タグ別アーカイブ: Lee Wiley

大阪ジャズ同好会第38回例会持ち寄り(2019年8月11日)「男性ヴォーカリスト群像」②

August 17,2019

Photo by Amazon.com

・N瀬氏(3年前に「1940年代のジャズ」を特集されました)

Eddy Howard

Photo above of Eddy Howord by Wikipedia

伴奏に参加したチャーリー・クリスチャン(Charlie Christian)の貴重なソロ演奏が聞けました。

Here is Eddy Howard sings “Star dust”.
Eddy Howard (vcl) acc by Bill Coleman (tp) Benny Morton (tb) Edmond Hall (cl) Bud Freeman (ts) Teddy Wilson (p) Charlie Christian (el-g) Billy Taylor, Sr. (b) Yank Porter (ds) New York, October 4, 1940

・寺本世話人
Bing Crosby

Here is Bing Crosby & Lee Wiley sing ”I Still Suits Me”.
Bing Crosby, Lee Wiley (vcl) duet acc. by Victor Young & His Orchestra
Los Angeles, March 17, 1947

Frankie Laine

Here is Frankie Laine sings ”Blue Turning Grey Over You”.
Frankie Laine with Paul Weston & His Orchestra(1957)

Buddy Greco

Here is Buddy Greco sing “Polka Dots and Moonbeams”.
当日ご紹介された「Live at Mister Kelly’s」の録音は手元にありませんので別音源を添付致します。

Frank Sinatra

1957年6月9日にワシントン州シアトルで行われたコンサート録音(編曲ネルソン・リドル) 。

Here is Frank Sinatra sings ”Just One Of Those Things”.
June 9,1957 Seattle, Washington Concert Frank Sinatra(vo) with Nelson Riddle & His Orchestra

 

・平野

Nat King Cole

Here is Nat King Cole sings ”A beautiful friendship”.
Nat King Cole (vcl) George Shearing (p,arr) Los Angeles, December 19~22, 1961

Al Bowlly
1898年モザンビークで生まれイギリスでデビューしアメリカにも進出した戦前の大歌手です。

Here is Al Bowlly sings “You’re my everything”.
Al Bowlly(vo) with Roy Fox and His Band London, August 8, 1932

1934年の映像を追加します。
Here is Al Bowlly Sings ”The Very Thought of You”.

Jack Teagarden
ブルースを歌わせたらBIG Tが最高です。当日は「Blues after hours(1947年) 」をご紹介しましたが映像を添付しました。

Here is Jack Teagarden sings “Basin’ Street Blues”.

Fats Waller

Photo above of Fats Waller by All About Jazz

45年前「アスペクト・イン・ジャズ」でファッツ・ウォーラーのボーカルを初めて聞きました。

Here is Ted Lewis Band play “Royal garden blues”.
Ted Lewis (cl),Muggsy Spanier (cnt),Benny Goodman (cl), Fats Waller (p,vcl) ,他
New York, March 5, 1931

神戸ジャズ愛好会7月例会(2019年7月28日)特集「白人ジャズメン・ジャズウィメンの名手は誰?』②

2019年7月30日

特集「白人ジャズメン・ジャズウィメンの名手は誰?』②

T川氏(古くからのODJC会員)

「Sunset Cafe Stompers」

当日は「Carry Me Back To Old Virginy」をご紹介されました。お恥ずかしい話ですが「Sunset Cafe Stompers」というグループ名を初めて知った次第です。(汗)

当日ご紹介されたCDについては こちら ▶️ をご覧下さい。

今回は小生が馴染みのある曲を添付致します。

Here is Sunset Cafe Stompers play “Apex Blues”.

グループの詳細については下記HPをご覧下さい。

こちら ▶️

「Lu Watters Yerba Buena Jazz Band」

このバンドのレコードは持っています。

Here is Lu Watters Yerba Buena Jazz Band play “Riverside Blues”.

