintet play “Besame Mucho”.
Ake Persson(tb), Lars Gullin(bars), Claes-Goran Fagerstedt(p), Bengt Carlsson(b), Bert Dahlander(ds),
(Stockholm, January 14 & 15,1957)

大阪ジャズ同好会第39回例会持ち寄り(2019年10月13日)「ヨーロッパのジャズ」②

October 15,2019

「ヨーロッパのジャズ」の後半は初参加の方とベテラン2人が紹介した演奏をお楽しみ下さい。

・T氏(名古屋市から参加いただきました)

「MOMENT ,Made in france Healing Jazz 」

音源を提供できませんので、T氏が事前に郵送されたCDの案内を添付します。

・T村氏

1.Here is John Lewis & Sacha Distel play “Dear Old Stockholm”.

John Lewis (p) Sacha Distel (g) Barney Wilen (ts) Pierre Michelot (b) Connie Kay (ds) Paris, Dec. 4 & 7 1956

2.Here is Georges Arvanitas Trio play “Airegin”.
Georges Arvanitas (p) Gene Taylor (b) Louis Hayes (ds) Paris, March 4, 1959

3.Here is Barney Wilen play “Stablemates”.
Barney Wilen(ts),Kenny Dorham (tp),Duke Jordan(p),Paul Rovère(b),Daniel Humair(ds) Paris, April 24 & 25, 1959

バルネ・ウィラン(Barney Wilen)については、ブログ作成者が参考にしているサイトを添付させて頂きました。

こちら ▶️

・寺本世話人

1.Here is Harry Arnold and His Swedish Radio Studio Orchestra play “Jersey Bounce”.

Sixten Eriksson, Weine Renliden, Bengt-Arne Wallin, Benny Bailey(tp), Ake Persson, Georg Vernon, Andreas Skjold(tb), Gordon Olsson(btb) ,Arne Domnerus, Rolf Lindell(as) Carl-Henrik Norin, Bjarne Nerem(ts), Lennart Jansson (bs) ,Bengt Hallberg(p), Bengt Hogberg(g) ,Georg Riedel(b)Egil Johansen(ds) October 3,1956

 

2.Ove LindとBengt Hallbergが共演した「Moment Like This(1957)」をご紹介されました。音源が手元にございませんので、代替としてテレビ放送(1963年)の一場面を添付します。

Here is Ove Lind and Lars Ehrstrand “Swingtime”.

ブログ作成者からスウェーデン・ジャズの名演「Whiskey Sour」を添付させて頂きます。
Here is Bengt Hallberg And His Swedish All Stars play “Whiskey sour”.
Ake Persson (tb) Arne Domnerus (as,cl-1) Lars Gullin (bar) Bengt Hallberg (p) Simon Brehm (b) William Schiopffe (d) Stockholm, November 9, 1953

Rita Reys, Johnny Griffin and the Pim Jacobs Trio   Photo by Allaboutaazz

 3. Rita ReysとJohnny Griffinが共演した「Everything Happens To Me(Aug. 1979)」をご紹介されました。本ブログでは2人の顔合わせによるメドレー(5曲)を添付しました。

Here is Rita Reys and Pim Jacobs Trio ft. Johhny Griffin play ”That Old Feeling~Mr. Wonderful~Poor Butterfly~The Touch Of Your Lips~Fly Me To The Moon”.(1979年ドイツテレビ局制作)

Rita Reys (vo) Johnny Griffin(ts) Pim Jacobs(p) Rudd Jacobs(b) Peter Ypma(ds)

Photo by JazzInoge

4.ノルウェーのBodil Niska(ボディル・ニスカ)を紹介されました。

Bodil Niska(1954年生まれ)はベン・ウェブスター直系のベテラン女流テナー奏者です。

Here is Bodil Niska plays “Danny Boy”.
Bodil Niska(ts) Egil Kapstad(p) Bjorn Alterhaug (b) Pelle Hulten(ds) 
Oslo September,2000

寺本氏が当日コメントされた別アルバム2006年の「NIGHT TIME(2006年)」から1曲添付します。

Here is Bodil Niska plays “Over the rainbow”. 
Bodil Niska (ts) Claes Crona (p) Staffan William-Olsson (g) Jorgen Smeby (b) Petur Ostlund (ds) Oslo, October 2006

ブログ作成者から初録音(1960年)を追加添付します。

Here is Bodil Niska and Einar Iversen(p) play “Ballad for Stan”.Norway, 1960

  

神戸ジャズサロン8月例会「バリトンサックスの名演」番外編

August 31,2018

今回は当日ご紹介されなかったハリー・カーネイ(Harry Carney)さんの映像含め、例会概要作成時にチェックしたYouTube映像をブログに纏めました。
ブログをご覧になって「俺の好きなバリトン奏者出てないな」と思われる方が多いと推察致しますがご容赦願います。

Photo above of Duke Ellington and Harry Carney by courtesy of
The Jan Persson Jazz Collection

Harry Carney

Here is Duke Ellington Feat. Harry Carney plays ”Sophisticated Lady”.
演奏に参加した大物サックス奏者の表情がとても面白いです。

Here is Harry Carney with Strings play “We’re In Love Again”.

Photo above of Serge Chaloff by JazzWax

寺本氏がご紹介
Here is Serge Chaloff Quartet play “All the Things You Are”.
Serge Chaloff(bs) ,Sonny Clark(p),Philly Joe Jones(ds),Leroy Vinnegar(b) LA March 14 & 16, 1956

Serge Chaloff の映像をご覧下さい。(Four Brothersが揃っています)
Here is Woody Herman Orchestra play “Northwest Passage”.

Photo above of Sahib Shihab by courtesy of Alchtron

Sahib Shihab

Here is Dizzy Gillespie Reunion Band featuring Cecil Payne & Sahib Shihab play ”Ray’s Idea” (1968)

Howard Johnson

26分と長く映像も良くないですがバリサク好きには堪らない共演

Here is Baritone Sax Quartet: Nick Brignola, Ronnie Cuber, Cecil Payne, Howard Johnson, Berlin 1985

Pepper Adams

上記映像を提供したのがPepperAdamsJazz ですので、Pepper Adamsを一曲添付しました。

Photo above of Pepper Adams by YouTube

Here is Pepper Adams Quartet play “Bossallegro”.
Pepper Adams (bars) Tommy Flanagan (p) George Mraz (b) Leroy Williams (d)  New York, March 11, 1980

以下、小生のお気に入りにお付き合い下さい。

Photo above of Adrian Rollini by courtesy of Pinterst

Adrian Rollini(例会でご紹介した音源を添付します)
Here is Joe Venuti’s Blue Four play ”Beatin’ The Dog”.
Joe Venuti(vln), Adrian Rollini(bass Saxバス・サックス), Eddie Lang(g) ,Arthur Schutt(p)
NYC, June 28, 1927

Photo of Jackie Cain and Charlie Ventura in 1948,Boots Mussulli, Conte Candoli, Jackie Cain, Charlie Ventura, Roy Kral,by Courtesy of Jeff Austin

Charlie Ventura

Here is Charlie Ventura Quartet play “Blue Prelude”.
Charlie Ventura (bars), Gene Kutch (p),Ace Tesone (b),Chick Kenny (ds)
Norgran MGN-1075 NYC.December 22, 1952.

Joe Temperley

Here is Joe Temperley plays “The Very Thought of You”. (June 10, 2012)

Lars Gullin

例会でF川氏から「平野君、なんで大好きなLars Gullin持って来なかったの」と言われました。先月の神戸ジャズ愛好会でご紹介しましたので選曲しませんでした。

1962年コペンハーゲンのカフェモンマルトルでのライブ映像
Copenhagens Jazzclub Montmartre in 1962.
Here is Dexter Gordon, Lars Gullin and Sahib Shihab play ”The Flight”.