1曲追加させて下さい。

Here is Lu Watters Yerba Buena Jazz Band play ”Sunset Cafe Stomp”.
Lu Watters, Bob Scobey(tp) Turk Murphy(tb) Ellis Horne(cl) Wally Rose(p) Clancy Hayes, Russ Bennett(bj) Squire Girsback(tu) Bill Dart(d)
San Francisco, CA, March 29, 1942

「Monty Sunshine」
モンティ・サンシャインはイギリスのトラッド・ジャズシーンで活躍したクリス・バーバーのバンドでクラリネットを担当していました。

当日は「Love Like A Violin」ご紹介されましたが、1990年の映像を添付致します。

Here is Monty Sunshine Band play “Old Rugged Cross”.

「Sharkry’s Kings Of Dixieland」

このバンド名も当日初めて聞きました。奥が深いです!

Here is Sharkry’s Kings Of Dixieland play “Auf Weidersehn Sweetheart”.

T川さんが“Auf Weidersehn Sweetheart”は「ラジオ神戸で放送していた電リクのエンディング曲」であるとコメントされました。小生は電リクは聞いたことがありませんが、例会に参加されていた多くの会員は「ああ、あの曲や!」と思われたでしょう。電話リクエスト(ラジオ神戸)については下記のサイトを参照願います。

こちら ▶️

Here is Les Baxter play “Auf Weidersehn Sweetheart”.

・寺本氏(神戸ジャズ愛好会世話人)

「Lee Wiley」

Here is Lee Wiley sings “Let’s Do It”.
Lee Wiley(vo) Bunny Berigan(tp) Joe Bushkin(p) Sid Weiss(b) George Wettling(ds)
New York,April 10,1940

「Buddy DeFranco」

直前に出演していたオスカー・ピーターソンによる司会もお聴き下さい。

Here is Introduction for Buddy DeFranco by Oscar Peterson.

Here is Buddy DeFranco Quartet play ”Street Of Dreems”.
Buddy DeFranco(cl) Kenny Drew(p) Eugene Wright(b) Art Blakey(ds)
At The Blue Note,Chicago May 1,1953

「Art Pepper」(ラジオ放送「Stars Of Jazz」から)

43年前「Calliope盤」として発売された事もありました。

Here is Art Pepper Quartet play ”Everything Happens To Me”.
Art Pepper(as) Larry Bunker(p) Don Payne(b) Chuck Flores(ds)
LA,March 31,1957

「Stars Of Jazz」については下記英語サイトに詳しく記載されています。

こちら ▶️

ブログ作成者から1曲追加させて下さい。

Lee WileyとBunny Beriganが共演した録音日「1940年4月10日」をディスコグラフィーで確認してびっくり!

この日、Bunny BeriganはTommy Dorsey楽団のトランペット席でスター歌手Frank Sinatraの伴奏も行っていました。
又、The Pied Pipersも控えておりJo Staffordも一緒にいた訳ですね。

Here is Tommy Dorsey And His Orchestra with Frank Sinatra play ”I Haven´t the Time to Be a Millionaire”.

Tommy Dorsey And His Orchestra: (vcl) Frank Sinatra, Connie Haines, Pied Pipers
Bunny Berigan, John Dillard, Ray Linn, Jimmy Blake (tp) Les Jenkins, George Arus, Lowell Martin (tb) Johnny Mince (cl,as) Fred Stulce (as,arr) Hymie Schertzer (as) Paul Mason, Don Lodice (ts) Joe Bushkin (p) Clark Yocum (g) Sid Weiss (b) Buddy Rich (d) Frank Sinatra, Connie Haines, Pied Pipers (vcl) Sy Oliver, Axel Stordahl, Dean Kincaide (arr) Tommy Dorsey (tb,ldr)
New York, April 10, 1940

大阪ジャズ同好会特集『ボビー・ハケット大全集』

May 01.2018

Photo by courtesy of Swing DJ Resources

ボビー・ハケット大全集(2017年6月5日) 解説 寺本 泰規氏(同好会世話人)