最後に添付しました映像は小生の大好きな3人がオーケストラと共演しています。(途中の解説は Nils Lindberg)

Here is Lars Gullin with Nils Lindberg and Rolf Billberg on Swedish television.

神戸ジャズサロン8月例会(3) 「バリトンサックスの名演(後半)」

August 29,2018

特集「バリトンサックスの名演」後半では、比較的渋いバリトンサックス奏者をご紹介することになりました。5人の会員の方がご紹介された録音とは異なる演奏を添付している事もご了承願います。

Gerrry Mulligan and Harry Carney by courtesy of Pinterest

 

N氏(前回Gerry Mulligan and Stan Getzをご紹介)
Tony Scott
Here is Tony Scott Quartet play “She’s different”.
Tony Scott (bars) Bill Evans (p) Milt Hinton (b) Paul Motian (ds)
New York,November 16, 1957

She’s different

C氏(例会の選曲取りまとめでお世話になっています)
Leo Parker
“Rollin’ With Leo”から
Here is Leo Parker plays ”Rollin’ with Leo”.
Dave Burns (tp) Bill Swindell (ts) Leo Parker (bar) Johnny Acea (p) Stan Conover (b) Purnell Rice (ds) N.J. October 12, 1961

Here is Leo Parker plays “Music hall beat ”.
Members of the recording are the same as above.

F川氏(次回大阪ジャズ同好会で『Dick Hyman(p)七変化』という特集を担当されます)
Lars Gullin
”Jeepers Creepers”(1956年録音)をご紹介されましたが、今回はStan Getzとの共演を添付しました。

Here is Stan Getz and Swedish All Stars play “Flamingo”.
Stan Getz(ts) Lars Gullin(bs) Bengt Hallberg(p) Yngve Akerberg(b) Jack Noren(d)
Stockholm, March 24, 1951

Nick Brignola
”Quick Silver”(1979年録音)をご紹介されましたが、今回はYouTube映像で”My Foolish Heart”を添付しました。

Here is Nick Brignola play “My Foolish Heart”.

Jack Nimitz
Here is Jack Nimitz and Friends play ”Shine”.
Bill Harris (tb) Jack Nimitz (bars) Kenny Burrell, Jimmy Raney, Chuck Wayne (g) Gene Orloff, Harry Lookofsky, Dick Whetmore (vln) Seymour Barab, George Koutzen, George Ricci, Alan Schulman, Lucien Schmidt, Harvey Shapiro (cello) Oscar Pettiford, Russ Saunders (b) Don Lamond, Ted Sommer (d) collective pers.
New York, March, 1957

Shine

Photo above of Cecil Payne by courtesy of Fresh Sound

T氏
Cecil Payne
“Casbah”から
”A walkin’ thing”を選曲されましたが音源が提供出来ません。
同アルバムから途中でフルートに持ち替えする“Casbah”(アルバムタイトル)を添付しました。
Here is Cecil Payne Quartet play “ Casbah”.
Cecil Payne (bar,fl) Richard Wyands (p) Joe Carter (g) Stafford James (b)
New York, February 27, 1985

Photo above of Rony Verbiest by courtesy of De Casino

Rony Verbiest
”Nature Boy”から
”I Hear Rapsody”をご紹介されましたが、小生の好きな”Tenderly”を添付しました。
尚、Rony Verbiestはバリトンサックスの他にアコーディオン、バンドネオンなども得意としています。

Here is Rony Verbiest plays “Tenderly”.