ボビー・ハケットというミュージシャンをはたして何人の人がご存知でしょうか。リーダーアルバムもそれほど多いわけでもないのに、印象的なプレイを我々に残してくれました。

今日はボビー・ハケットの業績を残された数々の演奏からたどり、あらためて彼のプレイに注目してもらえれば幸いです。

さて彼のファーストレコーディングは何かということですが、それは1937年3月24日にDick Robert san & His Orchの一員として吹き込まれたものです。しかし彼が注目されるようになったのは、ベニー グッドマン・カーネギー・ホール・コンサートでジャズの歴史をたどるメドレーの中で、ビックス ・バイダーベックの名演を再現したときの演奏からだと思います。まず最初にその演奏を聴いていただきましょう。

1.「I’m Coming Virginia」(2:15)(Jan 16,1938)
Soloist Bobby Hackett(cor) Allan Reuss(g)

ハケットはビックスに似ていると言われることもありますが、ビックスのアタック鋭いサウンドは なく、中音域を主体とした柔らかい音が特徴です。また、後で紹介するヴォーカルのバックで吹くオブリガードのうまさは彼ならではのもので正に絶品と言えるでしょう。

次はユービー・ブレイクの名曲を聴いていただきましょう。ここでは彼の特徴である中音域を生か したソロが聴かれます。
2.「Memories Of You」(3:18)(July, 12,1938)
Bud Freeman & His Gang
Bobby Hackett(cor) Pee Wee Russell(cl) Dave Matthews(as) Bud Freeman(ts) Eddie Condon(g) Jess Stacy(p) Artie Shapiro(b) Dave Tough(ds)

Photo by Discogs

ハケットは1941年7月から1942年9月までグレン・ミラー楽団に在団しますが、元々は欠員となってい たギター奏者として雇われます。しかしコルネット奏者としても印象的なソロを残しています。ここではその代表的なソロを聴いていただきます。

3.「A Strings Of Pearls」(3:47)(Nov 8,1941)
Glenn Miller & His Orchestra Soloist Bobby Hackett(cor) Jerry Gray(arr)

1946年まではリーダーセッションはあったものの、リーダーアルバムはありませんでした。 SP時代に吹き込んだ曲をLP時代(10inchs)になりまとめたのが次のアルバムで、初めてのリーダーアルバム だと思います。

4.「With A Song In My Heart」(2:39) (Feb 5,1946)
Bobby Hackett(cor) Hank D’Amico(cl) Bil Stegmeyer, Johnny Pepper(as) Wolfe Tannenbaum, Hank Ross(ts) Johnny Guarnieri(p) Carl Kress(g) Bob Haggart(b)Cozy Cole(ds) Bill Challis(arr, cond)

さて、彼が本領を発揮するのはワンホーン・クインテットの時だと思いますが、下記の演奏は正に彼のソフトでメロウなトーンとエレガンスに満ちたフレイズが堪能できるものとなっています。

5.「What A Difference A Day Made」(3:08)(Sep 13,1950)
Bobby Hackett(tp) Charlie Queener(p) Danny Perri(g) Bob Casey (b) Cliff Leeman(ds)

同じクインテットでもストリングが入るとより彼のプレイが浮かび上がるのですが、次の曲ではミ ユートプレイが日本人好みのいわゆる「泣き」が入ったものとなっています。リズムセクションにモダン派も加えたこのレコードは、キャピトル最初のリーダーアルバムとなっ ています。

6.「You Turned The Tables on Me」(2:27) (lay 11,1953)
Bobby Hackett(tp) Lou Stein(p) Billy Bauer(g) Arnord Fishkind(b) Denzil Best(ds) with strings

キャピトルに移籍後、ムードミュージックで有名なジャッキー・グリースン楽団でソロイストとし てフューチャーされたアルバムを7枚ほど作りますが、それぞれ50万枚以上売り上げてゴールドディスクとなっています。その中から1曲お送ります。
7.「Yesterdays」(3:06)(1954)
Jackie Gleason & His Orchestra featuring Bobby Hackett(tp)