詳細は ➡️ こちら

Photo above of Nick Brignola, Ronnie Cuber and Gary Smulyan by JazzTimes

Nick Brignola and Ronnie Cuber
”Baritone Explosion” by Rein De Graaff(p)から
Here is Nick Brignola and Ronnie Cuber with Rein De Graaff Trio play ”Softly As In A Morning Sunrise〜Caravan〜A Night In Tunisia”.
Nick Brignola, Ronnie Cuber(bs),Rein De Graaff(p),Koos Serierse(b),Eric Ineke(ds)

Tさんが配付されたレジュメを添付させて頂きます。

大阪ジャズ同好会(2018年8月例会)『私が選んだ隠れ名盤』②

August 17,2018

2018年8月12(日)に開催された大阪ジャズ同好会『私が選んだ隠れ名盤』では渋い演奏者がご紹介されました。

K田氏

『A LIFE』小西徹
「Golden Earrings」
(当日は1997年小西氏が死の直前に録音された「Golden Earrings」をご紹介されましたが、都合により1979年に録音された下記2曲をお楽しみ下さい)
Here is 小西徹 Trio play ”Autumn Leaves”.
小西徹(g)伊藤潮(b)岩本龍夫(d)

Here is 小西徹 Trio play ”Wave”.

上記録音についてはこちらをご覧下さい。➡️こちら

 

 

H氏

『Milky Way Concert ’06』清水万紀夫
清水万紀夫クラシック・ジャズ・クヲルテットから「ダイナ」と「メモリーズ・オブ・ユー」をご紹介されました。
清水万紀夫(cl) 田辺信男(ts) 阿部寛(g) 小林真人(b)
上記録音は都合によりご紹介出来ません。本録音についてはこちらをご覧下さい。➡️こちら

Here is 清水万紀夫 plays 「危険な関係のブルース」.
清水万紀夫(cl )宮之上貴昭(g)緑川一男(b)
2011年9月13日(火)

清水万紀夫プロフィールはこちらをご覧下さい。➡️ こちら

当日H氏から「小林真人氏」のベース奏法について詳細な解説があったことをご報告させて頂きます。H氏作成のHPに「小林真人氏」の項目がございますので是非ご覧下さい。(「リンクフリー」ということで本ブログでもリンクさせて頂きます)      ➡️こちら

平野

『We’ll Be Together Again』Rolf Billberg
40年以上前に「阪急東通りLPコーナー」3階の一番端に展示されていたが購入できなかったアルバム。退職間際に東京のディスクユニオン中古館でようやく購入しました。
Here is Rolf Billberg Quintet play “Ablution”.
Jan Allan (tp) Rolf Billberg (as) Rune Gustafsson (g) Roman Dylag (b) Rune Carlsson (ds)
Sweden, February 23, 1965
Ablution

Rolf Billbergの映像を添付します。(画質の悪さについてはご了承願います)

Here is Lars Gullin All-Stars play “Milestones”.

2.『Sax Appeal』Nils Lindberg’s septet Featuring Lars Gullin

Here is Nils Lindberg’s septet play ”Curbits”.
Rolf Billberg (as) Harry Backlund, Allan Lundstrom (ts) Lars Gullin (bar) Nils Lindberg (p) Sture Nordin (b) Conny Svensson (ds) Stockholm, February 9 & 10, 1960

Curbits

上記レコードを購入した時の状況が「週末JAZZのページ」で記載されていますので引用させて頂きます。(文中のHとは平野本人です)

「その当時のジャズ喫茶の名店「JOJO」に居た時マスターが発した一言にHさんの顔色がかわった。「H君、VICにSAX APPEALがはいったらしいで・・・」
やおら伝票をつかんだHさんは一目散 、わけがわからない私は、後を追いかけるのが精一杯。突然きびすを返してこちらに戻ってきたHさんが一言。「悪いけど、金かしてくれへんかぁ」
いつもは持ち合わせの少ない私が珍しくその時は持ち合わせがあり、Hさんは目出度くSAX APPEALを入手できた次第。」

週末JAZZのページについては➡️ こちらをご覧下さい。

下記アルバムはオリジナルジャケットです。

Photo by Discogs

 

神戸ジャズ愛好会7月例会(2)          

July 23.2018

Photo above of Ginger Rogers, Irving Berlin and Fred Astaire by courtesy of Pinterest.com (1938)

神戸ジャズ愛好会7月例会の後半をご紹介させて頂きます。

2.映像コーナー

「Golden Jazz Concert 〜Ray Bryant Live in Japan 1991」
当日は4曲を紹介頂きましたがYouTubeに同じ映像がアップされていました。
Here is Ray Bryant Trio in Japan.
Ray Bryant(p),Jimmy Rowser(b),Winard Harper(ds)
Keystone Corner, Tokyo Nov.30,1991

3.その他(番外編)

・N瀬氏

フレッド・アステア(Fred Astaire)を2曲ご紹介されました。
アーヴィング・バーリンの作品「Cheek to Cheek」Fred Astair
Here is Fred and Ginger sings ”Cheek to Cheek”.

フレッド・アステアとカウント・ベイシーとの共演
Here is Fred Astaire and Count Basie play ”Sweet Gorgia Brown”(1960).

・平野

「Always」
Here is Lars Gullin Quintet play “Always”.
Ake Persson(tb) Lars Gullin(bars) Rune Of werman(p) Georg Riedel(b)
Bert Dahlander(ds) Stockholm, April 25, 1956

「How Deep Is The Ocean」
Here is Ann Hampton Callaway sings ”How Deep Is The Ocean”.

Delta Rhythm Boys In Sweden

April 1.2018

The Delta Rhythm Boys (vcl group) : Carl Jones, Clinton Holland, Kelsey Pharr, Lee Gaines

Since joining to Jazz meeting in Kobe last month, I am hearing Sweden Jazz such as Arne and Stan.

Today, I will introduce an interesting recordings that Arne Domnérus participated as accompaniment.

By the way I do not have much familiarity with Jazz chorus group.

先月の神戸ジャズ愛好会に参加して以降、アルネ・ドムネラス(Arne Domnerus)やスタン・ハッセルガード(Stan Hasselgard),Lars gullin(ラーシュ・グリン)等スウェーデンジャズを久し振りに聞いています。

私が好きなスウェーデンジャズについては大阪ジャズ同好会2016年8月特集概要をご覧下さい。

今回はスウェーデンミュージシャンがThe Delta Rhythm Boys(デルタ・リズム・ボーイズ)の伴奏者として参加した録音を紹介します。

お恥ずかしい話ですがジャズコーラスグループ全般についてあまり精通していないのが現状です。

私自身教会のコーラス隊やワーク・ソング(労働歌)に馴染みがありませんでした。

そんな私にとってジャズコーラスグループを聞きたいと思えるようなレコードに巡り会えました。

以下、アルバムからを7曲添付致します。

本録音は昨年CDとして日本で初めて発売されました。詳細についてはこちらをクリックして下さい。

尚、オーディオパーク社から発売された「スウェーデンのジャズ (1940~1953)」にはDelta Rhythm Boysによる貴重な録音が2曲選曲されています。
“Begin The Beguine”,”On The Sunny Side Of The Street”     録音日 Aug. 2, 1950

Here is Delta Rhythm Boys sings “Perdido”.
The Delta Rhythm Boys (vcl group)Carl Jones, Clinton Holland, Kelsey Pharr, Lee Gaines :acc. by Bengt Arne Wallin (tp), Arne Domnérus (as), Curt Blomquist(fl), Georg Björklund (ts), Rolf Larsson (p), RolfBerg (g), Arne Söderlund (b), Gunnar Ohlsson (d).  Oct 11, 1955

Here is Delta Rhythm Boys sings “Indiana”.
Members of the recording are the same as above.

Here is Delta Rhythm Boys sings “It Had to be You”.
Members of the recording are the same as above.

Here is Delta Rhythm Boys sings “Midnight Sun”.
The Delta Rhythm Boys (vcl group) :acc by Sixten Eriksson (tp) Curt Blomquist (fl) Rolf Lindell (as,cl) Georg Bjorklund (ts) Rolf Larson Knight (p) Rolf Berg (g) Arne Soderlund (b) Gunnar Ohlsson (d) Stockholm, October 12, 1955

Here is Delta Rhythm Boys sings “Lullaby of Birdland ”.
Members of the recording are the same as above.