彼はキャピトルレーベルにおいてグリースン楽団だけではなく、自己のグループを率いてコンボで のレコーディングを残していますが、その中からジャケットのデザインが秀逸な「Rendezvous」から 一曲選んでみました。この曲はカーク・ダグラス主演の映画「Young man with a horn」(邦題「情熱 の狂想曲」)でドリス・ディが唄う場面が印象的でした。

8.「The Very Thought Of You」(2:35)(1956)
Bobby Hackett(tp) with Orchestra conducted by Glenn Osser

今度はライブ演奏を聴いていただきましょう。シャンソンの名曲でジャズでも取り上げられること の多い「枯葉」です。メンバーがモダンジャズメン3名、スイング時代からのベテラン2名の合わせて 5名が何の違和感もなく、一緒にプレイしているところがジャズのすごいところだと思います。
9.「Autumn Leaves」(6:34) Jan 31,191)
Dizzy Gillespie(tp) Bobby Hackett(tp) Mary Lou Williams(p) George Duvivier(b) Grady Tate(ds)

ハケットは唄伴でもその能力を最大限に発揮します。オブリガードのうまさは他のミュージシャン と比べても特筆すべきものがありますが、特にリー・ワイリーとは1950年12月に吹き込んだ名盤「Night In Manhattan」でも既に共演しており、実に22年ぶりの共演となりました。

10.「Moon River」(3:15) (June 5,1972)
Lee Wiley(vo) Bobby Hackett(cor) Teddy Wilson(p) Bucky Pizzarelli(g) George Duvivier (b) Don Lamond(ds)

続いてはテレサ・ブリュワーの唄に伴奏した時のものです。そのうち2曲目の「I’ve Got A Crush On You」は先ほどの「Night In Manhattan」でもワイリーと共演しており、興味のある人は比べてみるのも一興かと思います。
11.「If I Had To You~I’ve Got A Crush On You」(4:49)(1973)
Teresa Brewer(vo) Bobby Hackett(tp) Hank Jones(p) Art Ryerson(g) Richard Davis(b) Ted Sommer(ds) Johnny Mince, Hank Freeman, George Berg, Toots Mondello(sax) James Maxwell, Nax Kaminsky, Mel Davis(tp) Warren Covington, Vic Dickenson, Urbie Green(tb)

先ほどのガレスピーとの共演と同じように、今度はモダンジャズの巨人ズート・シムズとの共演で す。それ以外のメンバーもモダンジャズメンで固められており、彼が如何に柔軟性のとんだプレイヤ ーであるかということを如実に示しています。モダンジャズメンの中にあっても彼の個性は決して理没することなく、しっかりと自己主張しており、彼らと対等に渡り合っています。
12. 「These Foolish Things」(5:50)(Aug. 3,1974)
Bobby Hackett(tp) Zoot Sims(ss) Hank Jones(p) Bucky Pizzarelli(g) Richard Davis(b) Mel Lewis (ds) Glenn Osser(arr)

この特集の締めくくりとして、多分彼のラストレコーディングと思われるアルバムから1曲お送りします。このアルバムは映画、ジャズ・クラシックびスタンダードから選曲されたきわめて彼らしいアルバム作りとなっています。その中から彼の得意とするディキシースタイルで「Tin Roof Blues」 を聴いてください。
13. 「Tin Roof Blues」(3:46)(1976)
Bobby Hackett(tp) Dave McKenna(p) Bob Daugherty(b) Ron Lundberg(ds)

皆さんいかがだったでしょうか。彼が如何に融通性に富み、リーダーアルバムにおいても、他の楽 団のソロイストにおいても、唄伴においても一流の演奏者であることがおわかりになったと思います。 これを機会にもっとハケットの演奏に興味を持っていただけたら幸いです。

[補足]Bobby Hackettの公式ファンクラブがFacebookで公開されています。

こちらをクリックして下さい。⇨Fans of Bobby Hackett(NOT BUDDY)