Here is Delta Rhythm Boys sings “Early Autumn”.
Members of the recording are the same as above.
Stockholm, October 13, 1955

Here is Delta Rhythm Boys sings “Chloe”.
Members of the recording are the same as above.
Stockholm, October 13, 1955

最後にDelta Rhythm BoysのYouTube映像を添付しました。

Here is Delta Rhythm Boys “Flickorna i småland”

Here is The Delta Rhythm Boys sings “Take the “A” Train”.

The early Swedish Jazz(5)

Unknown

Today I want to post about my most favorite Swedish musician.

Swedish musicians were touring around the Europe in 1950s.

In 1954 Lars Gullin made great success in the audience.

Lars Gullin was born 4 May, 1928.

He first began playing the accordion as a young boy.

In 1947 he also learned to play the piano and clarinet.

He joined the Seymour Österwall’s band for playing alto saxophone.

At that time he was offered the position of baritonesax in the group.

As a matter of course when he started playing baritonesax , he was obviously influenced by Gerry Mulligan.

49cool

Photo above: The Miles Davis Nonet

In 1949 he discovered two 78-records of the Miles Davis Nonet.

He was very impressed with Mulligan’s soft playing and laid back style.

Then his tone became richness and depth, warmth, light and shadow, like a cello.

He was noted in the American favorite polls.

Also he was the Down Beat Poll Winner of New Star for baritonesax.

On May 17, 1976, he died of a heart attack at 48 years old.

He left a legacy of more than 120 compositions and 450 recorded melodies.

In addition he left hundreds of hours of fabulous private and radio/TV recordings.

Here is Lars Gullin’s “DANNY’S DREAM”  in 1954.

Here is Lars Gullin’s All-Stars playing “Stella By Starlight” in 1962.

Here is Lars Gullin’s All-Stars playing “Milestones” in 1962.

 

 

 

 

The early Swedish Jazz(3)

Unknown

Stan Getz played a folk song in Stockholm in 1951.

This song was named ‘Dear Old Stockholm’ and became modern jazz masterpiece.

Although departing from the main theme I want to mention about his bad habit.

When he visited in Sweden, he received a hero’s welcome.

There was no heroin anywhere for him.

Young Swedish players did not know about the prevalence of narcotics on the American jazz scene.

So he hoped to be clean like them.

I guess he decided to quit a narcotics in Sweden.

I summarized from his biography.Go here

IMG_1625

When Lionel Hampton’s band had toured Europe in 1953,Clifford Brown and Quincy Jones

and other members recorded with Arne Domnerus and Lars Gullin and Bent Hallberg.

Please refer to my previous post.Go here

Here is ’The Sound’ .

The early Swedish Jazz(2)

 

vintage-50-s-swedish-jazz-vol-9-1949-1956-2014

First time Swedish jazz draw public attention abroad was at the jazz festival in Paris in 1949.

Also Miles Davis took part in this event.Go here

Arne Domnérus and Putte Wickman among others made great success in several concerts.

18619254041

s-l225

images

Leonard Feather had radio program in USA in those days.

He introduced Swedish jazz records in his program “Jazz at its best”.

In spring 1950 Down Beat wrote about Arne Domnerus recordingof Body and Soul:

“He has a wonderful pleasant,[…] they can murder most American musicians”.

Also the Metronome jazz magazine had a large and enthusiastic feature on Swedish jazz.

US record companies were interested to issue the new jazz from Sweden.

svenssonPrestige106

Reinhold Svensson’s recordings for Metronome Records was issued first 10 LPs from Prestige.

Furthermore,fine recordings by Lars Gullin, Arne Domnerus and Bengt Hallberg followed.

Next day I will post about American musician concert tour in Sweden.

images

index

gullinPrestige10Small

This is Dexter Gordon/Lars Gullin/Sahib Shihab Live in Copenhagen