(3)Leo Reisman and His Orchestra

March 9.2018

Photo above of Leo Reisman and His Orchestra by courtesy of historicimages.com

「The Great Dance Band Era」(ダンスバンドの黄金時代)から第3回目はLeo Reisman and His Orchestra です。

レオ・レイズマン楽団(解説ではレオ・ライスマンと記載)を知ったのは、ウディ・アレン(Woody Allen)の映画でした。

映画「Husbands And Wives(夫たち、妻たち)」の予告編でバッバー・マイリー(Bubber Miley)をフィーチャーした「What Is This Thing Called Love」が聞こえます。

Here is “Husbands And Wives” (夫たち、妻たち) 予告編(1992)

この5枚組レコードが制作されたのは1975年ですので、ウディ・アレンの作品については当然記載がありません。

解説では「1934年から第二次大戦中、1947年まで ウォルドルフホテルで演奏していた」と記載されています。つまりこの時代においてレイズマン楽団がダンスバンドとして高い評価を受けていたという事実が理解できました。

Photo by HistoricImages

Photo by Period Paper

以下、レコードの解説部分を添付しました。

尚、添付した曲の録音データはTom Lord Discographyを参考にしました。

Photo above of Bubber Miley and Duke Ellington by courtesy of La Maison du Duke

Here is Leo Reisman And His Orchestra play “What is this thing called love ?”.
Bubber Miley, Louis Shaffrin (tp) + other (tp) Ernie Gibbs (tb) Jessie Smith (cl,as,fl) Louis Martin (as) Burt Williams (as,bar) Bill Tronstein (cl,sop,as,ts) Adrian Rollini (bassax) Leo Reisman (vln,dir) Lew Conrad (vln,vcl) unknown (cello) Eddie Duchin (p) unknown (bj) poss. Harry Atlas (tu) Harry Sigman (d) New York, January 20, 1930 Vic.22282

Photo by Pinterst

Here is Lee Wiley with Leo Reisman And His Orchestra sings “Time On My Hands”.
New York, October 26, 1931 Vic.22839

Photo above of Harold Arlen by courtesy of gettyimages

Here is Harold Arlen with Leo Reisman And His Orchestra sings “Stormy Weather”.
February 28.1933 Vic.24262

Isham Jones’ compositions(4) “You’ve Got Me Crying Again”

October 06,2017

Photo above of Isham Jones by courtesy of Wikipedia

“You’ve Got Me Crying Again”   was written by Isham Jones, with lyrics by Charles Newman, and was published in 1933.

Elsie Carlisle had sang this song from early period.

She was a popular English female singer both before and during the British dance band era of the 1920s and 1930s.

Fortunately I found the video that she sang to “You’ve Got Me Crying Again”.

For more information,Go here

「You’ve Got Me Crying Again」は1933年に発表されました。(作詞 Charles Newman)

1920年代から1930年代に英国人気ダンスバンドの女性ボーカルであったElsie Carlisleは早い時期からこの曲を歌っていました。詳細については ➡️   こちらをクリック

彼女が「You’ve Got Me Crying Again」をバンドと歌っている映像を添付しました。

Here is Miss Elsie Carlisle sings “You’ve Got Me Crying Again” (1933).

 

Here is Isham Jones & His Orchestra play “You’ve Got Me Crying Again”.

 

Here is Bing Crosby sings “You’ve got me crying again”.(1933)

 

Here is Coleman Hawkins Quatet play “You’ve Got Me Crying Again”.
Coleman Hawkins (ts) Billy Taylor (p) John Collins (g) Percy Heath (b) Art Blakey (ds) New York, August 25, 1950

 

Here is Lee Wiley sings “You’ve Got Me Crying Again”.
Bunny Berigan(tp),Tommy Dorsey(tb), Jimmy Dorsey(cl)Joe Venuti(violin),Fulton McGrath(p),Dick McDonough(g),Artie Bernstein(b),Stan King(ds).NewYork, March 7, 1933

 

Here is Dean Martin sings “You’ve Got Me Crying Again”.

 

Here is Ray Charles sings “You’ve Got Me Crying Again” .

(追記)本ブログ作成後(1年後)に下記3曲追加添付しました。

Here is Adrian Rollini And His Orchestra with Vocal Dick Robertson play “You’ve Got Me Crying Again”.
Mannie Klein (tp) Tommy Dorsey (tb) Jimmy Dorsey (cl,as) Arthur Rollini (ts) Adrian Rollini (bassax,goofus,vib,xyl) Joe Venuti (vln) Charlie Magnante (accor) Fulton McGrath (p) unknown (g) Art Miller (b) unknown (d) Dick Robertson (vcl)
New York, February 14, 1933

 

Here is Boyd Raeburn and his Orchestra (Vocal by Margie Wood) play “You’ve Got Me Crying Again”.
Arranged by Johnny Mandel
Tommy Allison, Carl Berg, Alan Jeffreys, Dale Pierce(tp) Jack Carmen, Johnny Mandel, Trummy Young(tb) Johnny Bothwell, Leonard Green(as) Stuart Anderson, Frank Socolow(ts) Hy Mandel(bs) Boyd Raeburn(bsx) Ike Carpenter(p) Steve Jordan(g) Joe Berise(b) Irv Kluger(d)
New York, May 13, 1945

 

Here is Woody Herman and his Orchestra play ”You’ve Got Me Crying Again”.
Sonny Berman, Pete Candoli, Conte Candoli, Irv Lewis, Neal Hefti(tp) Ralph Pfeffner, Bill Harris(tb) Ed Kiefer(tb) Woody Herman(cl,as,vo,ldr) Sam Marowitz, John LaPorta(cl,as) Flip Phillips, Pete Mondello(ts) Skippy DeSair(bs) Tony Aless(p) Billy Bauer(g) Chubby Jackson(b) Dave Tough(d) The Blue Flames(vo) New York, September 8, 1945

Bobby Hackett(3)

January 25.2017

Embed from Getty Images

Photo above of Bobby Hackett and Eddie Condon

Fortunately he met  Eddie Condon in New York.

Hackett soon became a crucial member in Condon’s band and made numerous recordings in his studio bands.

In late 1942, Bobby took a studio job with NBC and became active in organizing the Condon Town Hall Concerts.

61tpn6dkvll-_sy355_

Their performance was broadcasted and recorded by Milt Gabler (Commodore Records).

He also continued to play at Condon’s and other clubs in the New York area.

After a year at NBC, he joined Glen Gray’s Casa Loma Orchestra where he remained until 1946.

2207215

Then he participated in numerous recording sessions with such as Jack Teagarden, Teddy Wilson, Eddie Condon, Vic Dickenson, Louis Armstrong, Dizzy Gillespie.

As a remarkable achievement of this period,he played and directed for Louis Armstrong’s Town Hall Concert in May 1947.

IMG_1483

During 1949-51 he played with Red Allen and Lee Wiley in New Jersey.

Bobby Hackett and Joe Bushkin joined Lee Wiley’s famous recording “Night in Manhattan” in Columbia label.

Here is Bobby Hackett and his Boys play “At The Jazz and Ball”(1938).

Here is Eddie Condon and his All Stars play “The Lady/China Boy” at the Town Hall(1944).
Eddie Condon(g), Bobby Hackett(cor), Pee Wee Russell(cl)Ernie Caceres(bs), Bennie Morton(tb), Gene Schroeder (p), Sid Weiss(b),Gene Krupa(ds)

Here is Bobby Hackett plays his theme song “Embraceable You”. (1938)
Bobby Hackett (cor), Pee Wee Russell (cl), Bud Freeman (ts), Jack Teagarden (tb), Eddie Condon (g), Jess Stacy (p), Artie Shapiro (b), George Wettling (d)

Here is Lee Wiley sings “Street Of Dreams”.